芝生

昨年の暮れに完成したK様邸。

その時は雑木の葉がすべて落葉していてどこか淋しい感じでしたが、先日訪れてみたらすっかりお客様が望まれていたメルヘンチックなお家に変わっていました。

 

インターロッキングブロックの脇に植えられた草花が優しく迎えてくれます。

また、植えられた雑木類の葉も風になびいて、ここだけ時間がスローモーションのように流れているように感じます。

まだ芝は少ししか青くなっていませんが、遠近法を用いると庭全体が広く感じるのが分かります。

東根市の中央に位置し静かな住宅地の中にありますK様邸。

ガーデニングが完成したらどのように変化したのか、ビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

before

after

お子様達とこのスペースで遊びたいという要望にお応えして、円形の芝生広場を設けました。

枕木風の擬木をクロスしたことで動線もスッキリし、この通路がデザイン上のアクセントになっています。

傍らに植えられた雑木は日よけと目隠しの役割を果たしています。

before

after

隣が公園になっていて、よく子供達がボール遊びをしていてボールが庭に入ってきていたというので、遮蔽と目隠しの意味を込めてジューンベリーやアオダモ等の株立を植えました。

ウッドデッキ前のコンクリートテラスは多目的(バーベQ、プール置場)に使えるように広めにとりました。

before

after

なだらかな曲線で描かれた小舗石が柔和な印象を与えてくれます。

物置前の敷石も並べ方をちょっとこだわってみました。

before

after

玄関脇も小舗石で植栽スペースを設け、常緑ヤマボウシとオトコヨウゾメで彩りを与え、縦列駐車になりますがゲスト用の駐車スペースも1台分設けてあります。

ガーデニングが完成したらどのように見栄えが良くなったか、分かりやすいようにビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

before

 

after

建物の外周北側は外観の色に合わせ、グレーの化粧ブロックを積みました。

敷地が角地な為にショートカットされないように、白御影石を使って頑丈で尚且つスタイリッシュに見えるよう仕上げました。

玄関扉を開けた時に中が丸見えにならないように、アオダモやカツラ、ツリバナの株立を植栽して遮蔽しました。

下草には今度初めて植栽するマホニアコンフューサと西洋イワナンテンカーリーレッドを植えてボリュームを持たせました。

 

before

 

after

数多くの雑木や下草が植栽されたことで外観に彩りが見られ豪華に感じます。

逆遠近法により敷地が以前よりもとても広く感じます。

 

before

 

after

主庭にもジューンベリーやアズキナシ、ハナミズキ等の雑木が数多く植えられ、燐家との目隠しをさりげなく行っています。

小舗石の縁石や芝生の縁取りに積極的に曲線を入れているので、庭全体のイメージが柔らかく見えます。

 

after

こちら側から眺めると余計になだらかな曲線が用いられているかがよく分かります。

リビングの前にはウッドデッキが設けてあり、それに合わせてコンクリート製のテラスを作ってみました。

ここでバーベQなんて、ちょっとオシャレかもしれませんね。

 

after

アプローチは建物の外装パネルと合わせてグリッド状にしてみました。化粧平板ブロックの色が差し色になって、うまく外観に馴染んでいます。

 

after

門柱は当社お得意の枕木を3本組み合わせて作ったシンプルなものですが、表札とポストを組み合わせることで斬新でスッキリした門柱に仕上がりました。

 

after

家庭菜園は木材で縁取りしたシンプルなデザインですが、角の一部を動線に合わせて斜めにカットしたことで想定外にオシャレに見えます。

 

隣地境界のブロックが積まれると境がはっきりしてきました。

次はいよいよ樹木の植栽です。

樹木が植えられると庭に潤いがでてきて、雰囲気がずいぶん良くなってきました。

この庭のデザインのキーポイントとなっている芝生のスペース。

枕木風の板材の通路と円形の芝生がおもしろいデザインになっています。

銅線も考えたデザインになっているので使い勝手も良くなると思います。

お客様は「芝生が伸びてきたらここで遊びたい」と楽しみにしていました。

次はこの芝生のスペースと連携したコンクリートのテラスを作ります。完成形が見えてきたのでもうひと頑張りです。

昨年の9月の着工から足掛け7ヶ月ようやく完成致しました。

既存の樹木を活かし、前の庭にあった景石や土台の切石、灯籠、手水鉢、飛石等を使いながら平面図に基づき、自分のセンスと直感、それに一子相伝の技を信じながらここまで造って参りました。

ようやく完成を迎えることができ、今まで味わったことのない達成感を得て、この仕事をやってきて良かったとつくづく感じております。

また、これだけの立派な建物と日本庭園が東根へのインバウンドに少しでも貢献できれば、すごく喜ばしいことだと思っている次第です。

前置きが長くなりましたが、出来上がった作品をじっくり堪能してください。

東の杜の案内板です。このような配置になっております。

土台の切石を再設置した石畳。所々欠けているところはゴロタ石を貼って馴染ませました。

正面に見えるのが交流館です。

なごみ倉にはオシャレなカフェ『杜のCAFE』が併設されており、気軽にお茶ができます。

なごみ倉と歴史資料館の間には芝生広場があります。

7月位までは芝生の養生期間の為、中に入られないように、ななこ垣を作ってみました。これだけでもシンプルながら味があります。

伝承館と収蔵館の間の芝生広場には、できるだけ自然の流れに近づけたせせらぎや洲浜があります。

川底も一個一個玉石を水の流れを意識してコンクリートに打ち込んでいるので、せせらぎの水音が心地よく響き、これが人工的に造られたということを忘れさせてくれます。

再設置された手水鉢や切石、飛石が上手くこの庭の景に馴染んでいます。

この東の杜の最大の売りは、昔ながらの茶室があることです。

その名も『緑筠亭(りょくいんてい)』と言います。

手水鉢は前からあった石臼を再活用いたしました。景石や飛石も再利用したものです。

アカマツの大木やクロマツは大型クレーンを使って植えました。これだけ大きい樹木が植えてあると、初めて見る人は既存木じゃないかと勘違いされる方も大勢いらっしゃるかもしれません。造ったばかりという感じにはどうしてもしたくなかったので、大変な仕事でしたがこだわってみました。

また、流れもこの先まで続いていきます。

露地との結界の為に、四ツ目垣と枝折戸を設けました。

室外機も景観にそぐわないので創作竹垣で隠しました。

流れは、大きな洲浜に囲まれた池に注がれていきます。

まだ樹々に葉が付いていないので淋しげですが、新緑の頃や秋の紅葉の頃は水面にそれらが映り込み、また違った風情を見せてくれることでしょう。

交流館の前には、もう一つ手水鉢が据えてあります。

この自然石の手水鉢は、石の中に埋もれていたのを見つけて据え付けました。この巨大な切石も土台に使われていたのを据え付けましたが、かなり迫力があり、この庭の景を引き締めてくれます。

この灯籠も再利用したもので、この朽ちた感じが時代の流れを物語ってくれています。

以上、この庭園に対して思い入れが深すぎて長文になってしまいましたが、本当に見る価値のある処なので是非足を運んでみてください。

 

 

奥様に最初に言われた「レンガをランダムに敷いたアプローチがほしい」という夢を実現する為にいろいろな課題を克服して形にしました。

縦長な敷地だったので、駐車スペースも3台以上は確保できました。

アプローチも奥様のイメージ通りに施工できたのですが、融雪の為にホースで水を流すということなので、レンガだと水分を含むと凍結融解の可能性が高く、その代用としてインターロッキングブロックにしてもらいました。その淡い色調は決して派手ではありませんが、うまく家と馴染んでいます。

アプローチ沿いにはジューンベリーやアオダモ、アズキナシ等の雑木が植えられており、庭に彩りを与えています。

アプローチ脇の雑木の下には、いろんな多年草が植えられています。

キャットミントやクリーピングタイムのハーブ類。ヒューケラ、アジュガチョコチップ、ベロニカオックスフォードブルー等の比較的目新しい多年草も植えられています。

花の色も濃紫から淡桃色のグラデーションが楽しめるように配慮してあります。

枕木3本組み合わせただけのシンプルな門柱も、程良いアクセントになっています。

コスパの高い門柱といえば、やはりこれになるでしょう。

リビング前には芝生の広場をかなり大胆に大きく取りました。

ツリバナの株立の下には、錆色の小舗石で円型に囲んで花壇を設けました。

当初の計画にはなくて後から追加された赤いボンボビのポスト。差し色として効果大です。

 

 

通常のお宅の2倍はあろうかというくらい広い敷地を限られた予算の中でいかにオシャレにスペーシングしていくかが最大のテーマでした。

この作品の最大の特徴は、正面から眺めた時の広がりです。パッと見、このままハウスメーカーのチラシに使えそうです。

まだ植えたばかりで樹木が小さいのですが、4~5年して今より樹高が1~2m高くなると、そのままモデルハウスだよと言えそうです。
2台用のカーポートの後ろには大きな物置(別途工事)が設置されました。

アプローチと兼用のゲスト用駐車スペースは、パラレルのミルキーホワイトという化粧平板を貼ってアクセントをつけてみました。

右手には枕木を組み合わせた門柱を立てました。将来ここには表札とポストが設置される予定です。

左手には小舗石でL字型に作った植栽スペースの中にジューンベリーが植えられ、下草にはフイリヤブランとクリーピングタイムを添えてみました。

これだけでも逆遠近法で敷地が広く感じます。

リビング前にはウッドデッキを設置し、その前にはアンティークレンガで囲っただけのテラスを作ってみました。

ここにベンチやテーブルを置けば、バーべQ等をしてまったりと過ごせそうです。

それとセットで芝生広場を設けました。ここは子供達のパラダイスになりそうです。

どうしても作ってほしいと頼まれた家庭菜園も庭の雰囲気を壊すことがないように、小舗石を円型で囲ってオシャレなものに仕立て違和感なく庭に溶け込ませました。

外回りは化粧ブロックとアルミのフェンスでスッキリとまとめました。

ブロックの色は建物の2階部分と、フェンスの色はアルミサッシの色と合わせて色調を統一して一体感を持たせました。

アプローチからの曲線には特に気を使いました。

コンクリートは比較的に施工が簡単なのですが、ローズベリーの石張りはかなり時間を費やしました。その甲斐あって美しい曲線が描けたと思います。

和室前のスペースは和モダンな空間に仕上げました。なだらかな曲線を描くマサキの生垣の前には、瓦を縦使いに埋めて縁取りしました。

ヤマモミジやナツツバキの株立等の雑木が植えられた足元には、アクセントとして銭形の手水鉢を据えてみました。

物置の前に立っている柱には特殊な金具が取り付けられており、リードを取り付けるとその周りをぐるぐるワンちゃんが走り回れるように考えました。このアイデアはこれからも使えそうです。

 

着工から約1ヶ月半掛かって、ようやく完成に漕ぎつけました。

例によってどのように変化したのか分かりやすいようにビフォー・アフター形式で説明したいと思います。

before

after

「ガーデニングを行えば、これだけ変わるのか?」という見本みたいな作品になりました。

これだけで別の家になったように見えます。お家がとても可愛くなりました。

before

after

駐車スペースも3台分ありますので、来客があっても困ることはありません。

after

奥様に最初に言われた要望が「レンガをランダムに敷いたアプローチがほしい。」とのことでした。

イメージはほぼこの通りなのですが、融雪の為にホースで水を流すということなので、レンガだと水分を含むと凍結融解の可能性が高く、その代用としてインターロッキングブロックにしてもらいました。その淡い色調が決して派手ではありませんが、うまく家と馴染んでいます。

アプローチ沿いには、ジューンベリーやアオダモ、アズキナシ等の雑木が植えられており、庭に彩りを与えています。

 

before

after

リビング前には芝生の広場をかなり大胆に大きく取りました。

ツリバナの株立の下には、錆色の小舗石で円型に囲んで花壇を設けました。

after

アプローチ脇の雑木の下には、いろんな多年草が植えられています。

キャットミントやクリーピングタイムのハーブ類、ヒューケラ、アジュガチョコチップ、ベロニカオックスフォードブルー等の比較的目新しい多年草も植えられています。花の色も濃紫から淡桃色のグラデーションが楽しめるように配慮してあります。

after

枕木を3本組み合わせただけのシンプルな門柱も、程良いアクセントになっています。

コスパの高い門柱といえば、やはりこれになるでしょう。

after

お隣への落雪防止用にウッドフェンスを設けてみました。

ここ新庄は豪雪地帯なので柱と柱の間に補強材を追加しました。これで、もってくれればいいのですが!

after

最初の計画にはなくて、後から追加された赤いボンボビのポスト。程良いアクセントになっています。

コンクリート系の工事が終わり、いよいよ我々庭師の出番がやってきました。

まずは植栽用の客土を搬入して盛土しました。

これだけでも雰囲気は随分変わりましたが、次はいよいよ一番劇的に変わる植栽工事です。

色んな雑木が植えられる度に新たな息吹が与えられていくような気がします。

次に肥料を混ぜてから芝を張っていきます。

目土をかけて仕上げていくと、緑のボリュームが増して鮮やかな緑の空間が作られていきます。

本当の緑には癒されます。

ランダムに並べられたインターロッキングブロックの廻りには色んな多年草が植えられ、長いアプローチを彩り豊かな空間へと導いてくれます。

次は仕上げの木工事(門柱、家庭菜園、フェンス)に入ります。

ここまでくるとお客様の喜ぶ顔が見えてきました。最後まで気合いで頑張ります。

異常気象に悩まされ、かなり工期が延びてしまったK様邸のガーデニングがようやく完成しました。

どのように変化したのか分かりやすいように、ビフォー・アフター形式で表していきたいと思います。

before

after

2台用のカーポートを設置(別途工事)しました。

 

before

 

after

パッと見ハウスメーカーが作ったモデルハウスみたいに仕上がりました。

まずゲスト用の駐車スペースも兼ねたアプローチ。アクセントにミルキーホワイトの化粧平板を並べてみました。建物の外観の差し色として有効でした。

道路境界には化粧ブロックとアルミのフェンスで仕切りました。

枕木を組み合わせて作ったオリジナル門柱。これからお客様の手でどんな進化を遂げるのか楽しみです。

 

before

after

和室前のスペースは和モダンな空間に仕上げました。なだらかな曲線を描くマサキの生垣の前には、瓦を縦使いに埋めて縁取りしました。

ヤマモミジやナツツバキの株立ち等の雑木が植えられた足元には、アクセントとして銭形の手水鉢を据えてみました。

 

before

after

アプローチからの曲線には特に気を使いました。コンクリートは簡単なのですが、ローズベリーの石張りはかなりの時間を費やしました。その甲斐あって美しい曲線が描けたと思います。

after

小舗石でL字型に作った植栽スペースの中にはジューンベリーが植えられ、下草にはフイリヤブランとクリーピングタイムを添えてみました。

これだけでも逆遠近法で敷地が広く感じます。

after

リビング前にはウッドデッキを設置し、その前にはアンティークレンガで囲っただけのテラスを作ってみました。ここにベンチやテーブルを置けばバーベQ等をして、まったりと過ごせそうです。そちらとセットで芝を張ってみました。ここはもう子供達のパラダイスになりそうです。

どうしても作ってほしいと頼まれた家庭菜園も庭の雰囲気を壊すことがないように、小舗石を円型に囲ってオシャレなものに仕立て違和感なく庭に溶け込ませました。

 

 

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
記事アーカイブ