築山

 

「今まで畑だった所を大きな芝生広場にして、歩道沿いの所は何かカッコ良くして欲しい!」

とのご要望でした。

 

しかし、その広さは尋常ではなく、家が2軒ほど建ちそうな位広いので

そのスペースに頭を悩ませました…。

 

【着工前】

 

「歩道から家庭菜園や仕事をしているのを見られるのが少し恥ずかしい…」

という事でしたので、マサキの生垣で隠す事にしました。

 

マサキの生垣を用いたことで、デザイン性がアップしました。

まだまだ小振りですが、雑木はカツラ・ヤマボウシ・アオダモの株立を植えてシンプルにまとめ、

グランドカバーにはクリーピングタイムやシモツケ、フイリヤブラン等を植えて、華やかな演出を狙いました。

 

 

歩道の反対側は、アオハダとツリバナの株立を植えてみました。

ヒューケラの赤葉は、花が無くとも彩りを与えてくれます。

 

春先に花が咲くものを多く植栽したので、今は少し淋しいですが

来春にはかなりの期待が持てそうです。

 

 

高麗芝を張ってから約1ヶ月半位で、ここまで綺麗な芝生広場になりました。

『私がレクチャーした管理方法を実践したら、こんなに素晴らしくなるよ!』というお手本みたいです。

しかし、本当に広いですね~!

小さな公園位の大きさはあります。

 

 

築山もこれでもか!という位にうねっています。

 

 

2階からの眺め!

自由曲線がいかに美しく描かれているか分かります。

これだけの面積の庭は管理も大変ですが、これからのスローライフにピッタリだと思います。

年を重ねる度に素晴らしくなる事を期待しましょう。

 

 

ちなみに、このお宅には昨年施工した中庭があります。

まさにここは京の坪庭をイメージして作庭しました。

 

 

昨の坪庭の工事から始まり、今年はポケットパーク並みの広さを持つガーデニングまで長期に亘り携わってきたI様邸のガーデニング。全てにおいて完成しました。

 

I様は一級建築士の資格を持ちこだわりも強く、しかも私の一つ後輩ということでお互いの主張がぶつかり合いましたが(笑)

うまいこと良い作品に仕上がり二人共満足のいくものになりました。

 

before 

 

after

当初は板塀をする予定でいましたが、都合によりサザンカの生垣に変更になりました。生垣の苗木代は東根市の生垣補助を利用して安く上げることができました。

サツキやツツジの玉物は通路側へ移植してまとめました。将来的にはいろんな種類の花が咲き乱れる大刈込に仕上げたいと思います。

 

before

 

after

高麗芝を個人宅でこれだけの面積を張るということは極めて稀です。

広いが故に水勾配にこだわり、微妙なアンジュレーションをつけています。

 

before

 

after

うねるように仕上げた築山。大胆かつ繊細に造りました。

奥にあるマサキの生垣が空間を仕切ることで、街路樹のを借景することができました。

 

before

 

after

この角度から眺めるといかに敷地面積が広いか分かります!

混み合っている所とそうでない所のメリハリを思い切ってつけたので余計そう感じます。

 

before

 

after

家庭菜園で仕事しているのが見られるのが少し恥ずかしいということでマサキの生垣で隠しました。マサキの生垣も曲線を用いたことでデザイン性がアップしました。まだまだ小振りですが雑木はカツラ、ヤマボウシ、アオダモの株立を植えてシンプルにまとめ、グランドカバーにはクリーピングタイムやシモツケ、フイリヤブラン等を植えて華やかな演出を狙っています。

 

before

 

after

こちら側にはアオハダとツリバナでまとめ、グランドカバーはヒューケラを植えてみました。

ヒューケラの赤葉が花が無くても彩りを与えてくれます。春先に花が咲くものを多く植栽したので今は少し淋しいですが、来春にはかなり期待が持てます。

 

after

2階の設計事務所からの眺め。

自由曲線がいかに美しく描かれているか分かります。これだけの面積の庭は管理も大変ですが、これからのスローライフにはピッタリだと思います。年を重ねる度に素晴らしくなることを期待しましょう

 

かなりの豪雪なので、この雪を何とかしないと庭造りには進めませんでした。

幸い隣家では防雪柵を施工してくれたので、こちらの雪対策だけを考える事になりました。

その柵を雪が万が一通り抜けた時の対策として、このように土を80cm位盛土して築山を造りました。デザイン的にも起伏ができておもしろい庭になりました。

道路との境界にはガーデンフェンスを設けて遮蔽してあります。築山の上には雑木類(アオダモ、カマツカ、ジューンベリー等)を植えて、小高い雑木林風に仕立てました。

雑木の下は楕円状の植栽スペースが設けてあり、キャットミントやクリーピングタイムのハーブ類とフイリヤブランが植えてあり庭に優しさを与えています。

雲のような不思議な形をしたコンクリート製のテラス。

開口部が車庫になっているので、車をそのままバックして洗車するスペースになっています。もちろん椅子とテーブルを置いてバーベQや大きなプールを置いて水遊びだって可能です。

そのテラスに埋め込んである基礎ブロック、ここには柱を埋め込んで防雪柵を作ります。これでもう窓ガラスが割れたり、車庫のシャッターが雪で押されて壊れる心配も要りません。

テラスの曲線に合わせてマサキの生垣もクネクネ曲がっています。

和室前には白御影の間知石を同じくなだらかな曲線を使って据え付け、和のイメージが強いナツツバキの株立とナツハゼを植えてみました。根〆には斑入りが美しいスジギボウシでシンプルにまとめてみました。

コンクリートのテラスが完成し、植栽用客土を敷均して築山を造っていきます。

次に土壌改良材を均一に敷均し、それを撹拌していきます。

それが終われば、いよいよ雑木の植栽です。

アオダモやジューンベリー、カマツカ、ハナミズキなどの雑木を植える事で景観がどんどん変化していきます。

築山に芝が張られると、より高さが強調され、これには御主人からも「ここまで盛土が高くなるとは思っていなかった。想像以上に素晴らしい仕上がりですね。」と褒めて頂きました。

あと残す仕事のメインはウッドフェンス工事とポット植栽、玉砂利敷きのみとなりました。ウッドフェンスも加わるとまた違った空間を仕切れると思いますので、それもまた早く見てみたいです。

p1080387

 

imga0164

着工前は、この様に外構工事で発生した残土が山のように盛ってあったので、これを利用して築山を造ろうと思いました。

p1080386

先程の残土を床土に使い、その上に客土を盛土して高さ1m位の築山を造りました。

植栽は雑木(アオダモ、ヤマモミジ、ナナカマド、ジューンベリー、シラカシ等)を使って、必要最小限の本数に留めました。

p1080385

この角度から眺めると、先程の説明が分かり易いと思います。

大きいのは中央にあるシンボルツリーのヤマモミジの株立だけ。後は高さが1.5m~2.5m位の比較的小さい木にしました。子供達の成長と共に樹々も成長してくれる事を願って!

p1080387

この角度から眺めると、まさに子供の頃に見た「ひょっこりひょうたん島」です。

imga0882

庭を造る前から栽培されていた家庭菜園。

築山から土が流れてこない様に、色々試行錯誤した結果、丸太の木柵に決めました。一番安価で見た目も素朴。この庭の雰囲気にとても馴染んでくれています。

待ちに待った植栽の始まりです。

まずは芝生を張る部分に、たっぷりと牛ふん堆肥と化成肥料を撹拌して養

分を与えます。

IMGA0844

次に雑木類を植栽していきます。

これはヤマボウシの株立を植えている所です。シンボルツリーのヤマモミ

ジの株立は4mを超える大木です。この位の木を植えると、かなり庭が締ま

ってきました。

IMGA0870

芝生を1枚1枚隙間なく張っていきます。今回は築山なので、この様にまあ

るく張っていきます。

IMGA0851

最後に目土を均一に敷き詰めて完了です。

IMGA0855

残す作業も仕上げのみ。次回は完成形の発表です。

かなり面白いガーデニングになりましたので、皆さん期待していて下さい。

今度の芝生広場は、意図的にかなり高くしました。築山にしたかったからで

す。

IMGA0704

どんどん盛っていった結果、このような立派な築山になりました。

IMGA0705

そこに芝生と砂利の境界を作る為に、エッジキングを施工していきます。

IMGA0716

それが終わり、次は家庭菜園との土留の為に木柵を作っていきます。

IMGA0720

そこに防草シートと玉砂利を敷き詰めれば、おおよその形は見えてきまし

た。

IMGA0739

IMGA0735

次はいよいよ植栽と張芝です。

私もどの様に変化するのか、今からすごく楽しみです♪

 

着工前はこんな感じでした。

ここに大きな芝生の築山を作る計画です。

IMGA0688

最初に、山になっていた残土を敷き均して荒造形を施します。

IMGA0690

ここには大量の客土が入るので、大型ダンプで運んでもらいました。

IMGA0691

それを一輪車に積んで小運搬します。

この日はとても暑かったので、職人達も汗だくで作業してくれました。

IMGA0692

仕上げはやはり人の手になります。

IMGA0694

客土入れが完了すると、どれだけ綺麗な造形の築山になっているんでしょ

うか?乞うご期待!

東根市の東部サポートセンターの園庭にある築山に、滑り台を

設置する事になりました。

いざ設置してみると、築山の踊り場を大きくしたので、滑り台の

下に空間が出来てしまいました。

2015-03-07 10.08.36

ここに、山砂を足して空間をなくし、築山と一体化した滑り台に

していきます。

2015-03-09 14.50.49

この土を整形して、枕木で階段を作り、芝を張れば完成です。

早く完成させて、なるべく早く園児に遊ばせてあげたいな~。

洋風ガーデニング

築山にアクセントをつけるべく植えられたシダレザクラ。足元にはヒペリカムヒデコートで被われ、春には黄色のジュウタンに生まれ変わるでしょう。


洋風ガーデニング 山形県東根市 造園業 武田園芸

モダンな建物に映えるモミジ・ヤマボウシの株立。ほんの少しでも木が植えられる事で建物のイメージがガラリと変わってしまうのは不思議です。白壁に映える木々のシルエットももう一つのアクセントになっています。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年9月
M T W T F S S
« Aug    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
記事アーカイブ