植栽

 

今年に入って3件目の造園工事を始めました。

 

玄関前に敷いてある切石(建設会社施工)が

どうしても合わないという事で当社に依頼がきました。

 

DSCF6074

 

確かに仕方の無いことですが、デザイン性はあまり…です。

 

お客様には

「武田さんに全てお任せしますから、自由にやって下さい。」

と言われ、私も職人魂に久々に火が付いたのでした。

 

まずは既存の切石を撤去して、

既にふってある番号ごとに仮置きしました。

 

DSCF6697

DSCF6698

DSCF6699

 

これを設計図に基き、据え付けていきます。

 

DSCF6706

DSCF6713

 

全ての切石を据え付け、周囲に砕石を敷き詰めると

このような形になりました。

 

DSCF6716

 

砂利止めに敷いてある切石は所々手直しして、

土を入れ替え新たな植栽スペースにしていこうと考えています。

 

DSCF6708

DSCF6718

 

改修工事は新たに造る庭園とは違い、

既存の庭園の雰囲気をあまり崩さず

それでいて納まり良くしていかなければならないので、

すごくセンスを問われる仕事です。

 

「やっぱり武田園芸に頼んで良かった」

と言われるように頑張っていきたいと思います。

 

 

ガーデニングはいよいよ大詰めに差し掛かってきました。

 

雑木が植えられ、

芝生が張られてくると雰囲気が一変します。

 

DSCF6489

 

自然の板材で作ったオリジナルガーデンフェンスが背景にある為、

樹々が一層映えて見えます。

 

お隣の窓もこれでだいぶ気にならなくなると思います。

 

DSCF6488

DSCF6491

 

野芝を一面に張るとまた一味違って見えます。

 

春になって芝生が芽吹いてくると緑のボリュームが増して

今とは比べ物にならない位に華やかになるでしょう。

 

DSCF6493

 

雑木の下のスペースはいろんな多年草を植え付けました。

こちらも芽吹きが楽しみです。

 

大方の植栽が完了するとこんな風に変わりました。

 

DSCF6499

DSCF6501

 

あと残すはコンクリート工事になりました。

もう少し気温が上がるまでしばし休工になります。

 

まだお見せしていない玄関前のアプローチや

ゲスト用の駐車スペースも

こだわったデザインになっていますので、

期待してお待ちください。

 

 

やはり2月になると今まで記録的に少なかった雪も

少しは降ってきますね~!

 

そんな中でもオリジナルガーデンフェンスの施工は続きます。

 

DSCF6443

 

材料をあらかじめほぼ寸法通りにカットしておいたので

作業の方は順調に進んでいきました。

 

IMGP7503

DSCF6467

 

オリジナルのガーデンフェンスで空間を仕切る事で

近い将来、隣の敷地に家が建ったとしても

ある一定のプライバシーは確保出来ると思います。

 

DSCF6466

 

一方道路側からの遮蔽も考慮してありますので

通行人からの視線はほとんど気にならないと思います。

 

次はいよいよ樹木の植栽です。

これによりいかに劇的に変化するか楽しみにお待ち下さい!

 

 

例年に比べ、異常な位雪がない状況なので

作業の方はどんどんと進んでいきます。

 

次に植栽する場所を小舗石で囲っていきます。

 

IMGP7494

 

同じく植栽するスペースを別の色の小舗石で囲みます。

 

DSCF6234

 

今回のデザインには、

当社の特徴である自由曲線を封印してあえて直線で勝負!

スタイリッシュさを狙っています。

 

次に芝床を作っていきます。

 

DSCF6235

 

お客様の要望でお子様とサッカーがしたいとの事でしたので

芝生の面積を広めに設けました。

 

次に玄関前の石貼りを行います。

 

IMGP7501

 

白御影の切石に化粧平板をはめ込んで

遊び心を入れてみました。

 

IMGP7502

 

黒い石の石貼りの中に

チョコレート色の化粧平板が程良い差し色になっています。

 

次回はプライベート感を出す為に

オリジナルウッドフェンスで空間を仕切る作業になります。

 

まだまだ進化が止まらないガーデニングに乞うご期待!

 

 

今年2件目のガーデニングになります。

 

着工前はこんな感じでした。

 

DSCF5606

DSCF5612DSCF5607

 

入り口前のスペースに駐車スペースを2台確保しました。

 

DSCF5615

 

このスペースを活かして周囲との空間を上手く仕切りたいと思います。

 

また、打ち合わせの際にモンテディオ山形ファンのご主人が

お子様とサッカーの練習をするのが夢とお聞きしました。

 

…その夢、可能な限り実現させましょう!

 

 

まず、平面図を基に赤スプレーでマーキングをします。

 

DSCF6154

 

立ち合いで若干の修正を加えて、

まずはバックホーにて床掘りをします。

 

DSCF6185

 

基礎ブロックを据え付け、

エッジキングで縁取りを行います。

 

DSCF6181

 

植栽用の客土を敷均していくと、

だんだん庭の形が見えてきます。

 

DSCF6195

 

この後どのように変化していくのか楽しみにしていて下さい!

 

 

例年であればこの時期は雪が積もっており、

とてもガーデニングなんて出来るはずもないのですが

今年は異常気象で雪がありません。

 

異例中の異例ではありますが、

お客様の了承を得て作業に取り掛かる事にしました。

 

着工前はこんな感じでした。

 

IMG_0822

 

このスタイリッシュな外観を初めて見た時、

私はビビビっときました。

「この建物にはこれしかない!」と。

 

お客様の予算をはるかにオーバーする提案でしたが、

私の熱い思い(?)を受け入れていただき

全て実現させてもらえる事になり感激しております。

その内容は徐々に明らかにしていきたいと思います。

 

 

まず最初にリビングから見える三角地。

 

このまま放っておくと畑土の為に

草がボーボーに生えてしまうので土の入れ替えを行いました。

 

RIMG2965

 

場所が狭いので、一輪車での小運搬になり

なかなかハードな作業になりました。

 

RIMG2967

 

既存の砕石を全て取り除き、

新たに防草シートを敷いて雑草対策を行います。

 

RIMG2966

RIMG2968

RIMG2969

 

次回はここにシンボルツリーを1本植えて

グランドカバーも植栽します。

 

A様邸に一足早い春が訪れそうです。

 

TURQUEISE

 

トータルビューティーサロン『TURQUOISE(ターコイズ)』さんの

ガーデニングを依頼されました。

 

「南国の癒しの空間を演出して欲しい」とのご要望でした。

 

【着工前】

DSCF2320

 

この寒い山形では難題でしたが、この夢を実現させて

少しでもお店の売上アップに貢献できるようにデザインしました。

 

DSCF4149

 

入り口前には“トウジュロ”を2本植えました。

ヤシ科なので南国っぽいイメージにぴったりです。

根〆には見た目もブルーで可憐なハーブのキャットミントを植えました。

 

DSCF4150

DSCF5600

 

リビング前にはジューンベリーの株立や

ツリバナ、ナツハゼの株立を植えました。

 

奥行きがかなり少ないので成長スピードが遅く、

室内からの圧迫感が少ない樹木を選びました。

 

根〆にはマホニアコンフューサと

シモツケリトルプリンセスで華やかさを演出しました。

 

DSCF4151

 

自宅への入口脇にはハナミズキの赤色を植え、

根〆にはハーブのクリーピングタイムを植えました。

 

RIMG0091

 

店舗入口脇のデッドスペースも見逃しません。

ここにはアオダモの株立を植え、根〆には

ブルーの花が美しいベロニカオックスフォードブルーを植えました。

 

DSCF4152

 

植栽しているスペースは決して広くありませんが、

それでも諦めずにデッドスペースや植栽帯を曲線にして変化を付ける事で

これだけの樹々や地被植物を植えられるという事を見事に立証しました。

 

お店の外装が藍色っぽいのでより緑が引き立つ事も事実です。

 

お客様からは

「植物のチョイスとこの曲線は想像がつかなかった!」

とお褒めの言葉を頂きました。

 

ミッションコンプリートです!

 

 

IMG_0874

 

現地調査に伺った時には既に外構工事と一部玄関前には植栽されておりましたが、

「よりセンス良くオシャレなものにして欲しい」とご依頼いただきました。

 

【着工前】

DSCF4227

 

土砂が一部崩れてきている隣地境界には

普通ブロックを2段積んで土留を行い、

整地する事で敷地を広く使う事ができました。

 

それに伴いツゲの生垣は大胆な曲線を描けるようになり、

外観に大きなインパクトを与える事ができました。

 

また玄関扉を開けても常緑のヤマボウシが植えてあるので、

中が丸見えになる事はなくなりました。

 

IMG_0856

 

既存のハナミズキとアオダモの株立を活かしつつ、

新たに高木のサワフタギと中木のハナカイドウを植えた事で前庭が華やかになりました。

 

更に根〆にサルビアネモローサ・スジギボウシ・シモツケリトルプリンセスの地被植物を植えました。

それぞれの草丈が違うので高低差が生まれ、

3段植栽になったので、見る角度でそれぞれ主役が変わるように演出しました。

 

IMG_0888

 

カーポートの裏側をやんわり遮蔽する為に、

紅葉が美しいナツハゼを列植しました。

 

防腐剤注入木材を加工して作った家庭菜園も

使い勝手の良い大きさで庭のアクセントに一役買っています。

 

IMG_0867

 

リビング前にはウッドデッキが設けてあり、

より広さを強調すべく色はフローリングの色に合わせています。

 

そのデッキの前にはコンクリート製のテラスが設けてあり、

BBQやプール置場等で大活躍しそうです。

 

ここから眺めるといかに芝生広場の形がユニークなのかが分かります。

 

IMG_0871

IMG_0872

 

こちらの雑木の根〆にも草丈の違う地被植物が植えてあり、

季節毎に主役が変わるように演出してあります。

 

IMG_0875

 

隣地との空間を仕切る為に、

要所要所にさりげなく雑木(アズキナシ・ジューンベリー・ヤマボウシ・ナツツバキ)を植えてみました。

 

庭の中を回遊出来るように植樹帯はそれぞれ違う素材でセパレートしてあります。

 

それぞれの形がユニークになっていて、それぞれがクロスオーバーする事で

アート性の高い造形になったと自負しています。

 

IMG_0877

 

芝生広場の中にはこのような円形の砂場を作って、遊び心を出してみました。

 

IMG_0878

 

IMG_0831

 

既にアプローチや門柱、カーポート等の外構工事は完成されていた為に

それに合わせて作庭致しました。

 

神社が祀られていたり、思いの外勾配がきつかったり、

機械が入れず人力作業になったりいろんな条件が重なりましたが

比較的管理が楽で和モダンな庭に仕上がったと思います。

 

【着工前】

DSCF5199

 

緩やかな曲線を描いて造られたコンクリート製の長いアプローチを歩いて玄関まで行く途中に、

いろんな雑木(ナツツバキ・アオダモ・ジューンベリー等)や

グランドカバー(フイリヤブラン・ヒューケラ・ベロニカオックスフォードブルー)を植えた事で、

四季折々の彩りを感じてもらえるようになりました。

 

照明は冬期間アプローチの除雪の事を考えて、

移動の出来る和風スタンドにしました。

 

IMG_0841

IMG_0849

 

また武骨なコンセントスタンドは割竹で囲い、化粧をしました。

 

植栽スペースには小舗石を使い、

そこにヤマモミジやウメモドキ、キンモクセイを植えました。

 

また大きくとった芝生のスペースや

手前に見える花壇スペースも全てアプローチに合わせ

自由な曲線を使っているので、統一感が生まれました。

 

根〆にはシモツケリトルプリンセスやスジギボウシ、

キャットミントを植えてあるので四季を通していろんな彩りの変化が楽しめるでしょう。

 

IMG_0828

 

以前から祀られている赤い神社の周りは

一段高く土が盛られていたので、石組で土留をして

さらに白御影敷石を据え付けていつでも歩いて拝めるようにしました。

 

植栽もそれに相応しいようにヤマモミジやサザンカ、サンシュユの

和風に属するであろう樹木を植栽し、

周囲はサツキツツジの刈込でまとめました。

 

IMG_0837

 

通路を挟んで両側に芝生を張る事で遠近法が生まれ、とても広く見えます。

また緑の占める面積が増える事でより豪華に見えます。

 

IMG_0845

 

玄関先から振り返るとうまくアプローチの曲線と庭の曲線が絡んで

デザイン状の相乗効果が得られているのが分かります。

 

和室前の芝生は芝を竹柵で縁取る事で何気に和風の演出を妨げないようにしました。

 

IMG_0830

 

和室前の和のスペースはあえて夏目型の手水鉢を用いました。

施主様の事を考えて、あまりかがまなくても使えるようにしたかったからです。

植栽はモミジ(コトノイト)とナンテンだけにして空間構成を出来るだけシンプルにまとめました。

 

瓦を縦に埋めて使ったり、

玉砂利敷きではなく伊勢ゴロタ石を播き石する事によって

高級感が増すと共にセイヨウイワナンテンスカーレッタの赤葉とのコントラストが絶妙に際立ちました。

 

IMG_0835

 

 

 

建物周辺及び外周の植栽工事をさせていただきました。

 

【着工前】

DSCF5464

 

建物の周囲の植栽スペースの幅が狭かったので、

あまり大きくならずに落葉しない常緑ヤマボウシを植栽しました。

 

根〆にはフイリヤブランを植え、

それ以外は防草シートを張ってその上に淡いピンクの砂利を敷き詰めました。

それにより華やかでモダンな印象になりました。

 

IMG_0789

IMG_0785

 

会社の顔である看板下はあくまでそれを引き立たせるために、

シモツケリトルプリンセスを植えて控えめに演出しました。

 

DSCF5496

 

その向かい側にある植栽枡には

セイヨウイワナンテンスカーレッタを植えました。

今はまだ少し赤葉が目立つ程度ですが

これから冬にかけて真っ赤に色づき、ともて美しくなってきます。

 

DSCF5478

 

シンボルツリーにはこの為にわざわざ白河市の農家さんまで足を運んで

直接選んできたアオダモの株立です。

どこから見ても樹形の美しい木を選んできたので今後の成長が楽しみです。

 

根〆はほとんど手間のかからないクリーピングタイムを植えて、

維持の軽減を計りました。

 

IMG_0795

DSCF5094

 

会社全体をドローンで撮影してみるとこうなりました。

外周には全て野芝を張り、

かなり緑のボリュームを増やしたので来春の芽吹きの季節がすごく待ち遠しいです。

 

default

default

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年3月
M T W T F S S
« Feb    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
記事アーカイブ