カーポート

 

敷地面積は標準的なのですが

「カーポート2台分+ゲスト用駐車スペース2台分を確保して欲しい」

と、ご依頼いただきました。

 

この難問をいかにセンス良くまとめるか…手腕が問われます。

 

【着工前】

 

隣地の境界線には化粧ブロックと​フェンスを設置して

見た目のグレード感をアップさせました。

 

まずはカーポートを設置する事で車2台分はクリアしました。

 

 

この庭は特にアプローチのデザインにこだわりました。

 

ローズベリーという石を大胆な曲線を描いて張り、

土間コンクリートもそれに対応して同じように曲線を描く事でアート性を強調しました。​

 

そして、ここにも車1台分を停められるスペースを確保しました。

 

 

玄関前のポーチも同じローズベリーという石を張り、

縁取りにはヴィンテージ風のレンガを並べてみました。

雲形のポーチもデザイン上の大きなポイントになっています。

 

 

白御影の敷石で土留を行い、

シンボルツリーは移植した存在感のあるウメモドキにしてみました。

他にもアオハダとツリバナの株立を植えて、リビング前の目隠しにしました。

 

 

女性でもスムーズに縦列駐車が出来る様、道路脇に4代目の駐車スペースを確保しました。

白御影の間知石を覆うクリーピングタイムも、彩りを与えてくれます。

 

 

防腐木材を使ってオリジナルで手作りした門柱。

独特な形をしていますが、ポストと表札のモダンな形と融合してくれて、面白い形になりました。

 

 

和室前に設けられた坪庭。

少しでも和のテイストを入れたくて、あまり大きくはないですが

景石を据え、瓦を立てて縁取りにしてみました。

 

モミジ+ナツハゼ+リュウノヒゲといった山野草だけでまとめましたが

それなりに風流な景を演出できました。

 

 

小舗石の錆石で囲まれた植栽スペースには

シモツケやキャットミント、ヒューケラという色とりどりの植物を植えて華やかにしてみました。

これだけでも道路からの視線が違います。

 

 

ワンちゃん用のシャワー付きの洗い場!

レンガで簡単に囲ってますが、大型犬でも大丈夫なように大きく造っています。

 

 

ガーデニングが終わってどのように変化しM様に驚かれたのか、ビフォーアフター形式で説明したいと思います。

before

after

白御影の敷石を土留に使った事で豪華でスタイリッシュに見えます。M様にも「こんなに家の敷地広かったんだ~」と驚かれました。

before

after

設計の段階で一番スペーシングで苦労したのが、将来子供さん達が大きくなったらどうしても車2台停められるスペースが欲しいという事でした。バックで駐車する事を考慮して検討を重ね、この曲線のある駐車スペースが生まれました。この広さがあれば小型車くらいは停められます。

after

また、玄関扉を開けた時も家の中が見えないように雑木(常緑ヤマボウシ、ガマズミ、ジューンベリー、アベリア)を植えて空間を遮蔽しました。そればかりではなく庭に彩りと潤いを与えてくれています。

after

玄関前にはローズベリーという淡い桃色系の鮮やかな石を貼ってアクセントにしています。

before

after

2台用のカーポートを設置した後にその続きに大きなテラスを設けました。そこにも車が1台停められるように考えました。

アンティークレンガで囲まれたテラスは駐車スペースばかりではなくバーベQや子供さん用の大きなプールが置けるスペースも併せてあり、多目的に利用できるようになっています。

お隣との目隠しも雑木(シラカシ、ヤマボウシ、ヤマモミジ)を植えてあるので、程よい目隠しにもなるでしょう。その奥には木枠で囲った家庭菜園が設けてあり、将来いろんな野菜が植えられて新鮮な野菜がたくさん収穫され食卓がとても賑やかになるでしょう。

待ちに待った植栽工事。まずは客土に牛ふんモミ殻堆肥をたっぷりと撹拌します。これで芝の成育が良くなり葉の緑もすごく濃い色になって見栄えがとても良くなります。

樹木を剪定した後、順次平面プランに基づき植え付けしていきます。

樹木が風で倒れないように、竹で支柱を掛けます。その後、下草にシモツケを密植していきます。

仕上げに高麗芝を張ると完成です。

工事着工前とどのように変化したのか、ビフォーアフター形式で発表したいと思います。

 

before

 

after

庭の中心に設けた植栽帯。やはり樹木が植えられると家の印象が全く別物になります。ここはヤマモミジ、ジューンベリー、ナツハゼの3本の樹木でまとめ、低木にはシモツケを密植しました。

残りのスペースには高麗芝を張って緑の量を確保し、将来家族の寛ぐスペースを確保しました。中でも一番のお気に入りは、いろんな小舗石をミックスして並べた花壇の縁取りです。ミックスした事で小舗石の大きさや色が違うので、かえっておもしろい形に仕上がりました。例えが変かもしれませんがビーズの首飾りみたいになったのは想定外でした。

 

before

 

after

2台用のカーポートは建物の窓枠のサッシの色に合わせてオータムブラウンにしてみました。無難なシルバー系の色よりこちらの方がしっくりきています。

 

after

アプローチのキャメルストーンの石貼りも木の葉型にしてみました。

 

after

テラスをイメージしたこの場所も、在庫のインターロッキングブロックを使って同じく木の葉型にしてみました。

やはり曲線がモチーフになっていると、すごく柔らかい印象のガーデニングになりました。

着工前はこんな感じでした。

まずは小さいお子様がいらしたので、ケガをしないように床掘して砕石を敷

き平らにしました。

次に家の外観に合わせたカーポートを建て込みます。

完成したら、やはりカーポートの色を窓枠の色に合わせて正解でした。

うまく馴染んでいます。

次に隣境界の土留に普通ブロックを2段積んでいきます。

ブロックが積み終わると、こんな感じになりました。

次はアプローチ前の石張りや植栽帯作りです。

ここからが腕の見せ所ですね。

4月中旬から工事に取り掛かっていましたM様邸の作庭工事。

1ヶ月半にも及ぶ長丁場でしたが、ようやくここに完成しましたのでどのように変化したのかビフォー・アフター形式で紹介させて頂きます。

 

before

 

after

2台用のカーポート。物置も建物の外壁と同じオータムブラウン系の色で統一し、一体感を持たせています。

そのカーポートと合わせて建てたフレーム。額縁効果で、眺める景観を額縁状の枠で切り取ったので、眺めた時の印象が強くなりました。それに合わせて、門柱も枕木と柱を組み合わせて大胆にデザインしてみました。

 

before

 

after

こちら側から眺めても、やはりカーポートとフレームが組み合わされる事により、カーポートだけが孤立しているのではなく、一つの構築物として成立しており一体感が生まれています。

 

before

 

after

庭の境界には板塀を設けて空間を仕切っています。

板材は和モダンを強調する為に縦使いにして、間にアクセントとしてさらし竹を挟みました。板塀も同系色に塗った事によりシックになりましした。

アプローチには「ベンガルブラック」という珍しい黒い石材を乱張りにして張り、白御影石の敷石と組み合わせる事で、コントラストが強調され、あたかも料亭の苑路のような高級感が演出できました。

主庭はゴロタ石で作った洲浜と、伊勢砂利で作った流れで構成された枯山水を作ってみました。

植栽はできるだけシンプルにしたかったので、ヤマモミジ、ハナミズキ、アオハダの3本のみにして構成しました。それとは対照的に、下草はコケ

の代わりにリュウノヒゲをビッシリと植え込み、所々に山野草を植えて趣を与えています。

 

before

 

after

道路沿いにはマサキの生垣を設け延長を長くする事で、緑の量を増やし潤いを与えています。

 

作庭工事はいよいよ後半戦に入ってきました。

まずは、家の外壁の色に近い2台用のカーポートを建てました。

それに今回の工事のもう一つのテーマとも言える、アルミのフレームを組

み立てました。

いわゆる額縁効果を狙った製品なのですが、何せ初めての施工だったの

で、いろいろ試行錯誤しながらの作業でした。が、しかしその結果は予想

以上にカッコ良く決まったなと思っています。

それに合わせて、門柱も2種類の柱を組み合わせて遊んでみました。

その結果がこれです。

2つのモチーフを合わせてみたのですが、なかなかオシャレになったと本人

は自己満足しております。

次はいよいよ植栽工事。かなりの樹木が入るので、結構な変化が期待でき

ます。お楽しみに!

着工前はこんな感じでした。

imga0776 imga0777

完成するとこんな感じになりました。

dscf5148 dscf5149

2台用のカーポートは奥行きが少し足りなかったので、切り詰め加工を施し

ました。

その脇のゲスト用駐車スペースには、アールを付けて出し入れしやすい様

に考えました。

dscf3093

リビング前もただ黒い砕石が敷いてあるだけでした。

dscf5152

土留用に普通ブロックを2段積にしました。

将来、南側に建物が建つ事を想定して、いつでも木が植えられる様に予め

植栽用の客土を入れて、花壇のスペースを設けました。

防草シートを敷いた上に玉砂利を敷いたので、雑草対策も万全です。

駐車スペースの一角に、2台用のカーポートを設置致しました。

スペースの関係上、建物との距離が近くなり過ぎたので50cm程切り詰め

ました。

dscf4124

建物の西側と南側に、土留用のコンクリートブロックを積みました。

dscf4150

dscf4135

工事もだいぶ進捗してきましたので、完成形もだいぶ見えてきました。

もう一踏ん張りです。

imga0857

 

imga0741

着工前は荒造成のままで、すごく歩きずらい状態でした。

imga0856

普段停める車は御主人の1台分だけですが、たまに訪れる娘さんの為に2台用のカーポートを建てました。更に来客があった場合は、1台バックすればもう1台駐車できるスペースを確保しました。

玄関前には視線を遮る為に植えた、ジューンベリーの株立が存在感を示しています。

imga0862

アプローチは焦げ茶色の外観に合わせて、富沢石を石畳風に貼ってアクセントにしています。

この角度から見ると、アプローチの動線がいかに工夫されているか理解して頂けると思います。

imga0866

既存花壇の土留は、白御影の間知石を2段積みにして対応しました。ここも曲線にしたので積むのに苦労しましたが、その分仕上がりには満足しています。

imga0918

芝生は大胆な割り付けにして、既存の庭園に馴染ませました。

imga0857

少し高い所から見ると、カーポートの色から全体のデザインが上手くまとまって、建物と一体化しているのが分かります。

見事に生まれ変わったI様邸。例によってビフォーアフター形式で紹介した

いと思います。

Before 

IMGA0743

After

IMGA0808

正面には2台用のカーポートが設置され、建物の外観に合わせてオータム

ブラウンにしました。これにより割と正面に設置してあるのですが違和感が

ありません。既存の菜園は白御影の間知石を積んで土留し、自由曲線を

用いたアプローチへと導きます。玄関が丸見えにならない様にジューンベ

リーの株立を植えました。

After

IMGA0838

この様に玄関側から見ると、アプローチのデザインがいかに自由曲線を用

いて凝ったものになっているかが分かってもらえると思います。玄関前だけ

はポイントにと富沢石を石畳風に張りました。この石の色も茶系にして統一

感を出しています。ジューンベリーの下の三角コーナーの植栽帯は、クリー

ピングタイムを植えて足元を華やかに演出します。

Before 

IMGA0741

After

IMGA0856

2台用のカーポートは、そのままバックすればゲスト用の駐車スペースが

現れます。更にその奥は防草シートに玉砂利を敷いて、フリースペースに

してあります。

Before 

IMGA0485

After

IMGA0809

フリースペースには将来、物置や植栽がなされる予定です。

Before

IMGA0487

After

IMGA0835

既存の庭部分にはアズキナシ、アオハダの株立とヤマモミジを植栽し、空

間を仕切るのに一役買っています。

池の廻りの植栽も剪定したので、随分すっきりしました。それでも緑の量が

少なかったので、思い切って芝生のスペースを多く取りました。

After

IMGA0860

この芝生が育った頃には、お孫さんが楽しく遊んで頂ければ嬉しいです。

Before

IMGA0747 - コピー

After

IMGA0814 IMGA0816 IMGA0857

やはり緑が増えると、家がワンランクアップした様に思います。設計の段階

からコスト面の課題がありましたが、何とか予算内で私の持ち味が出せた

と思います。これから夏を迎え水やり等管理が大変だとは思いますが、何

とかお願いします。植物は必ず恩返ししてくれます。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年10月
M T W T F S S
« Sep    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
記事アーカイブ