ヤマモミジ

今回はいよいよ樹木の植栽を行います。これで見える景色が一変するは

ずです。まずは雑木を植えていきます。

道路からの視線をうまく遮るように樹木の配植を考えました。ジューンベリ

ーの株立とナツハゼの株立を植えたので、来春葉が茂ればうまく目隠しで

きる事でしょう。

次にアオダモの株立を植えていきます。幹に浮かぶ白い模様がとても綺麗

です。その他にも、ツリバナの株立とヤマモミジも植えていきます。

ここまででも庭に潤いが出てきました。雑木の植栽が終わったら、次は低

木を植えていきます。

花の咲いている期間がとても長いアベリアを植えていきます。樹高が50

cm位あるのでフェンスの足元はうまく隠れます。

風で倒れないように竹で支柱を掛けていきます。この支柱に枝を誘引して

広げる事で、より美しい樹形にする事ができます。

足元の低木にはシモツケを植えていきます。

グランドカバーはハーブのキャットミントとクリーピングタイムを植えまし

た。どちらも強健な植物で寒さや雑草にも強く乾燥にも耐えるので、水遣り

も殆ど必要ない管理の楽なとてもお薦めな植物です。

これに高麗芝を全面に張ったら植栽の完了です。

植える前と後ではかなり奥行き感が違います。すごく庭らしくなったと思い

ます。

次は門柱工事です。これが終われば完了なので、どんな形になるかは後

のお楽しみという事で!

工事前と工事後でどのように変化したのか分かりやすいようにビフォー、ア

フター形式で説明したいと思います。

before

after

玄関脇には植樹帯を設けツリバナの株立をメインにして、根〆には花の咲

いている期間が最も長いアベリアを密植しました。

家庭菜園も角材を組み合わせて作ってみました。

before

after

ヤマモミジとジューンベリー、ライラックの3本の雑木でシンプルにまとめ

てみました。樹木の下は土壌改良だけを施し、将来草花を植えられるスペ

ースにしてみました。

建物の周囲の全ての砕石は搬出して、防草シート+玉砂利敷でまとめて

みました。これのおかげで草取りの煩わしさはほとんど解消され、管理の

楽な庭になりました。

待ちに待った植栽工事。まずは客土に牛ふんモミ殻堆肥をたっぷりと撹拌

します。これで芝の成育が良くなり葉の緑もすごく濃い色になって見栄えが

とても良くなります。

樹木を剪定した後、順次平面プランに基づき植え付けしていきます。

樹木が風で倒れないように、竹で支柱を掛けます。その後、下草にシモツ

ケを密植していきます。

仕上げに高麗芝を張ると完成です。

工事着工前とどのように変化したのか、ビフォーアフター形式で発表したい

と思います。

before

after

庭の中心に設けた植栽帯。やはり樹木が植えられると家の印象が全く別

物になります。ここはヤマモミジ、ジューンベリー、ナツハゼの3本の樹木

でまとめ、低木にはシモツケを密植しました。

残りのスペースには高麗芝を張って緑の量を確保し、将来家族の寛ぐスペ

ースを確保しました。中でも一番のお気に入りは、いろんな小舗石をミック

スして並べた花壇の縁取りです。ミックスした事で小舗石の大きさや色が

違うので、かえっておもしろい形に仕上がりました。例えが変かもしれませ

んがビーズの首飾りみたいになったのは想定外でした。

before

after

2台用のカーポートは建物の窓枠のサッシの色に合わせてオータムブラウ

ンにしてみました。無難なシルバー系の色よりこちらの方がしっくりきてい

ます。

after

アプローチのキャメルストーンの石貼りも木の葉型にしてみました。

after

テラスをイメージしたこの場所も、在庫のインターロッキングブロックを使

って同じく木の葉型にしてみました。

やはり曲線がモチーフになっていると、すごく柔らかい印象のガーデニング

になりました。

4月中旬から工事に取り掛かっていましたM様邸の作庭工事。

1ヶ月半にも及ぶ長丁場でしたが、ようやくここに完成しましたのでどのよ

ように変化したのかビフォー・アフター形式で紹介させて頂きます。

before

after

2台用のカーポート。物置も建物の外壁と同じオータムブラウン系の色で

統一し、一体感を持たせています。

そのカーポートと合わせて建てたフレーム。額縁効果で、眺める景観を額

縁状の枠で切り取ったので、眺めた時の印象が強くなりました。それに合

わせて、門柱も枕木と柱を組み合わせて大胆にデザインしてみました。

before

after

こちら側から眺めても、やはりカーポートとフレームが組み合わされる事

により、カーポートだけが孤立しているのではなく、一つの構築物として

成立しており一体感が生まれています。

before

after

庭の境界には板塀を設けて空間を仕切っています。

板材は和モダンを強調する為に縦使いにして、間にアクセントとして

さらし竹を挟みました。板塀も同系色に塗った事によりシックになりまし

した。

アプローチには「ベンガルブラック」という珍しい黒い石材を乱張りにし

て張り、白御影石の敷石と組み合わせる事で、コントラストが強調され、

あたかも料亭の苑路のような高級感が演出できました。

主庭はゴロタ石で作った洲浜と、伊勢砂利で作った流れで構成された枯山

水を作ってみました。

植栽はできるだけシンプルにしたかったので、ヤマモミジ、ハナミズキ、

アオハダの3本のみにして構成しました。それとは対照的に、下草はコケ

の代わりにリュウノヒゲをビッシリと植え込み、所々に山野草を植えて趣

を与えています。

before

after

道路沿いにはマサキの生垣を設け延長を長くする事で、緑の量を増やし

潤いを与えています。

 

東根市のM様邸の作庭工事。 

植物をたくさん植えた事で、かなり庭に潤いがでてきました。 

ヤマモミジやアオダモの株立やハナミズキ等の雑木を植え、さらに根元に

はサツキの寄せ植えを施しました。

下草には、リュウノヒゲをベースに山野草をあしらってみました。

建物の外周には、生垣の補助金を利用してマサキの生垣を作ってみまし

た。

ここ東根市では、最大5万円の補助が出るので結構助かります。

他の自治体でもやっている所が多いので、一度地元の役所に問い合わせ

てみてはどうでしょうか。

 

植栽が終わると、だいぶ感じが和モダンでシックな景観に生まれ変わりま

した。

あとは土間コンクリートを打設して、周囲の仕上げを残すのみとなりまし

た。ここまで来ると我々も完成が待ち遠しいです♪

私の中学の同級生の女性建築士の紹介で作庭する事になったA様邸。

何度も設計及び打ち合わせを行い、ようやく完成致しました。

着工前と完成後でどのように変化したのか、分かりやすいようにビフォー、

アフター形式で説明したいと思います。

BEFORE

AFTER

玄関が丸見えにならない様に、ドウタンの生垣で隠しました。ちょっと和風

に見せる為に四ツ目垣も沿えてあります。スロープを除雪する時に、スノー

ダンプが使える様に、枝折戸を流用して取り外しができる様に考えました。

駐車した車が左折する時、うっかりぶつからない様にサイン柱を手作りしま

した。表札もアクリル板で看板屋さんに特別に作ってもらいました。

下草には、フイリヤブランとフッキソウでちょっぴり和風に、でも白御影の

敷石を交互に縦使いした土留でスクエアな和モダンに仕上げました。

BEFORE

AFTER

白御影敷石の平板(300×300)をグリッド状に並べて、モダンでスッキ

リとした印象に仕上げました。伊勢ゴロタ石を州浜に据え付け、緩やかな

曲線を描く事でどことなく和の空間を演出しています。

植栽は、屋根の雪が落ちてくるので2人で移動できる様に、モダンなプラン

ターにツリバナの株立を植えてみました。

下草には、初めてアジュガのチョコチップという紫色の可愛い花が咲く品種

を使ってみました。この先どんな風に成長するのか、すごく楽しみです。

BEFORE

AFTER

主庭は大胆な曲線をモチーフに構成してみました。マサキの生垣は大きく

ひねって植えてあります。

芝生もそれに伴い瓢箪型っぽく作ってみました。

高木は管理が楽なように雑木(アズキナシ、ヤマモミジ、アオダモ、シラカ

シ等)を植えてみました。根〆にはキャットミントとヒューケラを使い、花

が咲いたら華やかな装いになるようデザインしました。

BEFORE

AFTER

台所に立っていても四季を感じていたいとの要望でしたので、こちら側にも

雑木(アカバナエゴノキ、ハナミズキ赤、ハナミズキ白、ジューンベリー、

常緑ヤマボウシ、ハナカイドウ等)をたくさん植えてみました。それによ

り季節を問わず、どれかが主役になって目を楽しませてくれそうです。

家庭菜園も丸太で囲い、3カ所作ってみました。1人で楽しむにはこれ位で

十分だと思います。

BEFORE

AFTER

以前からあった庭も少しアレンジしてみました。

枯れていた樹木はすべて伐根し、新たにナナカマドの株立や、トサミズキ、

ナンジャモンジャ、ヒュウガミズキ、アベリア等が植えられ、今風の庭に生

まれ変わりました。

着工前はこんな風に土留が施されているだけでした。

敷地の周囲も樹木や雑草が生い茂り、鬱蒼としていました。ただ白い土蔵

だけが美しかったので、これだけは何とか借景したいと考えました。

敷地周囲のアカシアや雑草は、許可を得て伐採しました。空間を仕切る為

にオリジナルのガーデンフェンスを設けてみました。これにより白い土蔵

が浮かび上がり、アクセントとして上手く借景する事ができました。

植栽部分は白御影の間知石と小舗石の二丁掛で花壇と作り、若干ではあ

りますが高低差を設けました。

植栽は管理の楽な雑木類(アオダモ、ジューンベリー、アズキナシ、ヤマモ

ミジ等)を植えて、季節毎の移り変わりが楽しめるように配慮しました。

ガーデンフェンスの下が空いている所は低木のシモツケを植栽し、それを

カバーしました。

根〆にはキャットミント、クリーピングタイムのハーブ類でまとめ、ただ眺

めるだけではなく、その香りを楽しんだり、葉っぱを収穫したり多目的に利

用できるように考えてみました。

また、一部ではありますが畑土を入れて家庭菜園も設けてみました。

また、光の当たり具合でこのようにおもしろい影の造形が見られ、これは

想定外の出来事でした。

寝室前には、ナツツバキを植え、逆遠近法で庭が広く見えるようにしてみま

した。

リビングの前には雲形の大きなテラスを設け、テーブルを置いてゆっくり

寛げる空間を設けてみました。これからの季節バーベQなどもいいかもし

れませんね♪

玄関脇の坪庭には小舗石とレンガで雲形に仕切り、今カラーリーフとして

人気の高いヒューケラを植えてみました。

ここにはあまり大きくならないツリバナの株立を1本植えて、シンプルな空

間構成にこだわりました。

ちなみに、白い玉石は海を表しています。

玄関前は、枕木を立てて門柱にしてみました。その後ろにはアオハダの株

立を植え、根〆にはグランドカバーのフイリヤブランとビンカミノールでま

とめてみました。

またまた、とある団地の樹木の剪定をしています。

冬の間は落葉樹が休眠しているので、大胆に剪定しても樹勢が弱らず、樹

木の骨格を作る事ができます。

いわゆる「冬期剪定」というもので、この時期を利用して、私が京都で修業

し習得した技を伝授しようと考えています。

特に入社2年目の彼は落葉樹の剪定デビュー。

何の色にも染まっていないほうが、私は教えやすく彼もすごく熱心に仕事を

するので、技の吸収スピードが早いように思います。

今切っているのはヤマモミジですが、前回教えたヒマラヤスギと違って特性

が違います。樹種毎の剪定を細かく教えて、早く一人前の「庭師」に私は仕

立てたいと思います。

dscf5621

 

img_0208dscf5079

dscf5078

最初にお客様と打ち合わせにお伺いした時、3つの要望を伝えられました。

1つ目は、リビングからの眺めがどことなく殺風景なので、何か雑木的なもので目隠ししてほしいとの事。

2つ目は、門柱の脇に気を植える事で、冬場玄関前に雪が入り込んでくるのを和らげてほしいとの事。

3つ目は、道路側にある窓が和室に面しているので、何か木を植えて修景してほしいとの事でした。

あらかじめ予算も提示されていたので、どうその範囲で納めるか手腕が問われる所でした。

dscf5623

植栽地は、白御影の間知石、小舗石錆の二丁掛、小舗石大洋紅を使う事で、約10cm位ですが、ちょっとずつ段差をつけて立体感を与えてみました。

植栽はヤマモミジ、アオハダ、常緑ヤマボウシ、ジューンベリー、ナツツバキ等の様々な雑木を植える事で、四季の移り変わりを楽しんでもらう様にしました。それと同時に隣家との目隠しもさりげなく行える様に配植しました。

芝も張ってみたいとの考えも伺いましたが、御夫婦とも働かれていたので、今回は管理の殆どかからない防草シート+玉砂利敷をお薦めしました。

dscf5628

家庭菜園も挑戦してみたいとの事だったので、畳2枚分位の大きなものを作りました。これで、4人家族なら十分にいろんな野菜が収穫でき、新鮮なものが毎朝食べられるからです。

dscf5624

リビング前には、ウッドデッキと雫をモチーフにしたテラスを設けてみました。

このウッドデッキに腰掛け、バーベQを楽しむ姿が目に浮かびます。

dscf5617

門柱脇にはカツラの株立を植えて、雪の入り込みを少しでも和らげられる様にしてみました。

dscf5616

和室前には、スペースが狭かったのであまり大きくならないウメモドキとツリバナを植えて、少しでも和のテイストを感じてもらえる様にしました。

dscf5255

 

img_0172 imga0936

着工前は、周囲を高い建物で囲まれ、どこか暗い感じがしました。

また、玄関までのアプローチも、殺風景な感じは否めませんでした。

dscf5257

オリジナルガーデンフェンスで囲んだ事で、閉塞感がだいぶ和らぎました。やはり、木の持つ温もりは特別ですね。

少しでも立体感を出す為に、植栽部分は小舗石で高さを変えてみました。

植栽は、ツリバナ、ジューンベリー、ハナミズキ、ヤマモミジ等の雑木でまとめてみました。低木は、花の可憐なシモツケとウツギマジシャン。地被は、キャットミント、クリーピングタイムのハーブでまとめてみました。

dscf5366

枕木で囲んだ家庭菜園には、ガーデンフェンスの柱だけ立てて延長してあります。

これは隣の庭を借景する為、額縁効果を狙ったものです。また、将来的には、この柱にメッシュのフェンスを取り付け、つる性の野菜を植えても、おもしろいかと思っています。

dscf5364

テラスまでの通路には、枕木をランダムに並べてアクセンとをつけています。

物置も暗くならないように、白いものにしてテーマを統一してみました。

dscf5399

玄関までのアプローチは、スクエアにまとめてみました。ミルキーホワイトの化粧平板をアクセントに、グリッドを互い違いに配して、リズム感を出してみました。

枕木で作った門柱には、表札と装飾金具でオリジナリティーを出してみました。

dscf5401

植栽は、スペースが無い中で、中木のナツハゼとオトコヨウゾメの2本でまとめ、地被には、カラーリーフで有名なヒューケラとフイリヤブランで存在感を出してみました。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930