移植

既存の雑木(ナツツバキの株立やヤマボウシの株立等)の移植をしていま

す。

IMGA0352

IMGA0350

もともとの土が良かったせいか、根が崩れる事なく上手く移植する事ができ

ました。

こうしてみると1本1本の木が大きい事を改めて感じます。

IMGA0369

木が倒れない様に、竹で支柱を施しました。

IMGA0365

IMGA0366

移植が終わったらだいぶスッキリしてきました。もう少し盛土をして新しい

樹木を配置する予定です。

次は既存の池の改修です。壊してみないと実際の構造が分からないので

試行錯誤の連続になりそうです。なんとか納まりよく決めたいものです。

 

石組が終わり、門柱が立ち、樹木が移植されました。

よってこれらの素材がまた新たな役目を与えられることになりました。

一度組んであった石や庭木をもう一度造りなおすのは

中々難しいのですが、丁度よく収まってお客様にも喜ばれました。

002 (8)

次の工程は樹木や芝生が植栽される部分の客土入れです。

専用の植栽用客土を入れ、アンジュレーションをつけて

盛っていきます。

011 (3)

いよいよカーポートの建築確認申請がおり、丁張が掛けられました。

005 (6)

役所立会いの丁張検査が終われば、いよいよガレージの

基礎工事が始まります。

残念ながら、庭園工事は今から使う石が、まだ山に雪がある為

取りに行けず、しばらくの間はストップになるかもしれません。

気持ちが高まっているだけに、残念な気持ちでいっぱいです。

この春の陽気で早く雪が溶け、工事が再開できることを祈っています。

東根市S様邸の工事も少しずつ、形が見えてきました。

H24テルサ平和コンサート 004

この画像は2台用の駐車スペースを確保する為に

砕石を敷き均しているところです。

007 (4)

このキャラは前の御宅にあったものを移植したものです。

幸い樹形も整っていたので、上手くこの石組に合わせられそうです。

025

026

この2組の門柱は、白御影石でオーダーで作られていた

貴重な物だったので、新しい庭に持っていき新たな形として

生まれ変われるようにしました。

002 (6)

かなり頑丈に作ってあったので、立てるのに苦労しましたが

なんとか無事に組み終わり、ほっとしています。

お客様も前の御家にあった材料を使ってつくりなおしたことを

大変喜んで下さいました。

 

次はまた、残りの石組作業になります。

この作業が終われば第一関門は突破したことになります。

最後まで気が抜けない仕事になりますが

安全第一、怪我に気を付けて頑張って行きたいと思います。

仮置きしておいた石を使って、本格的な石組を開始しました。

004 (2)

一番大きな立石を据え付けていますが、重さが2t近くあるせいか

当社の2.9t吊りクレーンでいっぱいいっぱいでした。

とにかく安全第一で作業を進めていきます。

007 (2)

この場所には全部で七つの石を設置する予定です。

石が設置されたことで景観も変わり、だいぶ迫力が出てきました。

008 (2)

組み終わった所から客土を敷き均し、ざっと整地してみました。

大きな立石は1/3位根入れが必要なようです。

この石の周りには移植するキャラやシダレモミジが植えられる予定なので

またそれらが植われば景観も一変することでしょう。

 

次は駐車場の床掘に入っていきます。

あとはこの淡雪があまり積もらない事を祈るばかりです。

025

来客が多い為、2台用のカーポート以外にも駐車スペースが欲しいと依頼され

四角いグリッドをモチーフとした構成でそれをデザインしました。

敷地が広いので、手前は直線で奥の庭園は自由曲線を用いて、そのコントラストが

斬新なデザインになりました。

007

工事着手前は山形風の和風庭園で、松や石組がメインでしたが

これらの中で使えるものを利用して、出来るだけ洋風で管理の楽な庭にしてほしいと

頼まれました。

021 (2)

そこで、ハナミズキやノムラモミジ、ツバキ、サラサドウタン、セイヨウシャクナゲ

ウメモドキなどの雑木は移植し、他は思い切って処分しました。

それにナツツバキやカマツカ、アオハダ、ツリバナ、ジューンベリー等の雑木を新植しました。

かつては立石だった石も全て横使いにして、崩れ石組風に組み直し

高さをそれぞれ異なる物にして、段々畑風にアレンジしました。

グランドカバーは、フイリヤブランやクリーピングタイム、キャットミント、ビンカミノールなどを

組み合わせて大胆なデザインで構成しました。

015 (2)

残りのスペースは全て高麗芝にして、緑の部分を多く取りました。

048

玄関前のアプローチは、化粧平板を四角に並べ、それに合わせて白御影の間知石を

直角に据えてエッジを効かせ、曲線との対比を試みました。

ポストも玄関の扉に合わせてローズ調の物を選び、デザインを統一しました。

019

玄関前に樹木を植えることによって、道路からリビングが丸見えにならない様に配慮しました。

ウッドデッキも必要最小限のものをセットしましたが、リビングから見るととても広く感じ

コスパ大です。

山形市のY様宅のリ、ガーデンを開始しました

最初はかなり、樹木が生い茂った状態で日当たりが

あまり良くありませんでした

 

S

 

そこで、要らない樹木をバッサリと伐採しました

そこへ以前から組んであった石の組み直しをしてみました

 

013

 

今まで寝せてあった石を立ててみました

いしの裏半分が苔むしていないのがわかります

 

015

 

場所が狭いので、ちっちゃいバックホーでの石組み

ちょっと怖かったけど、無事完成してよかったです

少し組み方を変えただけで、随分存在感が違います

次は、既存樹木の移植です

まだまだ、雰囲気が変わって行きますよ~

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930