月別アーカイブ: 3月 2013

現代和風ゾーンに、かねてから据えてあった石畳周りに

リュウノヒゲを中心に、山野草や下草を植栽しました

 

008 (9)

 

まずは植栽用の客土にバーク堆肥や化成肥料を撹拌し、土壌改良して

その上に下草類を並べて配植していきます

この時のポイントは、なるべく自然に近づける事です

また、タマリュウは深根性なので根を折り曲げないで深く植えこむのが

丈夫に育てるコツです

 

009 (7)

011 (4)

 

こうすることでグッと石畳が活きてきます

リュウノヒゲの間にはいろんな山野草が植えてあるので、季節ごとに

違った彩りを与えてくれることでしょう

 

015 (4)

 

坪庭にはモダンな建築に合わせて、モウソウチクを植えてみました

下草にはヒメシャガを植えてあります

このチョイスは、あえてモダンさを出すためです

右側の窓がお風呂場なので、湯に浸かっていると和の貸切お風呂に

入っているみたいでしょう

 

また、根が悪さをしないように、周囲には竹用の防竹シートを張って、根の

進捗を抑える対策を十分とっています

 

後は、アプローチ兼駐車スペースのコンクリート打設と、周囲の仕上げを

残すのみです

最後まで気合で頑張りたいと思います

 

 

 

 

雪解けが進み、去年から待ってもらってます天童市のK邸の

芝張り工事を開始しました

 

001 (2)

 

まずは、バックホーにて硬い砕石層を掘っていきます

 

002 (2)

 

次に、植栽用の土を入れて肥料を撹拌し芝床を作り、高麗芝を

張っていきます

真ん中に1本植えてあるのが、記念樹として頂いたジューンベリー

です。  記念樹もいろいろ選べたのでこれにしてもらいました。

早く大きくなってほしいものです。

 

006 (3)

一般家庭にしてはかなり広い、芝生広場の完成です。

5月過ぎには根付いてくれるので、子供達のいい遊び場になって

くれることでしょう。  ようやく1件終わってホッとしています

まだまだ、去年完成出来なかったお庭がありますので、頑張って

なるべくは早く完成させたいと思います。今しばらくお待ちください。

今回の京都への旅はあまり時間が無く、お寺めぐりは

あまり出来ませんでした

でも、2箇所ほど行って来ましたので、紹介したいと思います

 

024 025

 

嵐山に有る庭園「天竜寺」

ここは、池泉回遊式庭園のなかでも、一二を争う名園です

池に組まれている護岸石組みの配置が、まさに絶妙のバランス

です

特に水面から石が出ている分をどうやって測量したのか?

惚れ惚れするくらいの石組みです

 

2枚目の枯滝も水が流れていないにもかかわらず、あたかも

荒々しい水音が耳を澄ませば、今にも聞こえてきそうな迫力です

もう、只々感心させられるばかりです

 

028

 

もう一つが山科の方にある、名園の醍醐三宝院です

安土桃山時代に豊臣秀吉が基本設計されたと言われる、彼らしい

豪華絢爛な池泉回遊式庭園です

約10年前に当時の庭に復元され蘇った豪快な滝、観るものに自然の

滝とはこうあるべきだと説得されてるような、自然で迫力ある滝石組が

見ることができます

鶴島、亀島はもちろん、それらに掛かる土橋も滅多に見られるものでは

ありません

京都に来たら絶対見てください

私が保証します

ただし、ここは写真撮影が禁止なので、残念ながら画像をお見せする

ことが出来ません

代わりになりませんが、菊の紋様が入った門で勘弁して下さい

他に京都の庭でいいところが知りたい方は、わたしに直接聞いてください

有料で(笑)お教え致します

ショッピングが済んだので、次は息子が同級生と2人で造ったお庭を

見に行きました。(かなり、先生や後輩に手伝ってもらったみたい)

 

006

 

当初はかなり樹木が伸び放題で、かなり剪定したそうです

難しい樹木は先生にやってもらい、それ以外は自分たちでやったそうです

瓦の縁取りは、要らなくなった瓦を貰いに行くところから始めて、コツコツと

仕上げたみたいです

ここの御宅には、車椅子を使われる方がいて、それを考慮し石と枕木の

間はたたき仕上げ(漆喰のようなもの)にして、バリアフリーにしてあります

奥は広くしてあり、車椅子が回転して折り返せるように工夫してありました

 

010

 

技術的に言ったらプロの目でみると、まだまだですが処女作でこれができたら

大したものでしょう

やはり、卒業制作となると模型やパネルのものが多いのですが、それはやはり

仮想空間なので、何でも自由な発想で形にできますが実際作るとなるとそうは

いきません

その点、形になって施主に喜ばれたのですからそこは大いに評価してやろうと

思います

 

005

 

この萩垣も、萩の材料をもらってきてそれから加工して造ったとのこと

ちょっと曲がっているのはご愛嬌かな~(コッソリ二人にはこつを伝授して

おきました)

施主のご好意で二人の両親と共に、庭を見ながら仕出し料理をご馳走に

なりながらちょっとした宴を楽しませてもらいました

何と言っても施主に喜んでもらったのが何よりです

 

次の日は卒業式です

お決まりの記念撮影

 

013

 

息子の髪型と来たらまるでパイナップルみたい・・・・・・

それにヒゲとピアス・・・・・・最初誰が迎えに来たのか

わかりませんでした

バッシングしたところ4月から京都の庭師に修行に行くので

そうしたら坊主頭・・・・・・・・まあ仕方ないか~?

 

次は京都のお薦めの庭園を紹介したいと思います

 

002

 

息子の卒業式に出席するために夫婦で、京都に行って来ました

次の日が卒業式なので、まずはショッピングです

最初に偶然ネットで見つけたオシャレなジーンズ屋の「京都デニム」

というお店に向かいました

画像でお分かりの通りどこか和テイストなジーンズです

 

031

032

 

次は家内の付き合いで、鞄さんへ向かいました

全国的にも有名なお店です

 

004

 

かなり丈夫で高価なものでしたが、留守番している祖母と娘の

分も合わせて買っていました

しかし、どんだけ売れるのって言うくらい、お客さんがひっきりなしにやってきます

かなり、儲かっているんだろうな~?

 

 

次は、亡くなった父の一周期にが近いのでお念珠を買いに行きました

さすが京都手頃な物が見つかりました

 

033

 

黒檀のものなので、これなら見劣りすることはないでしょう

ついでに数珠入れも一緒に購入しました

これで買いたいものは、みんなへのお土産位なのでだいぶ安心しました

すごく良い買い物が出来ました

次会は、別の京都を紹介したいと思います

完成間近

 

懸命な除雪作業の甲斐あってようやく公園の全体像が見えてきました

この周囲に植栽を施し、砕石敷きの所にグリーンサンドという特殊な

舗装を施工することによって、大きな遊び場が確保される訳です

 

006 (2)

 

築山には滑り台がセットされ、手前にはスプリング式のシーソーが

セットされました

思わず大人も乗ってみたくなっちゃいます

 

007 (2)

 

もう一箇所の公園にはすでにブランコとスプリング式遊具がセットされ

子どもたちの出番を待っているかのようです

あ~頼むから雪降ってくれるな~❢

そうでないと完成が遅れてしまう~。

天童市のT様宅の仕上げを、開始しました

まず最初に追加で頂いたフェンス工事から始めました

 

008 (8)

 

アルミ素材と言えどそのクオリティーは高く、一見して本物との区別が

つきません。

まずは基礎ブロックを埋め込んで、その穴に柱を立てて行きます

去年の暮、アルミ工事屋さんの手配がなかなかつかなかったので

すでに一ヶ月前から予約を入れておきました

そうでないとどうなるか、不安で一杯になってしまうからです

 

002 (12)

 

出来上がってみると、フェンスの高さをコンクリートの塀に合わせて

カットしたので、すごくスッキリしたシャープな印象に仕上がりました

エボニーブラックの黒とコンクリートのコントラストが予想以上に綺麗

でした

 

009 (6)

 

去年施工した石畳周辺にも客土を足して、仕上げました

予想していた寒さによる石の剥がれもなく、ホッとしています

この周りにはリュウノヒゲを中心に、山野草や下草を植えていきます

私もここまできてしまったので、職人魂に火がついてしまい思わず

サービスと言ってしまいました。

でも、それで見栄えが全然良くなるので、余計出来上がりが楽しみです

次の工程は、室内から見える坪庭2箇所です

竹を使った斬新なものになりますので、期待していてください

002

 

日曜日に東根中央ロータリークラブ主催の親睦ボーリング大会に

参加して来ました

私よりかなり上の年代の人達は、丁度時代的にボーリングブーム

にハマった人達なので、なかにはマイシューズ、マイボールの人

までいてかなりハイスコアな戦いになっています

私は雪投げの疲れもあってか(勝手な言い訳)かなり凹むスコア

でした

 

004

 

ボーリングが終わると表彰式も兼ねて、居酒屋で懇親会です

私はどちらかと言うとこちらがメインで参加したようなものです

生ビール4杯も飲んだのでかなり良い感じなって来ました

このあとはいつものスナックでカラオケ歌い倒して、ストレス発散と

行きます。   この方法が私には一番あっているようです

ここからはバンドのボーカリスト実力発揮です(これはかなり反則ですね)

005

 

3月になっていよいよ工事の方もようやく動き始めました

先月末に降った雪を大急ぎで排雪しています

その数2トンダンプで240台にものぼりました

それと並行して遊具の設置を行なっています

 

007

 

これは、築山に滑り台を設置しているところです

なかなか築山に滑り台を設置することは極めて珍しいことなのですが、このやり方だと

子どもたちが遊んで誤って転落する危険性がないので、より安全かも知れません

 

004

 

別の公園にもこのようにブランコとロッキング遊具を取り付けました

このような遊具の取り付けも数をこなしてきたので、だいぶ要領を得て来ました

当社でもこのように街区公園を土木工事一式込で請け負うのが初めてなので、

戸惑うことがだいぶありますが、なんとか完成まで工期内にこぎつけたいと思います

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2013年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031