月別アーカイブ: 9月 2011

札幌出張の続編、モエレ沼公園の次に訪れたのは「五天山公園」です

 

 

ご覧のように砕石場跡地に整備された公園で、「パークゴルフ」というお年寄りに大人気なスポーツ

がメインなようです

当日体験プレーする予定だったのですが、利用者が多く40分待ちと言う事で急きょキャンセルになってしまいました

 

 

3コースあるらしいんですが、全部こんなように大盛況でした

ここだけで年間3万人訪れるそうです (考えられへん数字やで~)

おかげで、プレーすることなく北海道名物のジンギスカンをおいしくいただいてきました

やはりマトンは激ウマです

 

ついでに並んでいるソフトクリームも食べてきました

こんな濃厚なソフトクリームは今まで食べた事が無い位おいしかったです

 

楽しい時間はあっという間に過ぎ、それぞれ解散して自由行動することに

少し飛行機のじかんまで時間があったので、大通り公園を何人かの仲間と散策してきました

 

 

かの有名なテレビ塔です

この日は祭日と言う事もあり、イベントが開催されており多くの人で賑わっていました

 

 

みんなおいしそうに屋台からテイクアウトして、食べていました

 

地ビールや十勝ワイン超おいしそうでした

 

ほんとはすごく飲みたかったんだけど、帰り運転していかなきゃならないので心を鬼にして我慢

でも、さすが190万都市、分母が大きいからイベントしても集まる数の桁が違うことを実感しました

 

公園内に子供達の人だかりを発見

 

 

「イサムノグチ」作の有名な滑り台「ブラック スライド マントラ」です

独特な形状に彫刻家の、こだわりと感性を感じました

手を上げて滑っている怪しいガンジー風な人は、大阪支部から来た同じ地域リーダーのTさんです

かなり異様でしたが、本人曰く「かなりエキサイト」だったそうです

近くにはもう一つの作品がありました

 

 

白い滑り台、丘に作るって発想もやはり一味もふた味も違います

これならパクレそうです

 

このあと空港で花畑牧場の生キャラメルや白い恋人達等のお土産を買い、夕飯に海鮮丼を満喫

して帰路に着きました

さすがにハードスケジュールだったため、疲れが取れるまで1週間かかったのにはさすがに老いを

感じてしまいました

でも、とても楽しかったです

こんどは連泊するぞ~? 

 

毎年この時期に定期的に開催されるスーパーカーミーティング、今年も観てきました

と言うのも、主催している社長が私とかなり親しい社長なので、毎年かなりしつこく誘われます

来年あたリはスポンサーにまで、させられそうな勢いです (その割には私のライブにはここ数年来ていません)

でも、ここ数年欠かさずやっているので今年もお客さんがたくさん来ていました

 

 

ポルシェがずらり・・・・・・・・・圧巻です

 

 

デトマソです ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 圧倒されます

 

 

ランボです・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ケバイです

 

 

アウディの新しいスポーツカーまで展示してありました

これは、結構カッコ良かった

はっきり言ってタイプです(何カミングアウトしてるんだ?)

 

 

中にはこんな雑誌でしか観れないような、オープンタイプのスポーツカーまで

良い目の保養になりました

しかし、これだけのスーパーカーを集める人脈と、これを実現させる努力と実行力

本当に頭が下ります

バカ?もここまでくれば尊敬に変わります

今度また事務所に遊びに行くと、かなり自慢話されそうですが、仕方ないかな~

たまには、悪態ばかりついてないで、たまには褒めてあげることに致しましょう

9月22日、23日の2日間札幌へ行ってきました

日本造園建設業協会北海道総支部が主催での、地域リ-ダースの会合に東北総支部代表として

行ってきました

 

ここで大きな問題を発見!

民間の有料駐車場が津波で殆んど流されてしまったらしい

ネットでようやく1件発見、予約しようと電話したらあっさり断られる(そりゃそうだ)

6時30分まで来てくれたら多分大丈夫と言われ、5時起きして出発

高速飛ばし宮城川崎まで来たら台風の影響で通行止め

下道で仙台空港まで行く羽目に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

渋滞にはまったら万事休す、ただただ焦るばかり

なんとか、はまらず到着でも7時過ぎてました

有料駐車場は通路まで満杯 アウト?・・・・・・・・・

何でも台風の影響で前日の便が全て欠航したため帰ってこれなかったそう

なんとか鍵預けて止めさせてもらう事に

 

空港でチェックインしようとしたら、係の人に千歳行きだと告げると、飛ぶのか確認したかと?

「そりゃないべ~」と思いつつ見てみると、オッケーでした

前の便は見事に欠航でした

 

なんやかんやでようやく千歳空港へ無事到着

早いけど腹が減っていたので、空港のレストラン街で食べることに

せっかく来たんだから今流行りのものを食べようと豚丼を探す

ありました おいしそうな豚丼がこれです

 

 

うまかったんですが値段が高い~

これで1050円・・・・・・・・・ちょっと高すぎね~

地元の人に聞いたら空港は3割増しらしいいので要注意

 

1日目はノボテルホテルでの地域リーダースの意見交換会、技術発表会、講演会を経て懇親会に突入

2次会はもちろんすすき野で飲み会、アンド ラーメン横丁で締めみたいな

 

次の日は朝7時半集合なのでこれまた6時起き

あんまり眠れないじゃん 6時30分に朝食食べてすぐ出発

大型バスで「モエレ沼公園」に到着

有名な「イサムノグチ」のデザインした公園なので、期待大

やはりすごかった

 

 

奥にある富士山の様な山、これって人工なんですよ~?

「うっそ~」ていう感じ 証拠がこれ

 

 

登るのに片道10分掛かりました

一気には登れず、休んでいる自分に少し老いを感じてしまいました

でも、苦労して登った甲斐がありました 絶景でした

 

 

一つ一つのスケールが大きい事

まさにちょっと古いけど「北海道はでっかいど~」と思わず北の大地から叫んでしまいました

 

 

ガラスのピラミッドと呼ばれるこの施設は、雪を利用して冷房しているそうです

まさにエコの鏡

レンタサイクルが置いてある訳がわかったところで、次の目的地へ移動です

本当に強行軍でした

1回ではとても書ききれないんで、続きはまた次回と言う事でお楽しみに

 

 

ついに完成いたしました! 山形市K邸のガーデニング

限られたスペースの中でうまくお客様の要望に、答えられたと思っています

 

 

 

既存のかなり古いブロック塀を、うまくリメイクしたのがキーポイントです

全体の印象がこれでかなり締まって来ました

 

 

アプローチ部分の全景

枕木とこだわりの富沢石の石畳が、コンクリートの部分といいコントラストを生んでいます

結構傾斜がきつかったので、土が流れ出すと思い同じ富沢石で、土留めの石組みをサービスしました

植栽は実もジャムにして食べられるジューンベリーの株立ちと、マイブームのイレックスサニーフォスターを

植栽しました

この木は常緑樹でありながら、新緑の時にレモンイエローに輝くのでとても綺麗です

 

 

真ん中のスリット部分に埋め込んだ、同じ富沢石の小端張りがいいアクセントになっています

建物の際に行くにしたがって、クラピアという多年草の植物が植えられているので、成長すれば

また違った表情を見せてくれる事でしょう

予算的にカットされた植栽がもう少し植えられれば、もっと無機質感が和らぐのですが

それはまた今度のお楽しみと言う事で、取っておきましょう

 

 

 

今年も行ってきました  B’z のコンサート

お決まりのパターンでツアーバスをパチリ

 

 

記念に私もパチリ あまりにも急いで撮ってもらったので目つぶってるし

とにかく写真撮るのも一苦労でした

 

 

いつものことながら会場前は、人、人、人・・・・・・・・・

グッズやガチャポンが飛ぶように売れています

私の妻もいくら使ってんだって感じ

会場に着いたら私そっちのけで、ネットで知り合った仙台や福島のファンの子達と、グッズ交換

したりしてかなり盛り上がっています

その間私は、1人、1人、1人・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コンサートの方は新しいCD「カモン」から、殆んどの曲が演奏されていました

前もってCDを渡されて聞いていたので、予習は十分です

会場のみんなは、手をフリフリ熱気ムンムン

わ、私はというと、四十肩で手が上がらず(ジョークです)手拍子と妙なステップで対抗

周りにはかなり変なオヤジに思われていたかも?

 

 

 しかし、最後は本当に頭にきた

何故かというと、駐車場から出るのに1時間40分も掛かった

毎回駐車場を出るのに1時間くらい掛かるのに、今回はとくにひどかった

駐車場代として1台1000円取っているんだから、もっと手際よく誘導せんかい

事前にこうなるい事はわかっていたはず、それが教訓としてまったく活かされていない

楽しく勇気と元気をもらったはずのコンサートが、これで半分以上失われてしまった

非常に残念で仕方ありません

 

気を取り直して、彼らの演奏は素晴らしかった

松本さんは、ギタリストの私聞いてもほぼノーミスで弾いていた

さすがプロですね

もう一人のギターの人もうまかったな~(個人的にはジョシュ君の方が好きです)

でもプロの世界は厳しいと思ったのは、彼のギターの音は松本さんの70パーセント位の

音量でした

これもサポートメンバーの宿命なんでしょうね

そこいら辺は、必ず妻がライブDVDを買うでしょうから、細かくチェックしたいと思います

やばい、いつからおれはファンになりつつあるんだ~?

先日、西川町のシルバー人材センターで開講された造園講習会の講師として招かれました

弓張平公園では、日頃からお世話になっている人達が多いので、恩返しとばかりに張りきって

先生になり切りました。

まずは、理事長さんに講師の紹介をして頂き少し緊張しております

 

 

一通りの説明が終わると、さっそく実技開始

まずは、ドウタンの生垣の刈り込みから

 

 

生徒さん達に基本からしっかり教え込みます

生徒さんと言ってもそこはシルバーさん、私の親の年代とそう変わりません

説明の途中ですぐ喰い気味にツッコミを入れてきます そこは冷静に対応して切り返す事にしましょう

 

 

 

次は、古くなったり雪で折れた生垣支柱の交換の方法を伝授している所です

 

 

熱心に聞いてくれるので、教える側もついつい力が入ります

見よこの真剣なまなざし!

 

 

もう、やりたくて、やりたくて仕方ないって感じ

一斉にシュロ縄で結束を始めました

仕事を覚えたいと言う人は目つきが違います

少しでも盗んでやろうと、必死な目をしています

そういう人は、真綿が水を吸い込むように、仕事を吸収していきます

私が講師としてやりがいを感じる瞬間です

 

 

最後に講評 朝9時から夕方の4時までの長丁場大変疲れましたが、勉強にもなりました

人に仕事を教えると言う事は、わたしも本当に理解していないと出来ないからです

これで終わらずに、自宅に帰っても復習してくれるとほんとうに自分のものになってくれるんですが

次は秋に雪囲いの講習会を2日間にわたって行います

みんな楽しみにしていてくれてるみたいなので、気合いを入れて頑張りたいと思います 

 

 

 

完成形をご覧ください

 

カーポート2台用を建てて、スリットには玉砂利を敷き詰めました

 

 

すぐ玄関の前が歩道なので、子供さんが飛び出さないようにフェンスを設けました

アプローチの部分だけ、スレートマロンという自然石の板石を張って、ちょいグレードアップを狙っています

 

 

門柱は美ブロ仕上げに、アクセントでステンドグラスを埋め込んでいます

これがあるので、玄関の扉を開けても外から家の中が見えずらくなりました

比較的低予算ながら、それんなりに個性は出せたと思っています

2期工事で、今度は是非植栽をお願いします

我々は、作庭家としてのこだわりがあります

なので、外構屋さんが手がけた仕事とは、どうしても一線を引きたがります

まずは、山形市K様邸のこの仕事

 

 

最上町の石屋さんから、1個1個石張り用に選んで持ってきた物です

普通の鉄平石とは違い、石が厚いので奥行きがあり、また風情があります

だから、この素材を活かすべく、なるべく石を切らないで石畳み風に張っています

 

 

目地入れも、普通の職人さんがやれば目地材を一面に塗りたくって、ベロ~と平らに仕上げるのでしょうが

わざわざ石の奥行きと立体感を出す為に、京都まで行って買ってきた特殊な手作り目地ゴテを使って

二人で丸一日掛けて仕上げました 

採算を考えたら絶対にしないでしょうね

でも、こう仕上げたかったのです 庭師のプライドにかけても

 

 

駐車スペースのスリットまでも、富沢石をあえて縦使いにして小端張りにしています

縦使いなので車がのっても絶対動きません

これも、から練りで目地を入れ洗い砂で仕上げました

コンクリートがベロ~と上まで来るより、より自然で無機質感が和らぐと考えたからです

 

 

時折仕事を見に来てくれていた隣のおじさん、おばさんにも「随分いぐなったね~」とほめられました

枕木の周りを同系色の富沢石を張った事で、新しいモダンな感覚のアプローチに仕上げる事が

出来ました

富沢石をあえてスクウェアに張ったのが正解でした

この出来栄えには私も満足しています

 

 

既存のコンクリートブロックの下塗りが完成し、まったく別物になったようです

これに塗装をして仕上げれば、かなり変わるでしょうね

次は、時期を見て植栽を施し、魔法をかけます

期待して待っていて下さい

 

 

 

 

9月4,5日の2日間、東根市の建設業協会の旅行に参加してきました

東京、箱根方面だったので、台風が非常に気になる行程でした

 

まずは、お台場の中華料理店で昼食

これでもかと出てくる料理を、生ビールと共に流し込む ゲホッ

満腹中枢がいっぱいになったところで、水の科学館を見学

そういえばお台場には何度も来ているけど、ここには来たことなかったな~

 

 

これは、南極観測船宗谷です

案外狭くてチッチャ! これでほんとに北極に行ってたのって感じ

 

 

青函連絡船の展望デッキからの景色

バックにフジテレビの社屋が映ってると、なんかお台場っぽい

都会に来た~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・て感じ

 

 

バスは小田原のかまぼこやへ到着

3本で390円ってことは1本130円 めっちゃ高い しかも、1日1回冷蔵庫に入れてくれと

めんどくさ~ 買うのや~めた

 

今晩は、熱海の旅館にお泊り お約束のコンパニオンあげての大宴会 カラオケ歌いまくり~

まさにアゲポヨ~ て感じ

食事も海の幸がいっぱい出てきて、かなり食べごたいがありました

 

次の日は芦ノ湖へ

 

台風の影響で何も見えず

 

 

仕方なくバイキングの船をズームアップ

何故かこの船だけは、満杯のようでした

この後、の箱根は当然何も見えず、お土産買うしかありませんでした

 

昼食は、御殿場のかき掲げ屋さんで

 

 

さくら海老のかき揚げが有名らしいんだけど、脂っぽくてそんなにおいしいとは思えなかったです

うどんもただしょっぱいだけ 半分残しました

他県へ来るといかに山形の食べ物がおいしいか、ほんとうに思い知らされます

米と中華そば、それにおそばもうマチガイなく最高の部類です(あくまでも個人的な感想です)

でも、うどんは香川と稲庭に全然かないません 足元にも及ばない位です(あくまでも個人的な感想です)

 

この後、胃がもたれて何も食う事ができず、長~いバスの旅になりました

往復1200キロのバスの旅 かなり疲れましたがいい気分転換になりました

天童市のT様邸は、3回目の提案でようやくデザインが決定しました

テーマは「プライベートガーデン」です

淡いレモンイエローの外観が若いご夫婦にピッタリです

 

 

まずは、駐車スペースの床堀り

やはり、ここも3台分のスペースが確保されています

 

 

自宅のリビングからはテーマの由来通り、生垣で、真四角に区切られたプライベートガーデンの形が

なんとなく想像出来ます

 

 

中には物置と家庭菜園、芝生のスペースが生垣にて区切られます

自宅のリビングからしか、中に入る事は出来ません

 

 

ここまで出来上がると、イメージが湧くでしょう

この竹の支柱にそって生垣用の木が植えられるわけです

案外類をみないガーデニングになりそうです

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2011年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930