ピンコロ

着工前はこんな感じでした。

IMGA0216 IMGA0218

完成形はこのようになりました。

IMGA0290

玄関前は枕木でモニュメントを作り、扉を開けた時に玄関の中が丸見えに

ならない様に工夫しました。

その脇にはボンボビという初めて使うポストを立ててみました。これも結構

可愛らしいです。合わせて、ナツツバキやツリバナの株立、カシワバアジサ

イを植栽して彩りを与え、根〆にはクリーピングタイムを植えました。

IMGA0294

何と言ってもアクセントはこの化粧平板。

直線を基調に並べているのでスッキリとまとまり、よりスマートなアプローチ

に変貌しました。

IMGA0289

2台用カーポートの後ろには物置をセットしました。扉を建物と同系色のオ

フホワイトにしたので、上手く外観と一体化した印象を受けます。

IMGA0296

主庭にはジューンベリーやヤマボウシの雑木、リビングの前には目隠しに

なる様に常緑樹のモチノキとヒイラギモクセイを植えています。

敢えて芝生の面積を広めにとって、お子様達が自由にしかも安全に遊べる

スペースを多く作りました。

IMGA0298

手前は円を2つ合わせて作った家庭菜園のスペースを設け、中央には円

形の花壇を作ってみました。

石の色を全て変えてみたので、庭の良いポイントになっていると思います。

まだ植栽したばかりで決して緑の量が多い訳ではありませんが、これから

水やりや芝刈等の管理で植物に愛情を注ぐ事で、必ず素晴らしい恩恵を

返してくれるに違いありません。

それを信じて管理のほう宜しくお願いします。

色々とありがとうございました。

一番難関だった人力での客土入れも終わり、

次はいよいよ基本的な取り付け作業に入ります。

003 (2)

このように枕木によるステップと、テラスのアクセントになる

枕木を据え付けています。

完成するとこんな感じになります。

002 (2)

テラスとステップの間に段差をリズミカルにつけたので

もう一度整地をすればかなりいい感じになりそうです。

次に庭の中心部にある円形のテラス部分のピンコロを

並べていきます。

011

この中にキャメルストーンという石を貼っていきます。

IMGP2619

一枚一枚ジグソーパズルのように並べていくので

これだけで約3日を費やしました。

将来はここにテーブルを置いて、バーベキューを

楽しむのもいいかもしれません。

次に花壇部分のピンコロを並べて、段差をつけていきます。

IMGP2620

自然の石なので、形を合わせることが大変でしたが、

上手く形を合わせる事が出来て、いい仕上がりになったと思います。

いろんな工種が次々と完成していきますので

その変化を楽しんでもらいたいと思います。

お楽しみに。

008 (5)

着工前はこんな感じに花壇を小さめにして、ゲスト用の駐車場に

していましたが、利用頻度もそんなに多くは無いので

花壇のリニューアルをしてほしいと頼まれました。

 

まず最初に既存の花壇を解体していきます。

030

そこに新たにブロックの積み直しをした姿がこれです。

007 (2)

花壇の広さは倍にして、化粧ブロックも建物の外装に合わせ

色調とデザインの統一性を計りました。

次に玄関前に入り込む風が強いので、遮るフェンスを作って欲しいと

頼まれ、そこでデザイン性の高いメッシュフェンスを立てる事にしました。

これはメッシュフェンスを組み立てているところです。

010 (5)

網目の部分が二重になっていて、構造がしっかりしているうえに

とてもおしゃれです。

組立を終え、フェンスを立て込んでいきます。

012

化粧ブロックの下にも、ピンコロを並べて高低差をつけ、

そこにジューンベリーを植えてみました。

014 (3)

今回はここまでですが、後はいろんなグランドカバーを植えれば完成です。

劇的に変わるところを今しばらくお待ちください。

 

山辺町S様邸のガーデニングもいよいよ佳境に入ってまいりました。

 

009 (4)

今並べている四角いキューブ形のレンガは

「ショコラ」という名前で、まさにチョコレートの様な

焼き上がりをしたレンガです。

これを四角に並べて花壇にしていきます。

 

010 (4)

その奥では、枕木を使って家庭菜園の縁取りを行っています。

もともとご主人が手作りで作られていた家庭菜園の枕木を

再利用する予定でしたが、思っていた以上に高低差があり、

2段にする必要がでてきました。そこで設計を変更し、

新たに枕木を購入して、その問題を解消しました。

 

011 (3)

芝生と砂利の境界には、エッジキングという製品を使って、

縁取りを施します。

これは、むやみに芝の根っこが砂利の方へ伸びない様にする為の

製品です。我社では定番中の定番の商品です。

 

013 (3)

側溝の方に土が流れていかないように、白のピンコロで

縁取りしました。ショコラと枕木が茶系の色だったので

一際白がアクセントになり、思った以上にエッジが効いています。

 

後は、雑木類の植栽と張芝を残すのみです。

まだ残暑が厳しいので、植栽は9月の中旬頃を予定しています。

木を植えると家の景観が劇的に変化するので

私達もその時が来るのを心待ちにしています。

 

 

約2年前に1期工事が完成しました山形市のH様邸

2期工事に取り掛かりました

 

S

 

予算の関係でこの状態に、化粧ブロックを2段積んだ状態で引渡し

になりましたが、ここに植栽を施すことになりました

 

011

 

砕石部分を床掘して土を入れ替え、ピンコロ石で縁取りを作っています

これに雑木類を植栽して、芝を張るとこんなに見違えてしまいます

 

004

 

ここにあと化粧ブロックをもう1段足すと完成です

これだけでも随分潤いがでて、印象が良くなったと思いませんか?

お客様には大満足して頂きました

めでたしめでたし

 

この芝生の美しさ、とても素人さんが手入れしているとは

思えない仕上がりです

 

S

 

S

 

が、しかし惜しいかな芝生に縁取りが施されていないため、要らんとこまで

芝が進出してきています

そこで、この縁取りと植栽スペースを追加しました

 

005 (2)

 

植栽スペースはピンコロの二丁掛けで1段高くして、半円形でデザインを統一

芝生の縁取りは、レンガで区切りました

これだけでも、随分イメージが変わるものです

 

去年の秋から待って頂き、本当に恐縮しています

ようやく完成してホットしています

これからもこの綺麗な芝生を維持していってください

ほんとうに有難うございました

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930