ヒイラギモクセイ

 

この庭を鯉が泳ぐ池と、そこに流れるせせらぎを残して全てリノヴェーションしてほしいと頼まれました。

まず一番に考えたのは事務室から眺めた時に、いかに心安らぐ空間を演出できるかどうかでした。また、周囲は全て舗装してある駐車場なので、庭の中を回遊しても飽きの来ない空間を作り出せるかも大きなポイントになりました。

既存の樹木はモクレンやツバキ、ノムラモミジ、シャクナゲ、ムラサキシキブの5本を残して全て抜根しました。

また豪雪地帯である為になるべく雪囲いの手間を省略化すべく、いくつかの方法を実践しました。

高木は全て雑木(アオハダ、アオダモ、ジューンベリー、ツリバナ、ハナミズキ等)を植栽し、枝をしおるだけで雪囲いが完了するようにしました。

地被類は全て多年草(クリーピングタイム、フイリアマドコロ、フウチソウ、ビンカミノール、ヒューケラ、シラン、スジギボウシ、フイリヤブラン、シャガ)を植えて野趣味な感じが出るように配植しました。もちろん雪囲いは必要ありません。

既存の流れは殆どいじならいで、石を少し足したり移設したり、段滝を作ったりゴロタ石で洲浜を作ったりして少しリニューアルしました。

事務室からの眺めはこのようになりました。

「まるで避暑地に遊びに来たみたい。」と喜ばれたので全てが報われました。

庭の全景は既存のモクレンやヤマモミジがある事でかなり落ち着いた雰囲気になりました。

白御影の敷石で土留した事で、庭の印象がスタイリッシュに見えます。

生垣は全て曲線を描いてあり、マサキ、シラカシ、ヒイラギモクセイの常緑樹を植えて、高さも少しずつ変えてあります。

庭は三方向に出入口が設けてあり、こちら側には階段を作って変化を付けてあります。

このように庭は自由に散策する事ができ、眺める方向によって景色が変わります。歩く度に新しい発見があるかもしれません。

池の手前には富沢石を乱張りしてあります。これによって庭の景が引き締まりました。

心なしか鯉も嬉しそうに泳いでいます。

既存の庭の良い所を活かして、庭のリノヴェーションしてほしいとの依頼を

受け、どの方向から眺めても美しい景観になるようデザインしました。

before 

after

既存の樹木は数本のみ残して全て取り除きました。その代わりに雑木を主

に植えた所、このように生まれ変わりました。

富沢石で造った石張りも落ち着いた雰囲気を感じさせます。

before 

after

既存の石組は鯉を飼われていたので極力いじらないようにして、流れの部

分のみ一部改修しました。

維持管理が楽なようにジューンベリーやアオダモの株立等の雑木を主体に

植え、下草には雪囲いの要らない多年草を植えました。

やはり水辺にはシャガやフイリヤブランが涼しげで良く合います。

before 

after

土留は白御影の敷石で行い、モダンな感じに仕上げました。シラカシやヒイ

ラギモクセイで作った生垣は、大胆な曲線を描いており庭のアクセントにな

っているのと同時に、生垣の表と裏から眺める景色が全く違うくなるように

考えてあります。

after

庭の中には苑路が設けてあり、池泉回遊式庭園の形態をとっております。

土留と同じ白御影石で造った階段も庭の大きなアクセントになっています。

before

after

庭の裏側にあたる部分も、マサキの生垣を同じように大胆な曲線を描いて

作ってあります。

after

こちら側からも庭に入れるようになっております。

after

既存のモクレンとヤマモミジの間にも苑路が設けてあり、ここを通ってせせ

らぎが鑑賞できるようにしました。

下草にはキャットミントやクリーピングタイムのハーブ類やフイリアマドコ

ロやフウチソウといった野趣の味わいを感じさせる植物も植えてあります。

after

事務所の室内からの眺めはこのようになっております。

まるで額縁の中の絵画のように上手く空間が切り取られています。

ちょっとしたリゾート気分が味わえます。

after

池の鯉達も心なしか庭の完成を喜んでくれているように感じます。

それもその筈、約2ヶ月ぶりにゆっくり池の中を泳げるようになったのです

から…!

着工前はこんな風に、家を新築されてから数年は何もされていなかったの

で砕石敷のままでした。

IMGA0352 IMGA0354

このガーデニングが完成すると、この様に劇的に変化致しました。

IMG_0144

アンティークレンガの縁取りを施したコンクリート製のテラスと、庭の大部分

を占める芝生の自由曲線が見事なコントラストを描いています。

背景の木製オリジナルガーデンフェンスも空間を上手に仕切り、木の持つ

温もりを感じさせ、合わせて庭の広さもアピールしています。

反対側から眺めるとこうなります。

IMG_0146

庭の管理を楽にする為に、芝生の面積を思い切って広く取りました。

(意外と芝生の方がきちんと管理をすれば楽なのです。)花壇以外の部分

は雑草対策で防草シートの上に玉砂利を敷きました。

植栽は、このようにシンプルにまとめました。

IMG_0154

シンボルツリーはヤマモミジにして、それ以外は実のなるジューンベリー。

花の綺麗なハナミズキのピンク。冬でも葉の落ちないヒイラギモクセイ。

紅葉の綺麗なナツハゼと、本数は必要最小限に抑えて植栽しました。

下草は手入れの楽なハーブ系のキャットミントとクリーピングタイム。

それと、斑入りの葉が涼しげなフイリヤブランでまとめました。

IMG_0153

隣地境界線には、常緑で耐寒性があるイレックスサニーフォスターを列植

しました。レモンイエローの新緑が眩しいくらい美しいです。

IMG_0152

今回もお得意の円形花壇と家庭菜園を設けました。

手前から奥に行くに従って大きくしていきました。色も、紅、白、錆と変えて

庭のアクセントにしました。

IMG_0137

建物の外観も木製フェンスと植栽のおかげで、ワンランクアップした様な

印象を受けます。

最後に、このガーデニングの工事に入った時から、完成するまでにいつも

冷たい麦茶といろんなお茶菓子で、休憩の度におもてなしをして下さった

お婆ちゃん。本当にありがとうございました。

こんなに気を使って下さって頭が下がる思いです。職人共々御礼申し上げ

ます。これからも植物を優しく育てていく度に、時々訪れてレクチャーします

ので宜しくお願いします。

 

庭の印象が一番変わる植栽工事に入りました。

まずは雑木の植栽からです。

IMGA0433 IMGA0434

ヤマモミジやジューンベリー、ヒイラギモクセイ等を植栽しました。

次に花壇部分にバーク堆肥を混ぜて土壌改良を行います。それが終わっ

たら多年草の植物を植えていきます。

IMGA0439

今回は葉がとっても涼しげなフイリヤブランと、とても丈夫なクリーピングタ

イムを植え付けました。

IMGA04401②

夕方になり少し薄暗くなってきましたが、ようやく植栽が完了しました。あと

は芝生を張って、コンクリートのテラスを作って完成です。

それにしても庭に木が入ると、まるで雰囲気が変わります。

緑の量が増え潤いがでてくるのと、何より庭がすごく広く感じられます。

完成までもう一頑張り、安全に気を付け無事完成させたいと思います。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0216 IMGA0218

完成形はこのようになりました。

IMGA0290

玄関前は枕木でモニュメントを作り、扉を開けた時に玄関の中が丸見えに

ならない様に工夫しました。

その脇にはボンボビという初めて使うポストを立ててみました。これも結構

可愛らしいです。合わせて、ナツツバキやツリバナの株立、カシワバアジサ

イを植栽して彩りを与え、根〆にはクリーピングタイムを植えました。

IMGA0294

何と言ってもアクセントはこの化粧平板。

直線を基調に並べているのでスッキリとまとまり、よりスマートなアプローチ

に変貌しました。

IMGA0289

2台用カーポートの後ろには物置をセットしました。扉を建物と同系色のオ

フホワイトにしたので、上手く外観と一体化した印象を受けます。

IMGA0296

主庭にはジューンベリーやヤマボウシの雑木、リビングの前には目隠しに

なる様に常緑樹のモチノキとヒイラギモクセイを植えています。

敢えて芝生の面積を広めにとって、お子様達が自由にしかも安全に遊べる

スペースを多く作りました。

IMGA0298

手前は円を2つ合わせて作った家庭菜園のスペースを設け、中央には円

形の花壇を作ってみました。

石の色を全て変えてみたので、庭の良いポイントになっていると思います。

まだ植栽したばかりで決して緑の量が多い訳ではありませんが、これから

水やりや芝刈等の管理で植物に愛情を注ぐ事で、必ず素晴らしい恩恵を

返してくれるに違いありません。

それを信じて管理のほう宜しくお願いします。

色々とありがとうございました。

IMGA0416

建物の周囲には、何もない状態からのスタートでした。

1 2 3

ここから、お客様の要望をお聞きしながら施工しました。

IMGA0964 IMGA0966

駐車スペースは2台分確保し、その他にもゲスト用の車が1台横付けできる様にデザインしました。

その時、軽くハンドルを右に切れば出られる様に、緩いカーブ(アール)を設けました。

その為、アプローチのキャメルストーンの石貼りは2段にもなり、その結果面白いデザインになりました。

IMGA0878

盛土の土留は敢えて土留コンクリートにはせずに、家の外壁の質感に合わせて白御影の敷石を用いました。

オリジナルのガーデンフェンス(板塀)は、通る人の目の高さに合わせて上に行く程、板の隙間をわざと狭くしています。

IMGA0875

印象的な3つのサークルは、2つが家庭菜園、1つが花壇になっています。円形にする事で、中に足を入れる事無く作業できるので、芝生に泥が付きません。(草が生えません)

植栽は、ジューンベリーやヤマモミジ、アオダモの株立を植え、根〆には、ツツジを植栽して四季の季節感を出しています。

IMGA0866

玄関脇は、化粧平板を市松貼りにしました。

小舗石で囲んだ植栽スペースには、ヒイラギモクセイとナツハゼを植栽し、下草にはハーブのアップルミントを植えてみました。

建物の周囲には、何もなかった状態から施工しましたので、一体どの様に

変わったのか、Before、After形式で説明したいと思います。

Before

2015-03-07 09.53.58

After

IMGA0878

盛土の土留は、敢えて土留コンクリートにはせず、家の外壁の質感に合わ

せて、白御影の敷石を用いました。

オリジナルのガーデンフェンス(板塀)は、通る人の目の高さに合わせて土

にいく程、板と隙間をわざと狭くしています。

Before

2015-03-07 09.54.35

After

IMGA0964

IMGA0966

駐車スペースは2台分確保し、その他にもゲスト用の車が1台横付けでき

る様にデザインしました。

その時に軽くハンドルを右に切れば出られる様に、緩いカーブ(アール)

を設けました。その為アプローチのキャメルストーンの石貼りも2段になり

施工にかなり苦労しましたが、その結果面白いデザインに仕上がりました。

Before

2015-03-07 09.54.57

After

IMGA0865

IMGA0866

玄関脇は、化粧平板を市松模様張りにしました。

初めての試みでしたが、案外面白い仕上がりになったので、次回も色々ア

レンジして使っていきたいデザインです。

小舗石で囲んだ植栽スペースには、ヒイラギモクセイとナツハゼを植栽し、

下草にはハーブのアップルミントを植えてみました。ミント系は後で色々楽

しめると思ったからです。

After

IMGA0874

IMGA0876

物置は、これも建物の外壁の色と統一した為、何の違和感も無くスッキリ

納まっています。

印象的3つのサークルは、2つが家庭菜園、1つが花壇になっています。

円型にする事で中に入る事が無いので、芝生に泥が付きません。(草が生

えません。)

植栽は、ジューンベリーやヤマモミジ、アオダモの株立を植え、根〆には

ツツジを植栽しました。木が入る事で庭に奥行きが出ました。

工事完成まで約1か月半かかりましたが、お客様に最後に「武田さんに頼

んで良かった」と言って頂き、苦労が吹き飛びました。これから管理も大変

ですが、色々アドバイスしますので、一緒に良い作品に仕上げましょう。

本当にありがとうございました。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728