植栽

盛土石組まで終わったので、土が雨等で流れ出ないように

白御影の敷石を立てて土留を行います。

 

DSCF9776

 

既存のスロープに合わせて

こちらも同じ白御影の敷石で新たに苑路を設けました。

 

DSCF9777

 

ここまで完了すると庭の形が大まかに見えてきました。

 

DSCF9778

 

DSCF9780

 

次は瓦を縦使いにして埋めて

植栽する部分と敷砂利する部分の縁切りを行います。

 

また、この作庭工事の一番の難関の穂垣作りに明日から入ります。

 

これが出来るとグッと京風に近付くので気合いが入ります。

 

 

リビング(両面)の三方に家が建っており

どうしても視線が気になりカーテンも開けられない状態でした。

 

DSCF7395DSCF7400

 

そこで

くつろげる空間を作るようにウッドフェンスで周囲を仕切り

雑木を植え、芝を張る事にしました。

 

まずはミニバックホーにて固い砕石の地盤を掘っていきます。

 

IMGP8113

 

植栽用の客土を敷き均した後に植栽するスペースを

アンティークレンガにて縁取りを行います。

 

IMGP8114

 

芝が張られる所は

芝が伸びていかないように黒いエッジキングで縁取りしました。

 

DSCF9511

そこにウッドフェンスが建てられると

想像以上に広く落ち着いたスペースが出現しました。

 

DSCF9550DSCF9549

 

涼しくなりここに雑木が植えられると

更に驚きの空間が出現すること間違い無しです。

 

ここまでくると早く出来上がりを見てみたくなりました。

ガーデニングもいよいよ木工事に取り掛かります。

 

まずはオリジナルの門柱を作りました。

 

DSCF9458

 

木材はいろんな形に加工できるので

初めて板を斜めにカットして張ってみました。

 

想像以上におもしろい形になったので

お客様にも喜んで頂きました。

 

次に空間を仕切る

オリジナルのガーデンフェンス工事に取り掛かりました。

 

DSCF9468

 

隣家の玄関がすぐ横にあるので、程良い間隔で板が張られ

丁度良い目隠しになりました。

 

DSCF9483

 

植栽する部分は小舗石でなだらかな曲線を描き囲いました。

 

これとフェンスの間に植栽がなされると

また一段と違った雰囲気に変わります。

 

DSCF9485

 

駐車場スペースとの仕切りは生垣になります。

 

どのような形でここから美しく見せるのか?

 

デザイナーのセンスにかかっています!

 

 

土間コンクリートの打設が終わり、

いよいよ植栽工事に入ります。

 

隣家との距離があまりないので

葉っぱが落ちない常緑樹をメインにまとめました。

 

DSCF8024

 

玄関側から眺めるとお隣の窓からの視線をさりげなく遮っているのが分かります。

 

DSCF8022

 

どうしても物置が気になって仕方なかったので

予算を追加していただいて手作りで目隠しの塀をつくりました。

 

DSCF7403

DSCF8021

 

コンパネ板に丸く穴を開けただけですが

かなり印象が違います。

 

駐車スペースの脇にも植栽スペースを設けてみました。

 

DSCF8017

 

グレーの壁面に緑がくっきり浮かんでいい感じに仕上がりましたが

逆に消火栓の古さが目立ってしまいました。

 

残す仕事は下草の植栽とガーデンフェンスに追加の扉を取り付ける作業です。

早く完成形が見たくなってきました。

 

 

 

駐車場スペースの土間コンクリートが打設され、

形が分かるようになりました。

 

DSCF8030

 

三角形の組み合わせでデザインした独特のアプローチも完成しました。

 

DSCF8031

 

植栽も全て完了し、庭に潤いが出てきました。

 

DSCF8033

DSCF8034

 

残すは物置の設置と敷地境界ブロックの設置を残すのみとなりました。

 

次回にガーデニングの全貌をお見せする事が出来ると思います。

どうかお楽しみに!

 

IMG_7447

 

建物とアプローチ・カーポート等の外構工事は既に完成しており、

植栽だけの工事を依頼されました。

 

【着工前】

IMG_20200314_144359

 

アプローチに合わせるしかないので、

私の得意とする曲線を主体とするデザインでレイアウトする事にしました。

 

IMG_7447

 

予算の関係上、雑木と芝生と花壇だけの

3つの要素で構成したシンプルな庭にしました。

 

雑木類は管理の楽なアオダモ・ヤマボウシ・ジューンベリー等を植えました。

入り口の花壇だけはレンガの色に合わせて赤っぽい小舗石にし

後は全て錆色の小舗石にしました。

 

IMG_7446

 

木を植えると、この玄関までの長いアプローチも

季節ごとに何かしらの変化を感じる事が出来るでしょう。

きっと玄関の扉を開けるのが毎日楽しみになるはずです。

 

IMG_7448

IMG_7449

 

お隣との目隠しには常緑のヤマボウシを列植し

適度な目隠しにしました。

 

また家庭菜園もこのように設けてあります。

 

DSCF7197

 

比較的予算を抑えてもデザインをシンプルにすれば

ここまで見応えのあるガーデニングにメイクアップできるという

良い見本になった作品となりました。

 

 

建物とアプローチ・カーポート等の外構工事は既に完成しており

植栽だけの工事が依頼されました。

 

着工前の状況がこちらです。

 

DSCF6693

ここに植栽をすればどれだけ広く感じられ

潤いが生まれるかを紹介していきたいと思います。

 

DSCF7190

 

私の得意とする曲線を主体とするデザイン。

 

雑木と芝生と花壇だけの3つの要素で構成したシンプルな庭。

雑木類は管理の楽なアオダモ・ヤマボウシ・ジューンベリー等を

植え付けました。

 

入口の花壇だけはレンガ色に合わせて赤っぽい小舗石にし

後は全て錆色の小舗石にしました。

 

DSCF7204

 

木を植えると、この玄関までの長いアプローチも

毎日何かしらの変化を感じることが出来るでしょう。

 

きっと玄関の扉を開けるのが毎日楽しみになるはずです。

 

DSCF7198

DSCF7197

 

お隣との目隠しには常緑のヤマボウシを列植し

適度な目隠しにしました。

 

また、庭菜園もこのように設けてあります。

 

DSCF7201

 

まだこの時期ようやく新葉が出始めたばかりで

まだ少し寂しい感じもしますが

もう2週間もすれば芝生も伸びてきて

緑のコントラストがとても美しい庭になると思います。

 

比較的予算を抑えてもデザインをシンプルにすれば

ここまで見応えのあるガーデニングができるという

良い見本になった作品となりました。

 

白御影の間知石が積まれ、小舗石の縁が並べられると

だいぶ雰囲気が変わってきました。

 

DSCF7123

 

DSCF7109

 

単純にスッキリした印象を受けます。

 

奥の更地の部分にも木枠が施され

家庭菜園としての新たな役割が与えられます。

 

DSCF7149

 

家の前には新たに創作塀を作りました。

 

DSCF7164

 

まだ途中ですが、これで空間を仕切ると

残す所は下草の植栽です。

 

下草(多年草)を足元に植える事で

景観がより引き締まります。

 

どのような演出が施されるのか、乞うご期待ください。

 

いよいよ樹木を植えていきます。

どのようなケミストリーが起こるのかご覧下さい。

 

まずは、主木になるモミジの植栽

やはり庭が広いのでこのくらいの大きさで

存在感があって良かったです。

 

DSCF7156

 

他にも次々に雑木類が植えられていきます。

 

DSCF7157

DSCF7158

 

植えられた事によって

庭に奥行きと彩りが加わっていきます。

 

DSCF7161DSCF7163

 

並行してガーデンパンを作っていきます。

 

DSCF7162

 

オシャレなグレーの小舗石で囲んでみました。

工事も残す所は下草の植栽とガーデンテラスのコンクリート打設

細かい所の仕上げも残すだけになりました。

 

ここまでくると近所の人からも

「良くなったねー」と声を掛けられます。

 

それを励みに

より一層丁寧な仕事を心掛けたいと思います。

 

 

もともとお婆様の住まれていた家の土地に

新しく家を建てられていましたので

アプローチと元々の植栽との高低差のバランスが合わなくなりました。

 

そこで打ち合わせの結果

以前の植栽は撤去して新たにデザインする事になりました。

 

その姿がこの画像です。

 

DSCF6222DSCF6221DSCF6204

 

まずは既存の樹木

 

DSCF6226

 

ブロックを撤去したらこんなにスッキリしました。

 

DSCF7062

 

そこへ新たに白御影の間知石を積んで植栽スペースを設けました。

 

DSCF7145

 

玄関前は小舗石で縁取って、石張りを行いました。

 

DSCF7142

 

アプローチには段差が付きますので

同じく小舗石で蹴上げ部分を作っていきます。

 

また通路沿いのブロックも古かったので

建物の外観に合わせた化粧ブロックをし段積みました。

 

DSCF7022DSCF7140

 

このようにリ・ガーデンはやはり時間が掛かるので

焦らず少しずつ仕上げていきたいと思います。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年9月
M T W T F S S
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
記事アーカイブ