モチノキ

K様邸がどのように劇的変化を遂げたのか、ビフォーアフター形式で説明

したいと思います。

Before

IMGA0164

After

IMGA0875

外構工事で余った残土を敷き均し、その上に客土を盛って築山を造りまし

た。

Before

IMGA0170

After

IMGA0872 IMGA0882

こちら側から見ると、意外に築山が高く、そして広いのかが分かると思いま

す。奥にある既存の家庭菜園は木柵で土留しました。予定より芝生が高く

なったので2段の予定が一部3段になりました。でもそれが結果的に変化

があって面白い結果になりました。

Before

IMGA0687

After

IMGA0883 IMGA0884

中央にヤマモミジの株立(高さ4.5m)の立派な物をシンボルツリーとして

植えました。これが植えられただけで庭が締まります。

他にヤマボウシの株立やアオダモの株立、ジューンベリーの株立はそこそ

こ大きい物を植え、他のシラカシやナナカマド、ライラック、モチノキは1.5

m位の小さな苗木を植えて予算をカット。その分何年もかけて成長を楽し

む方法をチョイスしました。その他、花苗を植え楽しむ花壇のスペースを2

ヶ所設け、それ以外は防草シートの上に玉砂利を敷いて、雑草対策は万

全です。

先日、植物の管理をレクチャーする為にK様邸を訪れたら、小学生低学年

?の娘さんが、庭の水やりを担当していると聞きました。少し水やりの量が

足りなかったので教えた所、大きくうなずいてくれたので、これでもう安心で

す。他にも、ご主人はホームセンターから大きな長い板を購入されて、電ノ

コでカットしてウッドデッキをDIYで作っていらっしゃいました。そこでも小さ

な息子さんがペンキ塗りのお手伝いをしていました。お父さんとの共同作

業、きっと忘れられない大切な思い出になるに違いありません。子供さん

達が中学生になる頃にはきっと素晴らしい庭になっていると思います。

これからもこの庭を管理する事で、少しでも親子の絆が深まるといいです

ね。これからも色々相談にのりますので、宜しくお願いします。

ありがとうございました。

片道2時間かけての現場なのでかなり遠かったのですが、なかなか面白い

作品に仕上がりました。いつも通りビフォー・アフター形式で説明していきた

いと思います。

Before

IMGA0046

After

IMG_0093

IMG_0090

この庭はすべて円をモチーフにしています。

芝生も花壇も家庭菜園も植栽地もすべて円!

大きな宇宙に惑星が浮かんでいる様なイメージで設計しました。ですから

敷砂利の部分は宇宙空間を模している事になります。しかも防草シートが

下に敷いてあるので管理も殆どかかりません。

植栽は主に雑木でまとめ、ジューンベリーの株立やアオダモ、クロモジ、ナ

ツハゼが植えてあります。

IMG_0096

芝生の円と植栽地の円が交わっている所は段差がつけてあり、そこには

キャメルストーンを貼って、ちょっと腰掛けられる様にしました。

Before

IMGA0129

After

IMG_0095

隣地境界のブロック塀脇の花壇は、将来つるバラを這わせるべく円の中心

にオベリスクを立ててみました。

その下草にはハーブのアップルミントを植えてあります。中間には常緑樹

のモチノキを植えて、古いブロック塀を隠そうと考えました。

Before

IMGA0127

After

IMGP3639

タイルが貼られた豪華なテラスの中央には、シンボルツリーのナツツバキ

の株立が植えてあります。この木は玄関からもリビングからもピアノ教室か

らも全て見えるので、かなり重要な役割を果たしているのですが、立派な

樹形の木が植えられたのでホッと胸を撫で下ろしています。

After

IMG_0100

テラス前のブロック塀脇にも常緑樹のソヨゴが植えてあります。何年か後に

は今の2倍位の大きさに成長して、上手く空間を仕切ってくれる事でしょう。

ここは米沢という事で豪雪にも耐えられる工夫と樹木を選択しました。

結果的に敷地内に入るとかなり別世界になるので、訪れた人達もきっと驚

かれるのではいでしょうか?

(設計した私もそうでしたので…。)

かなりの長丁場になりましたが、無事完成する事ができ満足していると共

にお客様にも喜んで頂けたので達成感でいっぱいです。この工事に携わっ

た職人達もよく頑張ったなと思います。

これからも色々水やり等、メンテナンスも大変ですがもっとより良い作品に

なるよう宜しくお願い申し上げます。

長い間、本当にありがとうございました。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0216 IMGA0218

完成形はこのようになりました。

IMGA0290

玄関前は枕木でモニュメントを作り、扉を開けた時に玄関の中が丸見えに

ならない様に工夫しました。

その脇にはボンボビという初めて使うポストを立ててみました。これも結構

可愛らしいです。合わせて、ナツツバキやツリバナの株立、カシワバアジサ

イを植栽して彩りを与え、根〆にはクリーピングタイムを植えました。

IMGA0294

何と言ってもアクセントはこの化粧平板。

直線を基調に並べているのでスッキリとまとまり、よりスマートなアプローチ

に変貌しました。

IMGA0289

2台用カーポートの後ろには物置をセットしました。扉を建物と同系色のオ

フホワイトにしたので、上手く外観と一体化した印象を受けます。

IMGA0296

主庭にはジューンベリーやヤマボウシの雑木、リビングの前には目隠しに

なる様に常緑樹のモチノキとヒイラギモクセイを植えています。

敢えて芝生の面積を広めにとって、お子様達が自由にしかも安全に遊べる

スペースを多く作りました。

IMGA0298

手前は円を2つ合わせて作った家庭菜園のスペースを設け、中央には円

形の花壇を作ってみました。

石の色を全て変えてみたので、庭の良いポイントになっていると思います。

まだ植栽したばかりで決して緑の量が多い訳ではありませんが、これから

水やりや芝刈等の管理で植物に愛情を注ぐ事で、必ず素晴らしい恩恵を

返してくれるに違いありません。

それを信じて管理のほう宜しくお願いします。

色々とありがとうございました。

IMGA0249①

最初は、広い敷地の中に建物が立っている状態でした。

IMGA0204①

IMGA0203①jpg

IMGA0200①

ここに、施主施工で車3台駐車できるカーポートがまず設置されました。

IMGA0240①

建物の周囲には小舗石で縁取り植樹帯を設けました。

ここには、ツリバナの株立、シラカシの株立、それにヤマボウシやカツラ、カマツカを植栽しました。

IMGA0245①

車が頭から侵入してきても、切り返しでバックで駐車できる様にRを付けて、そのスペースを確保し奥様でも余裕で停められる様に考慮しました。デザイン的にも美しい曲線が描けたと自負しています。

IMGA0243①

アプローチは、土間コンクリートだけではデザイン的に淋しい印象になるので、ダークグレーのピンコロ石をジグザグに貼り付けました。

このダークグレーが建物の外装の色とマッチして、上手く差し色になって上手くアクセントが付きました。

これには、デザインだけではなく大きな意味が込められています。それは、新たに追加した土間コンクリートとの流れです。

IMGA0244①

このジグザグのデザインが、新たに打たれた土間コンクリートに引き継がれていきます。これで打ち継ぎ目の不自然さが解消され、黒と白のコントラストが絶妙に綺麗です。

IMGA0251①

建物の南側もあまり管理がかからない様に、雑木を主体に植栽しました。

シロモジ、ナツツバキ、ジューンベリー、ハナミズキ(赤)、ソヨゴ、アオハダ、ヤマモミジが植えられてあります。

まさに雑木のオンパレードになっています。将来生い茂ってくれる事で、四季折々の季節感が出せればと思い植栽しました。

それと、少しでもお隣の古いブロック塀が隠せればと願っています。

IMGA0224①

建物の東側は常緑のモチノキとイレックスサニーフォスターを植栽しました。決して派手さはありませんが、コンクリートの壁の無機質感を一年を通して和らげたいと思い植栽しました。

その他の部分は雑草対策として、防草シートを張った上に玉砂利を敷いて化粧しています。

何もない状態からのスタートでした。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0202 (2) IMGA0663

施主施工でカーポートが建てられ、その下に打たれた土間コンクリートと、

いかにアスファルト舗装を馴染ませられるかが、設計の大きなテーマでし

た。

アプローチに黒いピンコロをジグザグに貼りました。

IMGA0223

これには、デザインだけでなく大きな意味が込められています。それは新た

に追加している土間コンクリートとの流れです。

IMGA0244

このジグザグのデザインが、新たに打たれた土間コンクリートに引き継が

れていきます。これで打ち継目の不自然さが解消され、黒白のコントラスト

が綺麗です。

IMGA0249

建物の外観のスクエアさとも上手くマッチして、よりデザインが強調されま

した。何よりも黒いピンコロを貼っただけなので、費用もあまりかかってい

ないのでコスパ大です。

IMGA0247

車が頭から入ってきて、切り返ししバックで駐車できる様にRを付けてその

スペースを確保し、奥様でも余裕で止められる様考慮しました。デザイン的

にも美しい曲線が描けたと自負しています。

IMGA0242 (3)

植栽もなるべく管理がかからない様に、雑木を主体に植栽しました。ここに

はカツラやシラカシ、ヤマボウシ、ツリバナ、カマツカが植えてあります。

1 2

建物の南側もやはり雑木が主体で、シロモジ、ナツツバキ、ジューンベリ

ー、ハナミズキ(赤)、ソヨゴ、アオハダ、アオダモ、ヤマモミジが植えられ

てあります。

まさに雑木のオンパレードになっています。将来生い茂ってくれる事で四季

折々の季節感が出せればと思い植栽しました。それと少しでもお隣の古い

ブロック塀が隠せればと願っています。

IMGA0224

建物の東側は常緑のモチノキとイレックスサニーフォスターを植栽しまし

た。決して派手さは無いけど、コンクリートの壁の無機質感を一年を通して

和らげたいと思い植栽しました。その他の部分は雑草対策として、防草シ

ートを張った上に、玉砂利を敷いて化粧しています。

こちらの御主人は植物にとても詳しい方なので、これから雑木の下の花壇

部分に色んな植物を植えて下さるでしょうから、どのように進化していくの

か今から非常に楽しみです。

施工中いろいろご不便をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。

今後共、宜しくお願い致します。

IMGA0048

静かに愛犬と過ごしたいという御希望のもとデザインに取り掛かりました。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0146

完成形はこうなりました。

IMGA0048

ドッグランが楽しめる様に、木製でフェンスを作りました。

IMGA0053

入口は、この様に互い違いに立てられたフェンスの間に扉を設けたので、道路から見ても分かりません。

既存の樹木との相乗効果で、かなり潤いのある空間に生まれ変わりました。

IMGA0044

中に入ると意外に広いです。全て囲うのではなく、目線にあまり関係無い下の方は、スリットを広げたので、圧迫感も和らぎ、そよ風も適度に入ってくるので、なかなか居心地がいいです。

IMGA0051

フェンスの裏側にはジューンベリーの株立をメインに、お隣に葉っぱが落ちない様にイレックスサニーフォスターとモチノキの常緑樹を植えました。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0146

完成形がこちらです。

IMGA0048

ドッグランが楽しめる様に、木製でフェンスを手作りしました。

フェンスの裏側には樹木を植えてあります。

IMGA0040

入口はこの様に互い違いに立てられたフェンスの間に扉を設けたので、

道路から見ても分かりません。

IMGA0044

IMGA0045

IMGA0046

中に入ると意外と広いです。全て囲うのではなく、目線にはあまり関係の無

い下の方はスリットを広く設けたので、圧迫感も和らぎ、そよ風も適度入っ

てくるのでなかなか居心地がいいです。

フェンスの裏側は、ジューンベリーの株立を植え、お隣に葉っぱが落ちない

様にイレックスサニーフォスターとモチノキの常緑樹を植えました。IMGA0051

IMGA0047

裏に回れば、緑がまだ別の魅力を感じさせてくれます。

既存の樹木との相乗効果で、かなり潤いのある空間に生まれ変わりまし

た。

 

 

今回は、ビフォー・アフター形式で見せていきたいと思います。

before

IMGA0277

               

after

IMGA0593

家の南側にあった物置をカーポートのすぐ後ろに設置

して、利便性を考えました。この庭は、ドッグランを主体に

考えていますので、入口にはウッド製の扉とアメリカン

フェンスを設けました。この扉は、冬場の除雪も考え

スノーダンプが通れる幅を確保しました。

before

IMGA0280

                                

after

IMGA0594

庭の中心には、芝生のスペースを設け、一部に小さな

ウッドデッキを据え付けました。これに座りながら犬と

遊べればと思っています。奥には、既存のフェンスの

前に木製のウッドフェンスも設け、お隣の庭を借景した

いと考えています。お隣の物置の前には、ソヨゴとジューン

ベリーの株立を植えて遮閉しました。もちろん、入口の扉と

このフェンスはトータルコーディネートした結果です。

before

IMGA0281

               

after

IMGA0597

この角度から見れば、いかに借景しているか分かると思い

ます。南側隣地境界には、モチノキを列植して、緑の量を

多くして、空間を仕切っています。それ以外のスペースは

防草シート+玉砂利敷きにしてあるので、雑草対策は万全

です。

before

IMGA0283

               

after

IMGA0600

以前ここにあった物置をカーポート脇に移動したので

既存のウッドデッキと連立性が生まれ、すごく広く感じ

られます。

今の状態では、休眠期間中なので、落葉樹も芝生も

葉が無い状態です。来年の新緑の頃には、全く別世界

になっている事でしょう。それまで少しの間、我慢して

頂ければ幸いです。

色々と、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

着工前はこんな感じでした。

P1020182-a

P1020181-a

P1020180-a.jpg

この植樹桝に植栽用の客土を敷き均していきます。

P1020183-a

そこに木を植えていきます。

P1020185-a

これは、目隠し用に常緑樹のモチノキを植栽している所です。

メインの事務所の入り口脇には、エゴノキの株立ちを植栽しました。

002 (2)-a

この画像は、樹木が風や雪によって動かないように

竹で八ツ掛支柱を施している所です。

 

その脇の花壇には、低木で花の期間がすごく長いアベリアを

植栽しました。

001 (2)-a

植栽が完了したのが次の画像です。

P1020191-a

事務所入り口には、シンボルツリーのエゴノキの株立ちが植えられ

この無機質な空間に潤いを与えてくれています。

 

アベリアも今は少し寂しいですが2、3年後には緑の量も増え薄桃色の

花が長い期間、事務所を訪れる人達を和ませてくれる事でしょう。

P1020188

事務所の入口にはアオダモの株立ち、ハナミズキの赤花、ナツハゼが

植えられています。

P1020190-a

東側の花壇にはモチノキが列植されて、後ろの機械室を遮閉しています。

その他の部分は、花壇として社員の方々が四季折々の花を植えて

修景していくとお聞きしました。

 

来春には、どのような形で進化した外観になっているのかが

楽しみでもあり期待しています。

007

中央に配置された円形のテラスに目地を入れて完成です。

西側の隣地境界側にはフェンスをたて、その前にはシラカシ

モチノキを植えました。より立体的に見えます。

006 (2)

北側の花壇部分にも雑木や下草が植えられ、芝が張られたことで

庭に潤いが出てきました。

009

東側部分は洗い出しの通路と転落防止用のネットを

取り付けて完成です。

次回には完成した全貌をお見せできると思いますので

楽しみにしていて下さい。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930