石組

 

「京都にある坪庭の石庭をイメージした庭をつくりたい」とご依頼いただきました。

 

 

芝生が主体の洋の庭から、枯石組が主体の和の庭に大変貌を遂げました。

 

富沢石を貼った石畳風の苑路、

この趣がかなり重要な役割である事を気付かせてくれます。

 

 

7個の石でまとめられた石組も、眺める角度により、いろんな表情を見せてくれます。

 

 

この坪庭に使用した鮫川石は、京都の庭によく使われている青石(緑泥片岩)と同じものです。

そこで砂利も、京都の白川砂利を取り寄せて敷き詰めました。

 

植栽は既存の板塀とうまく馴染ませる為に黒竹とリュウノヒゲだけに留めました。

 

 

石庭が仕上がってくるにつれて、お客様の方も熱が入られ、

門柱と目隠しの板塀の追加発注をいただきました。

 

 

建物の外壁と合わせて使った白い天然石が貼ってある最高級の化粧ブロックは

アプローチの白いタイルとも相性が良く、うまく納まりました。

 

黒御影とステンレスを組み合わせた表札も、程良いアクセントになっています。

 

 

中庭から見た景色は、「この先どんな庭を見せてくれるのだろう?」という期待を膨らませてくれます。

 

単なる目隠しではない、こういった所が庭師の腕の見せ所だと思います。

 

作業用の通路が狭くて工期が思いのほか掛かりましたが、ようやく満足のいく庭が出来上がりました。

どのように変化したのか、いつものようにビフォーアフター形式で説明したいと思います。

before

after

建物の外壁と合わせて使った、白い天然石が貼ってある最高級の化粧ブロック。アプローチの白いタイルとも相性が良くうまく納まりました。

黒御影石とステンレスを組み合わせた表札もアクセントが効いています。

before

after

お隣との空間を遮蔽する為に設けた創作板塀。

板材の間に挟んださらし竹の黄色が、差し色としての役割を十分に果たしていて高級感が生まれました。

before

after

芝生が主体の洋の庭から、枯石組が主体の和の庭へ大変貌を遂げました。

富沢石を貼った石畳風の苑路。趣きのある仕上がりが大事な役割を持っている事に気付かせてくれます。

before

after

鮫川石は京都の庭にある青石(緑泥片岩)と同じなので、敷いてある石も京都の白川砂利を取り寄せて敷き詰めました。

京の坪庭をイメージされていたお客様の要望にうまく応える事ができました。

植栽はシンプルにウメモドキの株立1本とクロチク7本だけにして、既存の板塀とうまく馴染ませました。

before

after

下草のリュウノヒゲとの仕切りは黒瓦を縦使いにして埋め込み、味のある仕上がりにしました。

7個の石でまとめられた石組も、見る角度によって違う表情を見せてくれるように考えて組みました。

before

after

中庭から見た景色は、この先どんな庭を見せてくれるのかという期待を膨らませてくれます。

単なる目隠しというよりは、こういうところが庭作りではとても大事な事だと思います。

石畳が仕上がると一気に工事は進捗します。

次に石組の廻りにわざわざお取り寄せした、京都のお寺に必ずと言っていいほど敷かれている白川砂を敷き詰めました。

するとグッと京都っぽくなってきました。

次に黒竹を順次植え付け、根〆にリュウノヒゲを植栽しました。

シンプルな構成だけに黒竹の植え付けには傾きにまでこだわりました。

ここまで仕上がると京都の坪庭にありそうな『石庭』の出来上がりです。

もう一つの目玉は隣地境界に施工する創作板塀です。こちらのお客様が当社のHPを見てとても気に入ってくれたからです。

 

まず最初に柱を立てて骨組を作っていきます。

そこに順次板塀を貼っていきます。

材木を黒っぽい色に塗装した為に、かなり落ち着いた雰囲気になりました。

延長が長いので施工にも手間がかかりましたが、そのぶん趣きでること間違い無しです!

当社の都合で昨年の秋から工事をお待ちいただいたT様邸。

約半年お待ちいただきましたが、ようやく開始することができました。何かのご縁で最近、和風庭園の依頼があり少々驚いております。

 

この工事の着工前は高麗芝が張ってありました。

ここを「京風の石庭」に改修するのがお望みのようでした。

まずはミニバックホーで既存の芝をハギ取っていきます。

 

この時すでに背景の板塀も既存の塗装をペーパー掛けして落とし同じ色を再塗装していますので、だいぶくたびれた感が薄れずいぶん綺麗になりました。

次に土留めと縁取りを兼ねて、白御影の延石を据え付けていきます。

それが終われば盛土をしていよいよ本命の石組に取り掛かります。T様邸は作業通路がとても狭く、専用の四輪車で一個ずつ石を運んでいきます。

次はいよいよ石組なのですが、この所やけにチェーンブロックでの作業が多くてかなり慣れてきました。(通常はクレーン車での作業になります)

石を一旦仮置きして、一個ずつ視点を決めて据え付けていきます。

合計7個の景石を据え付け石組を完成させるまでには、かなりの時間が必要になりました。

この作品は京風をイメージしたので高価な青石を使い、周囲には白川砂を敷き詰めるのでガラリと景観が変わると思います。

次は縁取りに瓦を並べていきます。

どこまで和モダンを追及できるのか庭師の腕にかかっていますので、こだわりを持って仕事を進めていきたいと思っています。

露地庭は建物に囲まれている為にすごく不便です。

クレーンが使えないとこんなにも大変なのかと、つくづく思い知らされました。

石の運搬はこのように担いで行います。

こういうのは若い人でないと無理です。20代の職人に任せました。

石組はこのようにチェーンブロックを使って行いました。

「昭和か~?」と思わずツッコまれそうです。

飛石も以前あったものを一枚一枚選んで据え付けていきます。

土留の石組と飛石が据え付けられると、なんとなく茶庭の雰囲気が出てきました。

次は芝生広場から続く流れの石組です。

ここからは床掘りした土を一輪車で運搬しなければならないので、また時間が掛かりそうです。

何か良い方法はないかな~?

家のリフォームに伴い、坪庭もリニューアルすることになりました。

着工前はこんな感じでした。

どうしてもミスマッチに思えてしまったので、全て配置換えすることにしました。

庭の中央にあったイトヒバは他の場所へ移植し、石組は全て鮫川石?で統一し新たにクレーンで吊って石組しました。

 

それらが完了すると、こんな感じに仕上がりました。

五葉松の前には水盤を設置し、周囲は御簾垣で遮蔽する計画です。(垣根は施主施工です。)

何本かの雑木でシンプルにまとめるつもりなので、空間の構成力が問われそうです。

果たして『和モダン』で『粋な空間』に生まれ変われるのでしょうか?乞うご期待!

次は既存の石を使っての滝石組になります。

盛土もイメージが分からないということなので、私がバックホーを運転しながら石組も同時に行いました。

滝石組が完了すると、だいぶイメージが掴みやすくなりました。

自己満足ですが、なかなか迫力ある石組になったと思います。

次に流れの部分を作っていきます。床に防水シートを張って、その上にコンクリートで石を固定していきます。

そこに張っていく玉石は、川砂利の中から一個一個選別して洗って仕上げました。

それを自然の流れを再現すべく、一個一個モルタルにハンマーで打ち込んで固定していきます。

これから先、このように気の遠くなるような作業を繰り返していかなければならないと思うと気が重くなりますが、何とか良い作品を作るべくモチベーションを保って頑張っていきたいと思います!

既存のヤマモミジやモクレン、ツバキを活かしながら雑木類をたくさん植えました。

すると庭の表情が一変しました。どこか殺風景だった庭も木が植えられると、潤いが生まれるのと同時に庭に動きが出てきました。

手前に株立を植える事で、その間から庭を眺める事になるので逆遠近法で庭が広く見えます。

また石組にも動きが感じられ、同時に石も活きてきました。

庭の中には苑路が設けられているので、いろんな角度から庭を眺める事ができます。それにより新たな発見が生まれるでしょう。

根〆には多くの種類の多年草を植えました。

その結果、庭が落ち着いて見えます。

やはり下草は隠れた主役なのかもしれません。

庭に意外と高低差があったので、白御影の延石で階段を設けてみました。

その結果、苑路に丁度良いアクセントになったと思います。

あと残す所、池の前の石畳造りのみとなりました。

これが最後の難関。でも楽しみ♪複雑な心境です。

どうしてもイメージに合わなかった流れを改修していきます。

まずは削岩機で既存の石組を壊していきます。

予想以上に石が頑丈に固定されていて驚きました。外した石を別の位置へ組み換えし、当社から持ってきた石と組み合わせて護岸石組を行います。

石組が完了すると、だいぶ単調だった石組も大小の石が組み合わされる

事で石組に奥行きが出てきました。

それに伊勢ゴロタ石の洲浜を施工すると、また違った雰囲気になってきました。

次はいよいよ植栽工事です。

かなりの種類の雑木と地被植物が植えられるので、ちょっぴりリッチなリゾート地みたいなコンセプトで仕上げたいと思います。お楽しみに!

最初に打ち合わせに伺った時、正直驚きました。

何故かというと「和モダンな庭」を作ってほしいと頼まれたからです。

まだ若い御夫婦でしたので、その理由を伺うと「お城巡り」が共通の趣味と

の事。納得しました!そこで、今回のデザインは和モダンを追求する事にし

ました。

着工前の外観はこんな風に、やはりどこか「和モダン」を感じさせるもので

した。

まずは、平面図に基づき床掘からです。

板塀用の基礎ブロックも、順次据え付けていきます。その板塀も、予算の

関係上御家族に塗料を塗ってもらう事にしました。御夫婦と旦那様のお父

様の3人で土日2日間かけて、2度塗りしてもらった結果、この様ななかな

かの仕上がりになりました。

大変お疲れになったと思います。本当にありがとうございました。

次に、盛土を行いこの庭の重要なポイントとなる石組です。

庭の面積が限られている為、石を選ぶのが大変でしたが、据え付けてみる

となかなか良い仕上がりになりました。

まだ工事は始まったばかりですが、かなり凝ったデザインなので作り手の

私達も仕事が楽しくて仕方ありません。

次は、玄関までの長いアプローチです。

気を引き締めて頑張ります!

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年9月
M T W T F S S
« Aug    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
記事アーカイブ