レンガ

この度のガーデニングで御主人も何か作業を自分でもやってみたいという

事でしたので、ガーデンフェンスで使う板材をペンキで塗ってもらう事にし

ました。

普通の仕事とは全然違ってすごく楽しいと、丸2日掛けて全ての板材を塗

ってもらいました。これでメンテナンス等のD.I.Yはバッチリです。

我々プロの仕事はテラスの縁取りからです。

わざとヴィンテージ加工してあるレンガを縁取りに使う事で、コンクリート

のテラスにも味がでます。

花壇の縁取りは小舗石の二丁掛で囲います。今回の材料は質が良いので

仕上がりもグッドです。

それが完了すると、段差をつける為にもう片方は通常の大きさの小舗石を

並べてみました。

次に先程塗ってもらった柱や板材を固定していきます。

ここまで仕上がるとこうなりました。

実際に板材を貼ってみた所、下が空き過ぎていたのでもう2段追加する

事になりました。

小舗石やレンガが描く自由曲線が庭に柔らかさをもたらします。

次はいよいよ植栽工事。かなり大胆な変化が期待できそうです♪

東根市のT様邸のガーデニング。一番の見せ場に差しかかりました。

まずは植栽用の客土に肥料をたっぷり混ぜて、生育に必要な養分を与え

ます。

アオハダやジューンベリー等の雑木でまとめてみました。

ウッドフェンスに樹々の緑が映えます。

玄関脇の坪庭にもツリバナを植えてみました。

木を1本植えるだけで、雰囲気が良くなるから不思議です。

リビング前に大きなテラスを作っています。

これが出来上がると庭の重要なアクセントになります。

次回は完成形を披露しますので、楽しみにしていて下さい♪

工事を着工する前とその後では、どの様に変化したのかを例によってビフ

ォー・アフター形式で説明したいと思います。

Before

dscf5080

After

dscf5616

和室に面した窓から見える景色がどこか殺風景だったので、ウメモドキとツ

リバナの株立を植えて、和のテイストを残しながらも洋風な外観とのマッチ

ングにも気を配りました。

Before

dscf5079

After

dscf5617

門柱廻りが淋しいという事と、玄関の脇から風と共に雪が入ってきてしまう

ので、それを緩和してほしいとの要望でした。そこで門の脇にカツラの株立

を植えて、それを緩めるよう対応しました。

Before

img_0210

After

dscf5623

隣家のフェンス等が気になるという事だったので、アオハダや常緑ヤマボ

ウシ、ジューンベリー、ナツツバキ、ヤマモミジ等の雑木を植えて彩りを与

えました。

Before

img_0207

After

dscf5621

庭の一部には、枕木で囲った家庭菜園を作りました。

植栽地の高さも、石積みや小舗石の高さを変えて変化を与えました。

敢えて直線を使わず、緩やかな曲線をデザインに与えた事で、庭にゆとり

が生まれました。

After

dscf5620

リビングの窓には、ウッドデッキを設けました。これでリビングから眺めると

とても広く感じると思います。その前には、雫型のテラスを作ってみました。

ショコラ・コロンという焼き菓子の様な可愛いレンガで、コンクリートを縁取っ

ただけのテラスですが、形がおもしろいので、この庭にすごくマッチしている

気がします。

広さもバーベキューするには、丁度良い面積を確保しています。

アプローチ工事に取りかかりました。

まず最初に余分な土をカットしていきます。

dscf5276

次に化粧平板ブロックを並べます。

dscf5284

そこに、レンガで縁取りを行います。

dscf5285

当初はスロープで行く予定でしたが、傾斜が結構きつかったので一段段差

を設けました。量水器も下げる事が難しかったので、同じレンガで囲む事に

しました。

そこに、枕木で門柱を立てました。

dscf5339

ここに、後で表札を取り付ける予定です。

次にレンガの枠の中に土間コンを打ちました。

img_0217

これで、アプローチのイメージがかなり分かる様になりました。後は植栽を

して彩りを与えるだけです。

完成まであと少し。ラストスパートです!

約2週間かかった工事もようやく完成!

かなり変化したと思っています。

どの位変わったのか、ビフォー・アフター形式で紹介したいと思います。

Before

IMGA0185

After                  ↓                       

IMGA0954

Before       

IMGA0186

After                  ↓

IMGA0955

Before

IMGA0188

After                  ↓

IMGA0958 IMGA0960

Before

IMGA0189

After                  ↓

IMGA0959

やはり、木は優しくていいですね。

手触りといい、風合いがほんとナチュラルです。

木製のフェンスは色々とアイデア次第で、色んなアレンジがD.I.Yで簡単

にできるものも魅力の一つだと思います。(ハンギングetc)

ここのレンガに囲まれた畑の中に園児達が野菜の苗を植え、それを育てて

給食で食べるのだそうです。

まさに『食育』ですね。宿題の野菜の育て方、勉強しておきます!

ウッドフェンス工事も形が出来てくると、かなり雰囲気が柔らかくなってきま

した。

そこにレンガが並べられると、ぐっと見栄えが良くなりました。

IMGA0938 IMGA0939

下の段の一番広い家庭菜園の部分も、かなり広く感じられます。

IMGA0941

残りの部分には高麗芝を張るので、緑が増えればまた感じが少し違ってき

ます。

工事もいよいよ最終章!完成が楽しみです♪

引き続き、サツキツツジの雪囲いを依頼されました。

IMGA0303

植込みに合わせて、柱を立てていきます。

それが終わると、次に横木をバンセンで固定して、その上に唐竹

を縄で固定していきます。

これは雪棚というもので、こういう刈込の雪囲いに用います。

IMGA0311

次にいよいよ社名看板の取付けです。

カッターで、レンガを少しずつカットしていきます。

IMGA0366

取付完了でこうなりました。レンガにベストマッチ!

風格があり、今完成したばかりとはとても思えない仕上がりになり

ました。

 

着工前

IMGA0257

              ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

完成

IMGA0365

この様に着工前、完成で比較するとその変化がよく分かります。

企画から製作、工事まで色々難しい所もありましたが、何とか良い

作品が出来上がり、良かったと思います。

本当にありがとうございました。

 

 

地道な土工事が終わったので、いよいよ修景作業に突入です。この工

事の目玉の一つである、パーゴラ(藤棚)作りに取りかかりました。

IMGA0629

雪が降り積もる事を考慮して、パーゴラには補強材を加えています。

IMGA0644

移植したフジが棚一杯に花を付けてくれる光景が、今から想像しても

とてもワクワクしてきます。

アプローチの途中には、奥様からの要望でバラのアーチを取り付けま

した。

IMGA0605

雪国仕様という事で、少し無骨ですが頑丈な製品をチョイスしました

。経験上バラが伸びて絡んでしまうと、アーチのデザインはあまり重

要ではない事に気付いたからです。

アプローチの縁取りはクラシックなレンガを用い、中は凍結に強いイ

ンターロッキングブロックを並べました。

IMGA0648

IMGA0702

これで、かなりオシャレな雰囲気になってきました。まだまだ、第2、

第3の仕掛けを準備しますのでお楽しみに❢

 

着工前はこんな感じでした。

005 (2)

家の周りは建築時の完成のままで、大きな石がごろごろした

状態でした。そこに生垣や花壇をつくる為に床掘をします。

宅盤がかなり頑丈に作られていたので、砕石が厚く掘るのにとても

苦労しました。

次に門柱のブロックを積んでいきます。

020

お客様と打ち合わせをして、高さ1m40cm程の門柱を設置していきます。

下塗りを終え、レンガを上に並べていきます。

001 (2)

ここに美ブロを塗れば完成です。

次は植栽用の客土を入れて、生垣と植栽の工程に入ります。

これからどんどん変化していくでしょう。お楽しみに!

隣家との距離が近く、視線が気になったので

オリジナルガーデンフェンスで視線を遮閉することにしました。

004 (6)

奥の花壇には小舗石で花壇を作り、手前にはレンガを並べて

花壇を作りました。

008 (8)

物置はちょっとしたガーデングッズがしまえるような小さいものを

選びました。

また、雪が隣家に落ちるのを防ぐため、横落ちの物を

設置しました。

020

次に樹木の植栽が終わっただけで、雰囲気がだいぶ変わってきます。

027

高木の下にはPOT物を植えて、彩りを与えています。

026

残りは張芝と、テラスの洗い出しになります。

これが終われば完成です。

ラストスパート気合を入れて頑張ります!

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930