芝生

DSCF0202

 

モダンなガーデニングと管理の省力化の両立を極めました。

 

【着工前】

DSCF9808

 

DSCF0203

 

周囲はコンクリート擁壁で囲まれ、

その無機質な空間がより植物の存在を際立たせてくれます。

 

また秋でも淋しくないようにソヨゴの株立やオリーブを植えてみました。

 

雑木類の下には様々なグランドカバー(ローズマリー・ツルマサキetc)が

植えられており、季節毎に花が咲いてその度に主役の座が入れ替わるようにしてみました。

 

DSCF0213

 

リビング前に張られたタイルの色に合わせて

白い化粧平板を敷いて差し色にグレーの平板を敷きました。

これがよりモダンな雰囲気を演出します。

 

DSCF0299

 

反対側から振り返ると小舗石がいかに美しい曲線を描いているか分かります。

 

DSCF0295

 

主寝室の前にも雑木が植えられ、

彩りを与えてくれると共に隣家からの目隠しも兼ねています。

 

DSCF0296

 

立水栓周りもグレーの小舗石で囲んでオシャレに仕上げました。

 

実はこの庭の芝生はロボット芝刈機が自動で芝刈を

行ってくれるという進化系の庭になっています。

 

このグレーの化粧平板部分はそのロボット芝刈機の充電ステーションになっています。

 

 

『やはり樹木の力はすごい!』

 

樹を植えたら景観が一変しました。

ログハウスの持つカントリー的な雰囲気が一気に増長されました。

 

DSCF0594

DSCF0570

DSCF0572

 

空間を仕切る為に設けられたウッドフェンスの前には

ヤマモミジやシラカシの株立、ツリバナの株立を植えました。

 

DSCF0574

 

ログハウスの外観をシンボライズしたオリジナルの門柱の裏には

ジューンベリーの株立やソヨゴの株立を植えました。

 

背景にある薪棚が隠し味のようにイイ感じになってます。

 

DSCF0571

DSCF0575

 

カーポート脇にも植栽帯を設けて

比較的にボリュームのある雑木類(アオハダ・アオダモ・ナツツバキの株立)をメインに植える事で空間を仕切る役割を与えています。

 

DSCF0579

 

家のテラス側から眺めると、

上手く空間が仕切られているのが分かります。

 

DSCF0581

 

芝生の面積はかなり広めにとりました。

これだけの広さがあると、ゆったりとBBQが楽しめそうです。

 

この時期ですので落葉樹の葉は全て落ちてしまい、

少し淋しく感じますが、新緑の時期には

今とは全く違う景色になっていると思います。

 

また、冬期間のコンクリートは仕上がりに

不安がありますので来春まで見送る事にしました。

コンクリートの打設が終わり、

木々が芽吹く頃に完成形を披露しますので楽しみにしていて下さい!

 

樹木の植え付けが終わったので

次は枕木を取り付けました。

 

物置の出入口周りに枕木3本を敷いて

物を出し入れする時の足場を設けました。

 

DSCF0288

 

主屋から庭へ下りる段差は

枕木で階段を作り解消しました。

 

DSCF0303

 

これが物置前に敷いた枕木と統一感が生まれて良かったです。

 

今回の芝生の縁取りはいつものエッジキングではなく

アンティークレンガで縁取りました。

 

これにより質感もワンランクアップ致しました。

 

DSCF0304

 

縁取りが終われば次は芝生を張っていきます。

 

まだ芝生は茶色ですが

それでも雰囲気は十分変わります。

 

DSCF0320

 

次にある構造物を建てる為に基礎ブロックを据え付けていきます。

 

DSCF0370

 

これがこの庭の最大のキーポイントになる訳ですが

初めての試みなので

どんな形になるのか今からワクワクしています。

新庄市は積雪が凄く多いので

雪囲い等の管理が楽なのはもちろん、

モダンなガーデニングをして欲しいとご依頼いただきました。

 

デザイン前にイメージに近い写真を送ってもらい、

それを参考にしてデザインしました。

着工前はこんな感じでした。

 

DSCF9562

 

秋田の設計士さんに依頼してデザインされた平屋の

とてもモダンな家で、一言でいうと『カッコイイ家』でした。

 

私もこの『カッコイイ家』に合う『カッコイイ庭』を目指す事にしました。

 

DSCF0292

 

周囲はコンクリートの擁壁で囲まれ、

その無機質な空間がより植物の存在を際立たせてくれます。

 

また秋でも落葉して淋しくならないように

ソヨゴの株立やオリーブも植えてみました。

 

雑木の下には様々なグランドカバー(ローズマリー・ツルマサキ等)が

植えられており、季節毎に花が咲いて

その度に主役の座が変わるようにしてみました。

 

DSCF0293

 

リビング前に張られたタイルの色に合わせて

白い化粧平板を敷いて差し色にグレーの平板を敷きました。

これがよりモダンな雰囲気を演出します。

 

DSCF0299

 

反対側から振り返ると、

小舗石がいかに美しい曲線を描いているのかが分かります。

 

DSCF0295

 

主寝室の前にも雑木が植えられ、

彩りを与えてくれると共に隣家からの目隠しも兼ねています。

 

DSCF0296

 

立水栓周りもグレーの小舗石で囲んでオシャレに仕上げました。

 

実はこの庭の芝生はロボット芝刈機が自動で

芝刈を行ってくれるという進化系の庭になっています。

このグレーの化粧平板部分は

そのロボット芝刈機の充電ステーションになっています。

 

来春には新緑の中をロボットの芝刈機が

ルンバのように動き回っている事を想像すると

未来が近づいてきたみたいでワクワクします。

早くこの目で確かめたいです!

 

 

ようやく石組が終わり、

周囲を遮蔽する創作板塀の作成に取り掛かりました。

 

DSCF0244

DSCF0201

 

これにより空間が仕切られ、

雰囲気がガラリと変わりました。

 

次にこの庭で一番重要なポイントとなる石張りです。

この庭で使われている石は

全て元々この庭にあったものを使用している為、

他の庭との違いを出したいと思い、デザインに力を入れました。

 

DSCF0245

DSCF0248

 

若い職人の技術も少しずつではありますが伸びてきたようです。

 

次に白御影石をスリット状に並べてアクセントを付けました。

 

DSCF0247

DSCF0250

 

その周りには瓦を縦に埋めて縁取りをします。

 

DSCF0254

 

今回は芝生の縁取りも自然石を使ってみました。

それにより、いつもより贅沢な仕切りになりました。

 

DSCF0251

 

次はいよいよ植栽工事です。

 

ここまでくるとだいぶ先が見えてきました。

これでステージ2の劇的変化をお見せ出来ます。

 

庭に雑木が植えられると

一気に潤いが出るなと改めて思いました。

 

IMGP8639

 

芝生が張られていくと、緑のボリュームが増え

潤いが格段に増えていくのがわかります。

 

IMGP8634

 

IMGP8629

 

芝生が張り終わると

次は雑木の下に多年草を植えていきます。

 

IMGP8641

 

前にも申し上げましたが、新庄市は積雪が多いため

雪囲いのあまり必要のない多年草を植えてあるので

来春の芽吹きがすごく楽しみです。

 

次回はいよいよ完成形をお見せできると思いますので

お楽しみに!

仕事も順調に進み

小舗石と化粧平板は据え付け完了です。

 

DSCF0069

 

DSCF0073

 

DSCF0072

 

なだらかな曲線を描く小舗石。

 

これとコンクリート擁壁の間に

さまざまな雑木や多年草が今から植えられます。

 

それ以外は全て芝が張られるので

一般家庭のお庭にしてはかなり広い芝生広場になります。

 

DSCF0071

 

とりあえず当社の畑にありましたヤマモミジを

1本だけ植え付けてみました。

 

植えたのはこれ1本だけなのですが

「とても樹形が綺麗」と、お客様に喜ばれました。

 

次はいよいよ全ての樹木が植え付けられます。

 

どれだけ彩り溢れる空間に仕上るのか

楽しみにしていて下さい。

新庄市は積雪が多い街です。

 

そこで、雪囲いがとても簡単で

管理が楽な庭造りを目指しました。

 

デザインも秋田の建築家の方が

設計されたモダンな家なので

それに負けないように提案いたしました。

 

着工前はこのような感じでした。

 

DSCF9807

 

DSCF9812

 

周囲がコンクリート擁壁で囲まれているので

 

空間を仕切るというよりは

彩りを与える方にポイントを向けました。

 

 

まずは床掘をし砕石を入れ

何ヵ所かある立水栓の廻りには

 

グレーの小舗石でガーデンパンを作りました。

 

IMGP8591

 

IMGP8594

 

次にリビング前のテラスの降り口に

 

化粧平板でちょっとした

ミニテラスを作っていきます。

 

IMGP8597

 

テラス前に植えられるシンボルツリーも

周囲は同じグレーの小舗石で作りました。

 

IMGP8602

 

雨落ちと芝生の境界は

白の小舗石で仕切りました。

 

IMGP8607

 

芝生と植栽スペースとの境界は

錆色の小舗石で仕切りました。

 

IMGP8609

 

IMGP8610

 

この庭は「ナチュラルモダン」に仕上げたかったので

なるべく同じ素材を使う事にこだわりました。

 

色調もほぼほぼモノトーン。

 

植栽した時のギャップが売りです。

 

乞うご期待!!

 

DSCF9880

 

駐車スペース3台分を確保しながらもデザイン性の高いガーデニングに仕上げました。

 

【着工前】

IMGP8078

 

家族用2台分+ゲスト用1台分のスペースを確保して

円形をモチーフにした斬新なデザインを実現しました。

 

DSCF9877

 

ガーデニング完成後、土地がすごく広く感じられます。

 

DSCF9878

 

和室前にほんの少しの和モダンな空間を設けました。

小さな景石とヤマモミジでまとめた空間が黒瓦と共に良いアクセントになっています。

 

DSCF9881

 

色違いの小舗石で作った円形花壇と1番大きい花壇に植えられたシンボルツリーの

アオハダの株立が玄関先のプライバシーを守ってくれます。

 

木製だからこそ出来た頭のとんがった門柱もエッジが効いていて面白いです。

 

DSCF9883

DSCF9889

 

アプローチには化粧平板を二列に並べて、その間を石張りにしました。

円と直線の組み合わせは初の試みですが、想像以上に美しく仕上がりました。

 

DSCF9992

 

お隣との境界はウッドフェンスで目隠ししました。

 

DSCF9990

 

リビング前のテラスからの眺めです。

 

周囲はウッドフェンスとマサキの生垣で囲い、

その前には雑木類(ジューンベリー・ナツツバキ・アオダモ等)を植栽しました。

 

芝生の面積も広くとったので、誰にも気兼ねする事無くカーテンを開けられ

家族でBBQ等が楽しめる素敵な空間に生まれ変わりました。

 

 

リビング前の三方に家が建っている為

気兼ねしてしまい、なかなか庭に出る事が出来ませんでした。

 

【Before】

DSCF7400

【After】

DSCF9935

 

ウッドフェンスで周囲を囲いました。

 

アンティークレンガで縁取りした植栽スペースには雑木類を植え、

潤いのある空間に生まれ変わりました。

 

【Before】

DSCF7395

【After】

DSCF9937

 

来年には芝生の緑がすばらしく映え、

子供達の格好の遊び場になる事でしょう。

 

【After】

DSCF9994

 

ダイニングからの眺めです。

 

既存のテラスにイス・テーブルが置かれ、

まるで“グランピング”をしに来ているようです。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2021年1月
M T W T F S S
« Dec    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
記事アーカイブ