砕石

ある程度、駐車スペースの掘削が終わったので砕石を敷き均していきます。

IMGA0565

敷均しが終わったら、タンパーで転圧をかけていきます。

IMGA0567

次に、この工事で一つの見せ場である白御影の間知石を積んでいきます。

IMGA0569

特に1段目は綺麗な曲線になる様、何度も確かめながら並べていきます。

IMGA0571

2段目が積まれてくると、かなり迫力が出てきました。

IMGA0574

約2日掛けて、ようやく終了!

IMGA0575

石1個の重さが結構重く(15㎏位かな…)何回も持ち上げていると腰と腕

がパンパンになってしまいましたが、仕上がりには満足しています。

次はカーポート工事です。また雰囲気が変わりますよ!

着工前はこんな風に、建物廻りの配管がむき出しの状態でした。

IMGA0796

樹木があるので狭く、L型擁壁の設置も土留コンクリートも難しい

と考え、白御影の間知石を2段積む事を提案致しました。

IMGA0797

下地は砕石を敷いてプレートで転圧します。その上に間知石を

積んでいきます。

IMGA0815 IMGA0816

雨水が浸透式になっているので、溜まらない様にあまりコンクリート

を使わない空石積で施工する事にしました。

完成するとこんな感じに仕上がりました。

IMGA1 IMGA2

建物の外観にマッチして、モダンでもあり又、重厚感もあります。

かなりスッキリまとまったと思います。この様な石積みも承りますの

で、興味のある方はご連絡下さい。

お待ち申しております。

着工前はこんな感じでした。

003.-cjpg

このように草が伸びていて、しかも道路よりも40cm程

低い状態になっていました。

IMG_0144.-cjpg

建物の周囲も同じように草が生えて、やはり

低い状態のままでした。

 

完成形がこちらになります。

021.-cjpg

ここは米沢市なので、カーポートも150cm耐積雪対応の

6本柱にしてあります。

 

道路の高さに合わせて、奥は山砂、手前は砕石を

敷いて調整しました。

015.-cjpg

隣地境界には、化粧ブロックを2段積んで嵩上げに

対応しました。カーポートの土間コンも車庫入れを考え

Rをつけてあります。

 

カーポートの雨水もパイプを短くカットして、土間コンに

丸く穴を開け、排水層を設けて浸透させました。

これで、雨水による汚れが軽減できると思います。

 

ほんのちょっとの気配りが、長く快適に使ってもらう

事が大切だと考えています。

013.-cjpg

お客様のご希望に沿って、南側には畑土を設けました。

何故なら、家庭菜園をやってみたいというご希望が

あったからです。

017.-cjpg

建物周りも、全て砕石を敷いて締め固めました。

これで、無事になんとか完了する事ができました。

 

着工前の状態より美観的にも良くなり、使い勝手も

数段向上したと思います。

 

米沢までは、片道1時間半もかかる遠い現場でしたが

なんとか無事に完成したという達成感に浸っています。

 

協力して下さった業者の方々にも感謝しています。

本当にありがとうございました!

 

 

着工前はこんな感じでした。

005 (2)

家の周りは建築時の完成のままで、大きな石がごろごろした

状態でした。そこに生垣や花壇をつくる為に床掘をします。

宅盤がかなり頑丈に作られていたので、砕石が厚く掘るのにとても

苦労しました。

次に門柱のブロックを積んでいきます。

020

お客様と打ち合わせをして、高さ1m40cm程の門柱を設置していきます。

下塗りを終え、レンガを上に並べていきます。

001 (2)

ここに美ブロを塗れば完成です。

次は植栽用の客土を入れて、生垣と植栽の工程に入ります。

これからどんどん変化していくでしょう。お楽しみに!

着工前はこんな風に雑草が生い茂った状態でした。

015 (2)

家の北側部分には砕石が敷いてあり、ここにも雑草が目立っています。

IMGP0967 (3)

まず最初に既存の樹木の伐根を行い、雑草の生い茂った表土の

剥ぎ取りを行いました。

IMGP0975

機械の入れない所は人力によって剥ぎ取っていきます。

IMGP0982

庭に放置してあった残材も、綺麗に取り除きました。

IMGP0973

DIYで敷いてあったインターロッキングやコンクリート平板も

全て撤去し、新たなデザインに生まれ変わります。

IMGP0991

既存の庭の解体が終われば、いよいよここからリ・ガーデンの工事が

始まります。

次にどう変化していくのか、楽しみにお待ちください。

山形市のM様宅のガーデニングも一番大変な作業に

差し掛かりました。

それは一輪車による客土運搬です。

---------------------------------------------------------------- 020

一輪車による小運搬で、何度も何度も運ばないといけない為

とても大変な作業になっています。

ここは若い従業員に頑張ってもらうしかありません。

客土入れは3日目を終え、ようやく形が見えてきました。

016 (2)

ここまで土が入れば、一番難関だった作業も

ある程度終わりが見えてきました。

次はラティス用の基礎ブロックを据え付けていきます。

018 (2)

このくらい大きな基礎を据え付ければ、そう簡単に風で

動いたりすることも無いでしょう。

次に枕木のステップ部分の下に砕石を敷いていきます。

031

ここに枕木が据え付けられれば、だいぶ庭の形が見えてくると

思いますので、それまでお楽しみに。

まだ作業の半分も終えてませんが、力を合わせて

良い庭を造っていこうと思います。

頑張ります!

カスタムエージェント嶋北の建売住宅の外構工事を

依頼されました。

着工前はこんな感じの状態でした。

001

建物の周りに砕石が敷かれているだけだったので

土も見え、すぐにぬかるんでしまいます。

この状況を打開する為に、2台分の駐車スペースと

木柵を作って欲しいとの依頼がありました。

 

011 (4)

低コストで木柵を作る為に、ホームセンターに行って

材料を拾い出し、図面をひき、手作業で木柵を施工していきます。

H24テルサ平和コンサート 002

駐車スペースになる部分のぬかるんだ所の

床掘をしているところです。

ここに砕石を敷いて、土間コンクリートを打って駐車スペースに

する予定です。

砕石敷き均しまで終わった状態がこちらです。

H24テルサ平和コンサート 007

オリジナルの木柵に綺麗にペンキが塗られ、とてもホームセンターで

買ってきた材料とは思えない出来です。

あとはこの砕石部分に土間コンクリートを打てば完了です。

天気が良ければ、来月頭には完成予定です。

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930