築山

コンクリートのテラスが完成し、植栽用客土を敷均して築山を造っていきま

す。

次に土壌改良材を均一に敷均し、それを撹拌していきます。

それが終われば、いよいよ雑木の植栽です。

アオダモやジューンベリー、カマツカ、ハナミズキなどの雑木を植える事で

景観がどんどん変化していきます。

築山に芝が張られると、より高さが強調され、これには御主人からも「ここ

まで盛土が高くなるとは思っていなかった。想像以上に素晴らしい仕上がり

ですね。」と褒めて頂きました。

あと残す仕事のメインはウッドフェンス工事とポット植栽、玉砂利敷きのみ

となりました。ウッドフェンスも加わるとまた違った空間を仕切れると思い

ますので、それもまた早く見てみたいです。

p1080387

 

imga0164

着工前は、この様に外構工事で発生した残土が山のように盛ってあったので、これを利用して築山を造ろうと思いました。

p1080386

先程の残土を床土に使い、その上に客土を盛土して高さ1m位の築山を造りました。

植栽は雑木(アオダモ、ヤマモミジ、ナナカマド、ジューンベリー、シラカシ等)を使って、必要最小限の本数に留めました。

p1080385

この角度から眺めると、先程の説明が分かり易いと思います。

大きいのは中央にあるシンボルツリーのヤマモミジの株立だけ。後は高さが1.5m~2.5m位の比較的小さい木にしました。子供達の成長と共に樹々も成長してくれる事を願って!

p1080387

この角度から眺めると、まさに子供の頃に見た「ひょっこりひょうたん島」です。

imga0882

庭を造る前から栽培されていた家庭菜園。

築山から土が流れてこない様に、色々試行錯誤した結果、丸太の木柵に決めました。一番安価で見た目も素朴。この庭の雰囲気にとても馴染んでくれています。

待ちに待った植栽の始まりです。

まずは芝生を張る部分に、たっぷりと牛ふん堆肥と化成肥料を撹拌して養

分を与えます。

IMGA0844

次に雑木類を植栽していきます。

これはヤマボウシの株立を植えている所です。シンボルツリーのヤマモミ

ジの株立は4mを超える大木です。この位の木を植えると、かなり庭が締ま

ってきました。

IMGA0870

芝生を1枚1枚隙間なく張っていきます。今回は築山なので、この様にまあ

るく張っていきます。

IMGA0851

最後に目土を均一に敷き詰めて完了です。

IMGA0855

残す作業も仕上げのみ。次回は完成形の発表です。

かなり面白いガーデニングになりましたので、皆さん期待していて下さい。

今度の芝生広場は、意図的にかなり高くしました。築山にしたかったからで

す。

IMGA0704

どんどん盛っていった結果、このような立派な築山になりました。

IMGA0705

そこに芝生と砂利の境界を作る為に、エッジキングを施工していきます。

IMGA0716

それが終わり、次は家庭菜園との土留の為に木柵を作っていきます。

IMGA0720

そこに防草シートと玉砂利を敷き詰めれば、おおよその形は見えてきまし

た。

IMGA0739

IMGA0735

次はいよいよ植栽と張芝です。

私もどの様に変化するのか、今からすごく楽しみです♪

 

着工前はこんな感じでした。

ここに大きな芝生の築山を作る計画です。

IMGA0688

最初に、山になっていた残土を敷き均して荒造形を施します。

IMGA0690

ここには大量の客土が入るので、大型ダンプで運んでもらいました。

IMGA0691

それを一輪車に積んで小運搬します。

この日はとても暑かったので、職人達も汗だくで作業してくれました。

IMGA0692

仕上げはやはり人の手になります。

IMGA0694

客土入れが完了すると、どれだけ綺麗な造形の築山になっているんでしょ

うか?乞うご期待!

東根市の東部サポートセンターの園庭にある築山に、滑り台を

設置する事になりました。

いざ設置してみると、築山の踊り場を大きくしたので、滑り台の

下に空間が出来てしまいました。

2015-03-07 10.08.36

ここに、山砂を足して空間をなくし、築山と一体化した滑り台に

していきます。

2015-03-09 14.50.49

この土を整形して、枕木で階段を作り、芝を張れば完成です。

早く完成させて、なるべく早く園児に遊ばせてあげたいな~。

洋風ガーデニング

築山にアクセントをつけるべく植えられたシダレザクラ。足元にはヒペリカムヒデコートで被われ、春には黄色のジュウタンに生まれ変わるでしょう。


洋風ガーデニング 山形県東根市 造園業 武田園芸

モダンな建物に映えるモミジ・ヤマボウシの株立。ほんの少しでも木が植えられる事で建物のイメージがガラリと変わってしまうのは不思議です。白壁に映える木々のシルエットももう一つのアクセントになっています。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930