小舗石

DSCF0202

 

モダンなガーデニングと管理の省力化の両立を極めました。

 

【着工前】

DSCF9808

 

DSCF0203

 

周囲はコンクリート擁壁で囲まれ、

その無機質な空間がより植物の存在を際立たせてくれます。

 

また秋でも淋しくないようにソヨゴの株立やオリーブを植えてみました。

 

雑木類の下には様々なグランドカバー(ローズマリー・ツルマサキetc)が

植えられており、季節毎に花が咲いてその度に主役の座が入れ替わるようにしてみました。

 

DSCF0213

 

リビング前に張られたタイルの色に合わせて

白い化粧平板を敷いて差し色にグレーの平板を敷きました。

これがよりモダンな雰囲気を演出します。

 

DSCF0299

 

反対側から振り返ると小舗石がいかに美しい曲線を描いているか分かります。

 

DSCF0295

 

主寝室の前にも雑木が植えられ、

彩りを与えてくれると共に隣家からの目隠しも兼ねています。

 

DSCF0296

 

立水栓周りもグレーの小舗石で囲んでオシャレに仕上げました。

 

実はこの庭の芝生はロボット芝刈機が自動で芝刈を

行ってくれるという進化系の庭になっています。

 

このグレーの化粧平板部分はそのロボット芝刈機の充電ステーションになっています。

 

 

今年の冬は雪が遅いおかげで仕事も順調に捗り、

土間コンクリートの打設を除いて完了しました。

 

DSCF0645

 

植栽もオリーブや入荷待ちのアメリカツルマサキを除いて全て完了しました。

 

雑木類は全て落葉しており、今はまだ彩りは感じませんが

それでも印象は随分と変わりました。

 

DSCF0642

DSCF0640

 

ロールケーキのような形状の植栽帯。

かなり個性的な印象を観る人に与えてくれます。

 

DSCF0626

 

どうしても残して欲しいとご依頼いただいたクロマツとゴヨウマツ。

徐々に自然風に仕立てていき、

洋風のお宅と庭に馴染ませていきたいと考えています。

 

こちら側の小舗石の植樹帯も

一部カールして統一感を出しています。

 

DSCF0629

 

ジューンベリーやヤマボウシ等の雑木が植えられており

どのように彩られるか楽しみです。

 

こちら側から眺めると

何だかメガネケースのように見えるのがファニーです。

 

DSCF0635

 

クロマツとポーチの間がとても狭く歩くのが窮屈だったので

小舗石を重ねて並べ、ステップを設けました。

 

DSCF0639

 

ゲスト用の駐車スペースはグレーの小舗石で縁取られ

緩やかな曲線とその色のコントラストで優美さを醸し出してくれます。

 

 

洋館をイメージしてお庭をデザインしたK様邸。

小舗石の並べ方も今までにない独特な形にしてみました。

 

DSCF0469

 

初めての試みなので当社の若手職人も戸惑い気味です。

(ロールケーキみたいな形にしてみました。)

 

DSCF0499

 

主庭の方も同じように小舗石を並べていきます。

こちらは唐草模様のような形になる予定です。

 

DSCF0509

DSCF0508

 

小舗石を並べ終え、植栽用の客土が入れられると

いかに独創的な形をしているのかがハッキリと分かると思いますので、

その際に見ていただけると嬉しいです!

 

 

芝張りが終わり、

この庭の見せ場のひとつとなるオリジナル門柱が出来上がりました。

 

DSCF0371

 

ログハウスの屋根の形をイメージしたもので

自分的にはすごく気に入っています。

 

次に入口付近の植栽帯を作りました。

予想以上に高低差があったので、

小舗石の二丁掛を使って段々畑風に仕上げてみました。

 

DSCF0412

 

これに目隠し用のウッドフェンスが建つと雰囲気が一変します。

 

DSCF0488

 

次に道路側の植栽帯はこのように仕上げました。

 

DSCF0510

 

こちらはほとんど高低差が無かったので、

小舗石の二丁掛を横使いにしてレンガのような並べ方をしました。

 

お約束の家庭菜園も小さいながらも、きちんと作りました。

 

DSCF0460

 

ここまでくると大まかな庭の形が見えてきます。

 

DSCF0519

 

後は最大の見せ場となる樹木の植栽です。

これで庭が劇的に変わるので私もすごく楽しみです。

次回の報告を是非楽しみにお待ちください♪

 

 

オシャレな洋風の佇まいのK様邸。

 

イングリッシュガーデン風に作庭しようと考えていましたが

「どうしてもマツを残して欲しい!」というご要望を頂きました。

 

悩んだ結果、洋館のイメージで作庭する事に決めました。

 

着工前はこのようになってました。

 

DSCF0391

 

まず最初に不要になった樹木を撤去し、

土の入れ替えを行います。

 

DSCF0403

 

床掘が終わり、駐車スペースになる所に砕石が敷かれると

かなりスッキリとした印象になりました。

 

DSCF0405

DSCF0451

 

次に植栽用の客土を入れて、縁取りを小舗石で施工します。

 

DSCF0469

 

この花壇はかなり独創的な形になるので

出来上がりが楽しみです。

 

新庄市は積雪が凄く多いので

雪囲い等の管理が楽なのはもちろん、

モダンなガーデニングをして欲しいとご依頼いただきました。

 

デザイン前にイメージに近い写真を送ってもらい、

それを参考にしてデザインしました。

着工前はこんな感じでした。

 

DSCF9562

 

秋田の設計士さんに依頼してデザインされた平屋の

とてもモダンな家で、一言でいうと『カッコイイ家』でした。

 

私もこの『カッコイイ家』に合う『カッコイイ庭』を目指す事にしました。

 

DSCF0292

 

周囲はコンクリートの擁壁で囲まれ、

その無機質な空間がより植物の存在を際立たせてくれます。

 

また秋でも落葉して淋しくならないように

ソヨゴの株立やオリーブも植えてみました。

 

雑木の下には様々なグランドカバー(ローズマリー・ツルマサキ等)が

植えられており、季節毎に花が咲いて

その度に主役の座が変わるようにしてみました。

 

DSCF0293

 

リビング前に張られたタイルの色に合わせて

白い化粧平板を敷いて差し色にグレーの平板を敷きました。

これがよりモダンな雰囲気を演出します。

 

DSCF0299

 

反対側から振り返ると、

小舗石がいかに美しい曲線を描いているのかが分かります。

 

DSCF0295

 

主寝室の前にも雑木が植えられ、

彩りを与えてくれると共に隣家からの目隠しも兼ねています。

 

DSCF0296

 

立水栓周りもグレーの小舗石で囲んでオシャレに仕上げました。

 

実はこの庭の芝生はロボット芝刈機が自動で

芝刈を行ってくれるという進化系の庭になっています。

このグレーの化粧平板部分は

そのロボット芝刈機の充電ステーションになっています。

 

来春には新緑の中をロボットの芝刈機が

ルンバのように動き回っている事を想像すると

未来が近づいてきたみたいでワクワクします。

早くこの目で確かめたいです!

 

 

物置が置いてあるちょっとした空間を活かす為に

ガーデニングをする事になりました。

 

DSCF9740

 

まずはミニバックホーで床掘をして、良質土と入れ替えます。

 

RIMG0028

 

RIMG0031

 

さらに良質土に肥料を撹拌して芝床を作っていきます。

 

RIMG0034

 

RIMG0035

 

植栽地の縁取りは、赤い小舗石にしました。

 

RIMG0040

 

そこにシンボルツリーのジューンベリーと

公園との目隠しに常緑のヤマボウシを植えました。

 

RIMG0041

 

RIMG0036

 

ここまででも、だいぶ着工前の景色とは変わりました。

 

これから今まで作った事のないものを作るので、どのような形になるか

 

また、どのような反応をいただけるのか今から楽しみです!

 

仕事も順調に進み

小舗石と化粧平板は据え付け完了です。

 

DSCF0069

 

DSCF0073

 

DSCF0072

 

なだらかな曲線を描く小舗石。

 

これとコンクリート擁壁の間に

さまざまな雑木や多年草が今から植えられます。

 

それ以外は全て芝が張られるので

一般家庭のお庭にしてはかなり広い芝生広場になります。

 

DSCF0071

 

とりあえず当社の畑にありましたヤマモミジを

1本だけ植え付けてみました。

 

植えたのはこれ1本だけなのですが

「とても樹形が綺麗」と、お客様に喜ばれました。

 

次はいよいよ全ての樹木が植え付けられます。

 

どれだけ彩り溢れる空間に仕上るのか

楽しみにしていて下さい。

新庄市は積雪が多い街です。

 

そこで、雪囲いがとても簡単で

管理が楽な庭造りを目指しました。

 

デザインも秋田の建築家の方が

設計されたモダンな家なので

それに負けないように提案いたしました。

 

着工前はこのような感じでした。

 

DSCF9807

 

DSCF9812

 

周囲がコンクリート擁壁で囲まれているので

 

空間を仕切るというよりは

彩りを与える方にポイントを向けました。

 

 

まずは床掘をし砕石を入れ

何ヵ所かある立水栓の廻りには

 

グレーの小舗石でガーデンパンを作りました。

 

IMGP8591

 

IMGP8594

 

次にリビング前のテラスの降り口に

 

化粧平板でちょっとした

ミニテラスを作っていきます。

 

IMGP8597

 

テラス前に植えられるシンボルツリーも

周囲は同じグレーの小舗石で作りました。

 

IMGP8602

 

雨落ちと芝生の境界は

白の小舗石で仕切りました。

 

IMGP8607

 

芝生と植栽スペースとの境界は

錆色の小舗石で仕切りました。

 

IMGP8609

 

IMGP8610

 

この庭は「ナチュラルモダン」に仕上げたかったので

なるべく同じ素材を使う事にこだわりました。

 

色調もほぼほぼモノトーン。

 

植栽した時のギャップが売りです。

 

乞うご期待!!

 

DSCF9880

 

駐車スペース3台分を確保しながらもデザイン性の高いガーデニングに仕上げました。

 

【着工前】

IMGP8078

 

家族用2台分+ゲスト用1台分のスペースを確保して

円形をモチーフにした斬新なデザインを実現しました。

 

DSCF9877

 

ガーデニング完成後、土地がすごく広く感じられます。

 

DSCF9878

 

和室前にほんの少しの和モダンな空間を設けました。

小さな景石とヤマモミジでまとめた空間が黒瓦と共に良いアクセントになっています。

 

DSCF9881

 

色違いの小舗石で作った円形花壇と1番大きい花壇に植えられたシンボルツリーの

アオハダの株立が玄関先のプライバシーを守ってくれます。

 

木製だからこそ出来た頭のとんがった門柱もエッジが効いていて面白いです。

 

DSCF9883

DSCF9889

 

アプローチには化粧平板を二列に並べて、その間を石張りにしました。

円と直線の組み合わせは初の試みですが、想像以上に美しく仕上がりました。

 

DSCF9992

 

お隣との境界はウッドフェンスで目隠ししました。

 

DSCF9990

 

リビング前のテラスからの眺めです。

 

周囲はウッドフェンスとマサキの生垣で囲い、

その前には雑木類(ジューンベリー・ナツツバキ・アオダモ等)を植栽しました。

 

芝生の面積も広くとったので、誰にも気兼ねする事無くカーテンを開けられ

家族でBBQ等が楽しめる素敵な空間に生まれ変わりました。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2021年1月
M T W T F S S
« Dec    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
記事アーカイブ