床掘

着工前はこんな感じでした。

まずは小さいお子様がいらしたので、ケガをしないように床掘して砕石を敷

き平らにしました。

次に家の外観に合わせたカーポートを建て込みます。

完成したら、やはりカーポートの色を窓枠の色に合わせて正解でした。

うまく馴染んでいます。

次に隣境界の土留に普通ブロックを2段積んでいきます。

ブロックが積み終わると、こんな感じになりました。

次はアプローチ前の石張りや植栽帯作りです。

ここからが腕の見せ所ですね。

着工前はこんな風に盛土がなされているだけでした。

敷地が高台にあるので、「この高低差をうまく利用できないのか?」をデザ

インコンセプトの中心に考えました。

まずはこの地域の特性である粘性の強い土の床掘、残土処分から始めま

した。

それが完了するとだいぶスッキリしました。

長靴が重くなる程ドロが付いて大変でしたが、これに植栽用の客土を盛土

すれば作業効率は格段に良くなりました。

それが完了すると次は小舗石を使って、植栽スペースを作っていきます。

今回のデザインでは、縁取りを大胆な曲線を使いグニャグニャに曲げてみ

たので、かなりおもしろい物に仕上がりました。でも職人は並べるのに

大変だったみたいです。

子供さん達の強い要望で、芝生広場に小さな円形の砂場を作ってみまし

た。

家庭菜園のスペースも少し欲しいとの事でしたので、防腐剤注入の角材を

使って作ってみました。

従来使っていた枕木よりささくれが無い分、子供さん達にも安全なような気

がしました。

出来上がってみると、まずまずの仕上がりです。

次回からは、この方法でいってみようかな?

次の工程は芝生の床作りです。ここもグニャグニャ曲がりますので、その

遊び具合に興味を持って頂ければ幸いです。

 

最初に打ち合わせに伺った時、正直驚きました。

何故かというと「和モダンな庭」を作ってほしいと頼まれたからです。

まだ若い御夫婦でしたので、その理由を伺うと「お城巡り」が共通の趣味と

の事。納得しました!そこで、今回のデザインは和モダンを追求する事にし

ました。

着工前の外観はこんな風に、やはりどこか「和モダン」を感じさせるもので

した。

まずは、平面図に基づき床掘からです。

板塀用の基礎ブロックも、順次据え付けていきます。その板塀も、予算の

関係上御家族に塗料を塗ってもらう事にしました。御夫婦と旦那様のお父

様の3人で土日2日間かけて、2度塗りしてもらった結果、この様ななかな

かの仕上がりになりました。

大変お疲れになったと思います。本当にありがとうございました。

次に、盛土を行いこの庭の重要なポイントとなる石組です。

庭の面積が限られている為、石を選ぶのが大変でしたが、据え付けてみる

となかなか良い仕上がりになりました。

まだ工事は始まったばかりですが、かなり凝ったデザインなので作り手の

私達も仕事が楽しくて仕方ありません。

次は、玄関までの長いアプローチです。

気を引き締めて頑張ります!

 

着工前は屋根の瓦が印象的な佇まいです。

IMGA0596①

そこに施主様が依頼された別の庭師さんの施工で、立派な石組が組まれました。

IMGA0392 (2)①

そこに当社で色んな味付けをして、作庭していきます。

まずはバックホーにて床掘をしていきます。

IMGA0395①

そこに植栽用の客土を軽ダンプで小運搬していきます。

IMGA0396①

広いスペースには大型ダンプで直接あけていき、バックホーにて造形して

いきます。

IMGA0399 (2)①

IMGA0403①

荒整形が終わると、何だか石組より良く納まった感があります。まだ工事は

始まったばかりで、かなり長丁場になりそうですが、気合で頑張ります!

着工前はこんな感じでした。

IMGA0209 IMGA0285

意外とスペースに制限がある為、どのようにしてこの空間を有効に使うか

が設計のテーマでした。

最初にバックホーで床掘を行います。

IMGA0293

次に普通ブロックを2段積んで土留を行います。

コストカットの為、見えなくなる部分は1番安いブロックにしました。

IMGA0312

裏側は境界を表す為だけなので、普通ブロック1段積みにしました。

IMGA0313

次に砕石を締め固めて、その上に施主様指定の新しい擬木型の化粧ブロ

ックを据え付けていきます。

IMGA0430

初めての試みでしたが、なかなか味のある製品なので仕上がりが期待でき

ます。

着工前は、こんな風に何もない状態で周囲が丸見えでした。

IMGA0238

IMGA0033

最初に平面図に基づき、バックホーにて床掘を行いました。

IMGA0291 (2)

床掘りが完了した所から、植栽用の客土を小運搬して、それを敷き均して

いきます。

IMGA0309 (2) IMGA0311

植栽用の客土が敷き均されただけで、雰囲気が少し変化しました。

IMGA0384

そこに支柱を立てていきます。

IMGA0410 (2)

支柱が立っているだけだと、一体これが何の意味を持つのか、全く検討が

つかないと思います。

IMGA0408 (2)

その答えは次回発表したいと思います。

お楽しみに!

 

着工前は砕石が敷いてあり、施主様施工のデッキと敷石がある状態でし

た。

IMGA0735 IMGA0742

これを全て一度撤去して作業に入りました。

まずは、植栽や芝が張られる所をバックホーにて床掘を行います。

IMGA0229

そこに植栽用の客土を入れて、敷き均していきます。

IMGA0273 IMGA0274

次に防草シートを張って、雑草対策を施します。

IMGA0284

それらが完了するとこの様になりました。

だいぶ、庭のイメージが分かってきました。

IMGA0405 (3)

次はいよいよ張芝です。かなりイメージが変化するので、作り手としても

すごく期待しています。

IMGP3016-①

着工前は、こんな風に畑が大きくあるだけで、上手く土地が

利用されていないなあというのが第一印象でした。

IMGP3015-①

物置の前も砕石敷きのままなので、やはり殺風景な感じ

は否めません。

010-①

建物東側のスペースは思ったより広くとってあったので

将来、隣に家が建つ事を予想して、先に樹木を植える事を

提案しました。

IMGP3022-①

まず最初に、余分な土をカットする床掘から開始です。

IMGP3017-①

同じく、物置の前も綺麗にする為、床掘をします。

IMGA0456-①

南側隣家等の遮閉の為に、オリジナルのガーデンフェンスを

作る事にしました。柱も頑丈に固定していきます。

IMGP3029-①

固定した柱に、板材をビスで止めていきます。

この木材は、特殊な薬を注入する事でかなりの防腐効果が

期待できます。このフェンスが出来上がっただけでも空間が

仕切られ、かなり雰囲気が変わりました。

このガーデニングは、色々な仕掛けがいっぱいあるので

どんどん変化していくと思います。

乞うご期待ください!

 

 

 

 

 

 

着工前はこんな感じでした。

032

ご夫婦共に大型バイクを所有しているので

一台分のバイク車庫の設置とウッドデッキの設置を

メインに計画して欲しいと頼まれました。

まずは床掘から始まります。

008 (2).jpgy

今回は先にカーポートができていたので

新たに購入したミニサイズのバックホーを

使用しました。

007 (2)

以前からお客様が用意していた畑土の雑草を取り除いて

再利用を考えています。

010

家庭菜園の土留は化粧ブロックで施工しました。

全体の雑草を取り除き、低い所には砕石を敷き均して

盤作りは完了しました。

039

これから先はバイク車庫の組み立てに取りかかります。

今の状態では先が見えませんが、どう変化してしていくのか

期待していて下さい。

 

着工前はこんな感じでした。

005 (2)

家の周りは建築時の完成のままで、大きな石がごろごろした

状態でした。そこに生垣や花壇をつくる為に床掘をします。

宅盤がかなり頑丈に作られていたので、砕石が厚く掘るのにとても

苦労しました。

次に門柱のブロックを積んでいきます。

020

お客様と打ち合わせをして、高さ1m40cm程の門柱を設置していきます。

下塗りを終え、レンガを上に並べていきます。

001 (2)

ここに美ブロを塗れば完成です。

次は植栽用の客土を入れて、生垣と植栽の工程に入ります。

これからどんどん変化していくでしょう。お楽しみに!

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930