張芝

ガーデニングも仕上げの段階に入ってきました。

まずはテラスになる部分の縁取りにアンティークレンガを並べていきます。

IMGA0448 IMGA0460

これで張芝部分のレイアウトがだいたい分かってもらえると思います。

次に芝を張っていきます。

IMGA0461

芝が張り終わったら、根付きが良くなるように土羽板で叩いて、客土と芝生

を密着させていきます。

IMGA0462

その上から目土をかけていきます。

IMGA0463

なるべく厚さが均一になるように、トンボという道具を使って丁寧に仕上げ

ていきます。

IMGA0471

これで植栽工事は完了しました。

以前と違い、庭がすごく広く感じると喜ばれました。

後はテラス部にコンクリートを打設して完了です。私達も完成が待ち遠しい

です♪

いよいよメインの芝張り工事に入りました。

IMGA0493 (2)

芝を張る事で、芝の緑がとても活き活きして見えます。

今回は100%で芝を張るので、張り終り=完成形になります。

Before・Afterはこの様に変化しました。

 

Before

IMGA0742 (2)

After

IMGA0508 (2)

 

Before

IMGA0744

After

IMGA0510

IMGA0509 (2)

着工前はただ無機質な空間でしたが、樹木を移植し玉砂利を敷いただけ

で、かなり庭に潤いがでた様に感じられます。玉砂利を敷く時に邪魔にな

ったデッキも一度取り払い、職人の手により再設置されたので、かなり見栄

え良くなりました。真ん中の四角いスペースは、お客様が既存の敷石を再

設置され、テラスになる予定です。

芝の手入れが一年間大変になりますが、宜しくお願いします。

 

 

上山市のT様から芝生を張ってほしいと頼まれました。一般的に芝は草取

りや水やり等の管理が大変と敬遠されがちですが、その劇的ビフォー・ア

フターぶりは見事な物です。

Before

IMGA0321

After

IMGA0341

Before

IMGA0078

After

IMGA0344

After

IMGA0345

張った日が猛暑で、多少芝の色が悪いのですが、それでもこれだけ緑の量

が多くなると印象がガラリと変わります。施工日数は約2日間で完成してし

まいます。興味のある方はどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

(因みに梅雨に入りましたので、すぐに芝の色は緑色になると思います。)

 

 

隣家との距離が近く、視線が気になったので

オリジナルガーデンフェンスで視線を遮閉することにしました。

004 (6)

奥の花壇には小舗石で花壇を作り、手前にはレンガを並べて

花壇を作りました。

008 (8)

物置はちょっとしたガーデングッズがしまえるような小さいものを

選びました。

また、雪が隣家に落ちるのを防ぐため、横落ちの物を

設置しました。

020

次に樹木の植栽が終わっただけで、雰囲気がだいぶ変わってきます。

027

高木の下にはPOT物を植えて、彩りを与えています。

026

残りは張芝と、テラスの洗い出しになります。

これが終われば完成です。

ラストスパート気合を入れて頑張ります!

 

今月に入り、最上川の張芝工事も終わりに近づいてきました。

011

この舗装してある所の両側を全て張り終えました。

ここだけでも約10,000㎡あります。

もう少し離れた箇所にも芝を張っていきます。

018

ここは全部で4,000㎡程張らなくてはならないのですが、

残り800㎡程にせまってきました。

 

来週の中頃までには全て張り終えたいと思っています。

それまで雪が降らないでいてくれると助かるんだけどなぁ・・・。

 

我社は10月の初めから最上川の堤防に野芝を

張っています。

002

その数なんと15,000㎡オーバー

と言ってもどのくらい広いのかイメージが湧かないと思いますが

法長を10mとすれば、延長が1.5㎞です。

1.5kmという途方も無い数字です。これを2日で800㎡ずつ

張っていきます。

004

仕上がるとこんな風に立派な堤になり、川の氾濫を防いでくれるでしょう。

12月20日まで完成予定なので、工事はまだまだ長く厳しいものですが

社員の力を合わせて、なんとか完成までこぎつけたいものです。

そんな意味で今年もあまり雪が降らないといいなー

と感じます。

002 (2)

 

この冬の時期に、河川の堤防の芝張りをしています

よく「冬に大丈夫なの~?」と聞かれますが、答えはOKです

さすがに雪の上には貼れませんが、休眠期間中なので問題なく根付きます

 

003 (4)

 

このように目土を厚めにかけてやれば、春先には美しい芝生の堤防になるはずです

これから5000㎡以上の野芝を張らなければなりません

どうかこれ以上雪が降りませんように・・・・・・・

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930