植栽

S様邸より隣の目隠し様に木を植えてほしいと頼まれました。しかも「2階

から見えない様に」という事なので、4.5mもあるヤマボウシの株立を植え

る事になりました。

ここで、大きな問題発生!

作業通路が幅1mしかなく、ミニミニバックホーしか入れません。これでうま

くいくのかな~??

まずは植穴を掘って、畑土に土壌改良材を撹拌したものを入れました。

IMGA0681 IMGA0684

次に土留用に小さな石組を施しました。

IMGA0685

次はいよいよ運搬です。色々と作戦会議をした結果が功を奏し、途中まで

は5輪に乗せて運搬し、後はミニミニバックホーと職人3人で格闘の末、30

分掛けてようやく運べました。

IMGA0696

植え上がってみると、その大きさは想定外で素晴らしいものでした。これに

はお客様にも喜んでもらえました。

IMGA0697

枯らしたらまた運ぶのが超大変なので、慎重に植え付けました。

次に風や雪で倒れないように、唐竹でしっかりと支柱を掛けました。

IMGA0702

無事完成したのがこの形です。

IMGA0703

活着させる為に少し剪定して薄くしましたが、すぐに大きくなってくれる事で

しょう。めでたし!めでたし!

会社の社名看板新設工事もいよいよ仕上げの段階に入ってきました。

前回、積み上げたレンガ塀の廻りに、サツキツツジを植栽しました。

IMGA0202 IMGA0203

ここにサツキツツジを植えたのには理由がありまして、ここの社長さん

が毎朝散歩するコースの中に山形の合同庁舎がありまして、ここの入

口のロータリーに植えられているサツキツツジの刈込をすごく気に入っ

ておられたからです。少しずつ手を入れて、いずれはその形に近付け

たいと思います。

冬のほんの束の間の晴れの日に、全ての土間コンクリートの打設

を行いました。

IMGA0006①

IMGA0004①

面積が広い為に、コンクリートポンプ車を使って一気に打設しました。

IMGA0013①

コンクリートが打たれた事で、外観の雰囲気が随分変わりました。

門柱の美ブロ工事は冬期間の為良い仕事ができないので、下地

処理だけ施し、来春へ延ばしてもらいました。

もって、劇的変化をもたらしたのは樹木の植栽です。

あまり本数は植えたくないというお客様のご要望に応え、大きな樹

木を植栽しました。

IMGA0929①

IMGA0934①

IMGA0019①

ヤマモミジの株立やヤマボウシの株立、それにナツツバキにアオハ

ダの株立等、大きな雑木が多数植えられた為に、一気に庭が進化し

た様に感じます。

それに石組みに合わせて、キリシマツツジやヒラドツツジ等の玉物も

植栽したのでなかなかの迫力です。

IMGA0045①

門廻りの石組みもひょうたん形に瓦で縁取り、シロモジの株立と

ウメモドキの株立を植栽しました。

IMGA0044①

主庭も含めて下草には、今からリュウノヒゲを植栽する予定です。

作庭工事もいよいよ大詰め。仕上げ作業に入っていきます。

完成までもう少し。天気がもってくれればいいんですけど。

たておか小児クリニックさんの雪囲いをしました。

ここ楯岡は、雪が多いので頑丈にしてほしいとお願いされたので

材料から全て見直しました。

IMGA0880 IMGA0881

この様に全ての樹木を一旦縄でしおって、その上から細木や竹で

雪囲いをしていきます。

一日かけて何とか無事終了しました。

IMGA0893 IMGA0894

これで、いつ雪が降っても大丈夫です。

医院の前の花壇には、今年3回目の植栽でパンジーとチューリップ

の球根が植えられ、春の訪れを待ちます。

IMGA0879

まだまだ植え替えるのはもったいない様な、たておか小児クリニックさん

の花壇。

ニチニチソウとガザニアが頑張って咲いています。

IMGA0624 (2) IMGA0625 (2)

第2回の模様替えは、センニチコウとナデシコという花を植栽しました。

IMGA0164 IMGA0165

これはこれでまた、一味違った雰囲気を醸し出してくれて、なかなか豪華

です。

当初、メランポジュームという花を植栽する予定でしたが、産地の農家さん

が鬼怒川だった為に、先の水害で全滅したということで、急遽ナデシコに変

更させてもらいました。改めて、災害って決して他人事ではないと実感させ

られました。

昨年の夏に完成しました、上山市K様邸。

引き渡し時は予算の関係で、樹木を1本も植えられませんでしたが「雪が

解けたら樹を植えたくなったの」と、嬉しいお電話を頂きました。

早速、ジューンベリーとアオハダ・アオダモの3本の雑木を植栽しました。

Before

021 (3)

After

2015-04-03 16.42.57 (2)

Before

015 (2)

After

2015-04-03 16.44.34

Before

014 (2)

After

2015-04-03 16.43.36

2015-04-03 16.43.39

ちょうど、シンボルツリーのジューンベリーの株立の白い花が可憐な佇まい

を見せてくれています。この1本だけでもかなりインパクトがあります。

たった3本の植栽かもしれませんが、これだけで家に潤いが出てきますし、

遠近法の関係ですごく広く感じます。

葉が生い茂ってくると、もっと素敵な樹の魔法にかかる事でしょう!

 

木製のオリジナルガーデンフェンスの取り付けがほぼ

完了したので、次にこの庭のデザインの中心となる円形

の家庭菜園を作っていきます。

IMGA0478

このような円形の物を高さと大きさを変えて3つ作ります。

2014-11-22 11.53.45-①

円を組み合わせる事によって、とてもリズミカルなデザイン

に変貌しました。この形にすると、畑の中に足を入れないで

手が届くので、作業がすごく楽になるのと共に、畑土が足に

付いて芝に落ち、雑草が生えるという事がなくなります。

IMGP3040-①

次に、雑木類の植栽を行います。木が植えられると

また違った雰囲気になっていきます。

2014-11-26 11.03.35-①

植栽が完了しました。この下には土を盛って、芝を張って

いきます。リビングの前には、大きなウッドデッキも取り付け

ました。もう少しで完成です。

もうひと踏ん張り、頑張ります!

 

 

 

床掘りが終わったので、そこに植栽用の客土を入れていきます。

 

001 (2)

次に、生垣用の支柱を立てて行きます。

 

004 (2)

これは、支柱に竹をシュロ縄で結って固定しているところです。

 

006 (2)

 

生け垣支柱が完成しただけで、雰囲気が随分変わります。

次はいよいよ植栽です、どんな風に変化して行くのか私達も大変楽しみです。

着工前はこんな感じでした。

005 (2)

家の周りは建築時の完成のままで、大きな石がごろごろした

状態でした。そこに生垣や花壇をつくる為に床掘をします。

宅盤がかなり頑丈に作られていたので、砕石が厚く掘るのにとても

苦労しました。

次に門柱のブロックを積んでいきます。

020

お客様と打ち合わせをして、高さ1m40cm程の門柱を設置していきます。

下塗りを終え、レンガを上に並べていきます。

001 (2)

ここに美ブロを塗れば完成です。

次は植栽用の客土を入れて、生垣と植栽の工程に入ります。

これからどんどん変化していくでしょう。お楽しみに!

着工前はこんな感じでした。

002 (2)

すでにアプローチや駐車スペースが出来ていたのですが

外から中が丸見えなので、視線を遮閉しつつプライベートな空間を

作りたいという御依頼でした。

完成形がこれです。

23

このコンクリートの壁に道路側は建物の外観に合わせた

エボニー系のウッドフェンスを、アパート側はナチュラル系のオリジナル

ガーデンフェンスを設けてみました。

建物の外観と上手くコーディネート出来たと思います。

中に入るとこんな風になっています。

29 (2)

1番南側には花壇を設け、後は子供達が遊べるように、

大きい芝生の部分を設けています。

アパート側の境界もフェンスによって適度に空間が仕切られ

ブロック積と違って、涼しい風も入ってくるのでとても涼しい空間に

なったと思います。

30

アプローチ脇の植栽スペースには、ギボウシとミントを植栽しました。

道路の遮閉には、プランターにソヨゴを植えて対応しました。

冬場は全て建物側に移動して除雪をスムーズにできるように

配慮しました。

26

駐車スペースの裏がリビングなので、ここでもプランターに植えた

イレックスサニーフォスターを並べ、適度な空間の仕切りを試みました。

もう2~3年もすれば、見栄えも全然変わってくると思います。

 

最後に左官屋さんや材料の都合で長い期間になってしまいましたが

お客様には「まるで別の家に来たようだ」と有り難い言葉を頂き

努力が報われたような気がします。

小さなお子さん達がこの庭の中でいろんな昆虫を捕まえて

楽しんでいるのを見て、自分の子供の頃を思い出しました。

庭にはそのような利用の仕方があるのだと改めて教えてもらいました。

 

これから、芝刈り・水やりと夏場にかけて大変だとは思いますが

宜しくお願いします。

本当に有難うございました。

 

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930