小舗石

 

着工前はこんな感じにビルダーの施工で

外構工事の一部が造られている状態でした。

 

DSCF4477

 

この敷地の真ん中に施工された階段と

どうやって馴染ませるかがデザイン上の最大のテーマでした。

 

DSCF4478

 

また、建物と駐車スペースの高低差がかなりあり、

限られた予算の中でいかに納めるかが

デザイナーのセンスに掛かっていました。

 

まず最初に現地盤を掘削して、

新しい植栽用の土と入れ替えていきます。

 

DSCF5543

IMGP7334

 

次に防腐剤を注入した角材を使って、

家庭菜園のスペースを作りました。

 

DSCF5596

 

次に雑木類を植栽するスペースを

小舗石を使って縁取ります。

 

DSCF5593

 

次にコンクリート製のテラスになる部分を

アンティークレンガで囲っていきます。

 

DSCF5594

 

ここまで出来上がると

主庭の大まかなイメージがつかめてきました。

 

DSCF5597

 

まだまだ工事は始まったばかり。

 

先ほど述べたテーマをどのようにして実現していくのか…?

楽しみにしていて下さい。

 

 

M様邸では既にカーポートやアプローチ等の外構は

全て完了しておりました。そこで更に

「この外構に合わせて、庭に彩りを与えてほしい!」

というご依頼をいただきました。

 

着工前はこんな感じでした。

 

DSCF4244

DSCF5441

DSCF5433

 

盛土が粘土なので、湿り気が多くベタベタしており、

雨の水が抜けていかない状態でした。

 

まずは玄関前の部分から床掘開始です。

 

DSCF5526

 

次に植栽に不向きな粘土を掘削して入れ替えます。

 

DSCF5539

 

植栽用客土を入れて盛土を行い、

肥料を混ぜて土壌改良を行います。

 

RIMG0108

 

次にコンクリートのテラスになる部分に

砕石を入れて転圧します。

 

RIMG0104

RIMG0105

 

子供達用の《砂場》に川砂を入れていきます。

 

RIMG0107

 

次に花壇になる部分に小舗石やエッジキングで縁取りを施します。

 

RIMG0109

RIMG0112

 

ウッドデッキを取り付けながら、

小舗石を並べていくと庭の雰囲気がだいぶつかめてきました。

 

DSCF5589

DSCF5591

DSCF5590

 

次は敷地外周の生垣とブロック積みの段取りです。

 

庭の形が日に日に変化していくこの頃が

お客様も一番楽しいのではないでしょうか?

 

期待を裏切らないようにうまく納まりを付けたいと思います。

 

 

カツラの木が大きくなり過ぎて根上りを起こしていたり、

テラス風に敷いていた枕木が腐ってしまっていたり…

やはり20年以上経つといろいろ手直しが必要になりますね!

 

どのように変化したのかビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

【Before】

DSCF4397

【After】

DSCF5200

 

アンティークレンガで縁取りをして

化粧平板をアクセントにした大きめのコンクリートのテラス。

 

平板が直線に並べられているので

目の錯覚で奥行きがあるように感じます。

 

これでどんなに雪が降っても除雪機で簡単に飛ばすことが出来ます。

もちろん玉砂利の下には防草シートが貼ってあるので、

雑草対策もばっちりです。

 

【Before】

DSCF4399

【After】

DSCF5209

 

伸び過ぎてしまったカツラの枝もさっぱりと剪定され、

美しい樹形を取り戻しています。

 

根上がりも上根を全てチェーンソーで切って、

防草シートで囲ってあるのでもう大丈夫です。

 

中央には小舗石(錆)で縁取りををしてアオダモの株立を植えて、

根〆にはキャットミントを植栽しました。

これで雑木のバランスが取れました。

 

【After】

DSCF5208

 

全てベージュ系の柔らかい色調でまとめたのでシックになりました。

 

曲線が美しいオシャレな空間に生まれ変わりました。

 

 

かれこれ20年ほど前に当社でガーデニングさせて頂いたT様宅。

高麗芝は苔が生えてきたり、カツラが大木になってしまったりと

想定外の成長をしておりました。

 

DSCF4397

 

枕木もだいぶ腐ってきていたので

この機会に全て取り払い、除雪が簡単なコンクリートのテラスにする事にしました。

 

DSCF4970

 

カツラの根は予想以上に伸びて、根上りを起こしていたので

上根を全てチェーンソーで切って、これ以上根が伸びないように

根の周り全てに防根シートを施しました。

 

IMGP6959

IMGP6961

 

芝の剥ぎ取りが終わったら、砕石で路盤を造り

新たに小舗石で植樹スペースを設けました。

 

IMGP6966

 

ここまでくるとだいぶイメージが掴めてきました。

 

DSCF5043

 

既存の樹木も大胆に剪定したので、かなりスッキリしました。

とても涼しげです。

 

来週からはコンクリートの工事に入ります。

テラスが出来上がるとまたイメージが変わるので

作り手としても楽しみです。

 

 

裏地の西側には大きな枝垂桜が植えてある素敵な緑道があります。

春にはその桜の花をリビングから眺めるのを毎年楽しみにされているとのこと。

その枝垂桜を借景しながら、より素晴らしい景観になるようにデザインしました。

 

【着工前】

 

ゲスト用の駐車スペースはもう1台分新たに設けました。

その縁取りはアンティークレンガを用いてシックに決めてみました。

 

主庭との境界にはツリバナの株立を、根〆にはシモツケ“リトルプリンセス”を植栽しました。

これらが成長すると家庭菜園が丸見えにならなくなるので

人の目を気にする事無く、野菜作りが楽しめます。

 

 

既存の門柱のレンガタイルの色に合わせて、大洋紅という名の小舗石で縁取りをしました。

背景にはアオダモの株立を植える事で、より涼しげに見えてきました。

門柱の下にはクリーピングタイムを植えて、緑のボリュームを増やしました。

 

 

そして、門柱やインターロッキングブロックも高圧洗浄機で洗ってみたらこんなに綺麗に!

一度試してみては…?

 

 

既存のラティスを有効活用して、その前にはジューンベリーやヤマモミジ、アオハダ、ナツハゼの雑木類を植栽して彩りを与えています。

更にリゾート感を演出する為にマホニアコンフューサを植えてみました。

綺麗に手入れされた芝生の中央には、まんまるの石張りテラスを造り、くつろぎのスペースに使ってもらえるようにしました。

 

 

上空から撮ると、庭の造形が面白い形をしているのがすごくよく分かります。

奥のアスファルト塗装が緑道となっています。

 

 

 

既にカーポートと物置は設置済みでしたが、玄関扉を開けると中が丸見えになる事と

角地なので、道路をショートカットしようとする車が敷地内に入ってしまうという悩みがあり

これを何とかオシャレに解決して欲しいというご依頼をいただきました。

 

【着工前】

 

そこで、自分のイメージを色鉛筆でスケッチして見ていただき、​

お客様にも気に入っていただけたので施工に入りました。

 

 

まずは車に敷地内をショートカットされないように

白御影石を使って、頑丈で尚且つスタイリッシュに見えるよう仕上げました。

 

玄関扉を開けた時に中が丸見えにならないように

アオダモやカツラ、ツリバナの株立を植えて遮蔽しました。

下草には今度初めて植栽する、マホニアコンヒューサとセイヨウイワナンテン“カーリーレッド”を植えてボリューム感を持たせました。

 

 

主庭にもジューンベリーやアズキナシ、ハナミズキ等の雑木を数多く植え

隣家からの目隠しをさりげなく行っています。

 

小舗石の縁石や芝生の縁取りには、積極的になだらかな曲線を入れているので

庭全体のイメージが柔らかく見えます。

 

 

リビングの前にはウッドデッキが設けてあり、

それに合わせてアンティークレンガで縁取りした木の葉型のコンクリート製のテラスを造ってみました。

ここでBBQなんて…ちょっとオシャレですよね。

 

 

門柱は当社お得意の枕木を3本組み合わせて造ったシンプルなものです。

モダンな表札とポストを組み合わせるだけで、斬新になりました。

 

 

アプローチは建物の外装パネルと合わせて、グリッド状にしてみました。

化粧平板ブロックが差し色となり、うまく外観に馴染んでいます。

 

 

 

 

隣地が公園になっており、建物はないのですが

その分プライベート感が少ないのが悩みでした。

 

 

小さなお子様と一緒に遊べるように丸い芝生のスペースを設けました。

駐車場から、物置と奥のテラスへと続く動線を枕木風擬石をクロスして繋ぐ事で

スッキリとさせ、デザイン上のアクセントにもなっています。

 

 

公園で遊んでいた子供達のボールが、庭に入ってきた事があるという事でしたので

遮蔽と目隠しの意味でジューンベリーやアオダモの株立等を植えました。

 

 

既存のウッドデッキ前のコンクリートテラスは

多目的(BBQ・プール置場)に使えて大活躍しそうです。

 

 

なだらかな曲線で描かれた小舗石が柔和な印象を与えてくれます。

ここか見る枕木風擬石のデザインも、物置場の敷石の並べ方も気に入ってもらえました。

 

 

玄関脇に小舗石で植栽スペースを設け、常緑ヤマボウシとオトコヨウゾメで彩りを与えました。

更に縦列駐車にはなりますがゲスト用の駐車スペースも1台分設けてみました。

 

人様の家と見間違うほどに劇的に変化したO様邸。

着工前とどのように変化したのか、またまたビフォーアフター形式で紹介したいと思います。

before 

after

ゲスト用の駐車スペースをもう1台分新たに設けました。その縁取りはアンティークレンガを用いてシックに決めてみました。

主庭との境界にはツリバナの株立を、根〆にはシモツケ“リトルプリンセス”を植栽しました。

これが成長すると家庭菜園が丸見えにならなくなるので、人の目を気にせず野菜作りが楽しめます。

before

after

既存の門柱のレンガタイルの色に合わせて、大洋紅という名の小舗石を並べて新たな植栽スペースを作りました。

背景にアオダモの株立を植えた事により涼しげに見えてきました。

根〆にはクリーピングタイムを植えてみました。

before

after

既存のラティスを有効活用して、その前にはジューンベリーやヤマモミジ、アオハダ、ナツハゼの雑木類を植栽して彩りを与えています。

リゾート感を演出する為に常緑のマホニアを植えてみました。

before

after

芝生の中心にはローズベリーという名の石を張った円形のテラスを設けてあります。

このテラスは名目的に使えるばかりか、重要な庭のポイントになっています。

before

after

隣地の緑道から種子が飛んできて自然に生えてきたシバザクラは、とても勿体ないのでそのまま残す事にしました。

他は防草シートを張った上に玉砂利を敷き詰めてみました。

昨年の暮れに完成したK様邸。

その時は雑木の葉がすべて落葉していてどこか淋しい感じでしたが、先日訪れてみたらすっかりお客様が望まれていたメルヘンチックなお家に変わっていました。

 

インターロッキングブロックの脇に植えられた草花が優しく迎えてくれます。

また、植えられた雑木類の葉も風になびいて、ここだけ時間がスローモーションのように流れているように感じます。

まだ芝は少ししか青くなっていませんが、遠近法を用いると庭全体が広く感じるのが分かります。

ガーデニングが完成したらどのように見栄えが良くなったか、分かりやすいようにビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

before

 

after

建物の外周北側は外観の色に合わせ、グレーの化粧ブロックを積みました。

敷地が角地な為にショートカットされないように、白御影石を使って頑丈で尚且つスタイリッシュに見えるよう仕上げました。

玄関扉を開けた時に中が丸見えにならないように、アオダモやカツラ、ツリバナの株立を植栽して遮蔽しました。

下草には今度初めて植栽するマホニアコンフューサと西洋イワナンテンカーリーレッドを植えてボリュームを持たせました。

 

before

 

after

数多くの雑木や下草が植栽されたことで外観に彩りが見られ豪華に感じます。

逆遠近法により敷地が以前よりもとても広く感じます。

 

before

 

after

主庭にもジューンベリーやアズキナシ、ハナミズキ等の雑木が数多く植えられ、燐家との目隠しをさりげなく行っています。

小舗石の縁石や芝生の縁取りに積極的に曲線を入れているので、庭全体のイメージが柔らかく見えます。

 

after

こちら側から眺めると余計になだらかな曲線が用いられているかがよく分かります。

リビングの前にはウッドデッキが設けてあり、それに合わせてコンクリート製のテラスを作ってみました。

ここでバーベQなんて、ちょっとオシャレかもしれませんね。

 

after

アプローチは建物の外装パネルと合わせてグリッド状にしてみました。化粧平板ブロックの色が差し色になって、うまく外観に馴染んでいます。

 

after

門柱は当社お得意の枕木を3本組み合わせて作ったシンプルなものですが、表札とポストを組み合わせることで斬新でスッキリした門柱に仕上がりました。

 

after

家庭菜園は木材で縁取りしたシンプルなデザインですが、角の一部を動線に合わせて斜めにカットしたことで想定外にオシャレに見えます。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年11月
M T W T F S S
« Oct    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
記事アーカイブ