化粧ブロック

異常気象に悩まされ、かなり工期が延びてしまったK様邸のガーデニングがようやく完成しました。

どのように変化したのか分かりやすいように、ビフォー・アフター形式で表していきたいと思います。

before

after

2台用のカーポートを設置(別途工事)しました。

 

before

 

after

パッと見ハウスメーカーが作ったモデルハウスみたいに仕上がりました。

まずゲスト用の駐車スペースも兼ねたアプローチ。アクセントにミルキーホワイトの化粧平板を並べてみました。建物の外観の差し色として有効でした。

道路境界には化粧ブロックとアルミのフェンスで仕切りました。

枕木を組み合わせて作ったオリジナル門柱。これからお客様の手でどんな進化を遂げるのか楽しみです。

 

before

after

和室前のスペースは和モダンな空間に仕上げました。なだらかな曲線を描くマサキの生垣の前には、瓦を縦使いに埋めて縁取りしました。

ヤマモミジやナツツバキの株立ち等の雑木が植えられた足元には、アクセントとして銭形の手水鉢を据えてみました。

 

before

after

アプローチからの曲線には特に気を使いました。コンクリートは簡単なのですが、ローズベリーの石張りはかなりの時間を費やしました。その甲斐あって美しい曲線が描けたと思います。

after

小舗石でL字型に作った植栽スペースの中にはジューンベリーが植えられ、下草にはフイリヤブランとクリーピングタイムを添えてみました。

これだけでも逆遠近法で敷地が広く感じます。

after

リビング前にはウッドデッキを設置し、その前にはアンティークレンガで囲っただけのテラスを作ってみました。ここにベンチやテーブルを置けばバーベQ等をして、まったりと過ごせそうです。そちらとセットで芝を張ってみました。ここはもう子供達のパラダイスになりそうです。

どうしても作ってほしいと頼まれた家庭菜園も庭の雰囲気を壊すことがないように、小舗石を円型に囲ってオシャレなものに仕立て違和感なく庭に溶け込ませました。

 

 

 

 

 

猛暑が続いていたと思ったら、今週はずっと雨!

なかなか工事が予定通り進まず困っています。まさに「できる所からコツコツと」の精神ですね。

まずは立水栓廻り。

小舗石で囲い、ちょっぴりオシャレに仕上げました。

リビングの前にはウッドデッキも設置されました。

アプローチには化粧平板が並べられてオシャレな感じに仕上がりました。

フェンスも設置され、適度な目隠しになりそうです。

あとは天候の回復を待ってコンクリートを打設したいのですが…

来週こそ青空が戻って来てほしいものです。

この猛暑の中、作業はなんとか継続しています。土留の化粧ブロックが積まれてくると、庭の輪郭がはっきりしてきます。

庭の入口付近にはフェンスが立つ予定です。

次にこのガーデニングの見せ場の一つ、玄関ポーチ前のローズベリーの石張りを行います。

一枚一枚合わせて張っていると必ずと言っていいほど、お客様にこう言われます。「ジグソーパズルみたいに一枚一枚張っていくんですね~。すごい~!」こんな風に感激されると、こちらもやる気スイッチが入ってしまいます。

張り終わると、こんな表情豊かな石張りに仕上がりました。

和室前も曲線の生垣支柱を組み立てて、瓦で同じように曲線を描いて土留を行いました。

こういう瓦の使い方は庭師ならではの手法ですね。

白御影の敷石には、銭形の手水鉢を据え付けて和モダンに仕立ててみました。

次はアプローチの工事に取り掛かっていきます。

まだまだ、こだわりのデザインが満載なので作り手側もワクワク感が止まりません!

 

設計の段階から何度も何度も打ち合わせを重ねて、ようやく完成を迎えました。

着工前はこんな感じでした。

家の外観に合わせた色調の化粧ブロックを積んでスタイリッシュにまとめました。ブロックの質感に合わせて笠石は試行錯誤の結果、御影錆石に決定しました。そのおかげですごく重厚感が増しました。

2台用のカーポートを設けた他に、更にゲスト用の駐車スペースを2台分確保しました。これでいつお友達が遊びに来ても心配ありません。

主庭とはマサキの生垣で仕切ったので、さりげなくプライベート感を出すことができました。

お家の玄関へと続くアプローチ。緩やかな曲線が庭に優しさを与えてくれました。また、緑の芝生とのコントラストも鮮やかです。

ハウチワカエデの下に淡いピンクの化粧砂利を敷いた事で可愛らしさもちょっぴりプラスしてみました。

玄関の方から振り返ると、このような景色になります。

当初の設計より芝生の面積を増やした為に緑の量がグンと増え、それに比例して心の潤いが増えました。

玄関ポーチの前をゴージャスにする為に張ったローズベリー。確実に品格を上げてくれました。

家庭菜園は使い易さを考慮して、2つに分割してみました。根菜系とそれ以外とか?種類に応じて使い分けるとおもしろそうです。

門扉はアイアン製でシンプルなデザインにこだわりました。支給品の表札と統一感を出す為です。

その表札を照らす為にシンプルなライトを取り付けてみました。夜の表情もどのようになるのか興味のある所です。

入口前には白御影石をデザインして並べた植栽スペースにヤマボウシの株立とアオダモの株立を植えてみました。今はとても暑いのですが、風を受けてそよぐ葉に涼しさを分けてもらってます。

根〆には斑入りのヤブランとハーブのキャットミント、ブルーの花が今流行しているベロニカオックスフォードブルーを植えたことで季節毎に咲く青から紫系の花が庭に彩りを与えてくれる事でしょう。

駐車場からの出入口にはオシャレな木製の扉を取り付けました。これが良いアクセントになっています。

和室前には木製のオリジナルガーデンフェンスを設けてカーポートとの空間を仕切り、ヤマモミジやナツツバキの和風っぽい樹々を植えて和モダンな空間を演出しました。

 

 

皆様もご存知の通り、金山町は県内でも有数の豪雪地帯です。この積雪2m超に対してどのような方法で植えるかだいぶ考慮しました。

着工前はこのように吹雪対策で、すごく高いコンクリート擁壁と防雪柵に囲まれた無機質な空間でした。

除雪の時に誤ってタイヤショベルで壊さないように、とても頑丈な歩車道境界ブロックを用いた植樹桝や化粧ブロックを積んで植栽スペースを確保しました。

雪に強いカツラの株立を植えて、下草にフイリヤブランを植えてみました。まだ梅雨時に植えた為に剪定して間もないので、葉も疎らですが将来的には今よりも樹高を1mくらい高くして、立派な木立にしたいと考えています。

防雪柵の前は、同じカツラの単木のものを植栽しました。

やはり樹木の持つ力は凄いです。あれだけ無機質感漂う空間が、潤いのあるとても落ち着く空間に生まれ変わりました。

シンボルツリーのヤマボウシ、その樹高は積雪量を上回る高さ約6mの大木です。これくらいの木になると、やはり1本でも存在感があります。

イタヤカエデとジューンベリーの株立を植えてみました。どの樹木も葉を縄で枝折りやすい雪囲いが比較的に楽な樹木を選んでみました。

存在感のある樹々達がこの空間をスタイリッシュなものに変貌させてくれました。

山形市のI様邸のガーデニング。ようやく完成を迎えました。

どのような変化を遂げたのか、いつものようにビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

before

after

家の外観に合わせたトーンの化粧ブロックを積んでスタイリッシュにまとめました。ブロックの質感に合わせて笠石は天然石の錆石を使ってみました。そのおかげで、すごく重厚感が増しました。

before

after

2台用のカーポートを設けた他に、更にゲスト用の駐車スペースを2台分確保しました。これでいつお友達が遊びに来ても心配ありません。

お庭とはマサキの生垣で仕切ったので、さりげなくプライベート感を出すことができました。

before

after

家の玄関へと続くアプローチ。緩やかな曲線が庭に優しさを与えてくれます。また緑の芝生とのコントラストも綺麗です。

ハウチワカエデの下には淡いピンクの化粧砂利を敷いた事で、可愛らしさもプラスしてみました。

after

玄関から眺める景色はこのようになります。やはり芝生の面積を増やしたため緑の量がグンと増え、それに比例して潤いも増しました。

門扉の左側に植栽したジューンベリーとソヨゴの根〆には、シモツケとヒューケラでまとめてみました。淡い紫色の花が心を和ませてくれるでしょう。

after

家庭菜園は使い易さを考慮して、2つに分割してみました。

根菜系とそれ以外とか?種類に応じて使い分けるとおもしろそうです。

after

門扉はアイアン製でシンプルなデザインにこだわりました。施主支給の表札と統一感を出す為です。

その表札を照らす為にシンプルなライトも付けてみました。夜の表情もどのようになるのか興味あるところです。

after

入口の前には白御影石をデザインして並べた植栽スペースにヤマボウシの株立とアオダモの株立を植えてみました。今はとても暑いのですが風を受けてなびく葉に涼しさを与えてもらっています。

根〆には斑入りのヤブランとハーブのキャットミント、ブルーの花が今流行しているベロニカオックスフォードブルーを植えたことで、季節毎に咲く青~紫系の花が庭に彩りを与える事でしょう。

after

駐車場からの出入口にはオシャレな木製の扉を取り付けました。これが良いアクセントになっています。

和室前には木製のオリジナルのガーデンフェンスを設けてカーポートとの空間を仕切り、ヤマモミジやナツツバキの和風っぽい樹木を植えて和モダンな空間を演出してみました。

 

皆様もご存知の通り、金山町は県内でも有数の豪雪地帯です。この積雪2m超に対してどのような樹木をどのような方法で植えるかだいぶ考慮しました。

着工前はこのように、吹雪対策ですごく高いコンクリート擁壁と防雪柵に囲まれた無機質な空間でした。

とても頑丈な歩車道境界ブロックを用いた植樹桝や化粧ブロックを積んだ花壇に樹木を植栽すると、こう変化致しました。

やはり樹木の持つ力は凄いです。あれだけ無機質感が漂う空間が、潤いのあるとても落ち着く空間に生まれ変わりました。

しかも、とてもスタイリッシュにも見えます。この変貌ぶりには、とても喜んでもらいました。

外周ブロック積みに取りかかりました。

積む前はこのような感じでした。

道路が丸見えなのでプライベート感ゼロです。

これに化粧ブロックを積んでいくと、徐々に雰囲気が変わっていきます。

化粧ブロックの自然石風なものを選んだのが、すごく建物の外観にマッチしていて正解でした。

色調もほど良い明るさでイイ感じです。

ブロックが全て積み上がるとかなり重厚な感じになりました。

ポストが取り付けられ、続けてアイアンの表札とそれを照らす灯かりも凝ったものを取り付けていきます。

仕上げにブロックの天端にオシャレな笠を取り付ければ完成です。

門扉もシンプルながらセンスの光る?ものをチョイスしたので門廻りの出来には少し自信があります。

私も早く見てみたいです♪

IMGA0840①

IMGA0477 (2)

着工前はこの様に畑の中に家が建っている状態で、雑草が目立っていました。

IMGA0836①

コンクリートブロックを2段積んで土留を行い、2台用のカーポートを設置しました。

IMGA0842①

アプローチの代わりに、化粧平板ブロックを並べてみました。

IMGA0838①

門柱は予算の関係上、できるだけシンプルにまとめてみました。化粧ブロックを2列に積んで、縦に2ヶ所差し色を使った所、表札との相性もバッチリで案外見栄えよく出来上がりました。

IMGA0846①

主庭はヤマボウシの株立と芝生でまとめてみました。

いよいよ作業も最終段階に入り、2台用のカーポートを組み立てました。

IMGA0519

敷地の関係で間口が取れず、50cm程カットして合わせました。

次に化粧ブロックを組み合わせて、オリジナルの門柱を作ってみました。

IMGA0597

次に化粧平板ブロックをアプローチ代わりに並べて、アクセントをつけ残り

の部分にコンクリートを打設しました。

IMGA0599

門柱に表札が取り付けられると、シンプルだけど存在感のあるものになり

ました。

次はいよいよ植栽です。どの様な味付けになるのか我々も楽しみです。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
記事アーカイブ