月別アーカイブ: 3月 2010

今年の天候は気まぐれです。

朝になると突然雪が舞ったりしています

今日になってやっとコンクリートを打設することができました。

 

今回は少しでも安くしようと、全面コンクリートでは無くてワダチのところだけコンクリートにしました。

その分、型枠は大変だったみたいですが、それがまたデザイン上のアクセントになったようです。

 

 

アプローチも自由曲線を用いているので、石張りとのマッチングもバッチリです。

随分雰囲気が変わりました。

コンクリートを打設すると、やはりいい感じになり広くさえ感じます

完成までもう少し、最後まで頑張りましょう。 

 

この間、バンドの練習に行くと、うちのドラマーがいつになくニヤニヤ

ふと見ると見覚えのないドラムセットが・・・・

こ奴めいつの間に買いおった?

買う買うとは言っていたが、このタイミングで買うとは

かなりしたぞ、このドラムセットは

だって、プロご用達の名門DWだもの

 

見ろこの男の満面の笑みを

満足そうな顔を

何故このタイミングなのか問いただしたところ、娘の大学受験と息子の高校受験が両方ともうまく

合格したかららしい

なるほど、これ以上のタイミングはあるまい・・・・・・・・恐るべし

がしかし、さぞうるさかろうと思ったら、意外や以外全然邪魔にならない

むしろ、深胴になった分音圧が心地いい

音にもしまりがある

ベースとのマッチングも言うことなし

これはいい買い物をしたといえるであろう

 

ついでに我がサレンダーの夢の城(練習スタジオ)のスペックをかるく紹介しましょう

 

これが今年購入した、MTR(8チャンネルから16チャンネルに変更)アンドモニタースピーカー

これで、今度のCDの録音は格段に音が良くなり、時間も短縮できるでしょう

 

 

これが、パワードミキサーで、下に見えるのがグラフィックイコライザーとノイズリダクション

他にコンプレッサーやデジタルディレーなんかも装備されています

 

 

キーボードの機材はオルガンを中心に、今は珍しい3段重ね

ちょっと音が古くなってきたので、ドラマーに刺激され音源の購入を検討中とか?

何故か? それは、彼の娘も無事高校に合格したらしい

やはりおやじ達は楽器を買うのにかなり奥さんに気を使っている

ほんと、3月は練習を自粛したもの

 

 

最後に、私の機材

アンプは歪み系はブギー

クリーン系はジャズコーラスの2系統で振り分けています

これに、リッケンバッカーやポールリードスミスのギターをつないでプレイしています

奥には、今は珍しいレスリースピーカーが鎮座しています

ベースは今家のリフォームローンに追われ、高校の授業料無償化にひそかにそのチャンスを

見出そうとしています

とにかく、このような機材でこれからもおやじバンドサレンダーは頑張りますので、温かい応援よろしくお願いします

 

 

 

 

今日の作業は、ちょっと変わっています。

というのも、当社では公共事業も数多く手掛けていますので、こういうお仕事も

受注しますと、行います。

ここは東根市内のとある児童館です。

ここに遊ぶ子供たちは遊具で遊ぶのが大好きです。

がしかし、昨今この遊具によってケガをしたり、また最悪の事態を引き起こし

たりした事例も報告されています。

当社では、東根市内の児童館および保育所の遊具の点検補修の仕事を、昨年

請負いました。

そうしたら、多いこと多いこと・・・・・・・・・

安全基準を満たしてなくて、使えない遊具が

せっかくのブランコや滑り台、そしてシーソー  無言のまま放置されているのです。

今のご時世予算が無くて交換できないのです。

でも、やっともらえたのです。

1件分の予算が!

そこで、遊具の定番中の定番滑り台の登場

ジャンジャジャ~ン

 

 

どうですか? 光り輝いてみえませんか?

予算のわりに立派な滑り台です。

もう、私の中では子供達の歓声と、くったくのない笑顔が浮かんできます。

それにもう一つ

 

スプリング式の遊具です。

もう安全対策はバッチリ

スプリングの部分までカバーが施されています。

この遊具まで取り付けたくて、当社ではギリギリの単価で勝負しました。

でも後悔はしていません。 きっと多くの人に喜んでもらえると思うからです。

 

東根市では、今後少しづつ予算を付けて遊具を交換していく予定だそうです。

他の市町村でも、広がっていけばいいのに

だって、予算が無いなんて子供達には関係ないですもの

すべての子供達が平等に遊べる権利を

 

 

 

 

ガーデニングで使う石材を、はるばる茨城県の桜川市真壁町までやって来ました。

この時期社員は皆忙しく、私1人で4トン車を運転して来ることになり、多少」の不安

を抱えつつ、朝の6時に出発しました。

山形道から東北道、北関東自動車道を経由して途中休憩をはさみながら11時に

到着しました。 ひさびさの4トン車の運転疲れた~

石材屋さんはかなり広く、たぶん野球場3~4個分は軽くあると思われます。

 

 

この広さなので、見て回るだけでかなりの時間を必要とします。

ということで、前もって注文していた敷石やピンコロ石を積み込んでもらっているうちに、掘り出し物

を探すことに・・・・・・・

ありました、ありました

30センチ×30センチの敷石、わが社でよく使うスレートマロンの色違い

黒色と青緑色の各色50枚づつ購入

これでアプローチに新たなアイディアがうまれるかも?

そのほか、寸松庵型灯篭や45センチ×90センチの大きめな敷石など、目いっぱい積み込みました。

 

 

これで満足!

でもかなり重そう?

ふと、時計を見ると午後1時15分でした。

さ~帰るぞ でも、このトラックには、大好きなロックを聞くオーディオがついてないので

ラジカセをひもで固定して代用

やはり、振動で音が飛ぶ・・・・・・・

でも、ないよりはかなりましです。

去年は、息子のアイポットをスピーカーにつないで聞いていたので、かなり快適でしたが、息子は京都の

大学に行っているため、今年はあきらめたのでした。

しかたなく、大音量で、クィーンやボンジョビ、U2

Yさんのガーデニングもいよいよ大詰めを迎えてきました。

まずは、芝生を張るための下地作りとして、バーク堆肥を混ぜて撹拌していきます。

 

 

これが終われば均して芝生を張っていきます。

この作業と平行してアプローチの石張り(キャメルストーン)を行っています。

 

 

1枚1枚手作業で、ジグソーパズルのように根気よく並べて、カットして張っていくため材料も面積の

約1.5倍の量が必要になります。

職人のプライドを賭けた仕事と言っても過言ではないでしょう。

ここまでくるとだいぶ庭の形の想像がついてきます。

 

 

オリジナルの門柱も形が見えてきました。

コンクリートブロックを積んで、角を斜めにカットしそれにモルタルで上塗りした状態です。

これに、美ブロ仕上げを施し、お客様がネットで買われた表札を取り付ければ完成です。

この方法がレンガを積んだり、既製品を取り付けるよりも1番安くて、費用対効果が1番高いと

思います。

 

 

カーポートも組みあがり、ワイヤーメッシュを敷いて土間コンを打つ段取りをしているところです。

当社では、こういうエクステリア工事から外構工事、植栽工事までガーデニングかかわる工事は

すべて行いますので、段取りや打ち合わせが1社で済むと好評です。

何と言っても、トータル的なイメージでまるごとコーデュネートできるので、まとまりがあるのが

当社の強みといえます。

さ~いよいよ最終段階

私も完成が待ち遠しくなってきました。 乞うご期待

 

 

私は、お昼によくラーメンを食べに行きます。

仕事柄、米沢から新庄方面まで広範囲に渡り営業しすので、ラーメン屋さんの

口コミを参考に、その地区で自分の口に合いそうなお店を探して、行く事にして

います。

その話をしますと山形市内ではどこが1番おいしいのと、よく聞かれます。

私は即答で自分の好みなら、しょうゆラーメンならよしのや食堂さんの

「支那竹ラーメン」と答えます。

 

まず、チャーシュー 大きいのが2枚 モモ肉? でもこんなにおおきくて柔らかいのは初めて

 支那竹 歯ごたえのあるしゃきしゃきな大きい支那竹がこれでもかと入っています

 麺 自家製麺でぷりぷりのちぢれ麺 太さ加減 ゆで加減 からみ加減

 もう言う事なし 大盛りだとかなりの量あり 夕方まで満腹感あり

 スープ 鶏がら系であっさりなんだけど、コクがあります ついついレンゲが止まりません

 これに私はブラックペッパーを一振りしてから食べます。 

 山形の四天王と呼ばれるお店を全部回りましたが、私はよしのやさんが一番おいしいと思います。

 1度足を運んでみてください。 

 

カスタムエージェントの嶋のガーデニングのガーデニングが遂に完成しました。

ゾーンニングにかなり苦労しました。

なぜかというと、限られたスペースに3台分の駐車スペースが欲しいということ

ということは、アプローチとガーデンテラスがだぶってないと無理ってこと?・・・・・・・・・・

ひとつのスペースに2役分の役割が必要になってきます。

それと、ここ嶋は各社のモデルハウスが数多く建っているいる場所です。

そのなかでも、存在感のあるデザインにしたかったので、木立のなかにそれらの

役割をもった個別のスペースを作ろうと考えました。

 

 

一番左側のスペースは、単純に1台分の駐車スペースと割り切りました。

真ん中のスペースはもう1台の駐車スペースと、くるまのいない時はテラスとしての機能をもたせています。 

 

 

1番右のスペースは、さらに もう1台の駐車スペースとアプローチを兼ねています。

それぞれ、3つのスペースとも間に雑木が植えられ、独立した空間を生み出そうとしています。

ここには、ヤマモミジやナツツバキ、アカバナエゴノキやハナミズキ、近頃人気が出てきたアオダモ

などの雑木が植えられ、アベリアやフイリヤブランで根締めをおこなっています。

春にはそれらの木々が一斉に芽吹いて、四季折々の変化を観る人に与えてくれるでしょう。

さらに、コンクリートもグリッド状に別けてデザインし、それらの間に高麗芝を張って緑のスペースを多く生み出し

視覚的にも遠近感を利用して、広く見せようとしています。 やはり、植栽が多く入ると家が豪華に見えます。

 

 

隣地との境界には、キンモクセイが植えられやさしい香りとともに、来訪者をやさしく迎えてくれます。

門柱は枕木を使い、温かさを演出しています。 アプローチもそれと合わせて枕木で縁取りをし

スレートマロンの石を貼ってここだけちょっと豪華に仕上げました。

 

 

奥に見えるのは平均台ではなくて、枕木で作ったオリジナルのベンチです。

 

 

これだけ見れば、ちょと違和感を感じるかもしれませんが、将来はこの裏側に木製のラティスを組み立てて

お隣との視界を遮蔽し、また多目的に使えるフェンスにしたいと考えています。

写真だけでは、なかなか解りずらいと思いますので実際足を運んでみてください。

3月28、29日の両日にグランドオープン致しますので、お待ちしております。

 

 

カスタム エージェント 嶋のモデルハウスのガーデニングも終盤を迎え

だいぶ形が見えて来ました。

駐車スペースにはコンクリートが打設され、方形にデザインされたスペースが

現れてきました。

 

 

 

 

この隙間に客土を入れていくと、そこには植栽スペースが生まれてきます。

全部で3台分の駐車スペースを確保した上で、車が止まっていないときはテラスや遊び場等

自由な発想で多目的に使ってもらうのを前提にデザインしています。

 

 

駐車スペースの間には、必ず高木、低木を植えてその1つ1つが独立した空間になる様工夫して

います。

根締めにはアベリアを密植し、その前にはフイリヤブランを植えて高低差を出し広く見えるように

考えました。

それ以外の部分には高麗芝を張り、緑の中に車が止められるイメージにしたかったのです。

 

 

南側隣地境界線には、キンモイクセイを列植して視線を遮るちもりです。

木々もまだ葉がついてない状態で、まだまだイメージが付きずらいと思いますが、私の中では気分

は森(かなりおおげさですが)の様になっています。

さ~ひと踏ん張りで完成です。

内覧会の時には、完成形をお見せすることができますので、是非足を運んでみてください。

宜しくお願いします。

天童市のS宅の風のガーデンも、私達のお手伝いもあと少しになって来ました。

今日は私が勘違いをしてしまったばっかりに、タイムの苗が余ってしまい、新たに

植栽する所を手作業ですることになって、職人は大変なおもいをさせてしまいました。

 

ハーブの苗を植えるのに必要な土の深さ約20センチを掘って、植栽用の客土を一輪車で運んで

います。

ツルハシが跳ね返されるほど石が多く、硬くて大変でしたがなんとか一日半掛かってようやく終了

次はタイムの植栽です。

 

 

ポット苗を順序良く並べて、移植べらで植えていきます。

タイムは繁殖力が旺盛なので、1年で下垂してコンクリートブロックを覆ってくれるでしょう。

でも、余った苗を奥様に植える場所を考えて頂き、ほんとうに感謝しています。

 

道路沿いには柵を設ける代わりに、何か植栽しようと言う事になりまして、耐寒性のあるエリカを

植えることになりました。

 

 

エリカはそんなに草丈が高くなることもなく、管理も比較的楽な方なので、初夏には 可憐な花をつけ

道行く人の目を楽しませてくれるでことしょう。

 今回は隣地境界にも目隠しを兼ねて、高、中木を植栽しました。

 

 

スモークツリーやハンカチノキ、ライラックにカシワバアジサイ等、結構この辺では比較的珍しい

植物をチョイスしてみました。

特にハンカチノキは、花びらが丁度ハンカチをたたんだ時のような形をしているもので、私も

現物は見たことがありません。

ですから、非常に楽しみにしています。(咲いたら必ず紹介します)

 

 家の東側の防草シートを敷きつめたところには、木チップを敷いてカントリーチックにしてみました。

 

このチップは落葉樹の間伐材をスライスして、リサイクルしたものでそんなに単価も高くなく使いやすい

製品です。

砂利があまり好きでない人には、結構おすすめかもしれません。

 次はバラのアーチ(アイアン製)を提案しようと考えています。

どうぞお楽しみに!

工事開始から約2週間が経過し、すこしづつガーデニングの形が見えてきました。

全体の床堀が終わり、植栽する部分には良質な客土を入れ替えていきます。

また、アプローチやコンクリートになる部分には砕石を締め固めていきます。

 

 

これは、平均台ではありません。

中古の枕木を使ったいっぱい座れるベンチです。

将来は後ろに目隠しに木製のラティスを取り付けて、空間を仕切り有効に使えればと思っています。

 

 

 

駐車スペースになる所にワイヤーメッシュを敷いて、型枠を組んでいるところです。

ここに、コンクリートが打設されると大まかな形が解ってくるでしょう。

この手前に綺麗にグリッド状に並べられた、ピンコロ石はいったい何のためにあるのでしょうか?

答えは後ほどお答しします。

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2010年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031