化粧ブロック

 

敷地面積は標準的なのですが

「カーポート2台分+ゲスト用駐車スペース2台分を確保して欲しい」

と、ご依頼いただきました。

 

この難問をいかにセンス良くまとめるか…手腕が問われます。

 

【着工前】

 

隣地の境界線には化粧ブロックと​フェンスを設置して

見た目のグレード感をアップさせました。

 

まずはカーポートを設置する事で車2台分はクリアしました。

 

 

この庭は特にアプローチのデザインにこだわりました。

 

ローズベリーという石を大胆な曲線を描いて張り、

土間コンクリートもそれに対応して同じように曲線を描く事でアート性を強調しました。​

 

そして、ここにも車1台分を停められるスペースを確保しました。

 

 

玄関前のポーチも同じローズベリーという石を張り、

縁取りにはヴィンテージ風のレンガを並べてみました。

雲形のポーチもデザイン上の大きなポイントになっています。

 

 

白御影の敷石で土留を行い、

シンボルツリーは移植した存在感のあるウメモドキにしてみました。

他にもアオハダとツリバナの株立を植えて、リビング前の目隠しにしました。

 

 

女性でもスムーズに縦列駐車が出来る様、道路脇に4代目の駐車スペースを確保しました。

白御影の間知石を覆うクリーピングタイムも、彩りを与えてくれます。

 

 

防腐木材を使ってオリジナルで手作りした門柱。

独特な形をしていますが、ポストと表札のモダンな形と融合してくれて、面白い形になりました。

 

 

和室前に設けられた坪庭。

少しでも和のテイストを入れたくて、あまり大きくはないですが

景石を据え、瓦を立てて縁取りにしてみました。

 

モミジ+ナツハゼ+リュウノヒゲといった山野草だけでまとめましたが

それなりに風流な景を演出できました。

 

 

小舗石の錆石で囲まれた植栽スペースには

シモツケやキャットミント、ヒューケラという色とりどりの植物を植えて華やかにしてみました。

これだけでも道路からの視線が違います。

 

 

ワンちゃん用のシャワー付きの洗い場!

レンガで簡単に囲ってますが、大型犬でも大丈夫なように大きく造っています。

 

 

 

「京都にある坪庭の石庭をイメージした庭をつくりたい」とご依頼いただきました。

 

 

芝生が主体の洋の庭から、枯石組が主体の和の庭に大変貌を遂げました。

 

富沢石を貼った石畳風の苑路、

この趣がかなり重要な役割である事を気付かせてくれます。

 

 

7個の石でまとめられた石組も、眺める角度により、いろんな表情を見せてくれます。

 

 

この坪庭に使用した鮫川石は、京都の庭によく使われている青石(緑泥片岩)と同じものです。

そこで砂利も、京都の白川砂利を取り寄せて敷き詰めました。

 

植栽は既存の板塀とうまく馴染ませる為に黒竹とリュウノヒゲだけに留めました。

 

 

石庭が仕上がってくるにつれて、お客様の方も熱が入られ、

門柱と目隠しの板塀の追加発注をいただきました。

 

 

建物の外壁と合わせて使った白い天然石が貼ってある最高級の化粧ブロックは

アプローチの白いタイルとも相性が良く、うまく納まりました。

 

黒御影とステンレスを組み合わせた表札も、程良いアクセントになっています。

 

 

中庭から見た景色は、「この先どんな庭を見せてくれるのだろう?」という期待を膨らませてくれます。

 

単なる目隠しではない、こういった所が庭師の腕の見せ所だと思います。

 

今年の4月から始めてようやくガーデニングが完成しました。

ビフォーアフターではかなりの見栄えが違うので紹介したいと思います。

before 

after

2台用のカーポートを設置した後、隣地境界には化粧ブロックとフェンスを設置してグレード感をアップしました。

before

after

この庭は特にアプローチのデザインにはこだわりました。ローズベリーという石を大胆な曲線を描いて張り、土間コンクリートもそれに対応して同じように曲線を描いてアート性を強調しました。

after

玄関前のポーチも同じローズベリーという石を張り、縁取りにはアンティークレンガを並べてみました。

雲形のポーチもデザイン上の大きなポイントになっています。

before

after

白御影の敷石で土留を行い、シンボルツリーは移植した存在感のあるウメモドキにしてみました。

他にアオハダの株立とツリバナの株立を植えてリビング前の目隠しにしました。

before 

after

4台分の駐車スペース確保の為に、道路脇にも縦列で止められるようにしました。

土留の間知石を覆うように将来はクリーピングタイムが旺盛に生育して彩りを与えてくれると思います。

after

木材を使ってオリジナルで作った門柱。

独特な形をしていますが、ポストと表札のモダンな形とうまく融合してくれて面白い仕上がりになりました。

after

和室前に設けられた坪庭。

少しでも和のテイストを入れたくて、あまり大きくはないですが景石を立て、瓦を使って縁取りしました。

モミジとナツハゼ+下草でまとめましたが、シンプルですが風流になりました。

after

錆の小舗石で囲まれた植栽スペースにはシモツケやキャットミント、ヒューケラという色とりどりの植物を植えて華やかにしてみました。これだけでも道路からの視線は違います。

after

ワンちゃん用のシャワー付き洗い場!

レンガで囲っていますが、大型犬でも大丈夫なように大きく作ってあります。

after

ワンちゃんを遊ばせる為にラティスで囲ったウッドデッキ。

オリジナルで作ったので少し値が張りましたが、ワンちゃんにはすこぶる好評でした。

作業用の通路が狭くて工期が思いのほか掛かりましたが、ようやく満足のいく庭が出来上がりました。

どのように変化したのか、いつものようにビフォーアフター形式で説明したいと思います。

before

after

建物の外壁と合わせて使った、白い天然石が貼ってある最高級の化粧ブロック。アプローチの白いタイルとも相性が良くうまく納まりました。

黒御影石とステンレスを組み合わせた表札もアクセントが効いています。

before

after

お隣との空間を遮蔽する為に設けた創作板塀。

板材の間に挟んださらし竹の黄色が、差し色としての役割を十分に果たしていて高級感が生まれました。

before

after

芝生が主体の洋の庭から、枯石組が主体の和の庭へ大変貌を遂げました。

富沢石を貼った石畳風の苑路。趣きのある仕上がりが大事な役割を持っている事に気付かせてくれます。

before

after

鮫川石は京都の庭にある青石(緑泥片岩)と同じなので、敷いてある石も京都の白川砂利を取り寄せて敷き詰めました。

京の坪庭をイメージされていたお客様の要望にうまく応える事ができました。

植栽はシンプルにウメモドキの株立1本とクロチク7本だけにして、既存の板塀とうまく馴染ませました。

before

after

下草のリュウノヒゲとの仕切りは黒瓦を縦使いにして埋め込み、味のある仕上がりにしました。

7個の石でまとめられた石組も、見る角度によって違う表情を見せてくれるように考えて組みました。

before

after

中庭から見た景色は、この先どんな庭を見せてくれるのかという期待を膨らませてくれます。

単なる目隠しというよりは、こういうところが庭作りではとても大事な事だと思います。

創作するという事は意外な問題点が浮上してくるものです。

お客様から隣家をもう少し見えなくしてほしいと頼まれ、15cmほど柱を高くする事にしました。そうしたらどうしても強度に不安が出てきてしまい試行錯誤した結果、控え柱を立てる事にしました。

これでかなり強度が増して、ひとまず安心しました。

次に柱を高くした所に角材を2本渡して、スリット状に横木を取り付けていきます。

これで遮蔽的には問題なく見栄えもすごく良くなりました。

次にこの塀のデザイン上の要、板材の間にさらし竹を取り付けていきます。

この取付が終われば、最後に仕上げの塗装をして完成です。

仕上がりがすごく楽しみになってきました。

 

次に追加発注された門柱の組立です。

当初、ブロック塀+ジョリパット仕上げを予定していましたが、どうしても経年変化で汚れてくるのが嫌ということでN.Gになりました。

それと外壁の白に合わせてほしいとの事だったので、少し高級なブロックを積む事になりました。

このブロックには白の天然石が貼り付けてあり高級感はハンパないです。アプローチとのタイルとの相性もバッチリです。

次に時期が悪くて植えられなかったウメモドキの株立を植えていきます。

ここまで来ると仕上げの仕事のみとなりました。

もう少しで完成を迎えるので、その時のビフォーアフターが楽しみになってきました。

4月というのに肌寒い日々が続き雨降りが多いので、コンクリート工事に支障をきたしどうしても工事が遅れ気味です。

仕上がった所まで砕石を敷いて路盤を作りました。

次に玄関前のアクセントにローズベリーという名の石を張りました。

色目が鮮やかなので一際目を引きます。

縁取りをアンティークレンガを使ってビンテージ感を演出しました。

駐車スペースを確保する為に道路脇に設けたのですが、地盤と高低差があるので間知石を積んで解決しました。

この度のアプローチはゲスト用駐車スペースも兼ねているので、どうしてもデザインが単調になりがちです。そこである裏ワザを使ってこの問題を解決しようと思います。

隣地境界には化粧ブロックを積み、フェンスを取り付けて外周もオシャレにしたいと考えています。

ゴールデンウィーク明けには天気が平年並みになることを期待しています。

 

ガーデニングが完成したらどのように見栄えが良くなったか、分かりやすいようにビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

before

 

after

建物の外周北側は外観の色に合わせ、グレーの化粧ブロックを積みました。

敷地が角地な為にショートカットされないように、白御影石を使って頑丈で尚且つスタイリッシュに見えるよう仕上げました。

玄関扉を開けた時に中が丸見えにならないように、アオダモやカツラ、ツリバナの株立を植栽して遮蔽しました。

下草には今度初めて植栽するマホニアコンフューサと西洋イワナンテンカーリーレッドを植えてボリュームを持たせました。

 

before

 

after

数多くの雑木や下草が植栽されたことで外観に彩りが見られ豪華に感じます。

逆遠近法により敷地が以前よりもとても広く感じます。

 

before

 

after

主庭にもジューンベリーやアズキナシ、ハナミズキ等の雑木が数多く植えられ、燐家との目隠しをさりげなく行っています。

小舗石の縁石や芝生の縁取りに積極的に曲線を入れているので、庭全体のイメージが柔らかく見えます。

 

after

こちら側から眺めると余計になだらかな曲線が用いられているかがよく分かります。

リビングの前にはウッドデッキが設けてあり、それに合わせてコンクリート製のテラスを作ってみました。

ここでバーベQなんて、ちょっとオシャレかもしれませんね。

 

after

アプローチは建物の外装パネルと合わせてグリッド状にしてみました。化粧平板ブロックの色が差し色になって、うまく外観に馴染んでいます。

 

after

門柱は当社お得意の枕木を3本組み合わせて作ったシンプルなものですが、表札とポストを組み合わせることで斬新でスッキリした門柱に仕上がりました。

 

after

家庭菜園は木材で縁取りしたシンプルなデザインですが、角の一部を動線に合わせて斜めにカットしたことで想定外にオシャレに見えます。

 

着工前はこんな感じでした。

これから建物の外観に合わせてガーデニング工事を進めていくわけですが、その完成をイメージして描いたのがこのスケッチです。

このスケッチに限りなく近く仕上げていきたいと思います。

まずは平面図に合わせて床掘りを行います。

次に家庭菜園を作ります。

木材で型を作っていくのですが、銅線を考えて端を斜めにしてみました。

次に植栽用客土を入れて縁取りに小舗石を使い、なだらかな曲線を描くことによって柔らかなイメージに仕上げました。

次に土留の化粧ブロックを積んでいきます。

まずはベースとなる鉄筋を組んでいき、そこへブロックを積むとこうなります。

そこへ白御影石の敷石と間知石を据え付けるとこう変化します。

これで角地あるあるの「ショートカット」はなくなるでしょう。

ここまで進むとガーデニングの形が何となく見えてきました。

まだ40%くらいの進捗率ですが、これから先の仕上がりが楽しみになってきました。

 

 

通常のお宅の2倍はあろうかというくらい広い敷地を限られた予算の中でいかにオシャレにスペーシングしていくかが最大のテーマでした。

この作品の最大の特徴は、正面から眺めた時の広がりです。パッと見、このままハウスメーカーのチラシに使えそうです。

まだ植えたばかりで樹木が小さいのですが、4~5年して今より樹高が1~2m高くなると、そのままモデルハウスだよと言えそうです。
2台用のカーポートの後ろには大きな物置(別途工事)が設置されました。

アプローチと兼用のゲスト用駐車スペースは、パラレルのミルキーホワイトという化粧平板を貼ってアクセントをつけてみました。

右手には枕木を組み合わせた門柱を立てました。将来ここには表札とポストが設置される予定です。

左手には小舗石でL字型に作った植栽スペースの中にジューンベリーが植えられ、下草にはフイリヤブランとクリーピングタイムを添えてみました。

これだけでも逆遠近法で敷地が広く感じます。

リビング前にはウッドデッキを設置し、その前にはアンティークレンガで囲っただけのテラスを作ってみました。

ここにベンチやテーブルを置けば、バーべQ等をしてまったりと過ごせそうです。

それとセットで芝生広場を設けました。ここは子供達のパラダイスになりそうです。

どうしても作ってほしいと頼まれた家庭菜園も庭の雰囲気を壊すことがないように、小舗石を円型で囲ってオシャレなものに仕立て違和感なく庭に溶け込ませました。

外回りは化粧ブロックとアルミのフェンスでスッキリとまとめました。

ブロックの色は建物の2階部分と、フェンスの色はアルミサッシの色と合わせて色調を統一して一体感を持たせました。

アプローチからの曲線には特に気を使いました。

コンクリートは比較的に施工が簡単なのですが、ローズベリーの石張りはかなり時間を費やしました。その甲斐あって美しい曲線が描けたと思います。

和室前のスペースは和モダンな空間に仕上げました。なだらかな曲線を描くマサキの生垣の前には、瓦を縦使いに埋めて縁取りしました。

ヤマモミジやナツツバキの株立等の雑木が植えられた足元には、アクセントとして銭形の手水鉢を据えてみました。

物置の前に立っている柱には特殊な金具が取り付けられており、リードを取り付けるとその周りをぐるぐるワンちゃんが走り回れるように考えました。このアイデアはこれからも使えそうです。

 

異常気象に悩まされ、かなり工期が延びてしまったK様邸のガーデニングがようやく完成しました。

どのように変化したのか分かりやすいように、ビフォー・アフター形式で表していきたいと思います。

before

after

2台用のカーポートを設置(別途工事)しました。

 

before

 

after

パッと見ハウスメーカーが作ったモデルハウスみたいに仕上がりました。

まずゲスト用の駐車スペースも兼ねたアプローチ。アクセントにミルキーホワイトの化粧平板を並べてみました。建物の外観の差し色として有効でした。

道路境界には化粧ブロックとアルミのフェンスで仕切りました。

枕木を組み合わせて作ったオリジナル門柱。これからお客様の手でどんな進化を遂げるのか楽しみです。

 

before

after

和室前のスペースは和モダンな空間に仕上げました。なだらかな曲線を描くマサキの生垣の前には、瓦を縦使いに埋めて縁取りしました。

ヤマモミジやナツツバキの株立ち等の雑木が植えられた足元には、アクセントとして銭形の手水鉢を据えてみました。

 

before

after

アプローチからの曲線には特に気を使いました。コンクリートは簡単なのですが、ローズベリーの石張りはかなりの時間を費やしました。その甲斐あって美しい曲線が描けたと思います。

after

小舗石でL字型に作った植栽スペースの中にはジューンベリーが植えられ、下草にはフイリヤブランとクリーピングタイムを添えてみました。

これだけでも逆遠近法で敷地が広く感じます。

after

リビング前にはウッドデッキを設置し、その前にはアンティークレンガで囲っただけのテラスを作ってみました。ここにベンチやテーブルを置けばバーベQ等をして、まったりと過ごせそうです。そちらとセットで芝を張ってみました。ここはもう子供達のパラダイスになりそうです。

どうしても作ってほしいと頼まれた家庭菜園も庭の雰囲気を壊すことがないように、小舗石を円型に囲ってオシャレなものに仕立て違和感なく庭に溶け込ませました。

 

 

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年9月
M T W T F S S
« Aug    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
記事アーカイブ