小舗石

すでにハウスメーカーの手で家の前の外構工事は終わっていましたので、

リビング前の主庭のガーデニングを頼まれました。

ここに目隠しの雑木の植栽と花壇、それに家庭菜園と芝生のスペースを作

ってほしいとの要望でした。

花壇の縁取りは小舗石で作りました。

家庭菜園はシンプルに角材を組み合わせて作りました。

あとは黒いエッジキングで縁取られた部分に芝を張っていきます。

ここまででも随分と広く感じられます。

次はいよいよ仕上げの植栽です。もっともっと広く感じられるようになると

思いますので、工事前と是非比較してみて下さい!

 

床掘りが終わり砕石が敷き終わると大まかな形が見えてきます。

次に玄関前の目隠しに植える植栽の縁取りを小舗石を使って行います。

客土を入れると綺麗なラインが浮かんできました。

次に家庭菜園用の木枠を加工していきます。

それが組み上がりエッジキングで縁取りを行えば、だいぶ完成形が見えて

きました。

道路沿いの土留は白御影の敷石を用いて豪華にしてみました。

次は隣地境界のブロック据付です。どう変わるか楽しみです♪

どこかモダンな感じのグレーの小舗石が並べられると、庭の大まかな感じ

が掴めてきました。

リビング前のテラスからの渡りに化粧ブロックをグリッド状に据えてみま

した。

これが思惑通りに納まったので自由曲線と直線の対比が美しくなりました。

次は道路に面したブロック積みです。道幅が狭いので施工が大変ですが、

今年のような大雪にも対応できるようにしっかりと施工したいと思います。

 

外観が黒の外壁と木材が調和したモダンな建物。

このモダンな外観とうまく調和する作品にするのがデザインのコンセプトになりました。

隣地との遮蔽と空間を仕切る事を目的として、木製のガーデンフェンスを立ててみました。

お客様も仕事を全て業者にお任せというのではなく、何らかの形で携わりたいとの事だったので、板材は全て塗料を塗ってもらいました。普段なかなか体験できない事なので、すごく楽しかったそうです。(色ムラは味という事で)

植樹帯は2種類の高さの違う小舗石を使って、多少段差を付け緩やかな曲線を描く事で、庭に柔らかさを与えています。植栽はあまり管理の掛からない雑木類(ヤマモミジ、ツリバナ、ジューンベリー、アオダモ、ナツハゼ)を植えました。

当社でも人気の高い品種なので、ポイントを絞って配植しても十分四季の移り変わりを感じてもらえます。

低木にはアベリアとシモツケを植えて、フェンスの下の空間を埋めてみました。

リビング前のウッドテラスに合わせて、アンティークレンガとコンクリートの組み合わせで作ったテラスを設けてみました。ここではプールを置いて水遊びをしたり、バーベQをしたりと多目的に活用してもらえそうです。

門柱とポストは何度か提案した結果、この形に納まりました。

枕木を3本立てて作ったシンプルな門柱、差し色に使った真っ赤なポストが一際目を引きます。既存の立水栓は、大洋紅という小舗石で囲んでちょっぴりオシャレに。

外壁の色に合わせてグリッド状に並べたコンクリート製の化粧平板が視線をうまく庭の中へと誘導してくれます。

 

敷地が道路よりも約1.5m位高いので「この高さを利用して借景できないか」をコンセプトにデザインしました。せっかく土地が広いので、こじんまりしたデザインではなく大胆なデザインにしようと思いました。

まずはアプローチの曲り角には、ヤマボウシの株立を植えました。

玄関の扉を開けた時に、中が見えないように配慮しました。

下草にはスジギボウシを植えて爽やかな印象にしました。

ダイナミックな曲線を用いてデザインした芝生広場。

管理の事も考えて、芝生の中に入らなくてもいいように周りは玉砂利敷にしました。もちろん雑草対策の為に防草シートは敷いてあります。

小舗石で作った花壇も、芝生広場の曲線とリンクしてデザインしました。その中にはクリーピングタイム、矮性ガウラ、キャットミントが植えてあります。周囲にはバランスを考えて、ツリバナの株立、ヤマモミジ、アオダモの株立、ジューンベリーの株立が植えてあり、これらの雑木が四季折々の季節感を楽しませてくれるでしょう。

芝生の中には、子供さん達のリクエストにお応えして円形の砂場を作りました。この写真を撮った次の日には、もうこの原型は留めていませんでした。(笑)

この庭には家庭菜園も設けてあります。

木枠で作った家庭菜園は納まりも良く、2ヶ月後にはこのように色んな野菜が植えられていました。

この位の広さがあれば、個人で楽しまれるには十分な位、収穫できるでしょう。

バーべQやプール置場としても利用できる広いテラスも、アンティークレンガとコンクリートの組み合わせで安価に作ってあります。

それに合わせて立水栓廻りも、レンガでオシャレに仕上げました。

 

例によって分かり易い様にビフォーアフター形式で説明したいと思います。

before 

after

リビングダイニングからのプライバシーの確保の為に設置したウッドフェン

ス。外壁の色とコーディネートしました。着色はちなみに御主人にお願いし

ました。

道路からの視線は、雑木のジューンベリーの株立とナツハゼの株立で遮り

ました。建物のトーンとガーデニングのトーンを統一した事で、より一体感

が増しました。

before

after

こちら側から眺めると余計に庭が広く見えます。この効果にはやはりガー

デンフェンスが大きく貢献しているようです。

門柱もシンプルに枕木を組み合わせて作ってみました。奥様がセレクトさ

れたポスト。この赤が差し色としての効果が絶大です!

before

 

after

植樹帯も小舗石で作り、高さと色を変えてみました。季節感が味わえるよう

に雑木のヤマボウシやアオダモの株立を植えてみました。

低木には常緑でピンク色の花がとても長く咲き続けるアベリアを植栽しまし

た。グランドカバーにはハーブのキャットミントを植えて爽やかにまとめて

みました。残りの部分は高麗芝を張って緑の量を確保しました。

before 

after

最近、私の作るガーデニングの定番となりつつあるテラス。

アンティークレンガとコンクリートだけで作ってあるのに、かなり仕上がり

が良いです。このテラスでバーベキューを楽しんだり、お子様用のビニール

プールを置いて水遊びしたり多目的に使えそうです。

このテラスはすごくコスパ大です。もちろん周囲に敷いてある玉砂利の下

には、雑草対策の為に防草シートが敷いてあります。

どのように変化したのか分かりやすいように、ビフォーアフター形式で説明

したいと思います。

before

after

敷石が丸から四角になり砕石が玉砂利になっただけですが、スタイリッシュ

な印象になり、より高級感が感じられます。

before

after

一番ぱっと見で変わったのが、前よりすごく広くて奥行きが感じられる所で

す。それは美しい曲線を描いた芝が奥まで続く為、遠近法でそう感じるん

だと思います。

来春になり、奥に植えられたアオダモの株立やジューンベリーの株立の木

に葉が生い茂り、下草として植えられたヒューケラやスジギボウシもすくす

くと成長して、手前に植えられたクリーピングタイムが緑の絨毯に生まれ変

われば、素敵な緑の小径になってくれる事でしょう。

before

after

反対側から眺めても、やはり美しい曲線は際立っています。

リビングの前に植えられたアオダモの株立も、幹の白い模様が綺麗です。

少し高低差を出す為に並べた白い小舗石の縁取り。こちらも緑の中に白い

曲線がくっきり浮かんで一つのアクセントになっています。

下草に植えられた赤葉のヒューケラ。来春には芝生とのコントラストが際立

つこと間違いないでしょう。

before

after

リビングの前には芝生の広場を設けて広がりを持たせています。

中央に植えてあるツリバナの株立が一際彩りを放ちます。

before

after

シンボルツリーのヤマモミジが存在感を示します。

一段下がった所に設けられた家庭菜園。来年、野菜が成長してもあまり存

在感を示さないように考慮しました。枠組は素朴な丸太で囲ってみました。

after

御家族との通路は化粧平板を使いました。予算の関係で当社にある在庫

品を使ったので、多少リーズナブルになりました。

ただ並べても変化がないので、交互に菱形を入れることでオシャレに見せ

てます。脇に植えてあるハナミズキ、低木のアベリア、縁石に使った大洋

紅(小舗石)全て赤しばりにまとめてみました。

after

家庭菜園の方から眺めると、いかに樹木が家にとって潤いを与えてくれる

のか良く分かります。

玄関から続く芝生が、ここまで美しい曲線を保って描かれています。

after

手前に見えるレモンイエローの葉は、山形でも育つ数少ない常緑樹の一種

イレックスサニーフォスターです。芝生の美しい曲線は庭の奥まで続いて

います。玉石の下にはもちろん全てに防草シートを敷いておりますので雑

草対策も万全です。

この度のガーデニングで御主人も何か作業を自分でもやってみたいという

事でしたので、ガーデンフェンスで使う板材をペンキで塗ってもらう事にし

ました。

普通の仕事とは全然違ってすごく楽しいと、丸2日掛けて全ての板材を塗

ってもらいました。これでメンテナンス等のD.I.Yはバッチリです。

我々プロの仕事はテラスの縁取りからです。

わざとヴィンテージ加工してあるレンガを縁取りに使う事で、コンクリート

のテラスにも味がでます。

花壇の縁取りは小舗石の二丁掛で囲います。今回の材料は質が良いので

仕上がりもグッドです。

それが完了すると、段差をつける為にもう片方は通常の大きさの小舗石を

並べてみました。

次に先程塗ってもらった柱や板材を固定していきます。

ここまで仕上がるとこうなりました。

実際に板材を貼ってみた所、下が空き過ぎていたのでもう2段追加する

事になりました。

小舗石やレンガが描く自由曲線が庭に柔らかさをもたらします。

次はいよいよ植栽工事。かなり大胆な変化が期待できそうです♪

前回のブログで紹介しましたS様邸のガーデニングを開始しました。

着工前はこんな感じでした。

まずはバックホーで雑草が生えている土を掘削していきます。

そこに植栽用の客土を入れ肥料を混ぜていきます。

次にガーデンフェンスを立てる為の基礎ブロックを据え付けていきます。

これがかなり重いので毎回腰が痛くて大変です。

次に花壇の縁取りに並べる小舗石の床を作りました。

今回の材料は品質が従来のものと比べるととても良いので、いい仕事がで

きそうです!

 

待ちに待った植栽工事。まずは客土に牛ふんモミ殻堆肥をたっぷりと撹拌

します。これで芝の成育が良くなり葉の緑もすごく濃い色になって見栄えが

とても良くなります。

樹木を剪定した後、順次平面プランに基づき植え付けしていきます。

樹木が風で倒れないように、竹で支柱を掛けます。その後、下草にシモツ

ケを密植していきます。

仕上げに高麗芝を張ると完成です。

工事着工前とどのように変化したのか、ビフォーアフター形式で発表したい

と思います。

before

after

庭の中心に設けた植栽帯。やはり樹木が植えられると家の印象が全く別

物になります。ここはヤマモミジ、ジューンベリー、ナツハゼの3本の樹木

でまとめ、低木にはシモツケを密植しました。

残りのスペースには高麗芝を張って緑の量を確保し、将来家族の寛ぐスペ

ースを確保しました。中でも一番のお気に入りは、いろんな小舗石をミック

スして並べた花壇の縁取りです。ミックスした事で小舗石の大きさや色が

違うので、かえっておもしろい形に仕上がりました。例えが変かもしれませ

んがビーズの首飾りみたいになったのは想定外でした。

before

after

2台用のカーポートは建物の窓枠のサッシの色に合わせてオータムブラウ

ンにしてみました。無難なシルバー系の色よりこちらの方がしっくりきてい

ます。

after

アプローチのキャメルストーンの石貼りも木の葉型にしてみました。

after

テラスをイメージしたこの場所も、在庫のインターロッキングブロックを使

って同じく木の葉型にしてみました。

やはり曲線がモチーフになっていると、すごく柔らかい印象のガーデニング

になりました。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30