小舗石二丁掛

 

スタイリッシュな家とカーポートやフェンス等の大まかな外構工事は

既に完成されていましたが、隣接する公園から子供達が遊んだボールが

敷地内に転がってきたり、リビングの前のスペースがうまく活用できない

という問題点を抱えていらしたので、それらの事をクリアーした上で

過ごしやすく、よりスタイリッシュなガーデニングをデザインする事を

目指しました。

 

着工前はこんな感じでした。

 

DSCF4285-2 DSCF4290-2

 

現状だと敷地が有効活用されていないのが、すごく気になっていました。

この問題点をどうやってクリアーしていくのか楽しみにしていてください!

 

まずは現状の砕石を掘って、良質土に入れ替えていきます。

 

DSCF5076-2 DSCF5082-2

 

次に白御影の敷石を使って土留を行います。

 

DSCF5083-2 DSCF5086-2

 

これだけでも敷地が随分広くなったように感じます。

 

反対側も同じように土留していきますが、こちら側には

木製のフェンスが立つので、同時進行で基礎ブロックも

据え付けていきます。

 

DSCF5087-2 DSCF5089-2

 

リビングからも見えるスペースなので、小舗石の二丁掛を使って

植栽スペースを設けました。

 

DSCF5095-2

 

ここにアールを付ける事で、すべて直線ばかりのデザインの中に

程良いアクセントになりました。

 

次は木製フェンスや雑木の植栽です。

かなり劇的に変化すると思うので、造り手としてもすごく楽しみです♪

今年の4月から始めてようやくガーデニングが完成しました。

ビフォーアフターではかなりの見栄えが違うので紹介したいと思います。

before 

after

2台用のカーポートを設置した後、隣地境界には化粧ブロックとフェンスを設置してグレード感をアップしました。

before

after

この庭は特にアプローチのデザインにはこだわりました。ローズベリーという石を大胆な曲線を描いて張り、土間コンクリートもそれに対応して同じように曲線を描いてアート性を強調しました。

after

玄関前のポーチも同じローズベリーという石を張り、縁取りにはアンティークレンガを並べてみました。

雲形のポーチもデザイン上の大きなポイントになっています。

before

after

白御影の敷石で土留を行い、シンボルツリーは移植した存在感のあるウメモドキにしてみました。

他にアオハダの株立とツリバナの株立を植えてリビング前の目隠しにしました。

before 

after

4台分の駐車スペース確保の為に、道路脇にも縦列で止められるようにしました。

土留の間知石を覆うように将来はクリーピングタイムが旺盛に生育して彩りを与えてくれると思います。

after

木材を使ってオリジナルで作った門柱。

独特な形をしていますが、ポストと表札のモダンな形とうまく融合してくれて面白い仕上がりになりました。

after

和室前に設けられた坪庭。

少しでも和のテイストを入れたくて、あまり大きくはないですが景石を立て、瓦を使って縁取りしました。

モミジとナツハゼ+下草でまとめましたが、シンプルですが風流になりました。

after

錆の小舗石で囲まれた植栽スペースにはシモツケやキャットミント、ヒューケラという色とりどりの植物を植えて華やかにしてみました。これだけでも道路からの視線は違います。

after

ワンちゃん用のシャワー付き洗い場!

レンガで囲っていますが、大型犬でも大丈夫なように大きく作ってあります。

after

ワンちゃんを遊ばせる為にラティスで囲ったウッドデッキ。

オリジナルで作ったので少し値が張りましたが、ワンちゃんにはすこぶる好評でした。

いよいよガーデニングも色んな見せ場がやってきました。

お客様からの要望の第1位だった円形のテラス。レンガで縁取りしてからローズベリーという石を張っていきます。

次に植栽部分の縁取りに小舗石の二丁掛を使って据え付けていきます。

ゲスト用の駐車スペースは土間コンクリートを打設するのですが、その縁取りは質感を合わせる為にアンティークレンガで施工していきます。

ここまでくると庭の雰囲気がおおよそ分かってきます。

当社は寒冷地の山形でレンガを使うのを極力避けてきました。どうしても凍結融解の心配があるからです。

がしかし、どうしても建物の外装レンガと質感を合わせる為に、凍結に強いレンガを選んで施工しました。その甲斐あって、建物と庭の質感がピッタリマッチしました。

 

次はいよいよ植栽工事です。

植物の彩りと優しさが加わると、どんなケミストリーが生まれるのかすごく楽しみです。

東根市の中央に位置し静かな住宅地の中にありますK様邸。

ガーデニングが完成したらどのように変化したのか、ビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

before

after

お子様達とこのスペースで遊びたいという要望にお応えして、円形の芝生広場を設けました。

枕木風の擬木をクロスしたことで動線もスッキリし、この通路がデザイン上のアクセントになっています。

傍らに植えられた雑木は日よけと目隠しの役割を果たしています。

before

after

隣が公園になっていて、よく子供達がボール遊びをしていてボールが庭に入ってきていたというので、遮蔽と目隠しの意味を込めてジューンベリーやアオダモ等の株立を植えました。

ウッドデッキ前のコンクリートテラスは多目的(バーベQ、プール置場)に使えるように広めにとりました。

before

after

なだらかな曲線で描かれた小舗石が柔和な印象を与えてくれます。

物置前の敷石も並べ方をちょっとこだわってみました。

before

after

玄関脇も小舗石で植栽スペースを設け、常緑ヤマボウシとオトコヨウゾメで彩りを与え、縦列駐車になりますがゲスト用の駐車スペースも1台分設けてあります。

コンクリート系の工事が終わり、いよいよ我々庭師の出番がやってきました。

まずは植栽用の客土を搬入して盛土しました。

これだけでも雰囲気は随分変わりましたが、次はいよいよ一番劇的に変わる植栽工事です。

色んな雑木が植えられる度に新たな息吹が与えられていくような気がします。

次に肥料を混ぜてから芝を張っていきます。

目土をかけて仕上げていくと、緑のボリュームが増して鮮やかな緑の空間が作られていきます。

本当の緑には癒されます。

ランダムに並べられたインターロッキングブロックの廻りには色んな多年草が植えられ、長いアプローチを彩り豊かな空間へと導いてくれます。

次は仕上げの木工事(門柱、家庭菜園、フェンス)に入ります。

ここまでくるとお客様の喜ぶ顔が見えてきました。最後まで気合いで頑張ります。

隣地境界に土留用のコンクリートブロックが据え付けられ、駐車スペースの土間コンクリートが打設されました。

アプローチはインターロッキングブロックをランダムに並べてみました。

今はこの状態ですが周囲に多年草の花々や雑木が植栽されれば、もっとくっきり浮き出てくると思います。

立水栓廻りも小舗石で囲んで、ちょっぴりオシャレに仕上げました。

円型の花壇が庭のポイントになっています。

外構工事がほとんど終わったので、次はいよいよ植栽です。コンクリートが乾くまでしばらくお待ちください。

 

東根市のS様邸のガーデニングも色んな仕掛けが形になってきました。

二丁掛(縦が19cm)と普通サイズ(縦が9cm)の小舗石を使って花壇を作っていきます。

すると段差が付くので立体感が生まれます。

そこに木製のオリジナルの門柱を立てていきます。

これで玄関が丸見えになる事はなくなりました。これにスタイリッシュなポストと表札を付ければ完成です。

お隣との境界にも同じ素材でオリジナルのガーデンフェンスを設けました。これで庭に一体感が生まれました。

次は土間コンクリートの打設です。コンクリートもある事をやればアートになる事を実証したいと思います。

ようやく雪もすっかり消えて、ガーデニングの開始です。

ここは山形市内のK様邸。昨年の秋から待って頂きましたので、当社と

しても気合を入れて作庭していきたいと思います。

このように完全な中庭なので、廊下を養生して作業しなければなりま

せん。

手作業で中に植栽用の土を運んでから、珍しいダークグレーの小舗石で

縁取りを行います。

これからコンクリート平板や雑木の植栽を行う訳ですが、すべて人力に

よる運搬になるのでかなりハードな仕事になりますが頑張っていきたい

と思います。

この度のガーデニングで御主人も何か作業を自分でもやってみたいという事でしたので、ガーデンフェンスで使う板材をペンキで塗ってもらう事にしました。

普通の仕事とは全然違ってすごく楽しいと、丸2日掛けて全ての板材を塗ってもらいました。これでメンテナンス等のD.I.Yはバッチリです。

我々プロの仕事はテラスの縁取りからです。

わざとヴィンテージ加工してあるレンガを縁取りに使う事で、コンクリートのテラスにも味がでます。

花壇の縁取りは小舗石の二丁掛で囲います。今回の材料は質が良いので仕上がりもグッドです。

それが完了すると、段差をつける為にもう片方は通常の大きさの小舗石を並べてみました。

次に先程塗ってもらった柱や板材を固定していきます。

ここまで仕上がるとこうなりました。

実際に板材を貼ってみた所、下が空き過ぎていたのでもう2段追加する事になりました。

小舗石やレンガが描く自由曲線が庭に柔らかさをもたらします。

次はいよいよ植栽工事。かなり大胆な変化が期待できそうです♪

着工前はこんな風に土留が施されているだけでした。

敷地の周囲も樹木や雑草が生い茂り、鬱蒼としていました。ただ白い土蔵

だけが美しかったので、これだけは何とか借景したいと考えました。

敷地周囲のアカシアや雑草は、許可を得て伐採しました。空間を仕切る為

にオリジナルのガーデンフェンスを設けてみました。これにより白い土蔵

が浮かび上がり、アクセントとして上手く借景する事ができました。

植栽部分は白御影の間知石と小舗石の二丁掛で花壇と作り、若干ではあ

りますが高低差を設けました。

植栽は管理の楽な雑木類(アオダモ、ジューンベリー、アズキナシ、ヤマモ

ミジ等)を植えて、季節毎の移り変わりが楽しめるように配慮しました。

ガーデンフェンスの下が空いている所は低木のシモツケを植栽し、それを

カバーしました。

根〆にはキャットミント、クリーピングタイムのハーブ類でまとめ、ただ眺

めるだけではなく、その香りを楽しんだり、葉っぱを収穫したり多目的に利

用できるように考えてみました。

また、一部ではありますが畑土を入れて家庭菜園も設けてみました。

また、光の当たり具合でこのようにおもしろい影の造形が見られ、これは

想定外の出来事でした。

寝室前には、ナツツバキを植え、逆遠近法で庭が広く見えるようにしてみま

した。

リビングの前には雲形の大きなテラスを設け、テーブルを置いてゆっくり

寛げる空間を設けてみました。これからの季節バーベQなどもいいかもし

れませんね♪

玄関脇の坪庭には小舗石とレンガで雲形に仕切り、今カラーリーフとして

人気の高いヒューケラを植えてみました。

ここにはあまり大きくならないツリバナの株立を1本植えて、シンプルな空

間構成にこだわりました。

ちなみに、白い玉石は海を表しています。

玄関前は、枕木を立てて門柱にしてみました。その後ろにはアオハダの株

立を植え、根〆にはグランドカバーのフイリヤブランとビンカミノールでま

とめてみました。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年12月
M T W T F S S
« Nov    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
記事アーカイブ