カーポート

既にカーポートや土留の土留

ウッドデッキの外構工事は完成されておりました。

 

近い将来、隣接する土地に家が建つと

プライバシーの確保が難しいと思い

空間をうまいこと遮蔽してほしいと頼まれました。

 

施工前はこんな感じでした。

 

DSCF7355

 

DSCF7358

 

まず最初にバックホーにて固い砕石を掘削し

植栽用の客土を入れていきます。

 

DSCF9173

 

盛土が完了し基礎ブロックが据え上がると

おおまかな庭のイメージが見えてきました。

 

DSCF9193

 

まだガーデニングは始まったばかりですが

玄関前のアプローチは斬新なデザインになるので

早く形が見たいです。

 

 

 

建物の建築中から打ち合わせをして早5ヶ月。

ようやく完成致しました。

 

建物を見る方向が変わると

庭の形も変わるようにデザイン致しました。

 

どのように変わったか

ビフォー・アフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

DSCF6748

 

【After】

IMG_7516

 

建物の西側は2台用のカーポートを建てて

車をバックで入れやすいように

土間コンクリートはカーブを描いています。

 

物置も建物の外観と合わせることで

一体感が生まれました。

 

IMG_7529

 

人とは違ったアプローチを作りたくて

化粧平板を三角形の組み合わせで、敷いてみました。

 

モチーフは「折り紙」です。

 

【Before】

 

【After】

IMG_7523

 

建物の北側の土留は

白御影の敷石を交互に並べて据え付けました。

 

そうする事よりスタイリッシュな印象を与えてくれます。

 

IMG_7525

 

建物の東側は

ナツツバキやアオダモ・ハナカイドウ・常緑ヤマボウシ等の

管理の楽な雑木を主体に植えました。

 

どことなく清涼感が漂います。

 

枕木を2本使って土留を行い、2段植栽に致しました。

 

上段にはマホニアコンフューサと

キャットミント・フイリアブラン。

 

下段にはベロニカオックスフォードブルーを植えています。

 

そうすることで庭に奥行きが出ました。

 

【Before】

DSCF6747

 

【After】

IMG_7524

 

庭の南側は、リビングと和室があります。

 

リビングの前は、前の畑を隠したかったので、

雑木類(ジューンベリー・アオハダ・ナツハゼ)は

少し間隔をせばめて植えています。

 

下草も西洋イワナンテンスカーレッタ・スジキボウシと

洋風っぽいものを選んでいます。

 

IMG_7526

 

和室前はちょっぴり和モダンを意識して

景石と瓦で修景を兼ねて土留を行い

 

ヤマモミジとツリバナの株立を植え

サツキの刈込でまとめてみました。

 

IMG_7447

 

建物とアプローチ・カーポート等の外構工事は既に完成しており、

植栽だけの工事を依頼されました。

 

【着工前】

IMG_20200314_144359

 

アプローチに合わせるしかないので、

私の得意とする曲線を主体とするデザインでレイアウトする事にしました。

 

IMG_7447

 

予算の関係上、雑木と芝生と花壇だけの

3つの要素で構成したシンプルな庭にしました。

 

雑木類は管理の楽なアオダモ・ヤマボウシ・ジューンベリー等を植えました。

入り口の花壇だけはレンガの色に合わせて赤っぽい小舗石にし

後は全て錆色の小舗石にしました。

 

IMG_7446

 

木を植えると、この玄関までの長いアプローチも

季節ごとに何かしらの変化を感じる事が出来るでしょう。

きっと玄関の扉を開けるのが毎日楽しみになるはずです。

 

IMG_7448

IMG_7449

 

お隣との目隠しには常緑のヤマボウシを列植し

適度な目隠しにしました。

 

また家庭菜園もこのように設けてあります。

 

DSCF7197

 

比較的予算を抑えてもデザインをシンプルにすれば

ここまで見応えのあるガーデニングにメイクアップできるという

良い見本になった作品となりました。

 

 

建物とアプローチ・カーポート等の外構工事は既に完成しており

植栽だけの工事が依頼されました。

 

着工前の状況がこちらです。

 

DSCF6693

ここに植栽をすればどれだけ広く感じられ

潤いが生まれるかを紹介していきたいと思います。

 

DSCF7190

 

私の得意とする曲線を主体とするデザイン。

 

雑木と芝生と花壇だけの3つの要素で構成したシンプルな庭。

雑木類は管理の楽なアオダモ・ヤマボウシ・ジューンベリー等を

植え付けました。

 

入口の花壇だけはレンガ色に合わせて赤っぽい小舗石にし

後は全て錆色の小舗石にしました。

 

DSCF7204

 

木を植えると、この玄関までの長いアプローチも

毎日何かしらの変化を感じることが出来るでしょう。

 

きっと玄関の扉を開けるのが毎日楽しみになるはずです。

 

DSCF7198

DSCF7197

 

お隣との目隠しには常緑のヤマボウシを列植し

適度な目隠しにしました。

 

また、庭菜園もこのように設けてあります。

 

DSCF7201

 

まだこの時期ようやく新葉が出始めたばかりで

まだ少し寂しい感じもしますが

もう2週間もすれば芝生も伸びてきて

緑のコントラストがとても美しい庭になると思います。

 

比較的予算を抑えてもデザインをシンプルにすれば

ここまで見応えのあるガーデニングができるという

良い見本になった作品となりました。

 

G様邸のガーデニングも最終工程に入りました。

 

2台用のカーポートが建てられ

駐車スペースのカーポート打設の型枠が設置されました。

 

DSCF7029

DSCF7098

 

型枠の曲線もうまく出してくれました。

次は特徴的なアプローチの施工です。

 

DSCF7135

DSCF7136

 

三角形をモチーフにしてますが

自分の中では折り紙をイメージしています。

 

化粧平板を半分に切るのは至難の技みたいでしたが

うまく作ってくれました。

 

DSCF7139

 

残すは土間コンクリートの打設と全体の仕上げです。

早く完成形が見たいという衝動に駆られます。

 

アクセントに据え付けた枕木に

富沢石を積んで土留しました。

 

DSCF6970

 

ほんのちょっとしたこだわりですが、

後々活きてくる仕事です。

 

次にガーデニングで

1番劇的に変化する植栽に取り掛かります。

 

DSCF7004

DSCF7005

 

やはり緑が入ると

建物の雰囲気がぐっと変わります。

 

DSCF7010

 

後は下草類を植えると植栽は完了です。

 

早く次の工程のカーポートと土間コンクリートの打設、

アプローチ工事を進めて完成形が見たくなってきました。

 

いやいや…ここは焦らず丁寧な仕事を心掛けていく事にします!

 

 

今回のお客様は、お宅の引き渡しの2月前に

ご夫婦で当社へガーデニングの相談に来て下さいました。

 

そうする事で外構を始める前に

ハウスメーカーの平面図を基に無駄な工事は省く事が出来るので

少しですがコストを下げる事が可能になります。

 

また材料の準備にも早く取り掛かれるので

工事開始の時期を1週間程度短縮できました。

 

着工前はこんな感じでした。

 

DSCF6748

DSCF6746

DSCF6747

 

まずは2台用のカーポートを設置予定部分の砕石を敷き均していきます。

 

RIMG2878

RIMG2877

 

次に植栽予定地の土の入れ替えを行います。

 

RIMG2876

DSCF6850

DSCF6849

 

次に和室から眺める部分に景石を据え付け、

和のテイストをプラスします。

 

DSCF6851

DSCF6853

 

次に敷地東側の道路に面した部分の修景に取り掛かります。

 

今回は枕木を2本据え付け、

家から見える表情と道から眺める表情を

少しだけ変えてみたいと思っています。

 

DSCF6854

DSCF6855

 

次に建物の外周を白御影の敷石を使って土留していきます。

 

DSCF6924

 

限られた予算の中でいかにオシャレに変身させるのか

センスが問われる仕事ですね!

 

 

DSCF6436

 

最初の打ち合わせで伺った際に

インナーガレージの部分が特にオシャレだったのを見て

私の中で直感がビビビッ!ときました。

「Gフレームが絶対に合う!勧めなければ!」と思いました。

 

【着工前】

DSCF5913

 

私のイメージプランをご覧いただくと

当初はそこまで予定されていなかったお客様も納得されて

そのままご注文を承りました。

 

出来る限りスタイリッシュな外構にすべくデザインしたのがこちらの作品です。

 

DSCF6436

 

インナーガレージの前に2台用のカーポートを設置しました。

それと連立してGフレームを取り付けました。

 

それにより一体感が増し、

さらに高さの違うGフレームを交差させる事で立体感も増しました。

 

DSCF6437

 

Gフレームを真正面から見ると、いかに額縁効果が表れて

よりスタイリッシュになったかが良く分かります。

 

駐車スペースや壁面がコンクリートだけだと

どうしても無機質感が強いので

その前に純白のプランターを設置しました。

そこにコニファー(ローズダリス)を植栽してワンポイントに緑を設けました。

 

DSCF6439

 

物置の色も純白にして統一感を保ちました。

敷地が扇型だったので

デッドスペースの活用と使い勝手を考慮してこの位置に決めました。

 

DSCF6430

 

玄関前から眺めても柱が連立していてこれが意外とカッコ良かったです。

 

朝早く出勤されるお客様なので

駐車場前の除雪の手間が省けて良かったとデザイン面以外でも好評でした。

 

DSCF6433

 

リビングに接している三角地にはシンボルツリーのアオダモの株立を植栽し

下草はあえてシンプルにフイリヤブランでまとめて

四季の移り変わりを楽しんでもらえるように配慮しました。

 

 

着工前はこんな風に

インナーガレージの部分がオシャレだったので、

それをより強調してスタイリッシュな外観にすべくデザインしました。

 

例によってビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

IMG_0821

【After】

DSC_0938

 

インナーガレージの前に2台用のカーポートを設置しました。

 

【Before】

IMG_0823

【After】

DSC_0939

 

カーポートと連立して

Gフレームを取り付けました。

 

それにより、一体感が増し

額縁効果が得られよりスタイリッシュになりました。

 

コンクリートだけだとどうしても無機質感が強いので、

壁面の前にスクエアな純白のプランターを設置し

それにコニファー(ローズダリス)を植栽して

ワンポイントに緑を設けました。

 

これだけでも効果大です。

 

更にカーポート奥には物置を設置しましたが

扉を純白にすることで上手く景観に溶け込んでいます。

 

【After】

DSCF6437

 

Gフレームを真正面から眺めると

いかに額縁効果が表れているかよく分かります。

 

【After】

DSCF6430

 

玄関前から眺めても、柱が連立していて

これが意外にカッコ良かったです。

 

朝早く出勤されるお客様なので、

駐車場の除雪の手間が省けて良かったと

デザイン面以外でも好評でした。

 

【Before】

DSCF6146

 

【After】

DSCF6433

 

リビングに接している三角地には

シンボルツリーのアオダモの株立を植栽し、

下草にはあえてシンプルにフイリヤブランでまとめて

四季の移り変わり楽しんでもらえるように配慮しました。

 

 

IMG_0874

 

現地調査に伺った時には既に外構工事と一部玄関前には植栽されておりましたが、

「よりセンス良くオシャレなものにして欲しい」とご依頼いただきました。

 

【着工前】

DSCF4227

 

土砂が一部崩れてきている隣地境界には

普通ブロックを2段積んで土留を行い、

整地する事で敷地を広く使う事ができました。

 

それに伴いツゲの生垣は大胆な曲線を描けるようになり、

外観に大きなインパクトを与える事ができました。

 

また玄関扉を開けても常緑のヤマボウシが植えてあるので、

中が丸見えになる事はなくなりました。

 

IMG_0856

 

既存のハナミズキとアオダモの株立を活かしつつ、

新たに高木のサワフタギと中木のハナカイドウを植えた事で前庭が華やかになりました。

 

更に根〆にサルビアネモローサ・スジギボウシ・シモツケリトルプリンセスの地被植物を植えました。

それぞれの草丈が違うので高低差が生まれ、

3段植栽になったので、見る角度でそれぞれ主役が変わるように演出しました。

 

IMG_0888

 

カーポートの裏側をやんわり遮蔽する為に、

紅葉が美しいナツハゼを列植しました。

 

防腐剤注入木材を加工して作った家庭菜園も

使い勝手の良い大きさで庭のアクセントに一役買っています。

 

IMG_0867

 

リビング前にはウッドデッキが設けてあり、

より広さを強調すべく色はフローリングの色に合わせています。

 

そのデッキの前にはコンクリート製のテラスが設けてあり、

BBQやプール置場等で大活躍しそうです。

 

ここから眺めるといかに芝生広場の形がユニークなのかが分かります。

 

IMG_0871

IMG_0872

 

こちらの雑木の根〆にも草丈の違う地被植物が植えてあり、

季節毎に主役が変わるように演出してあります。

 

IMG_0875

 

隣地との空間を仕切る為に、

要所要所にさりげなく雑木(アズキナシ・ジューンベリー・ヤマボウシ・ナツツバキ)を植えてみました。

 

庭の中を回遊出来るように植樹帯はそれぞれ違う素材でセパレートしてあります。

 

それぞれの形がユニークになっていて、それぞれがクロスオーバーする事で

アート性の高い造形になったと自負しています。

 

IMG_0877

 

芝生広場の中にはこのような円形の砂場を作って、遊び心を出してみました。

 

IMG_0878

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年9月
M T W T F S S
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
記事アーカイブ