月別アーカイブ: 4月 2011

今年も3期工事として、風のガーデンの土の入れ替え作業をしています

深さ50センチ掘って、植栽用客土と畑土を半分半分いれました

 

 

 

これで奥様が好きなバラや、たくさんの種類の草花が植えられることができます

仕上げに、飼われているワンチャン「ウーロンちゃん」をドッグランさせるべく、木製の柵を手作りで作成する事に

 

 

この木材には上質な「カナディアン レッドシダー」を使っています

この木材の特徴は天然樹脂に含まれる香りが、蚊などの害虫を寄せ付けにくくします

防腐剤も注入されているので、腐れにくく長持ちするのが特長の一つです

 

 

 

出来上がりはこんな感じになりました

元々あったログハウスの柵にうまく馴染んでいます

階段の先の枕木に、奥様と検討した結果シンプルなアイアンの両開きの扉を取り付ける事になりました

 

 

 

そうすれば「ウーロンちゃん」の脱出もかなり難しくなるかも?

どーれセンスの良い扉探さなくちゃ・・・・・・・・・・

 

と言うよりオーダーになるだろうな~ 多分

時間掛かるかもしれないけど、やはりお客様に満足してもらわなくっちゃ

 

 

 

 

蔵王温泉にある上湯共同浴場の、水車の防護柵の仕事を依頼されいろいろ検討した結果

竹垣で対処することに致しました

 

 

この水車は源泉から流れてくるお湯で、回る仕組みらしいのですが、源泉を各旅館に流す太い

パイプがすぐ下に配管されている為、杭を深く打てなくて困りました

と言うか穴を開けたら一大事なので、かなりびびっていました

 

 

そこで、控え柱を斜めに打ち込んで、これに連結することで強度を持たせました

竹もたくさん降るであろう雪に考慮して、通常より太いものを使用しています

立て子も通常より深くギリギリまで打ち込んで、強度を持たせました

 

 

石の上に乗っかる部分は一回番線で固定してから、シュロ縄で化粧に結束していきます

職人に案内するのも兼ねて、私も半年ぶりの現場復帰と相成りました

その甲斐あって順調に完成

 

 

防護の役割も果たし、見た目も綺麗に納まりました

青竹が落ち着きを与えてくれています

 

 

木製のプランターの中には、ナナカマドが植えられています

まだ、あまり芽吹いていないので解りづらいのですが、葉が生い茂れば殺風景な風景に潤いを

与えてくれるでしょう

 

 

上湯共同浴場は去年の暮に完成したばかり、中に入れば木の香りが五感を揺さぶります

しかもたった200円で味わう事が出来るのです かなりリーズナブル

 

 

私も仕事が終わってからひとっ風呂浴びてきました

硫黄の香りとピリピリ感が独特です

いい感じに暑ったまってきました

ただし石鹸がきかないのでご了承を・・・・・・・・

 

正直ここに仕事にきたのもここのお風呂に入りたかったからです

とても満足して帰ってきました

みなさんも是非足を運んでみてください

きっと期待を裏切らないと思います

 

 

 

マンションのバルコニー前に、視線を遮るものを何か植栽してほしいと

頼まれましたが、なにせ予算が無いといつものお言葉

いろいろ農家のかたと相談した結果、おもしろいものを発見

それは、西洋ヒイラギ「イレックス サニーフォスター」という種類です

 

 

こんなかわいらしい感じの、常緑低木です

春の芽吹きが黄金色してかなり鮮やかだとか

今から、楽しみにしています

しかも値段が安い、安い、安いの3連発

知りたい方は当社までご連絡を

 

その他は「トウネズミモチ」を植えました

この木は一般的には生垣として用いるのですが、ここは掟やぶりで

常識にとらわれないのが、ちょい不良オヤジのいいところ?

ま、こんな感じです

 

 

全部で13本植えて支柱もして、土も入れ替えて8万円なら安くありませんか~?

かなり大勉強しましたけれど

見た目もシンプルで、木もあまり主張しなくていい感じだと本人は思っています

「イレックス サニーフォスター」これから私の設計に多く組み込まれるかもしれませんので

覚えておいてください

 

 

 

東根市のN様から相談を受け、池を潰してほしいとの事

理由をお伺いすれば、何でも御主人が入院されてこれ以上のお庭の管理は

無理なので、どうしてもお願いしますとのこと

これではしょうがないと思い、池を潰すことに

 

 

まずは、水中ポンプにて池の水を吸い取り、堆積したヘドロを除去していきます

これが、結構大変な作業でヘドロの性で何度もポンプが詰まって、何度も作業が中断してしまいました

 

 

次に貯まった水を地下に浸透させようと、暗渠パイプを差し込んでみたり、削岩機でコンクリートに

穴を開けてみましたが、地下水が高く逆に水が湧いてきてしまう始末

こりゃ予想外の出来事でした

そこで、以前からあったオーバーフロー用の排水パイプに水勾配をとって、この問題も何とかクリアー

 

 

大き目の砕石を敷き詰めて、タンパで固めたら水が湧いてこなくなり、何とか問題クリアー

この作業は、慎重に何度も何度も、繰り返しました

 

 

仕上げに寒河江川の玉砂利を敷き詰めてお化粧

見事に枯山水風に生まれ変わりました

これはこれで、また違う景色をみせてくれると、奥様にも大変喜ばれました

すべて手作業で、職人は体力的にも大変だったと思いますが、その一言で報われた瞬間でした

私にとって超自己満足な世界ってこれしかありません

そう おやじバンド「サレンダー」のライブの画像しかありません

やっと先日行われた山形市民会館での熱いライブの画象が、ようやく手に入りましたので

みなさんにお見せしたいと思います

 

 

涼しい顔して歌っているようですが、結構緊張していました

 

 

超貴重なキーボードの青木君の画像

カメラマンが気を使って写してくれました

めったにない画像なので、さぞかし家族も喜んでくれたでしょう?

 

 

こんなドラム叩いている画像なんてめったにお目にかかれるもんじゃありません

手前に見える小さい機械はリズムボックス

これで熱くならないように、スピードを調節して叩いています

ドラマーはテンポが命です

 

 

結構客席が埋まっています

これで100名弱の観客が見に来てくれています

手拍子や暖かい応援の声、とてもやりがいがありました

誰だ~? 野次ってんのは・・・・・・

 

 

ライブも後半戦に入りだいぶヒートアップして来ました

 

 

ベースの鈴木君のボーカルも、力 入ってます

ちなみに首に掛けてある金色のアクセサリーは娘からののお下がりです

普通逆じゃね~

あまり聞いたことないよね~?

Tシャツは高校生の息子から借りてきたと言っていました

オヤジは苦労してるね~

かあちゃん小遣い上げてくれよ~

 

 

どうしてもヴォーカルはスポットを浴びやすいです

わたしのステージ衣装は革パン以外ハードオフの古着で遊んでいます

これなら失敗しても悔しくないからです

それなりに見えるでしょう・・・・・・

 

 

ドラマーと共に決めのパターンに突入

だいぶ気合いが入ってきました

ここからサレンダーはノリノリでいっちゃいます

 

 

超かっこいいベースの鈴木君の姿

絵になります

そんなにボーカル食ってどおすんのよ~?

俺が目立たないじゃないか・・・・・・・・・・

なんて嫉妬しつつこれからは演奏のみならず、アクションにも磨きを懸けなくてはと反省しております

 

最後まで観てくれてありがとうございました

次は山形テルサで7月30日に行われる平和コンサートに出演予定です

熱いおやじ達のライブを是非観に来てください

心よりお待ち申しております

 

 

 

 

 

東根市A邸の土壌改良工が、ようやく完成しました

これで、この春に植えたいとおしゃってたバラの苗木や、他の草花の

植え付けに間に合いそうです

前回までの作業で完了していた支柱に、ニオイヒバを移植し、支柱に

結束していきます

 

 

これで、根腐れの心配もなくなり、土層も根の伸長には十分過ぎるくらいなので、前よりも一層活気が

よみがえるでしょう

 

枯れてしまったサラサドウタンのかわりに、アオダモの株立ちを植えました

ここも、植え穴を大きく広げて、土も畑土を改良したものに入れ替えてあるので、十分な成長が望めます

 

 

それ以外の樹木にも、プロ用の固形肥料「まるやま1号」を施し活気を取り戻そうと思っています

これは、今までも数多くの植物をよみがえらせた実績がありますので、かなり期待できると思います

梅雨過ぎには葉の色が濃い緑色に変わり、枝付き自体も充実してくる事でしょう

 

 

 

芝生にも専用の肥料「ちから1号」を1㎡あたり30グラム与えます

ただばら蒔くととら刈り状態になってしましまいますので、専用の機械で均一に散布していきます

 

 

これで、完成です

あとは奥様に今後の管理について詳しく伝授して、植物の成長を見守りたいと思います

 

 

 

変化の経過を定期的に報告していきたいと思っています

良い報告ができると良いのですが・・・・・・・・・・・?

 

東根市のA邸(ツリーズサークル) のお庭は完成してから早や5年、そのわりにはあまり生育があまり良くないと

奥様から相談を受けていました

原因は排水不良と判明

あまりに宅地造成した業者さんが、念入りに山砂利を厚く敷いて丁寧に締め固めたため

水が抜けずに耐水して、コケが生えてきてます

地震にはすこぶる強いのですが、植物にはあまり良くありません

そこで、もう一度植栽部分を掘り起こして、土を入れ替えることに

まずは、人力にて固い土を掘り起こしていきます

ここで登場するのが我が社が誇る人間ユンボN君の登場です

 

 

でも、さすがに全部は無理なので超小型ユンボの登場です

全部人でやれと言ったら多分明日から会社にこないでしょう

 

 

さすが機械、疲れたと言わずにどんどん深く掘っていきます

 

 

4,50センチ掘ったので植物には十分、そこで黒土を入れました

少し粘性が強かったので、牛フン堆肥とバーク堆肥を混ぜて土中に空隙を与えます

 

 

仕上げに黒曜石を高温で発泡させた改良剤を混ぜて、保水性と排水性の調和を図ります

これで、かなり改善されることでしょう

 

 

最後に、生垣支柱を立てこんでいきます

生垣は全て円形になっているので、竹の支柱も技術がいります

これで植える準備が整いました

次回は植え付けです

早く植えた後を見たいのですが、もう少しの我慢ですね

日曜日に、レイトショーで「ツーリスト」を観てきました

フォーラム東根にお邪魔したのですが、館内は人影もまばら

さぞかし人気作品なのでいっぱいかと思いきや、広い館内には私ひとり

ラッキーというよりも、かなりさみしい状態でした

このままでは、たいへんそうなので自粛はといて気晴らしでも映画を観ては

どうでしょうか?

会員料金1200円で約2時間暇つぶしができるには、映画ぐらい

いい気分転換になりますよ

 

ところで、この地震の影響でいろんな物資が流されたり作れなくなったり

また、災害地優先で物資が品薄状態に陥りつつあります

当社でも、枕木を少し買いだめしました

値上がりする前に、工事に着工するのも一つの手かも?

 

あと、良質の畑土が見つかりません

今までお付き合いしていた業者が去年廃業してしまいました

さすがにこれではまずいと思い、先日朝日町まで業者の方と探しに行ったのですが、

なかなかいい土にはめぐり合いませんでした

でも、御安心ください

なんとか、少しいい畑土をある方から分けてもらうことができそうです

まだまだ、数に限りがありますのであちこち物色しなければならないみたいです

追突しない程度に頑張ります

去年の10月から作業してきた、大森小の植栽工事がようやく完成しました

途中例年にない大雪に見舞われたり、未曾有の震災にあったり大変でしたが

何とかここまでたどり着く事が出来ました

 

 

 

正門から入口までのプロムナードには4月から6月まで、いろんな花が咲き乱れるように植栽

されています

オオヤマザクラやナツツバキ、変わったところではマグノリア ワダスメモリー(洋風コブシ)等の高木

低木には、レンゲツツジ、ヒラドツツジ、ムラサキシキブ、ミツバツツジ、ユキツバキ、シモツケ、ゲンカイツツジ

ドウタンツツジ、アベリア等かなりの種類が植栽されているので、まるでちょっとした見本園みたいかも?

とにかく長い間咲き続けるので、訪れる人の目を楽しませてくれることでしょう

 

 

さくらんぼをイメージしたモニュメントも、なかなかおしゃれな仕上がりになっています

 

 

中庭には枕木で作ったデッキが2か所設けてあり、その周囲は同じく枕木で作ったモニュメントで

囲まれています

それ以外の部分は野芝が張られており、多少の運動は大丈夫

今にも子供達のはしゃぐ声が聞こえてきそうです

こういう広場が3か所設けてあります(高学年、中学年、低学年用)

 

 

学校の西側の境界はあえてフェンスは用いず、代わりにシラカシとベニカナメの生垣で囲んであります

緑色に見える部分は、芝生の種子が吹きつけられていますので、暖かくなると青々と茂ってくれる事

でしょう

まだまだはるの訪れは遠く、芽吹きにはまだ時間が掛かりそうですが、また時期がきたらみなさんに

紹介したいと思います

ちなみに、学校の周囲には桜の記念植樹がされてあり、1本おきにハナノキが植えられてあります

それを取り巻く歩道の街路樹には、アカバナエゴノキが植えられ長い期間花が咲いているので、

神町のちょっとした名物になるかもしれません

見どころは4月の下旬から5月の連休位まで、近くに来られましたら、是非足を運んでみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

和風庭園

 「美しい紅葉が見たい。」というお客様のご要望にお答えして、ここには様々な種類のモミジが植えてあります。

 大盃、琴の糸、イタヤカエデ、荒皮性モミジのモミジ類の他にも、ナツツバキやハナミズキも色彩に花を添えます。

 また、ネジキやツリバナ等、比較的めずらしい雑木も植えてあるので、どんな変化をするのか楽しみです。


和風庭園

 アプローチは玄関ポンチと統一して黒のベンガルブラックという石を張りました。

 物が入らず半年以上待ってもらいましたが、「待ったかいがあった。」とお客様よりお誉めの言葉を頂き、ほっと胸をなでおろしました。

 黒い石材を貼るという機会はなかなか訪れませんが、石自体に品があり、曲線もうまく表現出来たので納得のいく仕上がりになりました。

 


和風庭園

 ここで組まれている鮫川石は以前の庭では半分以上埋もれていました。

 庭を移転する際に思い切って「七、五、三の石組」に組み直しました。

 かなりの巨石なので迫力のある石組に劇的に変化しました。瓦で仕切る事でメリハリが出来、モダンな雰囲気に。

 巨石にはミツバツツジやウメモドキを添えて、山野の趣きを与えています。

 


 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2011年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930