インターロッキングブロック

 

裏地の西側には大きな枝垂桜が植えてある素敵な緑道があります。

春にはその桜の花をリビングから眺めるのを毎年楽しみにされているとのこと。

その枝垂桜を借景しながら、より素晴らしい景観になるようにデザインしました。

 

【着工前】

 

ゲスト用の駐車スペースはもう1台分新たに設けました。

その縁取りはアンティークレンガを用いてシックに決めてみました。

 

主庭との境界にはツリバナの株立を、根〆にはシモツケ“リトルプリンセス”を植栽しました。

これらが成長すると家庭菜園が丸見えにならなくなるので

人の目を気にする事無く、野菜作りが楽しめます。

 

 

既存の門柱のレンガタイルの色に合わせて、大洋紅という名の小舗石で縁取りをしました。

背景にはアオダモの株立を植える事で、より涼しげに見えてきました。

門柱の下にはクリーピングタイムを植えて、緑のボリュームを増やしました。

 

 

そして、門柱やインターロッキングブロックも高圧洗浄機で洗ってみたらこんなに綺麗に!

一度試してみては…?

 

 

既存のラティスを有効活用して、その前にはジューンベリーやヤマモミジ、アオハダ、ナツハゼの雑木類を植栽して彩りを与えています。

更にリゾート感を演出する為にマホニアコンフューサを植えてみました。

綺麗に手入れされた芝生の中央には、まんまるの石張りテラスを造り、くつろぎのスペースに使ってもらえるようにしました。

 

 

上空から撮ると、庭の造形が面白い形をしているのがすごくよく分かります。

奥のアスファルト塗装が緑道となっています。

 

昨年の暮れに完成したK様邸。

その時は雑木の葉がすべて落葉していてどこか淋しい感じでしたが、先日訪れてみたらすっかりお客様が望まれていたメルヘンチックなお家に変わっていました。

 

インターロッキングブロックの脇に植えられた草花が優しく迎えてくれます。

また、植えられた雑木類の葉も風になびいて、ここだけ時間がスローモーションのように流れているように感じます。

まだ芝は少ししか青くなっていませんが、遠近法を用いると庭全体が広く感じるのが分かります。

 

 

奥様に最初に言われた「レンガをランダムに敷いたアプローチがほしい」という夢を実現する為にいろいろな課題を克服して形にしました。

縦長な敷地だったので、駐車スペースも3台以上は確保できました。

アプローチも奥様のイメージ通りに施工できたのですが、融雪の為にホースで水を流すということなので、レンガだと水分を含むと凍結融解の可能性が高く、その代用としてインターロッキングブロックにしてもらいました。その淡い色調は決して派手ではありませんが、うまく家と馴染んでいます。

アプローチ沿いにはジューンベリーやアオダモ、アズキナシ等の雑木が植えられており、庭に彩りを与えています。

アプローチ脇の雑木の下には、いろんな多年草が植えられています。

キャットミントやクリーピングタイムのハーブ類。ヒューケラ、アジュガチョコチップ、ベロニカオックスフォードブルー等の比較的目新しい多年草も植えられています。

花の色も濃紫から淡桃色のグラデーションが楽しめるように配慮してあります。

枕木3本組み合わせただけのシンプルな門柱も、程良いアクセントになっています。

コスパの高い門柱といえば、やはりこれになるでしょう。

リビング前には芝生の広場をかなり大胆に大きく取りました。

ツリバナの株立の下には、錆色の小舗石で円型に囲んで花壇を設けました。

当初の計画にはなくて後から追加された赤いボンボビのポスト。差し色として効果大です。

着工から約1ヶ月半掛かって、ようやく完成に漕ぎつけました。

例によってどのように変化したのか分かりやすいようにビフォー・アフター形式で説明したいと思います。

before

after

「ガーデニングを行えば、これだけ変わるのか?」という見本みたいな作品になりました。

これだけで別の家になったように見えます。お家がとても可愛くなりました。

before

after

駐車スペースも3台分ありますので、来客があっても困ることはありません。

after

奥様に最初に言われた要望が「レンガをランダムに敷いたアプローチがほしい。」とのことでした。

イメージはほぼこの通りなのですが、融雪の為にホースで水を流すということなので、レンガだと水分を含むと凍結融解の可能性が高く、その代用としてインターロッキングブロックにしてもらいました。その淡い色調が決して派手ではありませんが、うまく家と馴染んでいます。

アプローチ沿いには、ジューンベリーやアオダモ、アズキナシ等の雑木が植えられており、庭に彩りを与えています。

 

before

after

リビング前には芝生の広場をかなり大胆に大きく取りました。

ツリバナの株立の下には、錆色の小舗石で円型に囲んで花壇を設けました。

after

アプローチ脇の雑木の下には、いろんな多年草が植えられています。

キャットミントやクリーピングタイムのハーブ類、ヒューケラ、アジュガチョコチップ、ベロニカオックスフォードブルー等の比較的目新しい多年草も植えられています。花の色も濃紫から淡桃色のグラデーションが楽しめるように配慮してあります。

after

枕木を3本組み合わせただけのシンプルな門柱も、程良いアクセントになっています。

コスパの高い門柱といえば、やはりこれになるでしょう。

after

お隣への落雪防止用にウッドフェンスを設けてみました。

ここ新庄は豪雪地帯なので柱と柱の間に補強材を追加しました。これで、もってくれればいいのですが!

after

最初の計画にはなくて、後から追加された赤いボンボビのポスト。程良いアクセントになっています。

コンクリート系の工事が終わり、いよいよ我々庭師の出番がやってきました。

まずは植栽用の客土を搬入して盛土しました。

これだけでも雰囲気は随分変わりましたが、次はいよいよ一番劇的に変わる植栽工事です。

色んな雑木が植えられる度に新たな息吹が与えられていくような気がします。

次に肥料を混ぜてから芝を張っていきます。

目土をかけて仕上げていくと、緑のボリュームが増して鮮やかな緑の空間が作られていきます。

本当の緑には癒されます。

ランダムに並べられたインターロッキングブロックの廻りには色んな多年草が植えられ、長いアプローチを彩り豊かな空間へと導いてくれます。

次は仕上げの木工事(門柱、家庭菜園、フェンス)に入ります。

ここまでくるとお客様の喜ぶ顔が見えてきました。最後まで気合いで頑張ります。

隣地境界に土留用のコンクリートブロックが据え付けられ、駐車スペースの土間コンクリートが打設されました。

アプローチはインターロッキングブロックをランダムに並べてみました。

今はこの状態ですが周囲に多年草の花々や雑木が植栽されれば、もっとくっきり浮き出てくると思います。

立水栓廻りも小舗石で囲んで、ちょっぴりオシャレに仕上げました。

円型の花壇が庭のポイントになっています。

外構工事がほとんど終わったので、次はいよいよ植栽です。コンクリートが乾くまでしばらくお待ちください。

 

待ちに待った植栽工事。まずは客土に牛ふんモミ殻堆肥をたっぷりと撹拌します。これで芝の成育が良くなり葉の緑もすごく濃い色になって見栄えがとても良くなります。

樹木を剪定した後、順次平面プランに基づき植え付けしていきます。

樹木が風で倒れないように、竹で支柱を掛けます。その後、下草にシモツケを密植していきます。

仕上げに高麗芝を張ると完成です。

工事着工前とどのように変化したのか、ビフォーアフター形式で発表したいと思います。

 

before

 

after

庭の中心に設けた植栽帯。やはり樹木が植えられると家の印象が全く別物になります。ここはヤマモミジ、ジューンベリー、ナツハゼの3本の樹木でまとめ、低木にはシモツケを密植しました。

残りのスペースには高麗芝を張って緑の量を確保し、将来家族の寛ぐスペースを確保しました。中でも一番のお気に入りは、いろんな小舗石をミックスして並べた花壇の縁取りです。ミックスした事で小舗石の大きさや色が違うので、かえっておもしろい形に仕上がりました。例えが変かもしれませんがビーズの首飾りみたいになったのは想定外でした。

 

before

 

after

2台用のカーポートは建物の窓枠のサッシの色に合わせてオータムブラウンにしてみました。無難なシルバー系の色よりこちらの方がしっくりきています。

 

after

アプローチのキャメルストーンの石貼りも木の葉型にしてみました。

 

after

テラスをイメージしたこの場所も、在庫のインターロッキングブロックを使って同じく木の葉型にしてみました。

やはり曲線がモチーフになっていると、すごく柔らかい印象のガーデニングになりました。

駐車場の路盤が仕上がり、いよいよ飾りの部分の施工を開始しました。

「コロガシ」という特殊な小舗石を使い、大きさをランダムに変えて並べて

みました。

ビーズの首飾りみたいになって、何かおもしろい仕上がりになりました。

形もなんちゃってハート形です???

リビングの前にはインターロッキングブロックを並べてリーフ形(葉っぱ)

に並べてみました。

これはこれで、なかなかおもしろい形になりました。建物の周囲の整地

がデコボコだったので再整地して防草シート+玉砂利敷にしていきます。

これで雑草対策は万全です。

次にハート型の植栽帯に客土を入れていきます。これでだいぶ完成形

が見えてきました。

次はいよいよガーデニングで一番の腕の見せ場となるキャメルストーン

の石張りです。

早く完成形が見たくて、お客様よりも先にワクワクしています♪

地道な土工事が終わったので、いよいよ修景作業に突入です。この工

事の目玉の一つである、パーゴラ(藤棚)作りに取りかかりました。

IMGA0629

雪が降り積もる事を考慮して、パーゴラには補強材を加えています。

IMGA0644

移植したフジが棚一杯に花を付けてくれる光景が、今から想像しても

とてもワクワクしてきます。

アプローチの途中には、奥様からの要望でバラのアーチを取り付けま

した。

IMGA0605

雪国仕様という事で、少し無骨ですが頑丈な製品をチョイスしました

。経験上バラが伸びて絡んでしまうと、アーチのデザインはあまり重

要ではない事に気付いたからです。

アプローチの縁取りはクラシックなレンガを用い、中は凍結に強いイ

ンターロッキングブロックを並べました。

IMGA0648

IMGA0702

これで、かなりオシャレな雰囲気になってきました。まだまだ、第2、

第3の仕掛けを準備しますのでお楽しみに❢

 

着工前はこんな風に雑草が生い茂った状態でした。

015 (2)

家の北側部分には砕石が敷いてあり、ここにも雑草が目立っています。

IMGP0967 (3)

まず最初に既存の樹木の伐根を行い、雑草の生い茂った表土の

剥ぎ取りを行いました。

IMGP0975

機械の入れない所は人力によって剥ぎ取っていきます。

IMGP0982

庭に放置してあった残材も、綺麗に取り除きました。

IMGP0973

DIYで敷いてあったインターロッキングやコンクリート平板も

全て撤去し、新たなデザインに生まれ変わります。

IMGP0991

既存の庭の解体が終われば、いよいよここからリ・ガーデンの工事が

始まります。

次にどう変化していくのか、楽しみにお待ちください。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年10月
M T W T F S S
« Sep    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
記事アーカイブ