クロモジ

片道2時間かけての現場なのでかなり遠かったのですが、なかなか面白い

作品に仕上がりました。いつも通りビフォー・アフター形式で説明していきた

いと思います。

Before

IMGA0046

After

IMG_0093

IMG_0090

この庭はすべて円をモチーフにしています。

芝生も花壇も家庭菜園も植栽地もすべて円!

大きな宇宙に惑星が浮かんでいる様なイメージで設計しました。ですから

敷砂利の部分は宇宙空間を模している事になります。しかも防草シートが

下に敷いてあるので管理も殆どかかりません。

植栽は主に雑木でまとめ、ジューンベリーの株立やアオダモ、クロモジ、ナ

ツハゼが植えてあります。

IMG_0096

芝生の円と植栽地の円が交わっている所は段差がつけてあり、そこには

キャメルストーンを貼って、ちょっと腰掛けられる様にしました。

Before

IMGA0129

After

IMG_0095

隣地境界のブロック塀脇の花壇は、将来つるバラを這わせるべく円の中心

にオベリスクを立ててみました。

その下草にはハーブのアップルミントを植えてあります。中間には常緑樹

のモチノキを植えて、古いブロック塀を隠そうと考えました。

Before

IMGA0127

After

IMGP3639

タイルが貼られた豪華なテラスの中央には、シンボルツリーのナツツバキ

の株立が植えてあります。この木は玄関からもリビングからもピアノ教室か

らも全て見えるので、かなり重要な役割を果たしているのですが、立派な

樹形の木が植えられたのでホッと胸を撫で下ろしています。

After

IMG_0100

テラス前のブロック塀脇にも常緑樹のソヨゴが植えてあります。何年か後に

は今の2倍位の大きさに成長して、上手く空間を仕切ってくれる事でしょう。

ここは米沢という事で豪雪にも耐えられる工夫と樹木を選択しました。

結果的に敷地内に入るとかなり別世界になるので、訪れた人達もきっと驚

かれるのではいでしょうか?

(設計した私もそうでしたので…。)

かなりの長丁場になりましたが、無事完成する事ができ満足していると共

にお客様にも喜んで頂けたので達成感でいっぱいです。この工事に携わっ

た職人達もよく頑張ったなと思います。

これからも色々水やり等、メンテナンスも大変ですがもっとより良い作品に

なるよう宜しくお願い申し上げます。

長い間、本当にありがとうございました。

IMGA0990①

着工前はこの様に入口が狭く、奥に行くと広い特殊な形状でした。

019①

幅が狭いので、2台並列駐車は諦め、2連棟の縦列駐車にする事にしました。カーポートの前はギリギリ2台用のゲスト駐車スペースになっています。

IMGA0979①

IMGA0978①

オリジナルの門柱は枕木を組み合わせて作りました。

表札を照らす照明は奥様が選ばれました。長いアプローチを逆手に取り、玄関まで歩いていく途中、いろいろ変化のある訪れた人が楽しめる植栽にしたいと考えました。門柱の手前は、クリーピングタイムが地面を覆います。

IMGA0985①

中間部分は、ミツバツツジ、ウメモドキ、イレックスサニーフォスターの中木が植えられ、下草にはフッキソウが植えられています。

IMGA0859①

一番奥は、クロモジの株立やオトコヨウゾメが植えられ、下草にはフイリヤブラン、ガウラ、アベリアを植栽しました。

反対側には、玄関が通りから丸見えにならない様に、大きめのナツツバキの株立を植栽し、アカバナエゴノキの株立、ナツハゼを植え、下草にはイモカタバミ、低木にはシモツケを配植しました。

IMGA0861①

玄関側から振り返ると、いかに植栽の量が多いか分かると思います。

土間コンクリートは全て自由曲線が用いられ、それに合わせて土間コンクリートの中にキャメルストーンで象(かたど)った雲形の石貼りが3ヵ所設けてあります。これら全てが、モダニズムを追求したからこそ生まれた形です。

主庭になる部分は、隣の工場の放置された物が全て見えてしまうので、これをまずいかにアートに隠すかがテーマでした。

IMGA0028①

ここは、モダンアートを追求すべく、生垣も全て自由曲線で植栽しました。

IMGA0556① IMGA0558

生垣の自由に伸びた曲線と芝生の縁取りの曲線がアートを感じさせます。生垣は冬でも目隠しできる様に全て常緑樹にしました。シラカシ、ネズミモチ、マサキを用いて全て高さを変えて変化を出しています。

植栽は全て雑木類で、ヤマモミジ、カツラ、アカシデ、サワフタギ、カマツカ、アオダモ、トウカエデ、ネジキ等、今から里山の雰囲気を醸し出してくれそうです。

かなり長丁場でしたが、ようやくK様邸のガーデニングの完成を

迎える事ができました。

道路から眺めた着工前はこんな感じでした。

019①

完成形はこの様になりました。

IMGA0979

敷地の関係で、通常の2台用のカーポートが設置出来なかった

ので縦連棟の物を設置いたしました。この長いアプローチを逆手

にとって、玄関まで歩いていくとその箇所毎に景観が変わる様に

配植しました。

IMGA0987

枕木で作ったオリジナル門柱の前には、ミツバツツジとハーブの

クリーピングタイムを植栽しました。奥に行くに従って草丈を高くし

たかったので、敢えて地面に這う植物を植えました。

IMGA0978

門柱には表札を取り付け、それを照らす専用のライトも取り付けた

ので、夜になるとまた一味違う眺めになる事でしょう。

IMGA0985

次のステップには、中木のイレックスサニーフォスターとウメモドキ

の株立を植え、下草にはフッキソウを植栽しました。

IMGA0989

玄関前には、ナツツバキの株立やアカバナエゴノキ、クロモジ等

の雑木を植えて植栽量を多くし、道路から玄関前があまり見えな

い様に空間を仕切りました。

同時に四季折々の季節感を楽しめる様デザインしました。

IMGA0861

玄関前から振り返って見ると、この様な景色が見えます。敢えて

カーポートの車が見えない様に配慮してあります。

また、アプローチ部分にはキャメルストーンで雲形の石貼りを施し

アクセントを付けています。

主庭の着工前は、この様な空間になっていました。

IMGA0028

お隣の工場の廃棄物が散乱してある状態だったので、落ち着き

が無く、これは何としても遮蔽しなければと思いました。

IMGA0867

IMGA0864

シラカシ、ネズミモチ、マサキの3種類の常緑樹を生垣として用い

冬でも空間を仕切れる様にしました。

生垣は自由曲線を用い独創性を持たせました。

芝生のラインも同様にし、私の憧れている作庭家『重森三玲』をリ

スペクトしたデザインになっています。

要所、要所には色んな雑木(ヤマモミジ、カツラ、アカシデ、カマツ

カ、アオダモ、トウカエデ、ネジキ)の株立を植えてあるので、これ

も四季の移り変わりが楽しみです。

IMGA0865

リビング前のウッドデッキの周りにも、ジューンベリーの株立やハナ

ミズキ、ツリバナ、アズキナシ、ヤマボウシの雑木が植えられていま

す。下草にはハーブのロシアンセージとキャットミントが植えられて

いるので、香りでも癒しが期待できます。

以上、設計にあたっての私の想いを綴ってみましたが、このデザイ

ンをほぼ受け入れて下さり作庭させて頂けた事に、誠に感謝申し上

げます。

私の作った洋風のガーデニングの代表作の一つになるのは間違い

ありません。これからも宜しくお願い申し上げます。

もちろん、心配されておられた維持管理もアドバイス致しますので

ご安心下さい。今よりもっともっと素敵な庭に仕立てていきましょう!

IMGA0161

ガーデニングの追加工事を頂きました。

当初はこんな感じでした。

1 2 3 4

当社の自由な発想でアレンジしても構わないという事でしたので、色々手を加えてみました。

まずは入口から眺めた所です。

IMGA0288

よりスクエア感を強調したかったので、小舗石の白と大洋紅で四角の植樹帯を設け、少し樹木が足りない様思えたので、ヤマモミジのシンボルツリーとアオハダの株立を植栽しました。

低木にはサラサウツギマジシャンとシモツケを追加しました。

クリーピングタイムのマットは玄関前に移植し、この部分は高麗芝を全面張りにしました。

アプローチの石貼りの目地も、砕石敷からクリーピングタイムへ変更して、緑のラインを強調し華やかさを求めました。

IMGA0289

玄関側から眺めると、カーポートの前にジューンベリーの株立とクロモジの株立を植栽したので、緑の量が倍増した為比較するものができ、遠近法で庭が前よりすごく広く感じます。移植したクリーピングタイムのマットも、来春花が咲けば賑やかな印象になるでしょう。

5 6

芝生の中に、少し遊び心を出して、三角形の花壇を2ヶ所設けました。

1ヶ所は多年草のヒューケラを、もう1ヶ所はフリースペースにしました。この形は今までなかったので、意外と面白いデザインになりました。

IMGA0581

既に何本かの雑木は植えられていたのですが、それに雑木や芝生を植えて里山風にしてほしいという要望でした。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0452 IMGA0475

お隣の古びたブロック塀と砕石敷が、どこか潤いが足りない様な気がします。そこでこの様に進化させました。

1 2

既に植えられていた雑木(ソヨゴとアオダモ)に追加して、クロモジやツリバナ、ハナカイドウなどを植栽したので、だいぶお隣のブロック塀は目立たなくなりました。

何と言っても芝生の面積が増えたので、緑の量がぐっと増え、庭に潤いがでてきました。

IMGA0458

家庭菜園のスペースもできる限り広くとって、雑草対策も万全にしてほしいという事だったので、この様にデザインしてみました。

IMGA0573 IMGA0575

既存のジューンベリー、キンモクセイ、ヤマモミジに追加して、ブルーベリーを3本追加しました。家庭菜園のスペースもできる限り広くとりました。雑草対策は防草シートを張った上に、玉砂利で化粧しました。既に畑は色んな野菜でいっぱいでした。

IMGA0465

駐車スペースの脇も上手く周囲の景色に馴染ませたいと考え、この様に配植してみました。

IMGA0564

まずは奥様の要望で、落葉が飛散しない様に常緑樹でまとめてみました。

板塀の前には常緑ヤマボウシを植えて、裏にあるナツツバキと馴染ませました。既存のソヨゴの横にポツンと植えてあるのがイレックスサニーフォスターです。

低木はヒイラギナンテンとアベリア、グランドカバーはクリーピングタイムを植えました。これで、クリーピングタイムが地面を覆ったら、まるで別な景観に生まれ変わる事でしょう。

 

IMGA0681

着工前はこんな風になっていました。

そこで、管理の楽な庭にと、リ・ガーデンを頼まれました。

015 016 017

立ち枯れしている樹木や、要らなくなった草花を思い切って整理しました。

IMGA0673

ナツツバキの株立やヤマボウシの株立を移植して、新たにクロモジやアオダモ等の雑木を植栽しました。

思い切った曲線で仕切り、約半分のスペースは防草シート+玉砂利にして、管理の時間を大幅に削減する事ができました。ブドウ棚も新たに木製で作り直し、単管パイプで補強しました。これで積雪対策も万全です。

IMGA0685

コンクリートの躯体の上に、新たに鳥海石を組みました。

3種類のモミジ(荒皮性モミジ、ヤマモミジ、コトノイト)を植えて、山野の雰囲気を醸しだし、下草には水辺にとてもよく合うシャガを植えてみました。

IMGA0680 IMGA0681

埋まっていた手水鉢を再利用し、伊勢ゴロタ石で作った洲浜の上を池のオーバーフローした水が流れていく様にし、涼しさを感じさせます。それをより水辺っぽく演出する為に、ミソハギやシダ類を植えました。

池の周囲に縁取りした半ピンコロも、額縁の役割を果たしてくれて、和モダンな感じに仕上がりました。

IMGA0992

歴史のあるお宅の造園工事を頼まれました。

着工前はこんな風に、草が伸びている状態でした。

043 046

この様に草むらが劇的に庭園に生まれ変わりました。

IMGA0065

畑は枕木で囲い、それ以外の部分は全て防草シートを張って、雑草対策を万全に行い、その上に玉砂利を敷き詰めました。

IMGA0071

主庭は芝生をメインにして、樹木はツバキの株立、ナツツバキの株立、クロモジの株立、ヤマモミジだけにしてシンプルにまとめました。

これだけの植栽でも、背景に竹林や土蔵の白壁があるので十分に見応えがあります。

手前の花壇には、アスチルベやギボウシ類を植えてあります。

IMGA0073

竹林の前には、石桶を再利用した祠(ほこら)に割竹でドームを作り、アートっぽく仕上げました。

土留は竹柵で作り、その内側にはこれ以上竹の根が伸びてこない様に防竹シートが埋められています。

仕上げは木チップを敷き詰めました。

IMGA0074

この奥から眺めると、また違った景色が目に飛び込んできます。樹高4~5mの木を植えたので存在感が違います。縁石もかつてお蔵で使われたであろう切石を再利用したので、風格があります。

 

 

IMGA0281

工事を着工したのは、冬だったのでこんな感じでした。

1 2 3

完成すると、この様に変わりました。

IMGA0278

特にアプローチのデザインにはこだわりました。

化粧平板と土間コンクリートのグリッドを互い違いにしてリズミカルに配置し、幅も2.4×2.4mにしてゲスト用駐車スペースも兼ねています。

また、バックで駐車しやすい様に角には小舗石を敷き詰めて、ハンドルを切り易くしています。

IMGA0916

2台用のカーポートの前はできるだけ広く取り、もう1台縦列駐車できる様にしました。また、奥様がお子様連れでも簡単に駐車できる様に、土間コンクリートにアールを付けて、それをアシストしています。

IMGA0277

玄関前の扉を開けても家の中が丸見えにならない様に、中央に植樹帯を設けました。中にはクロモジやツリバナ、アオダモの株立といった雑木を植栽しています。

低木にはシモツケを植栽し、地被にはフイリヤブランを植えて彩りを与えています。スリットの部分には、ハーブのクリーピングタイムを植えて、花のスリットにしました。

また、もう一つのこだわりとして、隣地境界部分の花壇には、竹柵という技法を用いました。どちらかというと、和のテイストが強いのですが、大胆な曲線を用いた事で、和モダンな感じになり面白いアクセントになりました。

IMGA0279

リビング前は、芝生と花壇だけのシンプルなデザインにしました。

ひょうたん型の3ヶ所の花壇の中には、ジューンベリー、ヤマモミジ、アカバナエゴノキを植栽しました。

また、屋根の水が溢れていたので、それぞれ砕石を入れて排水層を設け、上に白いプラ鉢を用いて化粧しました。

IMGA0643

 

着工前はこんな感じでした。

1 2

完成後は、カーポートだけが目立っていた外観が、こんな風に変わりました。

IMGA0649 (2)

オリジナルのガーデンフェンスで空間を仕切った事で、もう玄関が丸見えではなくなりました。

フェンスは平行に立っているので、その間から庭を通って玄関へ入れます。

IMGA0637

アプローチもゆったりとした曲線を用いた為、庭に奥行きとゆとりが生まれました。

玄関前に立つと、どうしても道路まで見渡せてしまうので、常に見られている感覚があり落ち着きませんでした。

IMGA0179

それがこの様に変わりました。

IMGA0641 IMGA0642

この様に道路もお隣りもほとんど気にならなくなりました。フェンスの前に植えられたアオダモやアカバナエゴノキが玄関から見ると全く別の世界の印象を与えてくれます。

根〆には、シモツケやフイリヤブラン、キャットミントを植えています。

今はまだアーチに這わせてあるつるバラが、このアーチを覆ったら、さぞかし気品あるガーデンになるでしょう。

024

工事前はこの様にまだ作業小屋がありましたが、全て解体したので全く別物に生まれ変わりました。

IMGA0923 IMGA0925

藤棚を中心とし、その周囲にはクロモジ、トウカエデ、カツラ、ナツツバキ、アオハダ、ジューンベリーといった色んな雑木が植えられ、季節毎に色んな表情を見せてくれる事でしょう。

土地を一体化して使った事で、すごく広いとっても贅沢な空間に生まれ変わりました。本当ちょっとした公園並の広さです。

IMGA0183

以前からあった庭園も石を組み直したり、樹木を新たに植栽する事でちょっとした和風庭園に生まれ変わりました。

IMGA0928

御商売をされているS様邸では、以前にも植栽されていましたが、かなり庭

が荒れた状態になっておりましたので、リ・ガーデンの依頼を当社で受けま

した。

032 (2)

立ち枯れしている樹木や、要らなくなった草花を思い切って整理致しまし

た。

IMGA0674 (2)

ナツツバキの株立やヤマボウシの株立を移植して、新たにクロモジやアオ

ダモ等の雑木を植栽しました。

思い切った曲線で仕切り、約半分のスペースは防草シート+玉砂利敷にし

て管理の時間を大幅に削減する事に成功しました。

IMGA0694

ブドウ棚も新たに木製で作り直し、単管パイプで補強しました。これで雪

対策もバッチリです。

016

雪囲いが大変な樹木は移植し、和モダンな庭に仕上げました。

IMGA0677 (2)

白御影の敷石を交互に並べて土留し、エゴノキとヤマボウシを植栽し、根

〆にはシモツケとフイリヤブランを植えて清涼感を出しました。

017

最も頭を悩ませたのがこの池の部分です。ここをどうリメイクするかセンス

が問われる所です。

IMGA0685

コンクリートの躯体の上に、新たに鳥海石を組んでみました。3種類のモミ

ジ(荒皮性モミジ、ヤマモミジ、コトノイト)を植えて山野の雰囲気を醸し出

させ、下草には水辺に合うシャガを植えました。

011

反対側から眺めると、池の半分が枯池状態になっているのが分かります。

冬期間は雪捨て場になっているとの事。制約が厳しいと、天の邪鬼の私は

益々闘志が湧いてきます。

IMGA0680

埋まっていた手水鉢を再利用し、伊勢ゴロタ石で作った洲浜の上を池のオ

ーバーフローした水が流れていく様に考えました。これには、施主様も「涼

しげですごく良い」と褒めて下さいました。周囲にはミソハギやシダ類を植

えて、より水辺っぽく仕上げました。池の周囲に縁取りした半ピンコロも当

初は洋風の素材なので違和感があるか心配でしたが、それが額縁の役割

を果たしてくれて和モダンな感じに仕上がってくれました。これは嬉しい誤

算です。

019 (3)

母屋の前も雑草対策?にと植えられたアイビーがはびこっていて、スッキリ

しない印象でした。

IMGA0676

それらを全て除根して、高麗芝を張りました。これでテラスから自由に庭へ

降りてくる事が可能になりました。芝の上には一部芝ガードが敷いてあり、

おばあさんが趣味の為、一輪車が通っても芝生がへこまないよう配慮しま

した。

IMGA0675

除雪するのにタイヤショベルのタイヤがはみ出るというので、化粧平板とピ

ンコロで幅を広くしました。

もちろん、下にはベースコンクリートがしっかり打ってあるので強度は十分

です。

完成するまで、思いの外掛かり約一か月を要しました。工事が進行する度に

新たな課題が発生し、その都度色々考えて乗り越えられた時の達成感は、格

別でした。何とか完成する事ができ、胸を撫で下ろしています。

これから真夏を迎え、水やりや草取り等大変だとは思いますが、私達の作っ

た作品を宜しくお願いいたします。

本当に色々ありがとうございました。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930