ベロニカオックスフォードブルー

TURQUEISE

 

トータルビューティーサロン『TURQUOISE(ターコイズ)』さんの

ガーデニングを依頼されました。

 

「南国の癒しの空間を演出して欲しい」とのご要望でした。

 

【着工前】

DSCF2320

 

この寒い山形では難題でしたが、この夢を実現させて

少しでもお店の売上アップに貢献できるようにデザインしました。

 

DSCF4149

 

入り口前には“トウジュロ”を2本植えました。

ヤシ科なので南国っぽいイメージにぴったりです。

根〆には見た目もブルーで可憐なハーブのキャットミントを植えました。

 

DSCF4150

DSCF5600

 

リビング前にはジューンベリーの株立や

ツリバナ、ナツハゼの株立を植えました。

 

奥行きがかなり少ないので成長スピードが遅く、

室内からの圧迫感が少ない樹木を選びました。

 

根〆にはマホニアコンフューサと

シモツケリトルプリンセスで華やかさを演出しました。

 

DSCF4151

 

自宅への入口脇にはハナミズキの赤色を植え、

根〆にはハーブのクリーピングタイムを植えました。

 

RIMG0091

 

店舗入口脇のデッドスペースも見逃しません。

ここにはアオダモの株立を植え、根〆には

ブルーの花が美しいベロニカオックスフォードブルーを植えました。

 

DSCF4152

 

植栽しているスペースは決して広くありませんが、

それでも諦めずにデッドスペースや植栽帯を曲線にして変化を付ける事で

これだけの樹々や地被植物を植えられるという事を見事に立証しました。

 

お店の外装が藍色っぽいのでより緑が引き立つ事も事実です。

 

お客様からは

「植物のチョイスとこの曲線は想像がつかなかった!」

とお褒めの言葉を頂きました。

 

ミッションコンプリートです!

 

 

IMG_0831

 

既にアプローチや門柱、カーポート等の外構工事は完成されていた為に

それに合わせて作庭致しました。

 

神社が祀られていたり、思いの外勾配がきつかったり、

機械が入れず人力作業になったりいろんな条件が重なりましたが

比較的管理が楽で和モダンな庭に仕上がったと思います。

 

【着工前】

DSCF5199

 

緩やかな曲線を描いて造られたコンクリート製の長いアプローチを歩いて玄関まで行く途中に、

いろんな雑木(ナツツバキ・アオダモ・ジューンベリー等)や

グランドカバー(フイリヤブラン・ヒューケラ・ベロニカオックスフォードブルー)を植えた事で、

四季折々の彩りを感じてもらえるようになりました。

 

照明は冬期間アプローチの除雪の事を考えて、

移動の出来る和風スタンドにしました。

 

IMG_0841

IMG_0849

 

また武骨なコンセントスタンドは割竹で囲い、化粧をしました。

 

植栽スペースには小舗石を使い、

そこにヤマモミジやウメモドキ、キンモクセイを植えました。

 

また大きくとった芝生のスペースや

手前に見える花壇スペースも全てアプローチに合わせ

自由な曲線を使っているので、統一感が生まれました。

 

根〆にはシモツケリトルプリンセスやスジギボウシ、

キャットミントを植えてあるので四季を通していろんな彩りの変化が楽しめるでしょう。

 

IMG_0828

 

以前から祀られている赤い神社の周りは

一段高く土が盛られていたので、石組で土留をして

さらに白御影敷石を据え付けていつでも歩いて拝めるようにしました。

 

植栽もそれに相応しいようにヤマモミジやサザンカ、サンシュユの

和風に属するであろう樹木を植栽し、

周囲はサツキツツジの刈込でまとめました。

 

IMG_0837

 

通路を挟んで両側に芝生を張る事で遠近法が生まれ、とても広く見えます。

また緑の占める面積が増える事でより豪華に見えます。

 

IMG_0845

 

玄関先から振り返るとうまくアプローチの曲線と庭の曲線が絡んで

デザイン状の相乗効果が得られているのが分かります。

 

和室前の芝生は芝を竹柵で縁取る事で何気に和風の演出を妨げないようにしました。

 

IMG_0830

 

和室前の和のスペースはあえて夏目型の手水鉢を用いました。

施主様の事を考えて、あまりかがまなくても使えるようにしたかったからです。

植栽はモミジ(コトノイト)とナンテンだけにして空間構成を出来るだけシンプルにまとめました。

 

瓦を縦に埋めて使ったり、

玉砂利敷きではなく伊勢ゴロタ石を播き石する事によって

高級感が増すと共にセイヨウイワナンテンスカーレッタの赤葉とのコントラストが絶妙に際立ちました。

 

IMG_0835

 

default 

 

スタイリッシュな外観をよりアップグレードしたガーデニングにして欲しいというご依頼でした。

 

既に建築工事で目隠しのフェンスは施工されていましたが、

何か土地が有効活用されていないのがすごく気になったので、

それらをテーマにデザインしました。

 

【着工前】

DSCF4285

 

敷地の全てを白御影の敷石で土留し、

土地の有効活用が出来るようにして広く使う事がテーマになりました。

 

IMG_0738

 

このテーマにのっとり、敷地の外周を白御影の敷石で囲ったので

敷地の範囲が明確になり、一見してすごく広くなりました。

 

IMG_0740

 

土間コンクリートが前面に打たれ、どこか無機質感が漂っていた玄関周り。

ツリバナとクリーピングタイムを植栽しただけで潤いが生まれました。

 

IMG_0742

 

既存のウッドフェンスの前には

雑木類(アオハダ・アオダモ・常緑ヤマボウシ)を植えました。

 

フェンスが背景にあるので樹木が浮き立って見えてきます。

またフェンスの色が黒っぽい色なので、

新緑の緑も紅葉の赤も一際目立つ屏風の役割を持たす事ができました。

 

下草にはマホニアコンフューサやセイヨウイワナンテンを植えて

緑のボリュームをアップさせました。

 

IMG_0743

 

オリジナルガーデンフェンスを既存のフェンスよりも低く、

ナチュラルカラーで造ってみました。

 

これにより、あまり暗くなり過ぎず、

対比するものができたのでより広く感じられます。

 

IMG_0744

 

直線が主体のデザインの中にRをつけた唯一の植栽スペース。

良い意味でアクセントになっています。

 

中央にはヤマボウシを植えて下草にはシモツケリトルプリンセスや

ベロニカオックスフォードブルー、アジュガチョコレートチップを植えて

四季折々の華やかさが体感できるよう演出しました。

 

IMG_0751

 

リビングから眺めるとこの植栽と

ガーデンフェンスが公園からの視線も遮っているのが分かります。

また公園で遊んでいる子供達のボールが庭に入ってくる事も少なくなるでしょう。

 

今のところは分かりませんが、お隣に家が建ったら

おそらくカーポートが建つであろうと想定してこのデザインにしました。

 

IMG_0747

 

リビング前のコンクリートとフェンスで造られたテラスのスペース。

シンボルツリーには実も食べられるジューンベリーを植えてみました。

 

それでも緑の量が少ないので、

純白のスクエアなプランターに大きくならないコニファーを植えてみました。

 

既存のフェンスの隙間から表に植えた雑木が見える事を想定しているので、

リビングから見える景色はまた特別なものになっています。

 

 

既にアプローチや門柱、

カーポート等の外構工事が完成されていた為に

それに合わせてデザインしたガーデニングが完成しました。

 

全ての仕事が人力になってしまい、かなり苦労しましたが

無事にM様に引き渡す事ができて安心しました。

 

例によってビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

【Before】

DSCF5198

【After】

IMG_0841

IMG_0849

 

緩やかな曲線を描いて造られていたコンクリート製の

距離の長いアプローチを歩いて玄関まで行く途中に

いろんな雑木(ナツツバキ、アオダモ、ジューンベリー等)や

グランドカバー(フイリヤブラン、ヒューケラ、ベロニカオックスフォードブルー)を植えた事で

四季折々の彩りを感じてもらえるようになりました。

 

照明は和風スタンドを置くだけで移動可能にし、

武骨なコンセントは割竹で囲う事で和の風情を感じます。

 

【Before】

DSCF5190

【After】

IMG_0828

 

植栽スペースには小舗石を使い、

そこにヤマモミジやウメモドキ、キンモクセイを植えました。

 

また大きくとった芝生のスペースや

手前に見える花壇スペースも全てアプローチに合わせて、

自由な曲線を使っているので、統一感が生まれました。

 

根〆にはシモツケリトルプリンセスやスジギボウシ、

キャットミントを植えてあるので来春の新しい芽吹きに期待しましょう。

 

【Before】

DSCF5192

【After】

IMG_0837

 

以前から祀られている赤い神社の周りは

一段高く土が盛られていたので、石組で土留して

白御影敷石を据え付けて、いつでも歩いて拝めるようにしました。

 

植栽もそれに相応しいように

ヤマモミジやサザンカ、サンシュユの和っぽい樹木を植栽し、

周囲にはサツキの刈込でまとめました。

 

【Before】

DSCF5195

【After】

IMG_0845

 

道路を挟んで両側に芝生を張る事で、

遠近法でとても広く見えます。

また緑の面積が増える事でより豪華に見えます。

 

【Before】

DSCF5188

【After】

IMG_0830

 

玄関先から振り返るとうまくアプローチの曲線と

庭の曲線が絡んで馴染んでいるのが分かります。

 

和室前の芝生は芝を竹柵で縁取る事で

何気に和風の演出を妨げないようにしました。

 

【After】

IMG_0835

 

和室前の和のスペースは、

あえて夏目型の手水鉢を用いました。

施主様の事を考えて、

かがまなくても使えるようにしたかったからです。

 

植栽はモミジ(コトノイト)とナンテンだけにして

空間構成を出来るだけシンプルにまとめてみました。

 

瓦を縦に埋めて使ったり、玉砂利敷きではなく

伊勢ゴロタ石を撒き石する事によって高級感が増すと共に、

セイヨウイワナンテンスカーレッタの赤葉との

コントラストが絶妙に際立ちました。

 

 

スタイリッシュな外観をよりアップグレードしたガーデニングが完成しました。

 

【Before】

DSCF4285

【After】

IMG_0738

 

敷地の外周を白御影の敷石で囲ったので

敷地の範囲が明確になり、一見してすごく広くなりました。

 

【Before】

DSCF4286

【After】

IMG_0742

 

既存のウッドフェンスの前には、

雑木類(アオハダ・アオダモ・常緑ヤマボウシ)を植えました。

 

フェンスが背景にあるので樹木が浮き上がって見えてきます。

これから紅葉の時期を迎えれば、ますます彩りを感じる事が出来るでしょう。

 

下草にはマホニアコンフューサや西洋イワナンテンを植えて、

緑のボリュームをアップさせました。

 

【Before】

DSCF4288

【After】

IMG_0743

 

オリジナルガーデンフェンスを既存のフェンスよりも低く

ナチュラルカラーで造ってみました。

 

これにより対比するものが出来て、より広く感じられます。

 

それと同時に悩みだった公園で遊んでいる子供達のボールが

敷地内へ入ってくる事はまず無いでしょう。

 

【Before】

DSCF4296

【After】

IMG_0739

 

どこか無機質感の漂っていた玄関周り。

ツリバナとクリーピングタイムを植栽しただけで、潤いが生まれます。

 

【Before】

DSCF5024

【After】

IMG_0744

 

直線が主体のデザインの中にRをつけた植栽スペース。

良い意味でアクセントになっています。

 

中央にはヤマボウシを植えて、下草にはシモツケリトルプリンセスや

ベロニカオックスフォードブルー、アジュガチョコレートチップを植えて

華やかさを演出しました。

 

【Before】

DSCF5028

【After】

IMG_0751

 

リビングから眺めるとこの植栽とガーデンフェンスが

公園からの視線を遮っているのが分かります。

 

今のところまだ分かりませんが、お隣に家が建ったら

おそらくカーポートが建つであろうと想定してこのデザインにしました。

 

【Before】

DSCF5027

【After】

IMG_0747

 

リビング前のコンクリートとフェンスで造られたテラスのスペース。

シンボルツリーには実も食べられるジューンベリーを植えてみました。

 

これでも緑の量が少ないので、純白のスクエアなプランターに

大きくならないコニファーを植えてみました。

 

【Before】

DSCF4292

【After】

IMG_0748

 

既存のフェンスの隙間から表に植えた雑木が見える事を想定しているので

リビングから見える景色はまた特別なものになっています。

 

 

既にカーポートとアプローチ等の外構は完成されていましたので、植栽をメインに提案させていただきました。

着工前はこんな感じでした。

土を入れ替えて生垣用の支柱を建て込みます。

東根市で行っている生垣補助を使ってマサキの生垣を植えました。

主木となる雑木はジューンベリー、ヤマボウシ、ナツハゼを植えて、グランドカバーは管理の楽なシモツケ“リトルプリンセス”とベロニカオックスフォードブルーを植えてみました。

完成したら、このように変わりました。

ドローンを使って少し上空から写してみると

 

一番見た目が変わる植栽工事。

まずは曲線を描くマサキの生垣から始めます。

もちろん要所要所には雑木も植えていきます。

どちらも風等で倒れないように、支柱をシュロ縄で結束していきます。

生垣も綺麗に刈り込むと、それなりに形が見えてきました。

  

次に雑木の足元にグランドカバー(多年草)を植えていきます。

クリーピングタイムやキャットミントといったハーブ類や、当社ではお馴染みのフイリヤブラン、ベロニカオックスフォードブルー、シモツケ“リトルプリンセス”等を植えていきます。

四季を通じて色とりどりの花を咲かせてくれるであろう、この植物達。

どのような彩を与えてくれるのか今から楽しみです。

これで正面の植栽は終了しました。

次はポケットパーク並みに広い庭に芝を張っていきます。

築山の造形にもこだわってみましたので、どんな形になるのか期待していてください。

着工前は濃紺のシックな外観が特徴的なオシャレな建物でした。

エステもなさっているとのことなので、リラックスできる癒しの空間を演出してほしいと頼まれました。

テーマはちょっぴり南国風のリゾート気分です。

その南国気分を演出する為にシュロを2本植えてみました。

他にもナツハゼやアオダモ、ハナミズキの赤、ジューンベリー等、お馴染みの雑木を植えていきます。

様々な小舗石で縁取りしたので、アスファルトに浮き出てすごく映えます。

下草にはキャットミントやクリーピングタイムのハーブ類を中心にベロニカオックスフォードブルー等のグランドカバーで華やかにまとめてみました。

ガーデニングが完了した形がこちらです。

まだ葉っぱや芽が出ていないので少し淋しいのですが、それでもかなり変わったとオーナーにはすごく褒められました。

 

 

奥様に最初に言われた「レンガをランダムに敷いたアプローチがほしい」という夢を実現する為にいろいろな課題を克服して形にしました。

縦長な敷地だったので、駐車スペースも3台以上は確保できました。

アプローチも奥様のイメージ通りに施工できたのですが、融雪の為にホースで水を流すということなので、レンガだと水分を含むと凍結融解の可能性が高く、その代用としてインターロッキングブロックにしてもらいました。その淡い色調は決して派手ではありませんが、うまく家と馴染んでいます。

アプローチ沿いにはジューンベリーやアオダモ、アズキナシ等の雑木が植えられており、庭に彩りを与えています。

アプローチ脇の雑木の下には、いろんな多年草が植えられています。

キャットミントやクリーピングタイムのハーブ類。ヒューケラ、アジュガチョコチップ、ベロニカオックスフォードブルー等の比較的目新しい多年草も植えられています。

花の色も濃紫から淡桃色のグラデーションが楽しめるように配慮してあります。

枕木3本組み合わせただけのシンプルな門柱も、程良いアクセントになっています。

コスパの高い門柱といえば、やはりこれになるでしょう。

リビング前には芝生の広場をかなり大胆に大きく取りました。

ツリバナの株立の下には、錆色の小舗石で円型に囲んで花壇を設けました。

当初の計画にはなくて後から追加された赤いボンボビのポスト。差し色として効果大です。

着工から約1ヶ月半掛かって、ようやく完成に漕ぎつけました。

例によってどのように変化したのか分かりやすいようにビフォー・アフター形式で説明したいと思います。

before

after

「ガーデニングを行えば、これだけ変わるのか?」という見本みたいな作品になりました。

これだけで別の家になったように見えます。お家がとても可愛くなりました。

before

after

駐車スペースも3台分ありますので、来客があっても困ることはありません。

after

奥様に最初に言われた要望が「レンガをランダムに敷いたアプローチがほしい。」とのことでした。

イメージはほぼこの通りなのですが、融雪の為にホースで水を流すということなので、レンガだと水分を含むと凍結融解の可能性が高く、その代用としてインターロッキングブロックにしてもらいました。その淡い色調が決して派手ではありませんが、うまく家と馴染んでいます。

アプローチ沿いには、ジューンベリーやアオダモ、アズキナシ等の雑木が植えられており、庭に彩りを与えています。

 

before

after

リビング前には芝生の広場をかなり大胆に大きく取りました。

ツリバナの株立の下には、錆色の小舗石で円型に囲んで花壇を設けました。

after

アプローチ脇の雑木の下には、いろんな多年草が植えられています。

キャットミントやクリーピングタイムのハーブ類、ヒューケラ、アジュガチョコチップ、ベロニカオックスフォードブルー等の比較的目新しい多年草も植えられています。花の色も濃紫から淡桃色のグラデーションが楽しめるように配慮してあります。

after

枕木を3本組み合わせただけのシンプルな門柱も、程良いアクセントになっています。

コスパの高い門柱といえば、やはりこれになるでしょう。

after

お隣への落雪防止用にウッドフェンスを設けてみました。

ここ新庄は豪雪地帯なので柱と柱の間に補強材を追加しました。これで、もってくれればいいのですが!

after

最初の計画にはなくて、後から追加された赤いボンボビのポスト。程良いアクセントになっています。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年2月
M T W T F S S
« Jan    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
記事アーカイブ