ナツツバキ

まずは、ガーデンフェンスを完成させる為に板材をビスで固定していきま

す。

今回は敢えて窓からの視界を考慮して、板材の端はカットしないで長く使い

ました。

次に雑木を植えていきます。

ナツツバキの株立をメインに、中木のオトコヨウゾメとナツハゼを植えま

した。幅が狭いので竹の支柱を使ってうまく枝を誘引して、樹形をこの空間

にマッチするように仕立てていきたいと思います。

地被は水遣りのあまり要らないキャットミントとクリーピングタイムを植え

付けました。

仕上げに伊勢ゴロタ石を敷き詰めて完成です。

 

完成形がこちらです。

ガーデンフェンスの板材をカットしなかったので、実際より幅が広くなって

いるように感じます。

空間もうまく仕切られプライベート感もでてきました。この樹木のおかげで

少なからず四季折々の季節感を感じる事ができると思います。

小舗石で段差を設け、上の段にはキャットミント、下の段にはクリーピング

タイムとハーブ系でまとめてみました。

小舗石の色の違い(紅色と白色)のコントラストも綺麗です。

コンクリートの上に化粧で敷き詰めた伊勢ゴロタ石も、より広く見せる演出

に効果大です。

これだけの狭小空間でも、随分演出できるという見本のような中庭に仕上

がりました。

ガーデニング施工前と施工後でどのように変化したのか、分かり易いよう

にビフォー・アフター形式で紹介したいと思います。

before

after

和室の前という事で和っぽい植物を選択しました。

主木はナツツバキの株立で添えにはナツハゼを植えました。

根〆はシュウメイギクとスジギボウシでまとめてみました。今年はもう終わ

りましたが、来年花が咲いたら相当綺麗になること請け合いです。

before

after

ベージュのリブロックを積んで土留にしました。

こうして見ると、付いていないようで付いているのが傾斜。ブロック1段分

(約20cm)の傾斜が付いています。

before

after

芝生で造った築山を私の直感で思い切り高くしてみました。その結果、庭

にうねりと動きが出たように感じます。

築山には、雑木類(ジューンベリー、カマツカ、アオダモ、ハナミズキ(赤)

(白)、オトコヨウゾメ、キンモクセイ)をバランス良く配植しました。

下草には、葉の美しいフイリヤブランと管理が楽なキャットミントを植えて

みました。どちらも花の色が紫系なので、カラーバランスも上手く取れると

思います。

after

コンクリート+アンティークレンガで造った大きなテラス。

これ位大きいと、この時期に子供達が遊ぶプールを置くには充分な広さで

す。

中に埋められた多くの基礎ブロックは、冬の雪囲い用に設置しました。

合わせて、立水栓も大洋紅という石で丸く囲い可愛く仕立てました。

before

after

テラスをこちら側から見ると、かなり広くなっているのが分かります。

それは、御主人の車を車庫からバックしてここに停めて洗車する為です。

デザイン的にもインパクト大ですし、アイデア次第ではいろんな使い方が思

いつきそうです。目隠し用に植えた生垣も、テラスに合わせて曲線を描いて

います。

after

道路沿いには、プライベート感を演出する為にウッドフェンスを設けまし

た。適度に遮蔽されているので圧迫感がありません。

before

after

建物の外観は、この角度から見ると一番変わったような感じがします。

片勾配の屋根とウッドフェンスの水平が絶妙にバランスが取れてきたの

で、家がゴージャスに見えます。

着工前はこんな風に土留が施されているだけでした。

敷地の周囲も樹木や雑草が生い茂り、鬱蒼としていました。ただ白い土蔵

だけが美しかったので、これだけは何とか借景したいと考えました。

敷地周囲のアカシアや雑草は、許可を得て伐採しました。空間を仕切る為

にオリジナルのガーデンフェンスを設けてみました。これにより白い土蔵

が浮かび上がり、アクセントとして上手く借景する事ができました。

植栽部分は白御影の間知石と小舗石の二丁掛で花壇と作り、若干ではあ

りますが高低差を設けました。

植栽は管理の楽な雑木類(アオダモ、ジューンベリー、アズキナシ、ヤマモ

ミジ等)を植えて、季節毎の移り変わりが楽しめるように配慮しました。

ガーデンフェンスの下が空いている所は低木のシモツケを植栽し、それを

カバーしました。

根〆にはキャットミント、クリーピングタイムのハーブ類でまとめ、ただ眺

めるだけではなく、その香りを楽しんだり、葉っぱを収穫したり多目的に利

用できるように考えてみました。

また、一部ではありますが畑土を入れて家庭菜園も設けてみました。

また、光の当たり具合でこのようにおもしろい影の造形が見られ、これは

想定外の出来事でした。

寝室前には、ナツツバキを植え、逆遠近法で庭が広く見えるようにしてみま

した。

リビングの前には雲形の大きなテラスを設け、テーブルを置いてゆっくり

寛げる空間を設けてみました。これからの季節バーベQなどもいいかもし

れませんね♪

玄関脇の坪庭には小舗石とレンガで雲形に仕切り、今カラーリーフとして

人気の高いヒューケラを植えてみました。

ここにはあまり大きくならないツリバナの株立を1本植えて、シンプルな空

間構成にこだわりました。

ちなみに、白い玉石は海を表しています。

玄関前は、枕木を立てて門柱にしてみました。その後ろにはアオハダの株

立を植え、根〆にはグランドカバーのフイリヤブランとビンカミノールでま

とめてみました。

dscf5621

 

img_0208dscf5079

dscf5078

最初にお客様と打ち合わせにお伺いした時、3つの要望を伝えられました。

1つ目は、リビングからの眺めがどことなく殺風景なので、何か雑木的なもので目隠ししてほしいとの事。

2つ目は、門柱の脇に気を植える事で、冬場玄関前に雪が入り込んでくるのを和らげてほしいとの事。

3つ目は、道路側にある窓が和室に面しているので、何か木を植えて修景してほしいとの事でした。

あらかじめ予算も提示されていたので、どうその範囲で納めるか手腕が問われる所でした。

dscf5623

植栽地は、白御影の間知石、小舗石錆の二丁掛、小舗石大洋紅を使う事で、約10cm位ですが、ちょっとずつ段差をつけて立体感を与えてみました。

植栽はヤマモミジ、アオハダ、常緑ヤマボウシ、ジューンベリー、ナツツバキ等の様々な雑木を植える事で、四季の移り変わりを楽しんでもらう様にしました。それと同時に隣家との目隠しもさりげなく行える様に配植しました。

芝も張ってみたいとの考えも伺いましたが、御夫婦とも働かれていたので、今回は管理の殆どかからない防草シート+玉砂利敷をお薦めしました。

dscf5628

家庭菜園も挑戦してみたいとの事だったので、畳2枚分位の大きなものを作りました。これで、4人家族なら十分にいろんな野菜が収穫でき、新鮮なものが毎朝食べられるからです。

dscf5624

リビング前には、ウッドデッキと雫をモチーフにしたテラスを設けてみました。

このウッドデッキに腰掛け、バーベQを楽しむ姿が目に浮かびます。

dscf5617

門柱脇にはカツラの株立を植えて、雪の入り込みを少しでも和らげられる様にしてみました。

dscf5616

和室前には、スペースが狭かったのであまり大きくならないウメモドキとツリバナを植えて、少しでも和のテイストを感じてもらえる様にしました。

工事を着工する前とその後では、どの様に変化したのかを例によってビフ

ォー・アフター形式で説明したいと思います。

Before

dscf5080

After

dscf5616

和室に面した窓から見える景色がどこか殺風景だったので、ウメモドキとツ

リバナの株立を植えて、和のテイストを残しながらも洋風な外観とのマッチ

ングにも気を配りました。

Before

dscf5079

After

dscf5617

門柱廻りが淋しいという事と、玄関の脇から風と共に雪が入ってきてしまう

ので、それを緩和してほしいとの要望でした。そこで門の脇にカツラの株立

を植えて、それを緩めるよう対応しました。

Before

img_0210

After

dscf5623

隣家のフェンス等が気になるという事だったので、アオハダや常緑ヤマボ

ウシ、ジューンベリー、ナツツバキ、ヤマモミジ等の雑木を植えて彩りを与

えました。

Before

img_0207

After

dscf5621

庭の一部には、枕木で囲った家庭菜園を作りました。

植栽地の高さも、石積みや小舗石の高さを変えて変化を与えました。

敢えて直線を使わず、緩やかな曲線をデザインに与えた事で、庭にゆとり

が生まれました。

After

dscf5620

リビングの窓には、ウッドデッキを設けました。これでリビングから眺めると

とても広く感じると思います。その前には、雫型のテラスを作ってみました。

ショコラ・コロンという焼き菓子の様な可愛いレンガで、コンクリートを縁取っ

ただけのテラスですが、形がおもしろいので、この庭にすごくマッチしている

気がします。

広さもバーベキューするには、丁度良い面積を確保しています。

カーポートから道路に出る際、見通しが悪くすごく危険だという事でガーデ

ンミラーを取り付けました。

dscf5240%e2%91%a0

鏡の部分にはオシャレな飾りが付いています。

この鏡、直径が22cmもあり意外に見えます。

拡大するとこうなります。

dscf5242%e2%91%a0

この様に、道路を走ってくる車がハッキリと見えます。

車が出る時、対向車が見えなくて恐いとお困りの方、一度当社にご相談下

さい。色々な方法をご提案申し上げます。

しかし、K様邸を半年ぶりに訪れたら庭がすごく良くなっていて超びっくり!

dscf5243%e2%91%a0

入口から玄関までの長いアプローチも、植物が成長していてすごく綺麗で

癒されます。

dscf5244%e2%91%a0

ここまで成長すると、私のイメージとぴったり一致してすごく素敵です。

特にガウラは可憐なピンクの花が風に揺れて、とても素敵です。

dscf5245%e2%91%a0

玄関から見るとナツツバキの株立が成長したので、車道から丸見えになら

ないのが分かります。

来年は刈込や剪定が必要ですね。そして、より良い庭に一緒に仕立ててい

きたいと思います。

img_0187

 

imga0046 imga0127

着工前は、以前あった和風庭園が全て解体された状態でした。もう一方、中庭には白いタイルが貼られ、中央にシンボルツリーを植えてほしいと頼まれました。

img_0089

この庭は第一印象から宇宙をイメージした物にしようと決めていました。全面に敷かれた玉砂利部分を宇宙に見立て、あとは全て円形にして惑星を象っています。

中央の芝生の部分も円形にし、シンボルツリーのアオハダの株立が植えてある部分も同じ円形にし、一段高くしてあります。

円と円が交わっている部分にはキャメルストーンを貼って、ちょっとしたテラスに利用してほしいと考えています。

img_0092

隣地境界の所にある花壇にはオベリスクを設置して、将来奥様がバラを植えて下さる予定です。

img_0098 img_0190

この庭は家庭菜園まで全て円形にしました。どのサークル石も、石の色味と、大きさや高さを全て違う物にして変化をつけています。

img_0178

中庭にはシンボルツリーのナツツバキの株立が植えられ、白で統一された空間に潤いを与えています。

IMGA0291

 

着工前はこんな風に、敷地内は全て砕石が敷き詰められておりました。

IMGA0216① IMGA0217①

この庭で一番目を引くのは、玄関前に立つ8本の枕木です。

IMGA0290① IMGA0294

玄関扉を開けた時、中が丸見えにならない様にしました。枕木の途中には黒のワイヤーメッシュを取り付け、ハンギングができる様に考えました。アプローチは、白の化粧平板を直角に曲げて結びアクセントに。枕木前には、ナツツバキとツリバナの株立を植えて彩りを与えました。

主庭には、当社が得意としている円形の家庭菜園と花壇を設けました。

IMGA0656

お隣との目隠しに、モチノキとジューンベリー、ヤマボウシの株立を植えました。子供さん達が安心して遊べる様に芝生のフカフカ絨毯も忘れずに作りました。

片道2時間かけての現場なのでかなり遠かったのですが、なかなか面白い

作品に仕上がりました。いつも通りビフォー・アフター形式で説明していきた

いと思います。

Before

IMGA0046

After

IMG_0093

IMG_0090

この庭はすべて円をモチーフにしています。

芝生も花壇も家庭菜園も植栽地もすべて円!

大きな宇宙に惑星が浮かんでいる様なイメージで設計しました。ですから

敷砂利の部分は宇宙空間を模している事になります。しかも防草シートが

下に敷いてあるので管理も殆どかかりません。

植栽は主に雑木でまとめ、ジューンベリーの株立やアオダモ、クロモジ、ナ

ツハゼが植えてあります。

IMG_0096

芝生の円と植栽地の円が交わっている所は段差がつけてあり、そこには

キャメルストーンを貼って、ちょっと腰掛けられる様にしました。

Before

IMGA0129

After

IMG_0095

隣地境界のブロック塀脇の花壇は、将来つるバラを這わせるべく円の中心

にオベリスクを立ててみました。

その下草にはハーブのアップルミントを植えてあります。中間には常緑樹

のモチノキを植えて、古いブロック塀を隠そうと考えました。

Before

IMGA0127

After

IMGP3639

タイルが貼られた豪華なテラスの中央には、シンボルツリーのナツツバキ

の株立が植えてあります。この木は玄関からもリビングからもピアノ教室か

らも全て見えるので、かなり重要な役割を果たしているのですが、立派な

樹形の木が植えられたのでホッと胸を撫で下ろしています。

After

IMG_0100

テラス前のブロック塀脇にも常緑樹のソヨゴが植えてあります。何年か後に

は今の2倍位の大きさに成長して、上手く空間を仕切ってくれる事でしょう。

ここは米沢という事で豪雪にも耐えられる工夫と樹木を選択しました。

結果的に敷地内に入るとかなり別世界になるので、訪れた人達もきっと驚

かれるのではいでしょうか?

(設計した私もそうでしたので…。)

かなりの長丁場になりましたが、無事完成する事ができ満足していると共

にお客様にも喜んで頂けたので達成感でいっぱいです。この工事に携わっ

た職人達もよく頑張ったなと思います。

これからも色々水やり等、メンテナンスも大変ですがもっとより良い作品に

なるよう宜しくお願い申し上げます。

長い間、本当にありがとうございました。

分かりやすい様にビフォー・アフター形式で説明していきたいと思います。

Before

IMGA0724

After

IMGA0329

コンクリートの擁壁に続く土留は、白御影の間知石を使い緩やかな曲線を

描く事で、高級感のあるモダンな仕上がりになりました。

玄関前の視線を遮る為に設けた枕木のモニュメント。連立している事で存

在感があり、それでいてシャープな印象を与えてくれます。

Before

IMGA0728

After

IMG_0078

カーポートから玄関へ向かうアプローチ。ここは白の平板を碁盤の目の様

に並べ、更に枕木で切り返して角度を変えたので、実用的でもありスタイリ

ッシュ。かなり斬新なデザインで庭の一つのアクセントになっています。

植栽もジューンベリーやヤマボウシ、ソヨゴ、アオハダ等の雑木でまとめ、

下草もスジギボウシやヒューケラ、フイリヤブラン等の多年草でまとめたの

で緑の量が多く、しかも管理の楽な庭になりました。

After

IMG_0079

玄関側から見ると私の表現したかった世界が、より明確に伝わると思いま

す。枕木にも遊び心で、変わった形の装飾金具を取り付けてみました。

これ結構気に入っています。

Before

IMGA0730

After

IMGP4725

主庭の方は大胆な曲線を用いた、かなり広い芝生の遊び場になっていま

す。

隣家との境界には、こちらの土地の方が地盤が高いので、高さ80㎝の少

し低めのウッドフェンスを設けて空間を仕切っています。

こちらもアオダモやナツツバキ、ヤマモミジ、カマツカといった雑木でシンプ

ルにまとめてみました。

After

IMG_0083

こちら側から見ると、いかに芝生の遊び場が面白い形になっているのかが

すごく分かりやすいと思います。

最後に、お客様からは「外構で家がこんなに変わるなんて、まるでモデル

ハウスみたいだ。」と言って頂きすごく誇りに思っています。

更にご近所の方々の視線も感じられるそうで、工事中もカラーコーンに貼っ

てある当社の社名をわざわざ見て行かれると驚いていらっしゃいました。

植栽時期が暑い時期に重なってしまい、庭の水やりがすごく大変かと思い

ますが、夏が終わるまでの辛抱です。必ず植物は可愛がってくれた人に恩

を返してくれますので、何とか面倒をお願い致します。

工事中は色々とお世話になり、本当にありがとうございました。

これからも宜しくお願い申し上げます。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930