月別アーカイブ: 12月 2016

いつも大変お世話になっております。

早いもので、今年も残りあとわずかとなりました。

皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

本年は格別のご愛顧を賜り、誠に有難く厚く御礼申し上げます。

来年も精進を重ね、少しでもサービスの向上を図るよう、誠心誠意努力す

る所在ですので、より一層のご支援を賜りますよう、従業員一同心よりお願

い申し上げます。

dscf6096

尚、当社の年末年始の休業期間は下記の通りです。

(年末年始休業期間) 12月31日(土)~1月9日(月)

新年は1月10日(火)8:00より営業開始となります。

時節柄、ご多忙のことと存じますが、くれぐれもお身体にはご自愛ください

ませ。

本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますと共に、来年も変わらぬお引き

立てのほどよろしくお願い申し上げます。

来年のブログも楽しみにしていてください!

 

当社でも10年振りになる、ビオトープ風な自然に優しい池や流れを作りま

した。

その施工場所は、舟形町の『縄文の女神』という遺跡が発見された記念公

園です。

岩手の小岩井農牧さんの指導を受けながらの施工になりました。

dscf5270 dscf5273

こんな風に、防水シートの外側に木杭を打ち込み、あらかじめアゼスゲが

植生されたヤシロールをロープで固定して、護岸を形成していきます。

木杭の打てない所は、地先境界ブロックで代用しました。この中には、畑土

を入れて洲浜を作り、水生植物を植栽してあります。

また、流れの中には、対岸に渡れるように沢飛石を取り付け、自由に行き

来してもらえるように配慮しました。

dscf5300

その仕上げは、流れの中に水分け石や小さな段滝を設け、玉砂利を敷き

均し、より自然に近い形に修景しました。

dscf5352 dscf5298

たまたま、雨水が貯まったらだいぶ雰囲気が出てきました。

ポンプで水を流した時、すごくなる気配に期待が高まります。

dscf5551

dscf5550

dscf5549

流末の池の中には、浮き島を作りました。

dscf5546

中には、アゼスゲをメインにサワギキョウやショウブ、ミソハギ等の水生植

物が植えられています。

 

全体の雰囲気を理解してもらう為には、上段の方から全景を撮ると、公園

のレイアウトがよく分かって頂けると思います。

dscf5544

今は冬なので、少し淋しい感じですが、来春の緑が芽吹く頃、再度画像を

UPしますので、その時はもっと素敵な公園になっていると思います。

これを見て、どうか皆様足を運んでみてください。

よろしくお願いします。

 

ガーデニングが始まる前の外観がこの画像です。

dscf5502

完成した画像がこちらです。

dscf6023

入口側の花壇には、冬場でも葉が落ちて淋しくならない様に、常緑の物を

植栽しました。

シンボルツリーには、色々なデコレーションに用いられるトドマツを植え、そ

の隣には常緑のヤマボウシを植えました。

将来は、トドマツの方が成長が早いので、こちらの方を1m位高くしたいと

考えています。

トドマツの周囲には、花の期間が長いアベリアを植栽しました。根〆には、

ここ数年カラーリーフとしての人気が高いヒューケラを植えてみました。

dscf6014

ショールームの前は、ガラス越しにあまり視界の邪魔にならない様に、新

緑がレモンイエローになって美しいイレックスサニーフォスターという木を植

えてみました。

根〆には、こちらも斑入りの葉が美しいフイリヤブランを植えて、華やかに

演出してみました。

また、ショールームから直接外へ出られる様に、枕木で通路を作ってみま

した。

dscf6013

一方、反対側の入口側の花壇には、落葉樹をメインでまとめ、四季折々の

季節感を感じてもらいたく配植してみました。

手前の高木はジューンベリーという木で、最近、色んなお庭でよく見かけま

す。可憐な白い小さな花が咲き、またそれが実になり、ジャム等で食べる

事ができます。ベリー系の木なので…

その隣の木はアオダモと言い、木肌に白い模様が浮き出てくるのが特徴で

す。この木の周囲には、シモツケという薄紫色の花が綺麗な低木を植えて

みました。

根〆には、同じ薄紫色の花が咲くハーブのキャットミントを植えてみました。

こちら側は、新緑の季節になると空間が劇的に変化する様、演出してあり

ます。全体のイメージがスターバックスという事だったので、それにこだわっ

てみました。

dscf5432

     ↓              ↓              ↓ 

dscf6024

かなり近いイメージに仕上がったと自負しています。

オープンも間近なので、皆様も是非足を運んでください。

いよいよ高木の植栽に入りました。

店舗の南側の植樹桝には、樹高が4mを超すかなり大きめなアオダモと

ジューンベリーの株立を植栽しました。

dscf5654

やはり大きな木が植えられると、外観全体に与えるインパクトが違います。

植え付けた後には、風で倒れたりしない様に、竹でしっかりと支柱を立てた

後、幹をシュロ縄で結束して固定します。

dscf5658

根〆には、シモツケとキャットミントを植え付けてみました。

こちら側は落葉樹を植えたので、四季折々の季節感が十分楽しめると思い

ます。

dscf5662

今の時期どうしても葉が付いていないので、どこか淋しい感じがしますが、

これだけはしょうがありませんね。

反対の北側の植樹桝には、常緑樹のヤマボウシとクリスマスツリー用の

トドマツを植え付けてみました。

dscf5664 dscf5666

どちらも、この時期にもかかわらず葉が付いているので、植えた時点で雰

囲気が一変します。根〆には、常緑樹でしかも花の咲いている期間が非常

に長いアベリアと、近年カラーリーフとして人気の高いヒューケラを植え付

けてみました。

また、「ショールームからも、自由に出入りできる様に」という要望にお応え

して、枕木で通路を作ってみました。

dscf5661

残るは細い仕上げを残すのみです。

次回は完成形をお見せできますので、お楽しみに!

縁あって、CASA DOLCEのガーデニングを頼まれました。

何でも、スター○ックスをイメージしてあるとの事でしたので、設計に入る前

に2ヵ所の店舗を視察してから、作業に取りかかりました。

着工前の外観はこんな感じでした。確かに似ています。

dscf5502

建物廻りを掘削し、植栽用客土を入れ、土留に白御影の敷石を交互に据

え付け、アクセントを付けてみました。

dscf5634 dscf5642

植栽用客土に牛ふんモミ殻堆肥を撹拌して土に養分を与え、合わせて水

はけも改善していきます。

ショールームの中から見ても、あまり視界の邪魔にならない様に、大きくな

らないイレックスサニーフォスターを植えてみました。

dscf5646

その廻りには、日陰に強いフイリヤブランを植え付けていきます。

dscf5647

植付けが完了すると、周囲が華やかに変化しました。

フイリヤブランの斑入りの葉が、大きく貢献しているようです。

dscf5649

それ以外の花壇は、外観と同じ色調のレンガを並べていきます。

dscf5648

結構デザインも斬新にしてあるので、今後どの様に変化していくのか、作り

手の私達もすごく楽しみです。

国道13号線沿いなので、皆の視線を感じます?

センスの良い所、見せなくては…!

工事を着工する前とその後では、どの様に変化したのかを例によってビフ

ォー・アフター形式で説明したいと思います。

Before

dscf5080

After

dscf5616

和室に面した窓から見える景色がどこか殺風景だったので、ウメモドキとツ

リバナの株立を植えて、和のテイストを残しながらも洋風な外観とのマッチ

ングにも気を配りました。

Before

dscf5079

After

dscf5617

門柱廻りが淋しいという事と、玄関の脇から風と共に雪が入ってきてしまう

ので、それを緩和してほしいとの要望でした。そこで門の脇にカツラの株立

を植えて、それを緩めるよう対応しました。

Before

img_0210

After

dscf5623

隣家のフェンス等が気になるという事だったので、アオハダや常緑ヤマボ

ウシ、ジューンベリー、ナツツバキ、ヤマモミジ等の雑木を植えて彩りを与

えました。

Before

img_0207

After

dscf5621

庭の一部には、枕木で囲った家庭菜園を作りました。

植栽地の高さも、石積みや小舗石の高さを変えて変化を与えました。

敢えて直線を使わず、緩やかな曲線をデザインに与えた事で、庭にゆとり

が生まれました。

After

dscf5620

リビングの窓には、ウッドデッキを設けました。これでリビングから眺めると

とても広く感じると思います。その前には、雫型のテラスを作ってみました。

ショコラ・コロンという焼き菓子の様な可愛いレンガで、コンクリートを縁取っ

ただけのテラスですが、形がおもしろいので、この庭にすごくマッチしている

気がします。

広さもバーベキューするには、丁度良い面積を確保しています。

プレゼンした時のイメージスケッチと、どれだけ実際完成した作品が忠実に

再現されているのかを比較してみました。

どの作品も若干の変更はあるものの、かなりイメージスケッチと同様に完

成しており、このスケッチに時間を費やした甲斐があったと安堵している所

です。

これからもつたないスケッチではありますが、作庭を依頼して頂いたお客

様に対して、私も想いを正確に伝えるべく一所懸命描いていきたいと考え

ています。

常にオリジナリティーを追求し、お客様の要望にあった作品を造り続けてい

きたいと考えておりますので、どうか宜しくお願い申し上げます。

 

東根市I様邸

%e7%9f%b3%e5%9e%a3%e9%82%b8

imga0808

 

村山市Y様邸

%e7%b5%90%e5%9f%8e%e9%82%b8

imga0803

 

山形市H様邸

%e5%8d%8a%e7%94%b0%e9%82%b8

imga0644

 

山形市H様邸

%e6%97%a9%e5%9d%82%e9%82%b8

dscf5255

 

東根市K様邸

%e9%bb%92%e7%94%b0%e9%82%b8

dscf5436

 

 

 

 

ガーデニングもいよいよ大詰めを迎えています。

今回は樹木の植栽です。

まずは、剪定して余分な枝を落とします。

dscf5579

アオダモの株立やウメモドキ等の雑木を植え込みました。

dscf5580 dscf5582

次に樹木が風や雪で傾いたりしないように、竹で支柱を施します。

dscf5583

植栽まで完了したら、庭のだいたいのイメージがつかめました。

dscf5586

3種類の石の高さを変えた事で、庭にリズム感が生まれてきました。

ただ残念なのは、樹々がすでに落葉してしまった事。

紅葉の時期だと、美しいコントラストをお見せできたのに…

次は、最終工程のテラスとウッドデッキ工事です。

完成まであとわずか。最後まで雪が降らない事を願います。

石工事もだいぶ完成に近付いてきました。

dscf5567

これは、大洋紅という赤っぽい小舗石を並べている所です。

この色が庭のアクセントの一つになってくるでしょう。

石工事が終わると、当社で一番人気の雑草対策の為の防草シートを張っ

ていきます。

dscf5563 dscf5566

このシートは水は透しますが、根は通さないので雑草が殆ど生えてきませ

ん。かなりの優れものです。その上に、シートの紫外線劣化と化粧を兼ね

て、玉砂利を敷いていきます。

砕石と違い角ばっていないので、お子様が遊んでいて万が一転んでもケガ

をする可能性はかなり低くなっています。

dscf5569 dscf5571

ここまで仕上がると、結構良い見栄えになってきました。

dscf5573

土留石の仕上がりの高さを3段階にしたので、ここに樹木を植えるとおもし

ろい仕上がりになると思います。

残すは、テラス、ウッドデッキと植栽。

まだまだインパクトのある工事が残っているので、かなりの変化が期待でき

ます。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031