客土

土留用のコンクリートブロックが完全に乾いて強度が保てたので作業再開

です。

まずは植栽用の客土の小運搬です。

やはり、こちら側も機械が入れないので一輪車で運んでいます。(かなりの

重労働でした(笑))

その客土に土壌改良材を混ぜて整地し、芝床を作っていきます。

次に勝手口と御実家との通路には同じく在庫品のコンクリート化粧平板を

並べてみました。

ただ単調に並べるのではなく、このように菱形を交互に入れてみました。

すると意外にオシャレに決まりました。

次はいよいよ植栽工事です。

アプローチがかなり長いのと奥行きも結構あるので、思いのほか変化が期

待できそうです。

着工前はこんな感じでした。

まずは既存の土を掘削しました。

そこに植栽用客土を一輪車で小運搬し、肥料を混ぜて植栽するのにふさ

わしい土壌に改良していきます。

主庭の方に丸太を組んで、家庭菜園のスペースを設けてみました。

限られたスペースの中で予算と相談しながら、いかにお客様の夢を実現す

るのか?難しい選択に迫られる所もありますが、何とか「おさまり」を良く

してお客様に満足して頂きたいと思っています。

前回のブログで紹介しましたS様邸のガーデニングを開始しました。

着工前はこんな感じでした。

まずはバックホーで雑草が生えている土を掘削していきます。

そこに植栽用の客土を入れ肥料を混ぜていきます。

次にガーデンフェンスを立てる為の基礎ブロックを据え付けていきます。

これがかなり重いので毎回腰が痛くて大変です。

次に花壇の縁取りに並べる小舗石の床を作りました。

今回の材料は品質が従来のものと比べるととても良いので、いい仕事がで

きそうです!

 

着工前はこんな感じでした。

A様は建売住宅を購入されたとの事でしたので、カーポートやアプローチ、

外周りのフェンスは既に出来上がっている状態でした。なのでガーデニン

グのみを頼まれました。

まずは既存の砕石を取り除きます。

それが終われば次に植栽部分を掘削していきます。

そこに植栽用の客土を入れて敷き均していきます。

家の玄関脇には木製の角柱を使用して作った家庭菜園のスペースも設け

ました。

4人家族でしたらこの位の大きさが丁度良いかもしれませんね?

まだガーデニングは始まったばかり。

夢は少しずつ実現していきます。

着工前はこんな感じでした。

村山市は雪が結構降るので、その対策に一番頭を悩ませました。その解

決策は後々紹介致します。

まずは平面図に基づき位置出しを行った所から、バックホーにて掘削して

いきます。

次に大きなテラスになる所に砕石を敷いて、タンパで締固めを行います。

御主人が車をバックして洗車するスペースが欲しいという事だったので、

かなり大きな物になりました。

それが完了すると、奥の方から植栽用の客土を仮置きしていきます。

ちょっとした築山を造るので、普通より多めに土を盛りました。

次に雪対策用に基礎ブロックを設置する事にしましたので、せっかく作っ

た盤を壊したくなかったので、やむを得ず人力にて掘削していきます。

削岩機を使っての作業なので、思っていたより重労働になってしまいまし

た。工事はまだ始まったばかりですが、雪対策にはかなり頭を使ったので、

積雪の多い所に住まわれている方で、ガーデニングしてみたいと考えてい

らっしゃるお客様には、参考になるかもしれません。

次の工程も楽しみにして下さい♪

3月中旬から開始という事で、まだ敷地にはこのように雪が残っていまし

た。

まずは雪を片付けて、平面図に基づきマーキングしました。

それをお客様に確認して頂き、了解を得てから丁張りをかけていきます。

次に、周囲に設けるウッドフェンス用の基礎ブロックを据え付けていきま

す。

これが結構重いので、ギックリ腰にならないように気を付けて作業を行いま

した。

次に、一輪車で植栽用の客土を運搬していきます。人力なのでかなりハー

ドな仕事になってしまいましたが、何とか無事終了しました。

盛土が終わると、何となく庭のアウトラインが見えてきました。

まだ作業は始まったばかりですが、もう作者の私には庭のイメージが浮か

んでいます。

早く実現したいものです。

最初に平面図に基づき、家庭菜園部分の床掘を行います。

次に目隠しの為に植えるマサキの生垣用の支柱を施工します。これだけで

も庭の輪郭が何となく見えてきます。

次に家庭菜園用の畑土を運搬し敷き均します。この畑土はとある場所の表

土を譲り受けたものでとても良質な土です。

あまりに水はけが悪いので試しに掘ってみたら、下まで粘土の層でした。

これでは仕方ありません。

そこで急遽、暗渠を設ける事にしました。

やはり水はけは大事ですから!

それが終わると、この工事で一番大変な客土の小運搬です。

このように一輪車での運搬なので、結構キツイ仕事です。

2日がかりでここまできました。

もう2~3日で盛土が完成すれば、かなり見た目も違ってきます。

早くクリアして次のステップへ進みたいです。

着工前はこんな感じでした。

img_0210

dscf5079 dscf5080

カーポートや門柱、土間コンクリート等の外構工事は既に完成していまし

た。両隣のフェンスも立てられていて、どこかアンバランスな空間で落ち着

きません。

このスペースをなるべく予算を抑えて、いかにオシャレな空間を演出するの

かが作庭家の仕事です。

まずは土の入れ替えを行う為、ミニバックホーで床掘を行います。

dscf5522 dscf5523

所定の深さまで床掘が終わったら、植栽用の客土と入れ替えです。

dscf5524 dscf5527

掘った土は主庭の方が思ったより地盤がかなり低かったので、そこに敷均

し再利用する事にしました。

dscf5526

工事は始まったばかり。これから色んな仕掛けを施したいと思っています。

この空間がどのように演出されていくのか、楽しみにしていて下さい♪

着工前はこんな風に四方を建物で囲われ、閉塞感が感じられました。

imga0938

img_0172

まずは、閉塞感を少しでも和らげる為にウッドフェンスを作ります。

大きめの基礎ブロックを埋めて、かなり頑丈にしていきます。

dscf5154

次に、防腐処理を施した木材を設計図に合わせて加工していきます。

dscf5157

それを組み立てるとこうなります。

dscf5158 dscf5171

ウッドフェンスの持つ木の温かみで、雰囲気が随分変わりました。

そこに植栽用の客土を敷き均します。

dscf5163

これだけでも、何だか庭っぽくなってきました。

次の工程は土留用の石の据付けです。

今回のデザインでは思い切った曲線を用いていますので、今から仕上がり

が楽しみです。

 

 

着工前はこんな感じでした。

imga0776 imga0777

完成するとこんな感じになりました。

dscf5148 dscf5149

2台用のカーポートは奥行きが少し足りなかったので、切り詰め加工を施し

ました。

その脇のゲスト用駐車スペースには、アールを付けて出し入れしやすい様

に考えました。

dscf3093

リビング前もただ黒い砕石が敷いてあるだけでした。

dscf5152

土留用に普通ブロックを2段積にしました。

将来、南側に建物が建つ事を想定して、いつでも木が植えられる様に予め

植栽用の客土を入れて、花壇のスペースを設けました。

防草シートを敷いた上に玉砂利を敷いたので、雑草対策も万全です。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930