木柵

着工前はこんな感じでした。

A様は建売住宅を購入されたとの事でしたので、カーポートやアプローチ、

外周りのフェンスは既に出来上がっている状態でした。なのでガーデニン

グのみを頼まれました。

まずは既存の砕石を取り除きます。

それが終われば次に植栽部分を掘削していきます。

そこに植栽用の客土を入れて敷き均していきます。

家の玄関脇には木製の角柱を使用して作った家庭菜園のスペースも設け

ました。

4人家族でしたらこの位の大きさが丁度良いかもしれませんね?

まだガーデニングは始まったばかり。

夢は少しずつ実現していきます。

防腐剤注入の木材で作った家庭菜園も、3ヶ所全て出来上がりました。

個人で楽しむにはこの位の大きさが一番手頃でしょう。

少し丸太が残っていたので、それを利用して木柵を作ってみました。

これで側溝に土が流れ込む事はないでしょう。それに、同じ丸太を使った

ので一体感が生まれました。

次はいよいよ自由曲線を用いた生垣支柱の施工です。

この様に、1本1本柱を水平に立てていきます。

この状態ではまだ何が何だかよく分かりませんが、割竹を取り付けるとこう

なります。

竹の美しい曲線が庭に立体感を与えています。

次は芝床作りです。この作業が終われば「樹木の植栽」です。

早く木を植えたくなってきました。

K様邸がどのように劇的変化を遂げたのか、ビフォーアフター形式で説明

したいと思います。

Before

IMGA0164

After

IMGA0875

外構工事で余った残土を敷き均し、その上に客土を盛って築山を造りまし

た。

Before

IMGA0170

After

IMGA0872 IMGA0882

こちら側から見ると、意外に築山が高く、そして広いのかが分かると思いま

す。奥にある既存の家庭菜園は木柵で土留しました。予定より芝生が高く

なったので2段の予定が一部3段になりました。でもそれが結果的に変化

があって面白い結果になりました。

Before

IMGA0687

After

IMGA0883 IMGA0884

中央にヤマモミジの株立(高さ4.5m)の立派な物をシンボルツリーとして

植えました。これが植えられただけで庭が締まります。

他にヤマボウシの株立やアオダモの株立、ジューンベリーの株立はそこそ

こ大きい物を植え、他のシラカシやナナカマド、ライラック、モチノキは1.5

m位の小さな苗木を植えて予算をカット。その分何年もかけて成長を楽し

む方法をチョイスしました。その他、花苗を植え楽しむ花壇のスペースを2

ヶ所設け、それ以外は防草シートの上に玉砂利を敷いて、雑草対策は万

全です。

先日、植物の管理をレクチャーする為にK様邸を訪れたら、小学生低学年

?の娘さんが、庭の水やりを担当していると聞きました。少し水やりの量が

足りなかったので教えた所、大きくうなずいてくれたので、これでもう安心で

す。他にも、ご主人はホームセンターから大きな長い板を購入されて、電ノ

コでカットしてウッドデッキをDIYで作っていらっしゃいました。そこでも小さ

な息子さんがペンキ塗りのお手伝いをしていました。お父さんとの共同作

業、きっと忘れられない大切な思い出になるに違いありません。子供さん

達が中学生になる頃にはきっと素晴らしい庭になっていると思います。

これからもこの庭を管理する事で、少しでも親子の絆が深まるといいです

ね。これからも色々相談にのりますので、宜しくお願いします。

ありがとうございました。

今度の芝生広場は、意図的にかなり高くしました。築山にしたかったからで

す。

IMGA0704

どんどん盛っていった結果、このような立派な築山になりました。

IMGA0705

そこに芝生と砂利の境界を作る為に、エッジキングを施工していきます。

IMGA0716

それが終わり、次は家庭菜園との土留の為に木柵を作っていきます。

IMGA0720

そこに防草シートと玉砂利を敷き詰めれば、おおよその形は見えてきまし

た。

IMGA0739

IMGA0735

次はいよいよ植栽と張芝です。

私もどの様に変化するのか、今からすごく楽しみです♪

 

IMGA0022①

着工前はこんな風に10年以上も前に植栽された樹木が伸び放題になっている状態でした。

IMGA0299①

これらの樹木を思い切って整理して、メンテナンスの楽なドッグランをメインにした庭に作り変えました。

IMGA0183①

ハナミズキとシラカシ2本のみ残して、その下は鮮やかなピンクとホワイトの化粧砂利を敷き詰めました。

IMGA0054①

奥はドッグラン用のスペースです。小型犬なので下の隙間から逃げ出さない様に、オリジナルのガーデンフェンスを工夫しました。シラカシの周りも木柵で囲んだ所、良いアクセントになりました。

IMGA0058①

裏口にもゲートを設けました。こちらも下へ潜り込んで逃げ出さない様工夫しました。

砂利の下には全て防草シートが敷いてあるので、今まで悩まされ続けた雑草対策は万全です。

IMGA0182①

最後に可動式の木柵を手作りしました。雪が降った時に片付けられる様に、3分割して収納できる様にしました。以前作ったドッグランのお庭では、小型犬の為に柵の下から脱走されたという苦い経験を教訓にして、それを色んな所に工夫しました。これで思う存分遊び回れる事でしょう。

玄関前の柵を当社でサービスする事になりました。

すぐに現地を計測し、ホームセンターへ行っては安い材料を探し、

それを基に図面をひきました。

うちの職人が、1日ちょっと掛かって出来上がったものが、この木柵です。

IMGA0182

冬の除雪で排雪するのに邪魔になるので、3分割で収納できる様

設計してあります。高さは80cm確保してあるので、ワンちゃんが

脱走する事はないでしょう。これで、思い切って放し飼いができて

運動不足になる事はないでしょう。

IMGA0184

この様に景観的にも、木製部分の割合が増えたので、かなり一体感

が高まり、豪華に見える様になりました。

これで、ドッグランの庭を作る自信が高まりました。

ドッグランの庭に興味のある方は、一度当社へご相談下さい。

宜しくお願いします。

裏側の木製ゲートが何とか完成しました。

IMGA0975

柱を立てるスペースが狭くて、かなり工夫が必要でした。ゲートの

下から子犬が脱走しない様、下に板材を追加して対処しました。

既存のシラカシの周囲も、板材を加工して木柵を作りました。

IMGA0977

当社に、大工さんだった人が昨年から入社したので、こういう木材

の加工工事が格段に品質が上がりました。色んなアイデアが実現

できるので、面白いデザインも可能になりました。

その他の所は雑草対策の防草シートを張って、玉砂利でお化粧を

していきます。

入口のハナミズキの周りは、少しだけ華やかにしたかったので洋風

の化粧砂利(淡いピンク系)を敷いてみました。

IMGA0973

予想以上に綺麗に仕上がったので、ビックリしています。

残りの部分は、ホワイトの化粧砂利を敷いて完成です。

もう少しですので、気を引き締めて頑張ります!

カスタム嶋北建売住宅もいよいよ駐車スペースの土間コンクリート

打設に入りました。

駐車スペースの中央には、コンクリートのひび割れを防ぐため

伸縮目地を設けました。

001 (2)

コンクリートを打っただけでも、随分雰囲気が変わるものです。

打設後約1週間は、コンクリートが固まるまで養生期間が必要です。

それが終わればようやく完成になります。

003 (4)

養生期間も終わり、完成したのがこちらです。

005 (2)

006 (2)

今回の工事は予算の都合上、オリジナルの木柵と

駐車スペース2台分の土間コンクリート、フリースペースの砕石敷きで

完了です。

ここからはこのモデルハウスを買われた方が、自由にアレンジして

ガーデニングして頂ければ、まだまだ素敵になるでしょう。

 

近くに来られた際は是非立ち寄ってみて下さい。

画像では伝わらない、新たな発見があるかもしれません。

カスタムエージェント嶋北の建売住宅の外構工事を

依頼されました。

着工前はこんな感じの状態でした。

001

建物の周りに砕石が敷かれているだけだったので

土も見え、すぐにぬかるんでしまいます。

この状況を打開する為に、2台分の駐車スペースと

木柵を作って欲しいとの依頼がありました。

 

011 (4)

低コストで木柵を作る為に、ホームセンターに行って

材料を拾い出し、図面をひき、手作業で木柵を施工していきます。

H24テルサ平和コンサート 002

駐車スペースになる部分のぬかるんだ所の

床掘をしているところです。

ここに砕石を敷いて、土間コンクリートを打って駐車スペースに

する予定です。

砕石敷き均しまで終わった状態がこちらです。

H24テルサ平和コンサート 007

オリジナルの木柵に綺麗にペンキが塗られ、とてもホームセンターで

買ってきた材料とは思えない出来です。

あとはこの砕石部分に土間コンクリートを打てば完了です。

天気が良ければ、来月頭には完成予定です。

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930