雑木

庭に雑木が植えられると

一気に潤いが出るなと改めて思いました。

 

IMGP8639

 

芝生が張られていくと、緑のボリュームが増え

潤いが格段に増えていくのがわかります。

 

IMGP8634

 

IMGP8629

 

芝生が張り終わると

次は雑木の下に多年草を植えていきます。

 

IMGP8641

 

前にも申し上げましたが、新庄市は積雪が多いため

雪囲いのあまり必要のない多年草を植えてあるので

来春の芽吹きがすごく楽しみです。

 

次回はいよいよ完成形をお見せできると思いますので

お楽しみに!

仕事も順調に進み

小舗石と化粧平板は据え付け完了です。

 

DSCF0069

 

DSCF0073

 

DSCF0072

 

なだらかな曲線を描く小舗石。

 

これとコンクリート擁壁の間に

さまざまな雑木や多年草が今から植えられます。

 

それ以外は全て芝が張られるので

一般家庭のお庭にしてはかなり広い芝生広場になります。

 

DSCF0071

 

とりあえず当社の畑にありましたヤマモミジを

1本だけ植え付けてみました。

 

植えたのはこれ1本だけなのですが

「とても樹形が綺麗」と、お客様に喜ばれました。

 

次はいよいよ全ての樹木が植え付けられます。

 

どれだけ彩り溢れる空間に仕上るのか

楽しみにしていて下さい。

RIMG3261

 

店舗前に京風庭園を作庭し、

訪れたお客様が少しでも癒される空間を提供出来るよう目指しました。

 

【着工前】

DSC_1816

 

この狭い空間をいかに広く見せるか…庭師の技量とセンスが問われます。

 

RIMG3261

 

まずは白御影の敷石を使って囲い、敷地を最大限広く使いました。

 

アオダモやナツツバキ、ツリバナ等の雑木を植栽し

下草はリュウノヒゲをメインにフイリアマドコロやギボウシ等を植えて野趣味な感じに仕上げました。

 

DSCF9841

 

この庭の最大の見せ場である穂垣。

曲線を用いた事により、柔らかで独創的な垣根になりました。

 

RIMG3264

 

景石は鮫川石(青石)を用い、瓦で仕切った所には白川砂利を敷き詰めました。

曲がりが絶妙なシダレモミジが何とも言えない雰囲気を醸し出しています。

 

RIMG3266

 

こちらの景石は日高石(赤石)で組み、御主人が大事にされていた木化石もあしらいました。

コンクリート製のスロープに合わせて白御影の敷石を据えて新たに苑路を設けました。

 

DSCF9880

 

駐車スペース3台分を確保しながらもデザイン性の高いガーデニングに仕上げました。

 

【着工前】

IMGP8078

 

家族用2台分+ゲスト用1台分のスペースを確保して

円形をモチーフにした斬新なデザインを実現しました。

 

DSCF9877

 

ガーデニング完成後、土地がすごく広く感じられます。

 

DSCF9878

 

和室前にほんの少しの和モダンな空間を設けました。

小さな景石とヤマモミジでまとめた空間が黒瓦と共に良いアクセントになっています。

 

DSCF9881

 

色違いの小舗石で作った円形花壇と1番大きい花壇に植えられたシンボルツリーの

アオハダの株立が玄関先のプライバシーを守ってくれます。

 

木製だからこそ出来た頭のとんがった門柱もエッジが効いていて面白いです。

 

DSCF9883

DSCF9889

 

アプローチには化粧平板を二列に並べて、その間を石張りにしました。

円と直線の組み合わせは初の試みですが、想像以上に美しく仕上がりました。

 

DSCF9992

 

お隣との境界はウッドフェンスで目隠ししました。

 

DSCF9990

 

リビング前のテラスからの眺めです。

 

周囲はウッドフェンスとマサキの生垣で囲い、

その前には雑木類(ジューンベリー・ナツツバキ・アオダモ等)を植栽しました。

 

芝生の面積も広くとったので、誰にも気兼ねする事無くカーテンを開けられ

家族でBBQ等が楽しめる素敵な空間に生まれ変わりました。

 

 

まませるふさんの園庭を当社で施工させていただいたご縁で

my selfさんの新社屋前のガーデニングをさせて頂く事になりました。

 

着工前はこのようにアスファルト舗装がされていました。

 

DSCF9830

DSCF9831

 

まずは既存のアスファルトをカットするところから始めました。

 

DSCF9834

 

そこをレンガで縁取り、植栽用の客土を入れていきます。

 

DSCF9916

 

これだけでもだいぶ雰囲気が変わりました。

 

更にそこへ雑木類(ジューンベリー・ツリバナ・アオダモ等)を植えていきます。

 

DSCF9963

 

最後に多年草(シモツケリトルプリンセス・セイヨウイワナンテン・ベロニカオックスフォードブルー等)を根元に植えると完成です。

 

DSCF9981

DSCF9983

DSCF9984

 

以前のアスファルト舗装の無機質な感じが一変、

樹木が植えられた事で潤いのある華やかな外観に生まれ変わりました。

 

窓に面した所に雑木を植えたので

中でお仕事をされている社員の方からも

「テンションが上がって仕事が捗る!」と高評価。

やはり緑の力は計り知れないものがあると改めて実感させられました。

 

 

リビング前の三方に家が建っている為

気兼ねしてしまい、なかなか庭に出る事が出来ませんでした。

 

【Before】

DSCF7400

【After】

DSCF9935

 

ウッドフェンスで周囲を囲いました。

 

アンティークレンガで縁取りした植栽スペースには雑木類を植え、

潤いのある空間に生まれ変わりました。

 

【Before】

DSCF7395

【After】

DSCF9937

 

来年には芝生の緑がすばらしく映え、

子供達の格好の遊び場になる事でしょう。

 

【After】

DSCF9994

 

ダイニングからの眺めです。

 

既存のテラスにイス・テーブルが置かれ、

まるで“グランピング”をしに来ているようです。

 

 

かなり凝ったデザインになるので

今回もビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

IMGP8078

【After】

DSCF9880

 

駐車スペース3台分を確保しながらも

デザイン性の高いガーデニングに仕上がりました。

 

【Before】

IMGP8079

【After】

DSCF9877

 

ガーデニング完了後、土地がすごく広く感じました。

 

【Before】

DSCF8094

【After】

DSCF9878

 

和室前にほんの少しの和モダンな空間を設けました。

小さな景石とヤマモミジでまとめた空間ですが

黒瓦と共に良いアクセントになっています。

 

【Before】

DSCF8090

【After】

DSCF9881

 

色違いの小舗石で作った円形花壇と

1番大きい花壇に植えられたシンボルツリーのアオハダの株立が

玄関先のプライバシーを守ってくれます。

 

木製だからこそできた頭のとんがったオリジナル門柱も

エッジが効いていて面白いです。

 

【After】

DSCF9883

DSCF9889

 

アプローチには化粧平板を二列並べて

その間を石張りにしてました。

円と直線の組み合わせは初の試みです。

 

一見ミスマッチのように思えましたが

想像以上にハマりました。

 

【After】

DSCF9992

 

お隣との境界はウッドフェンスで目隠ししました。

 

【After】

DSCF9990

 

リビング前のテラスからの眺めです。

周囲はウッドフェンスとマサキの生垣で囲い、

その前には雑木類(ジューンベリー・ナツツバキ・アオダモ)を植栽しました。

 

芝生の面積も広くとったので

誰にも気兼ねする事なくカーテンを開けられ、

家族でBBQ等が楽しめる空間に生まれ変わりました。

 

ようやく秋の気配が感じられるようになってきました。

 

それに伴い涼しくなってきましたので

樹木の植栽を行いました。

 

DSCF9855

 

DSCF9851

 

雑木類が植えられると

無機質な空間に彩りが与えられ雰囲気が一変し

全く別の空間に訪れたような錯覚に陥ります。

 

それらの雑木類の足元には

さまざまな地被植物を植えていきます。

 

DSCF9857

 

次に芝生を張っていきます。

 

DSCF9858

 

これで緑のボリュームがすごくUPしました。

 

DSCF9859

 

残すは施主施工のポストと表札の取付を残すのみとなりました。

 

これが完了すれば、ガーデニングは完成です。

 

かなり洗練された仕上がりになりましたが

すべてが完成した時点でお披露目したいと思います。

 

今しばらくお待ち下さい。

この作庭工事の大事な見どころのひとつ、穂垣を作っています。

 

こだわりで緩やかな曲線をもたせたので

これを実現させるのはかなりのアイデアと技術が必要でした。

 

DSCF9789

 

植栽する所の土が流れてこないように

瓦を立てて埋め、土留にしました。

 

DSCF9786

 

次は雑木を植えていきます。

 

DSCF9792

 

木を植える事で空間構成が変わり、庭が広く見えます。

 

いろんな種類の下草を植えていくと

庭の表情が豊かになっていくのがわかります。

 

DSCF9820

 

この作庭も残すところ化粧砂利を敷けば完成になります。

 

次回は完成形をお見せ出来ると思います。

 

ご期待ください。

リビング(両面)の三方に家が建っており

どうしても視線が気になりカーテンも開けられない状態でした。

 

DSCF7395DSCF7400

 

そこで

くつろげる空間を作るようにウッドフェンスで周囲を仕切り

雑木を植え、芝を張る事にしました。

 

まずはミニバックホーにて固い砕石の地盤を掘っていきます。

 

IMGP8113

 

植栽用の客土を敷き均した後に植栽するスペースを

アンティークレンガにて縁取りを行います。

 

IMGP8114

 

芝が張られる所は

芝が伸びていかないように黒いエッジキングで縁取りしました。

 

DSCF9511

そこにウッドフェンスが建てられると

想像以上に広く落ち着いたスペースが出現しました。

 

DSCF9550DSCF9549

 

涼しくなりここに雑木が植えられると

更に驚きの空間が出現すること間違い無しです。

 

ここまでくると早く出来上がりを見てみたくなりました。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年10月
M T W T F S S
« Sep    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
記事アーカイブ