植栽

 

現地調査に伺った時には既に外構工事と

一部玄関前には植栽されておりましたが、

「よりセンス良くおしゃれなものにして欲しい」と依頼されました。

 

【Before】

DSCF4227

【After】

IMG_0856

 

土砂が一部崩れてきている隣地境界には

普通ブロックを2段積んで土留を行い、

整地する事で敷地を広く使う事が出来ました。

 

それに伴い、ツゲの生垣は大胆な曲線を描けるようになり

外観に大きなインパクトを与える事が出来ました。

 

また玄関扉を開けても、常緑のヤマボウシが植えてあるので

中が丸見えになる事は無くなりました。

 

【Before】

DSCF4244

【After】

IMG_0862

 

既存のハナミズキとアオハダの株立を活かしつつ、

新たに高木のサワフタギと中木のハナカイドウを植えた事で

前庭が華やかになりました。

 

更に根〆にサルビアネモローサ・スジギボウシ・シモツケリトルプリンセスの地被植物を植える事により、

それぞれ草丈が違うので高低差が生まれ、3段植栽になったので

見る角度でそれぞれ主役が変わるように演出しました。

 

【Before】

DSCF5442

【After】

IMG_0867

 

カーポートの裏側をやんわり遮蔽する為に

紅葉が美しいナツハゼを列植しました。

 

防腐剤注入木材を加工して作った家庭菜園も

使い勝手の良い大きさで庭のアクセントに一役買っています。

 

【Before】

DSCF5443

【After】

IMG_0871

IMG_0872

 

リビング前にはウッドデッキが設けてあり

より広さを強調すべく色は色はフローリングの色に合わせています。

 

そのデッキの前にはコンクリート製のテラスが設けてあり

BBQやプール置場等で大活躍しそうです。

 

ここから眺めるといかに芝生広場の形がユニークなのかが分かります。

 

【Before】

DSCF5444

【After】

IMG_0875

 

こちらの雑木の根〆にも草丈の違う地被植物を植えてあり

季節毎に主役が変わるように演出してあります。

 

【Before】

DSCF5445

【After】

IMG_0877

 

隣地との空間を仕切る為に要所要所に

さりげなく雑木(アズキナシ・ジューンベリー・ヤマモミジ・ヤマボウシ・ナツツバキ)を植えてみました。

 

庭の中を回遊出来るように樹木帯は

それぞれ違う素材でセパレートしてあります。

 

それぞれの形がユニークになっていて、

それがクロスオーバーする事でアート性の高い造形になったと自負しています。

 

【Before】

DSCF4239

【After】

IMG_0878

 

芝生広場の中にはこのように円型の砂場を作って遊び心を出してみました。

 

 

既にアプローチや門柱、

カーポート等の外構工事が完成されていた為に

それに合わせてデザインしたガーデニングが完成しました。

 

全ての仕事が人力になってしまい、かなり苦労しましたが

無事にM様に引き渡す事ができて安心しました。

 

例によってビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

【Before】

DSCF5198

【After】

IMG_0841

IMG_0849

 

緩やかな曲線を描いて造られていたコンクリート製の

距離の長いアプローチを歩いて玄関まで行く途中に

いろんな雑木(ナツツバキ、アオダモ、ジューンベリー等)や

グランドカバー(フイリヤブラン、ヒューケラ、ベロニカオックスフォードブルー)を植えた事で

四季折々の彩りを感じてもらえるようになりました。

 

照明は和風スタンドを置くだけで移動可能にし、

武骨なコンセントは割竹で囲う事で和の風情を感じます。

 

【Before】

DSCF5190

【After】

IMG_0828

 

植栽スペースには小舗石を使い、

そこにヤマモミジやウメモドキ、キンモクセイを植えました。

 

また大きくとった芝生のスペースや

手前に見える花壇スペースも全てアプローチに合わせて、

自由な曲線を使っているので、統一感が生まれました。

 

根〆にはシモツケリトルプリンセスやスジギボウシ、

キャットミントを植えてあるので来春の新しい芽吹きに期待しましょう。

 

【Before】

DSCF5192

【After】

IMG_0837

 

以前から祀られている赤い神社の周りは

一段高く土が盛られていたので、石組で土留して

白御影敷石を据え付けて、いつでも歩いて拝めるようにしました。

 

植栽もそれに相応しいように

ヤマモミジやサザンカ、サンシュユの和っぽい樹木を植栽し、

周囲にはサツキの刈込でまとめました。

 

【Before】

DSCF5195

【After】

IMG_0845

 

道路を挟んで両側に芝生を張る事で、

遠近法でとても広く見えます。

また緑の面積が増える事でより豪華に見えます。

 

【Before】

DSCF5188

【After】

IMG_0830

 

玄関先から振り返るとうまくアプローチの曲線と

庭の曲線が絡んで馴染んでいるのが分かります。

 

和室前の芝生は芝を竹柵で縁取る事で

何気に和風の演出を妨げないようにしました。

 

【After】

IMG_0835

 

和室前の和のスペースは、

あえて夏目型の手水鉢を用いました。

施主様の事を考えて、

かがまなくても使えるようにしたかったからです。

 

植栽はモミジ(コトノイト)とナンテンだけにして

空間構成を出来るだけシンプルにまとめてみました。

 

瓦を縦に埋めて使ったり、玉砂利敷きではなく

伊勢ゴロタ石を撒き石する事によって高級感が増すと共に、

セイヨウイワナンテンスカーレッタの赤葉との

コントラストが絶妙に際立ちました。

 

 

山辺町M様邸のガーデニングで

1番景観が劇的に変わる植栽を行ったからです。

 

まずは、雑木の株立の植栽から行いました。

 

DSCF5931

DSCF5932

 

特に隣家からの視線を少しでも妨げるように

ウッドデッキから見て、植え付けの位置を指示しました。

 

DSCF5934

 

道路からの見栄えを考慮したマサキの生垣。

 

曲線を描く事で優雅ささえ感じさせてくれます。

次は芝床の土壌改良を行って、高麗芝を張っていきます。

 

DSCF5935

DSCF5938

 

次に空間に彩りを与えるグランドカバーの植栽です。

これで四季の移り変わりをより楽しむ事が出来るでしょう。

 

DSCF5940

DSCF5939

DSCF5941

 

あとはエッジキングでの縁取りと

防草シートを敷いて雑草対策を行い、玉砂利を敷けば完成です。

 

ゴールまであと少し、最後まで丁寧な仕事を心掛けたいです。

 

 

少しずつ変化を遂げているM様邸。

 

玄関へと続く階段を挟んで反対側の間知石も積み終わり、

統一感が増しました。

 

DSCF5715

 

施主様施工の2台用のカーポートと物置の設置も無事に完了して

またひとつ機能性が高まりました。

 

DSCF5702

 

次にヤマモミジの植栽や既存のシラカシの移植を行いました。

 

DSCF5763

DSCF5757

 

敷地の面積が広いので、

ヤマモミジはかなり大きなものを植栽しました。

 

この位の存在感が無いと庭が締まらないと考えたからです。

その前には間知石積みの曲線に合わせた生垣用の支柱が立っています。

 

DSCF5761

 

ようやく天候にも恵まれ、コンクリートを打設する事が出来ました。

 

DSCF5896

 

当社のお得意のアンティークレンガで囲うテラス。

 

この度は多目的(BBQ・子供用プール置き場etc)に

使えるようにかなり大きく造りました。

 

ゲスト用の駐車スペース部分にもコンクリートが打たれました。

 

DSCF5895

 

コンクリートを打ったら

心なしか以前より広く感じるようになりました。

 

次はいよいよ植栽です。

 

ここからが本当の意味でのガーデニングなので

上手く納まるように庭師としてのセンスを見せたいと思います。

 

 

夏目の手水鉢を主体とした和の坪庭が納まりました。

 

DSCF5813

 

モミジとナンテンを植えて、伊勢ゴロタ石を敷き詰めると、

落ち着いた雰囲気になってきました。

 

もう一方の神社周りもモミジやサザンカ・サツキ等を

植え付けるとかなり風格が出てきました。

モミジの紅葉が真っ赤な神社にとても合います。

 

DSCF5732

DSCF5806

 

一方、洋風スペースの方は、

縁取りを小舗石やエッジキングで行いました。

 

DSCF5723

DSCF5718

 

次はいよいよメインの植栽です。

 

想像以上に大きくて立派な木を仕入れられたので、

五輪車で運搬することになりました。

 

DSCF5803

 

木を植えていくと、瞬く間に庭の雰囲気が変わっていきます。

 

DSCF5804

DSCF5802

 

次に下草類を植え、高麗芝を張っていくと

更にアップグレードされていきます。

 

DSCF5810

DSCF5807

 

ここまでくるとようやく完成が見えてきました。

 

和と洋が上手く融合して違和感なく納まるか?

庭師のセンスが問われます。

 

 

ウッドデッキが取り付けられ、

様々な小舗石が並べられると美しい曲線が現れました。

 

DSCF5592

DSCF5686

DSCF5690

DSCF5694

 

自画自賛になりますが、

なかなかアーティスティックに仕上がったと思います。

 

ここに雑木や下草を植栽していきます。

 

DSCF5752

DSCF5786

 

植栽されると遠近法と相まってすごく広く感じられます。

 

落葉の状態でこれだけ感じるのですから、

新緑の頃になるとどれだけ変わるのかが楽しみです。

 

DSCF5798

 

玄関前も前から植えてあったハナミズキの紅葉が

より引き立つようになりました。

 

あとは土留のブロック積みや

テラスのコンクリートが終われば

仕上げにツゲの生垣や下草を植えて完成です。

 

しかし、ここにきて天気が…?

何とかもう少しもってもらいたいです。

 

 

建物周辺及び外周の植栽工事をさせていただきました。

 

【Before】

DSCF5464

【After】

IMG_0789

【Before】

DSCF5463

【After】

IMG_0785

 

建物の周囲は植栽枡の幅が狭かったので

あまり大きくならず、落葉しない常緑のヤマボウシを植栽しました。

 

根〆にはフイリヤブランを植え

それ以外は防草シートを張って、その上に淡いピンクの砂利を敷き詰めました。

それにより、華やかでモダンな印象になりました。

 

【Before】

DSCF5460

【After】

DSCF5496

 

会社の顔である看板下は、あくまでもそれを引き立たせる為に

シモツケリトルプリンセスを植えて控えめな演出にしました。

来春には淡い桃色の花が可憐に咲きます。

 

【Before】

DSCF5459

【After】

DSCF5478

 

その向かい側にある植栽枡には、

セイヨウイワナンテンスカーレッタを植えました。

今はまだ少し赤葉が目立つ程度ですが、

これから冬にかけて真っ赤に色づきとても美しくなっていきます。

 

【Before】

DSCF5461

【After】

DSCF5093

IMG_0790

 

シンボルツリーはこの為にわざわざ白河市の農家さんまで

足を運んで直接選んできたアオダモの株立です。

どこから見ても樹形の美しい木を選んできたので

今後の成長がとても楽しみです。

 

その下は全て手間のかからないクリーピングタイムを植えて

維持管理の軽減を図りました。

 

 

会社の全体をドローンで撮影してみるとこうなりました。

 

default

 

外周には全て野芝を張り、かなり緑のボリュームを増やしたので

来春の芽吹きの季節がすごく待ち遠しい気分です。

 

 

今回のお客様は山形新聞に毎月掲載されている

“マイベストプロ”をご覧になられて

「山形新聞に載っている位だから信用のある会社だ!」

と、わざわざ当社までご夫婦で来ていただき、

発注していただきました。

 

その期待に応えるべく吟味してデザインしました。

 

家は新築されたばかりで、すでに外構工事の

大まかな部分(カーポート・アプローチ・門等)は完成していました。

 

何でも前の家に立派な日本庭園があったそうですが、

家を新築するにあたってやむなく庭も解体されたという事でした。

 

でも、今のままだと殺風景なので

手間のかからない落ち着いた庭を造って欲しいとの事でした。

 

着工前は先程説明した通り、こんな感じでした。

 

DSCF5188

DSCF5190

 

外構工事で山砂が少し敷いてあったので、

その上に植栽用の客土を盛ってアンジレーションを付けます。

 

スペース上、ダンプが入れないので全て一輪車での運搬になりました。

 

DSCF5656

DSCF5657

 

やはりこういう力仕事は20代の職人に任せたいと思います。

 

ある程度運び終えたら、

土壌改良材と肥料を混ぜて整地していきます。

 

DSCF5661

DSCF5662

 

庭の一角には小さな神社が祀られています。

 

ここは何とか修景して欲しいとご依頼いただいたので

石組で土留を行い、白御影の敷石で通路を設けました。

 

DSCF5663

DSCF5666

 

仕上げに瓦を縦使いして並べると完成です。

 

DSCF5677

DSCF5678

 

リビングの前は

どうしても和風のワンポイントが欲しいとご依頼いただいたので、

夏目型手水鉢と六角灯籠で和モダンを演出しました。

 

当然重機が使えないので、

昔ながらのチェーンブロックのおでましです。

 

DSCF5664

DSCF5665

 

縁切りは当初エッジキングを予定していたのですが、

ミスマッチになってしまうので竹柵に変更しました。

 

DSCF5680

 

和と洋のミクスチャーみたいになってしまいましたが、

上手く一つのカテゴリーの庭になるように上手く納めたいと思います。

 

 

主庭の大まかな工事が終わったので、

次は駐車場の前の修景に取り掛かりました。

 

駐車場と敷地の高低差が80cm以上あり、

そのまま擦りつけると土が流れてしまうので

間知石を2段積みにして傾斜を緩やかにする必要がありました。

 

IMGP7377

IMGP7379

 

積み終わった所に

植栽用の客土を埋め戻すと丁度いい傾斜になり、

見栄えがとても良くなりました。

 

IMGP7380

IMGP7381

 

玄関へと続く階段を挟んで反対側にも

間知石が積まれているので、

また雰囲気が変わってくると思います。

 

どうぞ期待していて下さい。

 

 

主庭の方は植栽のみとなったので、

次に玄関前から家外周の方を工事していきます。

 

まずは生垣支柱の床掘を行います。

 

RIMG0119

 

床掘が終われば、次は生垣支柱に取り掛かります。

 

外構のディティールが全て直角で構成されていたので、

ここはあえて生垣を自由曲線にしてみました。

 

RIMG0120

RIMG0121

 

隣地境界には新たにブロックを設置するので、

砕石を敷いてベース打設の準備をしました。

 

これで敷地も少なく見積もっても

30~50cmは広くなるでしょう。

 

RIMG0125

 

次はいよいよ植栽工事です。

ここで劇的に変化しますので期待していて下さい。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年12月
M T W T F S S
« Nov    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
記事アーカイブ