ポスト

 

外観が黒の外壁と木材が調和したモダンな建物。

このモダンな外観とうまく調和する作品にするのがデザインのコンセプトになりました。

隣地との遮蔽と空間を仕切る事を目的として、木製のガーデンフェンスを立ててみました。

お客様も仕事を全て業者にお任せというのではなく、何らかの形で携わりたいとの事だったので、板材は全て塗料を塗ってもらいました。普段なかなか体験できない事なので、すごく楽しかったそうです。(色ムラは味という事で)

植樹帯は2種類の高さの違う小舗石を使って、多少段差を付け緩やかな曲線を描く事で、庭に柔らかさを与えています。植栽はあまり管理の掛からない雑木類(ヤマモミジ、ツリバナ、ジューンベリー、アオダモ、ナツハゼ)を植えました。

当社でも人気の高い品種なので、ポイントを絞って配植しても十分四季の移り変わりを感じてもらえます。

低木にはアベリアとシモツケを植えて、フェンスの下の空間を埋めてみました。

リビング前のウッドテラスに合わせて、アンティークレンガとコンクリートの組み合わせで作ったテラスを設けてみました。ここではプールを置いて水遊びをしたり、バーベQをしたりと多目的に活用してもらえそうです。

門柱とポストは何度か提案した結果、この形に納まりました。

枕木を3本立てて作ったシンプルな門柱、差し色に使った真っ赤なポストが一際目を引きます。既存の立水栓は、大洋紅という小舗石で囲んでちょっぴりオシャレに。

外壁の色に合わせてグリッド状に並べたコンクリート製の化粧平板が視線をうまく庭の中へと誘導してくれます。

例によって分かり易い様にビフォーアフター形式で説明したいと思います。

before 

after

リビングダイニングからのプライバシーの確保の為に設置したウッドフェン

ス。外壁の色とコーディネートしました。着色はちなみに御主人にお願いし

ました。

道路からの視線は、雑木のジューンベリーの株立とナツハゼの株立で遮り

ました。建物のトーンとガーデニングのトーンを統一した事で、より一体感

が増しました。

before

after

こちら側から眺めると余計に庭が広く見えます。この効果にはやはりガー

デンフェンスが大きく貢献しているようです。

門柱もシンプルに枕木を組み合わせて作ってみました。奥様がセレクトさ

れたポスト。この赤が差し色としての効果が絶大です!

before

 

after

植樹帯も小舗石で作り、高さと色を変えてみました。季節感が味わえるよう

に雑木のヤマボウシやアオダモの株立を植えてみました。

低木には常緑でピンク色の花がとても長く咲き続けるアベリアを植栽しまし

た。グランドカバーにはハーブのキャットミントを植えて爽やかにまとめて

みました。残りの部分は高麗芝を張って緑の量を確保しました。

before 

after

最近、私の作るガーデニングの定番となりつつあるテラス。

アンティークレンガとコンクリートだけで作ってあるのに、かなり仕上がり

が良いです。このテラスでバーベキューを楽しんだり、お子様用のビニール

プールを置いて水遊びしたり多目的に使えそうです。

このテラスはすごくコスパ大です。もちろん周囲に敷いてある玉砂利の下

には、雑草対策の為に防草シートが敷いてあります。

いよいよ残された最後の仕事、枕木を組み合わせての門柱造りです。

例年になく早く降った雪のせいで作業は大変でしたが、仕上がりはバッチリ

です。次は奥様が選ばれたポストの据え付けです。

差し色の赤がグッと引き立ちます。

これで全ての作業は終了しました。次回は完成形をお見せしたいと思いま

す。今しばらくお待ち下さい。

IMGA0291

 

着工前はこんな風に、敷地内は全て砕石が敷き詰められておりました。

IMGA0216① IMGA0217①

この庭で一番目を引くのは、玄関前に立つ8本の枕木です。

IMGA0290① IMGA0294

玄関扉を開けた時、中が丸見えにならない様にしました。枕木の途中には黒のワイヤーメッシュを取り付け、ハンギングができる様に考えました。アプローチは、白の化粧平板を直角に曲げて結びアクセントに。枕木前には、ナツツバキとツリバナの株立を植えて彩りを与えました。

主庭には、当社が得意としている円形の家庭菜園と花壇を設けました。

IMGA0656

お隣との目隠しに、モチノキとジューンベリー、ヤマボウシの株立を植えました。子供さん達が安心して遊べる様に芝生のフカフカ絨毯も忘れずに作りました。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0216 IMGA0218

完成形はこのようになりました。

IMGA0290

玄関前は枕木でモニュメントを作り、扉を開けた時に玄関の中が丸見えに

ならない様に工夫しました。

その脇にはボンボビという初めて使うポストを立ててみました。これも結構

可愛らしいです。合わせて、ナツツバキやツリバナの株立、カシワバアジサ

イを植栽して彩りを与え、根〆にはクリーピングタイムを植えました。

IMGA0294

何と言ってもアクセントはこの化粧平板。

直線を基調に並べているのでスッキリとまとまり、よりスマートなアプローチ

に変貌しました。

IMGA0289

2台用カーポートの後ろには物置をセットしました。扉を建物と同系色のオ

フホワイトにしたので、上手く外観と一体化した印象を受けます。

IMGA0296

主庭にはジューンベリーやヤマボウシの雑木、リビングの前には目隠しに

なる様に常緑樹のモチノキとヒイラギモクセイを植えています。

敢えて芝生の面積を広めにとって、お子様達が自由にしかも安全に遊べる

スペースを多く作りました。

IMGA0298

手前は円を2つ合わせて作った家庭菜園のスペースを設け、中央には円

形の花壇を作ってみました。

石の色を全て変えてみたので、庭の良いポイントになっていると思います。

まだ植栽したばかりで決して緑の量が多い訳ではありませんが、これから

水やりや芝刈等の管理で植物に愛情を注ぐ事で、必ず素晴らしい恩恵を

返してくれるに違いありません。

それを信じて管理のほう宜しくお願いします。

色々とありがとうございました。

植栽の前に仕上げの仕事を片付けなくては…

という事で

IMGA0178

客土の足りない所へ、客土を足して整地していきます。

整地が完了するとこうなりました。

IMGA0189

次に枕木にアクセントをつける為に、メッシュフェンスを取り付けました。

これはハンギング等お客様のアイデア次第で、いろんな活用法がでてくる

と思います。

IMGA0177

両側に高さを変えて取り付けてみたら、案外面白い仕上がりになりました。

IMGA0784 (2)①

着工前はこんな風に、住宅が完成後、エクステリア工事の内フェンス工事とブロック積み工事が完成した状態でした。

IMGA0785①

IMGA0787①

ここまですでに完成してあると制約が多すぎて、いかに私らしくデザインするか結構頭を悩ませました。

まず最初にカーポートを設置しました。

IMGA0799①

このカーポートは新しいもので、片屋根式でも耐積雪50cmになっています。その為、従来の商品よりも柱が太いのですが、2本柱の為、縦列駐車しても2本柱が少ない為、案外車が出やすいという利点があります。

それに、かなりスタイリッシュでカッコイイです。

IMGA0786 (2)①

リビング前には、フローリングと同系色のウッドデッキを設けた事で、室内からはかなり広く感じられます。しかも限られたスペースの中、動線を保つ為に物置側にはアールを付けて歩きやすくしています。

物置は建物の外壁に合わせて白色にした事で、違和感なく収まりました。ウッドデッキ脇には、通行人からの視界を少しでも遮る様に、ツリバナとイレックスサニーフォスターを植栽しました。

IMGA0791 (2)①

近い将来、建つであろう隣家の視線を遮る為に、オリジナルでウッドフェンスを取り付けました。先にエクステリア工事で取り付けられたアルミフェンスが無駄にならない様に、このような形になりました。

ウッドフェンスの下には、小舗石(錆色)で縁取りをして畑土を入れ、家庭菜園を設けました。

IMGA0792 (2)

この角度から見ると、いかにスペースを有効活用しているか分かると思います。車が縦列に停められる様にカーポートはこの形を選びました。

下草には、キャットミントとクリーピングタイムのハーブを植えました。

IMGA0781①

IMGA0776①

玄関脇の僅かなスペースにも植栽しました。右手にはナツハゼを植えて、左手のブロック上段にはハーブで草丈の高いローズマリーを、下にはマンホールを隠す為、這性のビンカミノールを植栽しました。

ポストは敢えてメタリックで斬新なデザインの物をチョイスしました。

着工前はこんな風でした。

Before

IMGA0785

After

IMGA0784 (2)

着工前はスペースはそんなに広く感じなかったのですが、完成すると色ん

な仕掛けができて、以前よりも空間が広く感じます。

Before

IMGA0787

After

IMGA0796

リビングの前には、フローリングと同系色のウッドデッキを設けた事で、室

内からはかなり広く感じられます。

物置は建物の外壁に合わせて白色にした事で、違和感なく収まりました。

ウッドデッキの脇には、通行人からの視界を少しでも遮る様にツリバナとイ

レックスサニーフォスターを植栽しました。

Before

IMGA0792

After

IMGA0791 (2)

近い将来、建つであろう隣家の視線を遮る為に、オリジナルでウッドフェン

スを作成しました。先に取り付けたアルミフェンスを利用したので、このよ

うな形になりました。 

ウッドフェンスの下は、小舗石(錆色)で縁取りして畑土を入れ、家庭菜園を

設けました。

Before

IMGA0791

After

IMGA0792 (2)

この角度から見ると、いかにスペースを有効活用しているか分かると思い

ます。車は縦列に停められる様に、カーポートはこの形を選びました。

下草には、キャットミントとクリーピングタイムのハーブを植えました。

Before

IMGA0784

After

IMGA0799

このカーポートは新しいもので、片屋根でも耐積雪50cmになっています。

その為、従来の商品よりも柱は太いのですが、それでもかなりスタイリッシ

ュです。

After

IMGA0776

ポストは敢えてメタリックで斬新なデザインの物をチョイスしました。これ

結構かっこいいと思うのですが。

工事開始当初は雪が降るまで終わるのか心配でしたが、予定よりも早く完

成できて良かったと思います。

最後に、少しだけですが植栽もありますので、大事に育てて頂きたいと思

います。分からない事があったら何でも聞いて下さい。宜しくお願いしま

す。

いよいよガーデニングも大詰めを迎えました。

まずは雑草対策に防草シートを張って、その上に玉砂利を敷き詰めていき

ます。

IMGA0778 IMGA0779

ポストの設置もお願いされたので、メタリックでオシャレな物をチョイスし

ました。

IMGA0776

次回は完成形をお見せしたいと思います。限られたスペースがどのような

形に生まれ変わったのか、期待していて下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30