駐車スペース

工事着手前から完成後どの様に変わったのか、Before・After形式で

説明したいと思います。

Before

IMGA0698 (2)

After

IMGA0817①

普通自動車なら4台分は駐車できるスペースを確保しました。

Before

IMGA0489

After

IMGA0830

小舗石で作ったRのある花壇が印象的なデザインになっています。

高さも手前から奥に行くにつれて、低くなる様施工しています。

Before

IMGA0690

After

IMGA0821

段差をなくしたシンプルなデザインのアプローチ。

アクセントに化粧平板を入れてみました。

Before

IMGA0692①

After

IMGA0826

土留擁壁を施工した事によって、新たに広いスペースが生まれました。

段差が結構あるので、転落防止用に取り外し可能なネットフェンスを取

り付けました。

今の所、植栽は芝のみですが、将来は雑木を植えてもっと素敵な空間

にしたいと思います。

 

 

M様邸のガーデニングもいよいよ最終段階を迎えました。

いよいよアプローチ&駐車スペースの施工に取りかかります。

IMGA0767 (2) IMGA0808 (2)

アプローチと駐車スペースに型枠を施工します。

IMGA0810

面積が広いので、コンクリートのポンプ車を使っての打設です。昔は人の

手で運んでいたのですが、今はもっぱらこの方法です。

IMGA0831 IMGA0835

無事打設完了です。

後は周囲の仕上げをして完了です。もう一踏ん張り、気合です!

着工前から完成までに、どのように変化したのか

ビフォー・アフター形式で説明したいと思います。

before

IMGP3016

After

IMGP3057

もう一台分の駐車スペースが欲しいという要望だったので

敢えて全て土間コンクリートにして、無機質な感じにしたくなか

ったので、タイヤの乗る部分だけコンクリートを打ち、その間に

は、富沢石を石畳風に貼りました。これは、車を駐車する時に

タイヤがはまらない効果も考えた上での結果です。

それ以外の部分は、高麗芝を張り、車が停まっていない時

遊びの延長で使ってもらえる様、考慮しました。

before

IMGP3014

after

IMGP3058

隣地との目隠しにオリジナルガーデンフェンスを設置し

空間を仕切りました。家庭菜園も欲しいという要望だった

ので、円形の物を3個作り、リズミカルなデザインにこだわ

りました。リビングには、大きなウッドデッキも備えてあり

庭との連携を考えた結果です。日陰になる様、所々に雑木

を植栽して、庭に潤いを与えています。

芝の面積も広くとって、2人の小さな息子さん達が自由に

遊んでもらえるスペースにしました。

before

IMGP3015

after

IMGP3059

物置前も殺風景だったので、敷石で土留を施し、そこに土を

盛って、植栽のスペースを設けました。ここにも、雑木とグラ

ンドカバーを植栽して修景しています。物置には、化粧平版

を並べて、物が出し入れしやすい様に考えました。

約一か月位の長丁場でしたが、なんとか雪が積もる前に

完成して、ホッとしている所です。

今は、緑が無い状態ですが、新緑の頃には、まるで別世界

の空間に生まれ変わる事でしょう。植栽がいっぱいなので少

しばかりの管理も必要となりますが、当社で色々アドバイス

致しますので、宜しくお願い申し上げます。

本当にありがとうございました!

 

 

 

 

着工前はこんな風に樹木と石で溢れていました。

002-o

建物の北側も大きなモミジとイトヒバがあり、この

2本を伐根して駐車スペースにして欲しいと頼まれ

ました。

003-o

完成形はこのようになりました。

2014-11-04 15.11.44-o

狭かった家の入口を大きく広げ、車の出入りが

スムーズになるようにコンクリートを打設しました。

雪が降れば、ここに井戸水を流して流雪する予定です。

2014-11-04 15.11.25-o

大きな樹木は殆ど伐根しました。

石も色んな石がたくさんあったので、形のいい物

だけを残し、石組みしました。

石臼も手水鉢として再利用し、新たな役割を与えました。

その下には、小舗石を敷き詰め和モダンな感じに

仕上げました。

2014-11-04 15.11.17-o

年代物の石臼は、やはり存在感が違います。

2014-11-04 15.05.57-o

洗い場も全て補修したので、殆ど新品のようです。

その奥には既存の石で土留石組みを行い、新たな

植栽スペースを設けました。

このように着工前とはまったく別な庭になり、お客様は

もちろん周囲の方々からもお褒めの言葉を頂き、恐縮

している次第です。

 

7月中旬~11月までに亘る長丁場でしたが、事故もなく

無事完成して大変良かったと思います。

長い間、私達職人に対してお茶等のお気遣いを頂き

感謝しております。本当に有難うございました。

これからも、長いお付き合いをどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

リガーデン工事もだいぶ形が見えてきました。

前回までの工事でいらないものを全て処分したので、

花壇になる部分に客土を一輪車で運搬していきます。

IMGP1000

花壇の周りは枕木を並べ、縁取りをしました。

IMGP1002

途中の曲線の部分は白御影の間知石を使って

アールに並べていきます。

IMGP1007

これらの工事が終わると、かなり完成形に近づいてきました。

真ん中にあるフォーマルな形のテラスは、この中に化粧平板と

コンクリートで仕上げていきます。

031

以前の庭では雑草に困られていたので、砂利敷き部分には

防草シートを張って、雑草対策を万全にしています。

029

ここまでくると全体のアウトラインが見えてきました。

後は植栽をすれば完成です。

この次のステップは、玄関前の駐車スペースのコンクリート打設と

アプローチになります。

そこがまたひとつのこのデザインの見どころになりますので

私達も楽しみです。

着工前はこんな感じに殺風景でした。

003

ですが、施工後はリズム感があり、とても広く感じられ、立体的に

見えるようになりました。

015

023

正面のアプローチ兼駐車スペースは、化粧平板(パラレル・クリーム

イエロー)と土間コンクリートを四角形に統一し

リズミカルに配置したことで、センス良くまとまりました。

014 (2)

お客様のリクエストにお答えして作った枕木のモニュメントは

デザイン性もさることながら、上手く空間を仕切ることに成功しました。

009 (4)

アクセントに付けた鎖がとても印象的です。

表札もそれに合わせて付けてみました。

また、犬を飼われていたので、枕木の端に犬用のリードかけも

付けました。

 

もうひとつのリクエストだった、リビングからすぐ出られるような

ウッドデッキを付けました。

010 (2)

思っていた以上にとても広かったので、お昼寝をしたり

ビールを飲んだり、自由にくつろげるスペースが出来ました。

枕木の手前には、ジューンベリーやヤマモミジ、ツリバナが

植えてあり、四季折々の変化でプライベートな空間を優雅に

演出してくれることと思います。

 

右側にはもう1台のゲスト用の駐車スペースを設け、その中央には

植樹帯を設けました。

013 (3)

この中には、ヤマボウシやハナミズキ、ナツハゼが植えてあり

下草にはフィリヤブラン、クリーピングタイムなどの地被や

高麗芝が張ってあるので、無機質なスペースになりがちな空間を

かなり優雅に演出してくれるでしょう。

また想定外の発見がありました。

014 (2)

駐車スペース、アプローチ、芝生、家庭菜園、これらの形を全て

四角形に統一したことで、かなりスタイリッシュに仕上がりました。

全て出来上がってから、お客様に見てもらった所

とてもおしゃれでかっこよくなったと褒めて頂き、大変やりがいのある

仕事になりました。

 

これから新緑の季節となり、木々が芽吹いてくればまた、

雰囲気もがらりと変わることでしょう。

これからどう変化していくのかお客様はもとより、我々も楽しみです。

また、雪のある状態から今まで、色々と御迷惑をお掛けしましたが

うまく仕上がってほっと胸をなでおろしています。

今まで大変お世話になり、有難うございました。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

カスタムエージェント嶋北の建売住宅の外構工事を

依頼されました。

着工前はこんな感じの状態でした。

001

建物の周りに砕石が敷かれているだけだったので

土も見え、すぐにぬかるんでしまいます。

この状況を打開する為に、2台分の駐車スペースと

木柵を作って欲しいとの依頼がありました。

 

011 (4)

低コストで木柵を作る為に、ホームセンターに行って

材料を拾い出し、図面をひき、手作業で木柵を施工していきます。

H24テルサ平和コンサート 002

駐車スペースになる部分のぬかるんだ所の

床掘をしているところです。

ここに砕石を敷いて、土間コンクリートを打って駐車スペースに

する予定です。

砕石敷き均しまで終わった状態がこちらです。

H24テルサ平和コンサート 007

オリジナルの木柵に綺麗にペンキが塗られ、とてもホームセンターで

買ってきた材料とは思えない出来です。

あとはこの砕石部分に土間コンクリートを打てば完了です。

天気が良ければ、来月頭には完成予定です。

 

 

 

N様邸の外構も駐車スペースの土間コンを打つ部分の

型枠が組まれ、全体像がはっきり見えてきました。

013 (2)

012 (3)

天気を見て、コンクリートの打設を行います。

ついでに、玄関ポーチ前のステップ部分がひび割れを

おこしていたので、コンクリートを外し

新たに打設していきます。

005 (5)

芝生を張り、枕木で囲った家庭菜園が出来上がったら

ずいぶんとすっきりしたイメージになりました。

008 (2)

残りはコンクリート打設と仕上げなので

完成が待ち遠しいです。

東根市S様邸の工事も少しずつ、形が見えてきました。

H24テルサ平和コンサート 004

この画像は2台用の駐車スペースを確保する為に

砕石を敷き均しているところです。

007 (4)

このキャラは前の御宅にあったものを移植したものです。

幸い樹形も整っていたので、上手くこの石組に合わせられそうです。

025

026

この2組の門柱は、白御影石でオーダーで作られていた

貴重な物だったので、新しい庭に持っていき新たな形として

生まれ変われるようにしました。

002 (6)

かなり頑丈に作ってあったので、立てるのに苦労しましたが

なんとか無事に組み終わり、ほっとしています。

お客様も前の御家にあった材料を使ってつくりなおしたことを

大変喜んで下さいました。

 

次はまた、残りの石組作業になります。

この作業が終われば第一関門は突破したことになります。

最後まで気が抜けない仕事になりますが

安全第一、怪我に気を付けて頑張って行きたいと思います。

東根市N様邸のガーデニングも形が見えてきました。

今回は樹木を植栽していきます。

002 (5)

ハナミズキやヤマボウシ、ヤマモミジ、ジューンベリー、アオダモなどの

雑木をメインに植栽していきます。

005 (3)

少し木が植えられるだけで、以前にも増して庭が広く感じられます。

これは手前に樹木を植えた事により、逆遠近法で広くなったように

錯覚するからです。

005 (4)

アプローチ前の所には、アクセントとして化粧平板ブロックを

並べています。

コンクリートの部分がグレーなので、平板のミルキーホワイトの

色がアクセントになってくれると思います。

002 (6)

平板が並べられた事によって、玄関までのアプローチの

姿が見えてきました。

平板と平板の間にはコンクリートで同じグリッドを作って

繋げます。

011 (2)

この型枠の中にコンクリートを打設して車を止めます。

四角のグリッドを互い違いにすることで、アプローチに

変化をつけています。

このアプローチは駐車スペースも兼ねているので、

スペースが限られた場合はとても有効な手段だと思います。

 

残りはグランドカバーの植栽と芝張り、土間コンクリートの

打設になります。

3月は彼岸まで天候が不順なので、天気が良い日を

見計らってコンクリートを打設したいと思います。

完成まであともう少し、春の日差しが待ち遠しいです。

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930