防草シート

 

例年であればこの時期は雪が積もっており、

とてもガーデニングなんて出来るはずもないのですが

今年は異常気象で雪がありません。

 

異例中の異例ではありますが、

お客様の了承を得て作業に取り掛かる事にしました。

 

着工前はこんな感じでした。

 

IMG_0822

 

このスタイリッシュな外観を初めて見た時、

私はビビビっときました。

「この建物にはこれしかない!」と。

 

お客様の予算をはるかにオーバーする提案でしたが、

私の熱い思い(?)を受け入れていただき

全て実現させてもらえる事になり感激しております。

その内容は徐々に明らかにしていきたいと思います。

 

 

まず最初にリビングから見える三角地。

 

このまま放っておくと畑土の為に

草がボーボーに生えてしまうので土の入れ替えを行いました。

 

RIMG2965

 

場所が狭いので、一輪車での小運搬になり

なかなかハードな作業になりました。

 

RIMG2967

 

既存の砕石を全て取り除き、

新たに防草シートを敷いて雑草対策を行います。

 

RIMG2966

RIMG2968

RIMG2969

 

次回はここにシンボルツリーを1本植えて

グランドカバーも植栽します。

 

A様邸に一足早い春が訪れそうです。

 

 

 

建物周辺及び外周の植栽工事をさせていただきました。

 

【着工前】

DSCF5464

 

建物の周囲の植栽スペースの幅が狭かったので、

あまり大きくならずに落葉しない常緑ヤマボウシを植栽しました。

 

根〆にはフイリヤブランを植え、

それ以外は防草シートを張ってその上に淡いピンクの砂利を敷き詰めました。

それにより華やかでモダンな印象になりました。

 

IMG_0789

IMG_0785

 

会社の顔である看板下はあくまでそれを引き立たせるために、

シモツケリトルプリンセスを植えて控えめに演出しました。

 

DSCF5496

 

その向かい側にある植栽枡には

セイヨウイワナンテンスカーレッタを植えました。

今はまだ少し赤葉が目立つ程度ですが

これから冬にかけて真っ赤に色づき、ともて美しくなってきます。

 

DSCF5478

 

シンボルツリーにはこの為にわざわざ白河市の農家さんまで足を運んで

直接選んできたアオダモの株立です。

どこから見ても樹形の美しい木を選んできたので今後の成長が楽しみです。

 

根〆はほとんど手間のかからないクリーピングタイムを植えて、

維持の軽減を計りました。

 

IMG_0795

DSCF5094

 

会社全体をドローンで撮影してみるとこうなりました。

外周には全て野芝を張り、

かなり緑のボリュームを増やしたので来春の芽吹きの季節がすごく待ち遠しいです。

 

default

default

 

 

IMG_0806

 

当初は「庭の解体をしたいのですが、石を処分するにはいくら位かかりますか?」

というご依頼でしたが、石の中には重さ3tを超えるものもあったので

「処分するより組み直した方が良いんじゃないか?」

という事になり、作庭工事が始まりました。

 

【着工前】

DSCF4548

 

3本の赤松と奥に見える鳥海石の立石以外は全て造り直しました。

 

既存の石をひとつひとつ計測しての再設置。

全て一発勝負でしたので、かなり入念な準備が必要でした。

 

通常の石組では考えられない石の使い方(鳥海石・鮫川石・日高石)をしているのは、

以前の庭石をそのまま利用したからです。

 

IMG_0802

 

野趣味な味わいを演出したかったので、

ヤマモミジやナツツバキ・ヤマボウシ・ナツハゼ等の雑木類を主体に植栽していきました。

 

下草には枯山水に合うようにヒメシャガやフイリヤブランを主に

スジギボウシ・シラン・リュウノヒゲ等を植えました。

 

IMG_0816

 

州浜には地元の川石を砕石場から買ってきて

1個1個選別し、洗ってからひとつずつ打ち込みました。

 

また川の流れを現すのに真っ白な伊勢ゴロタ石を敷き詰め、

“水を無くして水を楽しむ”枯山水の醍醐味を表現しました。

 

IMG_0819

 

迫力を出す為に、滝石組の部分には

石の表現力が高く荒々しい日高石(赤い石)を用いました。

 

IMG_0820

IMG_0811

 

石臼も手水鉢として再利用しました。

 

IMG_0800

 

決して派手さはありませんが、

“わびさび”を十分に感じ取る事が出来ます。

 

奥の土留は竹柵を作って止めました。

敷いてある玉砂利の下には防草シートが張ってあり、雑草対策も万全です。

 

 

山辺町M様邸のガーデニングで

1番景観が劇的に変わる植栽を行ったからです。

 

まずは、雑木の株立の植栽から行いました。

 

DSCF5931

DSCF5932

 

特に隣家からの視線を少しでも妨げるように

ウッドデッキから見て、植え付けの位置を指示しました。

 

DSCF5934

 

道路からの見栄えを考慮したマサキの生垣。

 

曲線を描く事で優雅ささえ感じさせてくれます。

次は芝床の土壌改良を行って、高麗芝を張っていきます。

 

DSCF5935

DSCF5938

 

次に空間に彩りを与えるグランドカバーの植栽です。

これで四季の移り変わりをより楽しむ事が出来るでしょう。

 

DSCF5940

DSCF5939

DSCF5941

 

あとはエッジキングでの縁取りと

防草シートを敷いて雑草対策を行い、玉砂利を敷けば完成です。

 

ゴールまであと少し、最後まで丁寧な仕事を心掛けたいです。

 

 

建物周辺及び外周の植栽工事をさせていただきました。

 

【Before】

DSCF5464

【After】

IMG_0789

【Before】

DSCF5463

【After】

IMG_0785

 

建物の周囲は植栽枡の幅が狭かったので

あまり大きくならず、落葉しない常緑のヤマボウシを植栽しました。

 

根〆にはフイリヤブランを植え

それ以外は防草シートを張って、その上に淡いピンクの砂利を敷き詰めました。

それにより、華やかでモダンな印象になりました。

 

【Before】

DSCF5460

【After】

DSCF5496

 

会社の顔である看板下は、あくまでもそれを引き立たせる為に

シモツケリトルプリンセスを植えて控えめな演出にしました。

来春には淡い桃色の花が可憐に咲きます。

 

【Before】

DSCF5459

【After】

DSCF5478

 

その向かい側にある植栽枡には、

セイヨウイワナンテンスカーレッタを植えました。

今はまだ少し赤葉が目立つ程度ですが、

これから冬にかけて真っ赤に色づきとても美しくなっていきます。

 

【Before】

DSCF5461

【After】

DSCF5093

IMG_0790

 

シンボルツリーはこの為にわざわざ白河市の農家さんまで

足を運んで直接選んできたアオダモの株立です。

どこから見ても樹形の美しい木を選んできたので

今後の成長がとても楽しみです。

 

その下は全て手間のかからないクリーピングタイムを植えて

維持管理の軽減を図りました。

 

 

会社の全体をドローンで撮影してみるとこうなりました。

 

default

 

外周には全て野芝を張り、かなり緑のボリュームを増やしたので

来春の芽吹きの季節がすごく待ち遠しい気分です。

 

 

本格的な枯山水の作庭に取り掛かって約1ヶ月半…

ようやく納得のいく作品が出来上がりました。

 

庭がどのように変化したのか分り易くする為に、

今回もビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

DSCF4548

【After】

IMG_0802

 

3本の赤松と奥に見える鳥海石の立石以外は全て造り直しました。

 

既存の石を全て計測しての再設置。

全て一発勝負でしたので、かなり入念な準備が必要でした。

 

通常の石組では考えられない石の使い方(鳥海石・鮫川石・目高石)をしているのは、

以前の庭石をそのまま利用したからです。

 

【Before】

DSCF4550

【After】

IMG_0816

 

野趣な味わいを演出したかったので、

ヤマモミジやナツツバキ・ヤマボウシ・ナツハゼ等の

雑木類を主体に植栽していきました。

 

下草には枯山水に合うように、

ヒメシャガやフイリヤブランを主に

スジキボウシ・シラン・リュウノヒゲ等を植え付けました。

 

【Before】

DSCF4551

【After】

IMG_0801

 

州浜には地元の川石を砕石場から買ってきて

1個1個選別し、洗ってからモルタルで1つずつ打ち込みました。

 

また、川の流れを表すのに真っ白な伊勢ゴロタ石を敷き詰め、

“水無くして水を楽しむ”枯山水の醍醐味を表現しました。

 

IMG_0802

 

迫力を出す為に、滝石組の部分には

石の表現力が高く荒々しい日高石(赤い石)を用いました。

 

残念ながら、雑木類の多くは既に落葉してしまいまいたが

新緑の頃にはまた違った彩りを見る人に与えてくれるでしょう。

 

石臼も手水鉢として再利用しました。

 

IMG_0800

 

決して派手さはありませんが

“わびさび”を十分に感じ取る事が出来ます。

 

奥の土留は竹柵を作って止めました。

敷いてある玉砂利の下には防草シートが張ってあり、

雑草対策も万全です。

 

 

 

A様邸の作庭工事もいよいよ大詰めの雑木の植栽です。

 

DSCF5519

 

ナツツバキやヤマボウシ、ナツハゼ等の雑木を主に植えていきます。

 

次に枯れ水部分に雑草防止の防草シートを貼っていきます。

 

DSCF5521

 

伊勢ゴロタ石を敷き詰めれば、

水を無くして水を楽しめる枯山水になりました。

 

DSCF5534

 

雑木が植えられると庭の形がだいぶ見えてきました。

 

DSCF5532

 

石臼を再利用した手水鉢も仕上がりました。

 

DSCF5535

 

残すは下草の植栽です。

 

完成までもう少し…京風枯山水を目指して頑張ります!

 

 

カツラの木が大きくなり過ぎて根上りを起こしていたり、

テラス風に敷いていた枕木が腐ってしまっていたり…

やはり20年以上経つといろいろ手直しが必要になりますね!

 

どのように変化したのかビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

【Before】

DSCF4397

【After】

DSCF5200

 

アンティークレンガで縁取りをして

化粧平板をアクセントにした大きめのコンクリートのテラス。

 

平板が直線に並べられているので

目の錯覚で奥行きがあるように感じます。

 

これでどんなに雪が降っても除雪機で簡単に飛ばすことが出来ます。

もちろん玉砂利の下には防草シートが貼ってあるので、

雑草対策もばっちりです。

 

【Before】

DSCF4399

【After】

DSCF5209

 

伸び過ぎてしまったカツラの枝もさっぱりと剪定され、

美しい樹形を取り戻しています。

 

根上がりも上根を全てチェーンソーで切って、

防草シートで囲ってあるのでもう大丈夫です。

 

中央には小舗石(錆)で縁取りををしてアオダモの株立を植えて、

根〆にはキャットミントを植栽しました。

これで雑木のバランスが取れました。

 

【After】

DSCF5208

 

全てベージュ系の柔らかい色調でまとめたのでシックになりました。

 

曲線が美しいオシャレな空間に生まれ変わりました。

 

 

この工事のメイン、大きなテラスが出来上がりました。

 

DSCF5102

 

アンティークレンガで縁取りをして、中央には化粧平板を直線で据え付ける事で

曲線が多いデザインの中でエッジを効かせてくれます。

残りは雑木とグランドカバーの植栽、それと防草シート+玉砂利敷で完了です。

 

DSCF5103

 

この状態だと、どこか殺風景ですが

植栽と玉砂利敷が完了したら、メリハリが生まれ更に落ち着いてくるでしょう。

完成が見えてきたのでもうひと踏ん張りです。

 

 

娘さんが車を購入されたので、

どうしてももう1台分の駐車スペースが必要になったとのご依頼で

アプローチ兼用の駐車スペースを造りました。

 

着工前はこんな感じでした。

 

DSC_3414

 

まずは古いタイルのアプローチや芝を剥ぎ取っていきます。

 

DSCF4761

 

ここに砕石を敷いて、化粧平板を並べるだけで

雰囲気がだいぶいい感じに・・・

 

DSCF4767

DSCF4793

 

それ以外の部分は防草シートを敷いて、玉砂利を敷き詰めます。

その他の部分は土間コンクリートを打ちました。

 

DSCF5077

 

完成形はこのような形になりました。

 

DSC_3696

 

本当はここにナツハゼとキャットミントを植える予定でしたが

雪捨場が無くなる関係でやむ無くカット。残念!

 

しかしながら、シンプルな構成で上手く仕上がったと思います。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年3月
M T W T F S S
« Feb    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
記事アーカイブ