芝生

 

本日も最近施工が完了したお庭の

空撮画像をご紹介させていただきます♪

 

《東根市 O様邸》

 

《東根市 Y様邸》

 

《山形市 O様邸》

 

《山形市 G様邸》

 

今回は4月から5月にかけて完成した新しいお庭になります。

どちらのお宅でも、若々しい芝や地被植物の色が

足元から明るく照らしている様子が伺えます。

 

今はまだ支柱に支えられいる樹々も何年かすると地に根を張り、

葉を広げ…家族をあたたかく迎えてくれる家の顔になる事でしょう。

 

当社で施工したお庭がこれからのどのように

皆様の生活を充実させていくのか…すごく楽しみです♪

 

お客様には普段は見れない上空からのお庭の顔を

拡大印刷して記念にプレゼントさせていただきたいと思います!

 

 

先日に引き続き、施工が完了したお宅のお庭を

ドローンで空撮してきました。

 

《中山町 M様邸》

 

《山形市 M様邸》

 

《山辺町 M様邸》

 

全て昨年の12月に完成したお庭になります。

どちらのお宅も新緑が生い茂り、

そよ風が吹き抜けていきそうな…爽やかな雰囲気ですね♪

 

初めて冬越しした多年草の地被植物たちが

元気よく色とりどりの葉や花をつけています。

 

これから長い年月をかけて

樹々は根付いて成長し、

芝生は綺麗に馴染んでいく事と思います。

 

これからの変化に期待しつつ、

現在の綺麗なお庭の上空から見た様子を

お客様に楽しんでいただけるように、

撮影した写真はプレゼントさせていただきたいと思います♪

 

 

最近施工が完了したお宅のお庭を

ドローンで空撮してきました。

 

《河北町 O様邸》

 

《山形市 Y様邸》

 

《大江町 M様邸》

 

新緑の季節という事もあって、植栽した樹木や地被植物が

だんだん土地に馴染んできたのか一斉に芽吹いています。

 

また来年、再来年と年を重ねる毎に芝生は青々と茂り、

見応えのあるお庭へと成長していく事でしょう。

 

これからの各ご家庭毎でのお庭での過ごし方によっても

きっと個性が出てくると思いますが…

まずは今しか見る事の出来ない完成したての

ピカピカのお庭を楽しんでいただく為に

空撮した写真をお客様にプレゼントさせていただきたいと思います♪

 

IMG_7447

 

建物とアプローチ・カーポート等の外構工事は既に完成しており、

植栽だけの工事を依頼されました。

 

【着工前】

IMG_20200314_144359

 

アプローチに合わせるしかないので、

私の得意とする曲線を主体とするデザインでレイアウトする事にしました。

 

IMG_7447

 

予算の関係上、雑木と芝生と花壇だけの

3つの要素で構成したシンプルな庭にしました。

 

雑木類は管理の楽なアオダモ・ヤマボウシ・ジューンベリー等を植えました。

入り口の花壇だけはレンガの色に合わせて赤っぽい小舗石にし

後は全て錆色の小舗石にしました。

 

IMG_7446

 

木を植えると、この玄関までの長いアプローチも

季節ごとに何かしらの変化を感じる事が出来るでしょう。

きっと玄関の扉を開けるのが毎日楽しみになるはずです。

 

IMG_7448

IMG_7449

 

お隣との目隠しには常緑のヤマボウシを列植し

適度な目隠しにしました。

 

また家庭菜園もこのように設けてあります。

 

DSCF7197

 

比較的予算を抑えてもデザインをシンプルにすれば

ここまで見応えのあるガーデニングにメイクアップできるという

良い見本になった作品となりました。

 

 

建物とアプローチ・カーポート等の外構工事は既に完成しており

植栽だけの工事が依頼されました。

 

着工前の状況がこちらです。

 

DSCF6693

ここに植栽をすればどれだけ広く感じられ

潤いが生まれるかを紹介していきたいと思います。

 

DSCF7190

 

私の得意とする曲線を主体とするデザイン。

 

雑木と芝生と花壇だけの3つの要素で構成したシンプルな庭。

雑木類は管理の楽なアオダモ・ヤマボウシ・ジューンベリー等を

植え付けました。

 

入口の花壇だけはレンガ色に合わせて赤っぽい小舗石にし

後は全て錆色の小舗石にしました。

 

DSCF7204

 

木を植えると、この玄関までの長いアプローチも

毎日何かしらの変化を感じることが出来るでしょう。

 

きっと玄関の扉を開けるのが毎日楽しみになるはずです。

 

DSCF7198

DSCF7197

 

お隣との目隠しには常緑のヤマボウシを列植し

適度な目隠しにしました。

 

また、庭菜園もこのように設けてあります。

 

DSCF7201

 

まだこの時期ようやく新葉が出始めたばかりで

まだ少し寂しい感じもしますが

もう2週間もすれば芝生も伸びてきて

緑のコントラストがとても美しい庭になると思います。

 

比較的予算を抑えてもデザインをシンプルにすれば

ここまで見応えのあるガーデニングができるという

良い見本になった作品となりました。

IMG_7450

 

私の作風の特徴は、いかにも造園家らしい自由曲線を主としたデザインです。

こちらの建物の外観とお客様のご希望を伺い、

この庭のデザインは全て直線で決めることにしました。

 

【着工前】

DSCF5615

 

ただし、いくらデザインを直線にするとはいえ、

やはりセンスと遊び心がなければ面白くありません。

 

そこで、デッドスペースも含めて細部にわたりこだわってデザイン致しました。

 

IMG_7452

IMG_7453

 

建築の設計士さんの方で玄関脇屋根に細工がしてあり、

日光や雨水があたるようになっておりましたので

雑木(アオダモの株立)を植える事にしました。

 

IMG_7451

 

アプローチは白御影石と自然石の乱張りでまとめてみました。

ブラウンの化粧平板はある物の差し色として使っています。

 

IMG_7454

 

それはこのようにゲスト用駐車場に

一定のリズムで張られた化粧平板です。

少しだけ遊んでみました。

 

三角のデッドスペースの有効活用。

オトコヨウゾメという中木を植えてダイニングの中にいて

季節の移ろいを感じられるようにしました。

 

IMG_7464

 

駐車場の土間コンクリートの伸縮目地でさえ

真っすぐではなく斜めに入れています。

 

庭の周囲はプライベート感を出す為に

オリジナルのガーデンフェンスで空間を仕切っています。

 

IMG_7457

IMG_7460

 

「お子様と芝生で遊びたい」というご要望でしたので

植樹桝も必要最小限に留め、その形や色も変えてあります。

 

IMG_7456

IMG_7458

IMG_7459

 

リビングから眺めてお隣の窓が気にならないように配植しました。

 

植栽も管理にあまり手がかからないジューンベリーやヤマモミジ

アオハダ等の雑木でまとめてあります。

 

 

今年の2月から開始したO様邸のガーデニング。

 

植栽までは順調に工事が進んでいたのですが

3月に入り、土間コンクリートを打設する時期に

思いがけない雪が降ったりして工期が延びてしまい、

この度ようやく完成致しました。

 

どのように変化したのか

例によってビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

DSCF5612

【After】

DSCF6857

 

いつもは曲線のデザインを使う事が多い私の作品ですが、

この度は直線がお好きなお客様でしたので

全て直線でデザインしました。

 

駐車場の伸縮目地もあえて斜めに入れました。

 

【Before】

DSCF5606

【After】

DSCF6858

 

玄関脇のスペースも小舗石で囲い、

雑木(ツリバナの株立)を植えて、アクセントを付けました。

(天井には穴が空いていて、雨が当たるように設計されています。)

 

【Before】DSCF5615

【After】

DSCF6884

 

設計に取り掛かった去年の暮れの時点では

奥の方は果樹畑でしたが、今では全て宅地になっています。

それを見越して周囲はオリジナルのガーデンフェンスで適度に遮蔽してみました。

 

小さいお子様と大好きなサッカーをするのが夢だったという

ご主人の要望にお応えして、

芝生の面積を最大限に広くとりました。

 

【Before】

DSCF5619

【After】

DSCF6877

 

植栽スペースも色の違う小舗石で遠近法を意識しながらデザインしました。

 

ジューンベリーやヤマモミジ、常緑ヤマボウシ、アオハダ等の

管理の簡単な雑木を植えて式の移り変わりを感じてもらえたらと思います。

また、お隣の窓を意識して配植してあります。

 

【Before】

DSCF5607

【After】

IMGP7810

 

玄関前のアプローチは白御影の敷石とクラストブラック石の乱張りという

モノトーンの組み合わせでまとめてみました。

 

ブラウンの化粧ブロック2枚を差し色に使っています。

 

【After】

DSCF6878

荷物の出し入れを考えて、

絶妙な空間を空けてウッドフェンスを建てました。

これで通行人からの視線は遮りました。

 

【After】

IMGP7809

 

ゲスト用の駐車場脇のデッドスペース。

三角形の植栽スペースを作って雑木(オトコヨウゾメ)を植えました。

 

下草は赤い葉が美しいセイヨウイワナンテン“スカーレッタ”。

これだけでも家が映えます。

 

【After】IMGP7807

 

この角度から家全体を眺めると、

スクウェアなデザインに建物とガーデニングが統一されているのが良く分かります。

 

【After】

DSCF6867

 

まだ植物が芽吹いていないので実感が沸きませんが、

相乗効果がいかに必要か証明できた作品に仕上がったと思っています。

 

 

ガーデニングはいよいよ大詰めに差し掛かってきました。

 

雑木が植えられ、

芝生が張られてくると雰囲気が一変します。

 

DSCF6489

 

自然の板材で作ったオリジナルガーデンフェンスが背景にある為、

樹々が一層映えて見えます。

 

お隣の窓もこれでだいぶ気にならなくなると思います。

 

DSCF6488

DSCF6491

 

野芝を一面に張るとまた一味違って見えます。

 

春になって芝生が芽吹いてくると緑のボリュームが増して

今とは比べ物にならない位に華やかになるでしょう。

 

DSCF6493

 

雑木の下のスペースはいろんな多年草を植え付けました。

こちらも芽吹きが楽しみです。

 

大方の植栽が完了するとこんな風に変わりました。

 

DSCF6499

DSCF6501

 

あと残すはコンクリート工事になりました。

もう少し気温が上がるまでしばし休工になります。

 

まだお見せしていない玄関前のアプローチや

ゲスト用の駐車スペースも

こだわったデザインになっていますので、

期待してお待ちください。

 

 

例年に比べ、異常な位雪がない状況なので

作業の方はどんどんと進んでいきます。

 

次に植栽する場所を小舗石で囲っていきます。

 

IMGP7494

 

同じく植栽するスペースを別の色の小舗石で囲みます。

 

DSCF6234

 

今回のデザインには、

当社の特徴である自由曲線を封印してあえて直線で勝負!

スタイリッシュさを狙っています。

 

次に芝床を作っていきます。

 

DSCF6235

 

お客様の要望でお子様とサッカーがしたいとの事でしたので

芝生の面積を広めに設けました。

 

次に玄関前の石貼りを行います。

 

IMGP7501

 

白御影の切石に化粧平板をはめ込んで

遊び心を入れてみました。

 

IMGP7502

 

黒い石の石貼りの中に

チョコレート色の化粧平板が程良い差し色になっています。

 

次回はプライベート感を出す為に

オリジナルウッドフェンスで空間を仕切る作業になります。

 

まだまだ進化が止まらないガーデニングに乞うご期待!

 

令和元年度施工した山形市山辺町M様邸の

作庭動画をYouTubeにアップロードしました。

 

title:【納まりの相乗効果】

 

現地調査に行った際にまず目についたのは

家と駐車スペースを中央で分断するかのように作られた階段でした。

 

階段の雰囲気に合うよう間知石積みを行い、

駐車スペースもしっかりと確保した上で

玄関周りにはご家族がゆっくりと過ごす事の出来るテラス・芝生広場・家庭菜園を設けました。

 

生垣で道路からの目隠しもしっかり行い、

たくさんの樹木や下草を植栽する事で納まりの良い魅力的なお家周りになりました。

 

是非動画をご覧ください。

 

↓    ↓    ↓

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年7月
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
記事アーカイブ