ウメモドキ

 

IMG_7429

 

既にアプローチや門柱、カーポート等の外構工事は完成されていた為に

それに合わせて作庭致しました。

 

神社が祀られていたり、思いの外勾配がきつかったり、

機械が入れず人力作業になったりいろんな条件が重なりましたが

比較的管理が楽で和モダンな庭に仕上がったと思います。

 

【着工前】

DSCF5199

 

緩やかな曲線を描いて造られたコンクリート製の長いアプローチを歩いて玄関まで行く途中に、

いろんな雑木(ナツツバキ・アオダモ・ジューンベリー等)や

グランドカバー(フイリヤブラン・ヒューケラ・ベロニカオックスフォードブルー)を植えた事で、

四季折々の彩りを感じてもらえるようになりました。

 

照明は冬期間アプローチの除雪の事を考えて、

移動の出来る和風スタンドにしました。

 

IMG_7423

IMG_7424

 

また武骨なコンセントスタンドは割竹で囲い、化粧をしました。

 

植栽スペースには小舗石を使い、

そこにヤマモミジやウメモドキ、キンモクセイを植えました。

 

また大きくとった芝生のスペースや

手前に見える花壇スペースも全てアプローチに合わせ

自由な曲線を使っているので、統一感が生まれました。

 

根〆にはシモツケリトルプリンセスやスジギボウシ、

キャットミントを植えてあるので四季を通していろんな彩りの変化が楽しめるでしょう。

 

IMG_7425

 

以前から祀られている赤い神社の周りは

一段高く土が盛られていたので、石組で土留をして

さらに白御影敷石を据え付けていつでも歩いて拝めるようにしました。

 

植栽もそれに相応しいようにヤマモミジやサザンカ、サンシュユの

和風に属するであろう樹木を植栽し、

周囲はサツキツツジの刈込でまとめました。

 

IMG_7426

 

通路を挟んで両側に芝生を張る事で遠近法が生まれ、とても広く見えます。

また緑の占める面積が増える事でより豪華に見えます。

 

IMG_7427

 

玄関先から振り返るとうまくアプローチの曲線と庭の曲線が絡んで

デザイン状の相乗効果が得られているのが分かります。

 

和室前の芝生は芝を竹柵で縁取る事で何気に和風の演出を妨げないようにしました。

 

IMG_7428

 

和室前の和のスペースはあえて夏目型の手水鉢を用いました。

施主様の事を考えて、あまりかがまなくても使えるようにしたかったからです。

植栽はモミジ(コトノイト)とナンテンだけにして空間構成を出来るだけシンプルにまとめました。

 

瓦を縦に埋めて使ったり、

玉砂利敷きではなく伊勢ゴロタ石を播き石する事によって

高級感が増すと共に気温が下がってくると赤葉になるセイヨウイワナンテンスカーレッタの葉との

コントラストが絶妙に際立ちました。

 

【秋~冬の様子】

IMG_0835

【春~夏の様子】

IMG_7429

 

新緑の季節になると玄関のフェンスからのぞく爽やかな緑の樹々が訪れる人を出迎えてくれます。

 

IMG_7422

 

 

既にアプローチや門柱、

カーポート等の外構工事が完成されていた為に

それに合わせてデザインしたガーデニングが完成しました。

 

全ての仕事が人力になってしまい、かなり苦労しましたが

無事にM様に引き渡す事ができて安心しました。

 

例によってビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

【Before】

DSCF5198

【After】

IMG_0841

IMG_0849

 

緩やかな曲線を描いて造られていたコンクリート製の

距離の長いアプローチを歩いて玄関まで行く途中に

いろんな雑木(ナツツバキ、アオダモ、ジューンベリー等)や

グランドカバー(フイリヤブラン、ヒューケラ、ベロニカオックスフォードブルー)を植えた事で

四季折々の彩りを感じてもらえるようになりました。

 

照明は和風スタンドを置くだけで移動可能にし、

武骨なコンセントは割竹で囲う事で和の風情を感じます。

 

【Before】

DSCF5190

【After】

IMG_0828

 

植栽スペースには小舗石を使い、

そこにヤマモミジやウメモドキ、キンモクセイを植えました。

 

また大きくとった芝生のスペースや

手前に見える花壇スペースも全てアプローチに合わせて、

自由な曲線を使っているので、統一感が生まれました。

 

根〆にはシモツケリトルプリンセスやスジギボウシ、

キャットミントを植えてあるので来春の新しい芽吹きに期待しましょう。

 

【Before】

DSCF5192

【After】

IMG_0837

 

以前から祀られている赤い神社の周りは

一段高く土が盛られていたので、石組で土留して

白御影敷石を据え付けて、いつでも歩いて拝めるようにしました。

 

植栽もそれに相応しいように

ヤマモミジやサザンカ、サンシュユの和っぽい樹木を植栽し、

周囲にはサツキの刈込でまとめました。

 

【Before】

DSCF5195

【After】

IMG_0845

 

道路を挟んで両側に芝生を張る事で、

遠近法でとても広く見えます。

また緑の面積が増える事でより豪華に見えます。

 

【Before】

DSCF5188

【After】

IMG_0830

 

玄関先から振り返るとうまくアプローチの曲線と

庭の曲線が絡んで馴染んでいるのが分かります。

 

和室前の芝生は芝を竹柵で縁取る事で

何気に和風の演出を妨げないようにしました。

 

【After】

IMG_0835

 

和室前の和のスペースは、

あえて夏目型の手水鉢を用いました。

施主様の事を考えて、

かがまなくても使えるようにしたかったからです。

 

植栽はモミジ(コトノイト)とナンテンだけにして

空間構成を出来るだけシンプルにまとめてみました。

 

瓦を縦に埋めて使ったり、玉砂利敷きではなく

伊勢ゴロタ石を撒き石する事によって高級感が増すと共に、

セイヨウイワナンテンスカーレッタの赤葉との

コントラストが絶妙に際立ちました。

 

 

敷地面積は標準的なのですが

「カーポート2台分+ゲスト用駐車スペース2台分を確保して欲しい」

と、ご依頼いただきました。

 

この難問をいかにセンス良くまとめるか…手腕が問われます。

 

【着工前】

 

隣地の境界線には化粧ブロックと​フェンスを設置して

見た目のグレード感をアップさせました。

 

まずはカーポートを設置する事で車2台分はクリアしました。

 

 

この庭は特にアプローチのデザインにこだわりました。

 

ローズベリーという石を大胆な曲線を描いて張り、

土間コンクリートもそれに対応して同じように曲線を描く事でアート性を強調しました。​

 

そして、ここにも車1台分を停められるスペースを確保しました。

 

 

玄関前のポーチも同じローズベリーという石を張り、

縁取りにはヴィンテージ風のレンガを並べてみました。

雲形のポーチもデザイン上の大きなポイントになっています。

 

 

白御影の敷石で土留を行い、

シンボルツリーは移植した存在感のあるウメモドキにしてみました。

他にもアオハダとツリバナの株立を植えて、リビング前の目隠しにしました。

 

 

女性でもスムーズに縦列駐車が出来る様、道路脇に4代目の駐車スペースを確保しました。

白御影の間知石を覆うクリーピングタイムも、彩りを与えてくれます。

 

 

防腐木材を使ってオリジナルで手作りした門柱。

独特な形をしていますが、ポストと表札のモダンな形と融合してくれて、面白い形になりました。

 

 

和室前に設けられた坪庭。

少しでも和のテイストを入れたくて、あまり大きくはないですが

景石を据え、瓦を立てて縁取りにしてみました。

 

モミジ+ナツハゼ+リュウノヒゲといった山野草だけでまとめましたが

それなりに風流な景を演出できました。

 

 

小舗石の錆石で囲まれた植栽スペースには

シモツケやキャットミント、ヒューケラという色とりどりの植物を植えて華やかにしてみました。

これだけでも道路からの視線が違います。

 

 

ワンちゃん用のシャワー付きの洗い場!

レンガで簡単に囲ってますが、大型犬でも大丈夫なように大きく造っています。

 

 

作業用の通路が狭くて工期が思いのほか掛かりましたが、ようやく満足のいく庭が出来上がりました。

どのように変化したのか、いつものようにビフォーアフター形式で説明したいと思います。

before

after

建物の外壁と合わせて使った、白い天然石が貼ってある最高級の化粧ブロック。アプローチの白いタイルとも相性が良くうまく納まりました。

黒御影石とステンレスを組み合わせた表札もアクセントが効いています。

before

after

お隣との空間を遮蔽する為に設けた創作板塀。

板材の間に挟んださらし竹の黄色が、差し色としての役割を十分に果たしていて高級感が生まれました。

before

after

芝生が主体の洋の庭から、枯石組が主体の和の庭へ大変貌を遂げました。

富沢石を貼った石畳風の苑路。趣きのある仕上がりが大事な役割を持っている事に気付かせてくれます。

before

after

鮫川石は京都の庭にある青石(緑泥片岩)と同じなので、敷いてある石も京都の白川砂利を取り寄せて敷き詰めました。

京の坪庭をイメージされていたお客様の要望にうまく応える事ができました。

植栽はシンプルにウメモドキの株立1本とクロチク7本だけにして、既存の板塀とうまく馴染ませました。

before

after

下草のリュウノヒゲとの仕切りは黒瓦を縦使いにして埋め込み、味のある仕上がりにしました。

7個の石でまとめられた石組も、見る角度によって違う表情を見せてくれるように考えて組みました。

before

after

中庭から見た景色は、この先どんな庭を見せてくれるのかという期待を膨らませてくれます。

単なる目隠しというよりは、こういうところが庭作りではとても大事な事だと思います。

創作するという事は意外な問題点が浮上してくるものです。

お客様から隣家をもう少し見えなくしてほしいと頼まれ、15cmほど柱を高くする事にしました。そうしたらどうしても強度に不安が出てきてしまい試行錯誤した結果、控え柱を立てる事にしました。

これでかなり強度が増して、ひとまず安心しました。

次に柱を高くした所に角材を2本渡して、スリット状に横木を取り付けていきます。

これで遮蔽的には問題なく見栄えもすごく良くなりました。

次にこの塀のデザイン上の要、板材の間にさらし竹を取り付けていきます。

この取付が終われば、最後に仕上げの塗装をして完成です。

仕上がりがすごく楽しみになってきました。

 

次に追加発注された門柱の組立です。

当初、ブロック塀+ジョリパット仕上げを予定していましたが、どうしても経年変化で汚れてくるのが嫌ということでN.Gになりました。

それと外壁の白に合わせてほしいとの事だったので、少し高級なブロックを積む事になりました。

このブロックには白の天然石が貼り付けてあり高級感はハンパないです。アプローチとのタイルとの相性もバッチリです。

次に時期が悪くて植えられなかったウメモドキの株立を植えていきます。

ここまで来ると仕上げの仕事のみとなりました。

もう少しで完成を迎えるので、その時のビフォーアフターが楽しみになってきました。

東根市の旧家のY様邸。家の廻りに積まれている石積や漆喰の白壁。とても立派な土蔵。

それに明らかにこの辺の作風と違う庭園。どれをとっても一流で歴史を感じさせ、その昔の栄華が見て取れます。

この度、支柱の掛け替えするサルスベリもその太さから100年以上は間違いなく経過していると思われます。

その古さゆえ幹の中は大部分が腐れ、台風が来ると倒れてしまう危険性がありました。

Y様と相談した結果、まだ花も咲くし何とかこの形状を維持してほしいと頼まれましたので今度の処置となりました。

支柱掛け替え前の姿がこちらです。

現状は全く効いていない支柱と、ロープで幹同士を引っ張っているだけのかなり怪しい?状態でした。

そこで支柱を4本追加して枝を固定し、ロープの代わりにワイヤーで引っ張り強度を持たせました。

これでしばらくは倒れる心配はなさそうです。

その話を進めさせて頂いているうちに古い家を解体して別棟を建てるので、その前に枯れたところに新たな樹木を植えてほしいと頼まれました。

そこで新しい木では釣り合いがとれないので、我が社の仮植地にある古木を選んで植栽することにしました。

この庭は常緑樹が目立ち、モミジや雑木は以前に枯れてしまったので、落葉樹をメインに植えて四季の彩りを感じてほしいと考えました。

珍しい荒川性モミジやナツツバキの株立、ハナミズキ、アセビ、ウメモドキの株立を要所要所に配植しました。

落葉してまだ淋しい状態ですが、新緑の頃にはまた違う表情を見せてくれることと思います。

二期工事は別棟が完成してから夏目の手水鉢や切石を再設置して完成させたいと思います。

それまで楽しみにして待つことにしましょう。

京都研修から帰ってきたまさに次の日、植栽工事を行いました。

ヤマモミジやウメモドキ、シダレザクラ等、常緑樹以外のすべての植栽を終えました。

次に竹の枝折戸の取付や、茶庭との結界を意味する四ツ目垣を施しました。

京都の底冷えも寒いと感じましたが、やはり山形のほうが芯まで冷えます。防寒着姿を見て思わず吹き出してしまいました。

ここまで来ると工事の9割方は完了したのかな~?だいぶ庭の全容が見えてきました。

後は細かい仕上げや手直しくらいで完成します。

ようやくゴールが見えてきました。

最後まで気を引き締めて仕事していきたいと思っています。

dscf5621

 

img_0208dscf5079

dscf5078

最初にお客様と打ち合わせにお伺いした時、3つの要望を伝えられました。

1つ目は、リビングからの眺めがどことなく殺風景なので、何か雑木的なもので目隠ししてほしいとの事。

2つ目は、門柱の脇に気を植える事で、冬場玄関前に雪が入り込んでくるのを和らげてほしいとの事。

3つ目は、道路側にある窓が和室に面しているので、何か木を植えて修景してほしいとの事でした。

あらかじめ予算も提示されていたので、どうその範囲で納めるか手腕が問われる所でした。

dscf5623

植栽地は、白御影の間知石、小舗石錆の二丁掛、小舗石大洋紅を使う事で、約10cm位ですが、ちょっとずつ段差をつけて立体感を与えてみました。

植栽はヤマモミジ、アオハダ、常緑ヤマボウシ、ジューンベリー、ナツツバキ等の様々な雑木を植える事で、四季の移り変わりを楽しんでもらう様にしました。それと同時に隣家との目隠しもさりげなく行える様に配植しました。

芝も張ってみたいとの考えも伺いましたが、御夫婦とも働かれていたので、今回は管理の殆どかからない防草シート+玉砂利敷をお薦めしました。

dscf5628

家庭菜園も挑戦してみたいとの事だったので、畳2枚分位の大きなものを作りました。これで、4人家族なら十分にいろんな野菜が収穫でき、新鮮なものが毎朝食べられるからです。

dscf5624

リビング前には、ウッドデッキと雫をモチーフにしたテラスを設けてみました。

このウッドデッキに腰掛け、バーベQを楽しむ姿が目に浮かびます。

dscf5617

門柱脇にはカツラの株立を植えて、雪の入り込みを少しでも和らげられる様にしてみました。

dscf5616

和室前には、スペースが狭かったのであまり大きくならないウメモドキとツリバナを植えて、少しでも和のテイストを感じてもらえる様にしました。

工事を着工する前とその後では、どの様に変化したのかを例によってビフ

ォー・アフター形式で説明したいと思います。

Before

dscf5080

After

dscf5616

和室に面した窓から見える景色がどこか殺風景だったので、ウメモドキとツ

リバナの株立を植えて、和のテイストを残しながらも洋風な外観とのマッチ

ングにも気を配りました。

Before

dscf5079

After

dscf5617

門柱廻りが淋しいという事と、玄関の脇から風と共に雪が入ってきてしまう

ので、それを緩和してほしいとの要望でした。そこで門の脇にカツラの株立

を植えて、それを緩めるよう対応しました。

Before

img_0210

After

dscf5623

隣家のフェンス等が気になるという事だったので、アオハダや常緑ヤマボ

ウシ、ジューンベリー、ナツツバキ、ヤマモミジ等の雑木を植えて彩りを与

えました。

Before

img_0207

After

dscf5621

庭の一部には、枕木で囲った家庭菜園を作りました。

植栽地の高さも、石積みや小舗石の高さを変えて変化を与えました。

敢えて直線を使わず、緩やかな曲線をデザインに与えた事で、庭にゆとり

が生まれました。

After

dscf5620

リビングの窓には、ウッドデッキを設けました。これでリビングから眺めると

とても広く感じると思います。その前には、雫型のテラスを作ってみました。

ショコラ・コロンという焼き菓子の様な可愛いレンガで、コンクリートを縁取っ

ただけのテラスですが、形がおもしろいので、この庭にすごくマッチしている

気がします。

広さもバーベキューするには、丁度良い面積を確保しています。

ガーデニングもいよいよ大詰めを迎えています。

今回は樹木の植栽です。

まずは、剪定して余分な枝を落とします。

dscf5579

アオダモの株立やウメモドキ等の雑木を植え込みました。

dscf5580 dscf5582

次に樹木が風や雪で傾いたりしないように、竹で支柱を施します。

dscf5583

植栽まで完了したら、庭のだいたいのイメージがつかめました。

dscf5586

3種類の石の高さを変えた事で、庭にリズム感が生まれてきました。

ただ残念なのは、樹々がすでに落葉してしまった事。

紅葉の時期だと、美しいコントラストをお見せできたのに…

次は、最終工程のテラスとウッドデッキ工事です。

完成まであとわずか。最後まで雪が降らない事を願います。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年6月
M T W T F S S
« May    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
記事アーカイブ