土間コンクリート

今年の4月から始めてようやくガーデニングが完成しました。

ビフォーアフターではかなりの見栄えが違うので紹介したいと思います。

before 

after

2台用のカーポートを設置した後、隣地境界には化粧ブロックとフェンスを設置してグレード感をアップしました。

before

after

この庭は特にアプローチのデザインにはこだわりました。ローズベリーという石を大胆な曲線を描いて張り、土間コンクリートもそれに対応して同じように曲線を描いてアート性を強調しました。

after

玄関前のポーチも同じローズベリーという石を張り、縁取りにはアンティークレンガを並べてみました。

雲形のポーチもデザイン上の大きなポイントになっています。

before

after

白御影の敷石で土留を行い、シンボルツリーは移植した存在感のあるウメモドキにしてみました。

他にアオハダの株立とツリバナの株立を植えてリビング前の目隠しにしました。

before 

after

4台分の駐車スペース確保の為に、道路脇にも縦列で止められるようにしました。

土留の間知石を覆うように将来はクリーピングタイムが旺盛に生育して彩りを与えてくれると思います。

after

木材を使ってオリジナルで作った門柱。

独特な形をしていますが、ポストと表札のモダンな形とうまく融合してくれて面白い仕上がりになりました。

after

和室前に設けられた坪庭。

少しでも和のテイストを入れたくて、あまり大きくはないですが景石を立て、瓦を使って縁取りしました。

モミジとナツハゼ+下草でまとめましたが、シンプルですが風流になりました。

after

錆の小舗石で囲まれた植栽スペースにはシモツケやキャットミント、ヒューケラという色とりどりの植物を植えて華やかにしてみました。これだけでも道路からの視線は違います。

after

ワンちゃん用のシャワー付き洗い場!

レンガで囲っていますが、大型犬でも大丈夫なように大きく作ってあります。

after

ワンちゃんを遊ばせる為にラティスで囲ったウッドデッキ。

オリジナルで作ったので少し値が張りましたが、ワンちゃんにはすこぶる好評でした。

遅れ気味だった工事もここに来て順調に進んでいます。

駐車スペースにコンクリートが打たれると、また雰囲気が変わります。

ワンちゃん用の洗い場も広めに確保できました。立水栓と縁取りのレンガの色を合わせたのでシックリきています。

次に和室前の坪庭に景石を据え付けてみました。

またまた狭いので三又&チェーンブロックでの据え付けになりました。

景石の周りは瓦を縦に埋め込んで趣きを出しています。

背景には生垣が曲線で植えられる為に、生垣支柱も曲線で施工しています。

ウッドデッキも周囲を囲ってワンちゃんが遊べるスペースにしました。

ここまで来ると後は樹木の植栽を残すばかりとなりました。

今週中に植える予定なので、今後どのような彩りが与えられるのか私もすごく楽しみです。

 

着工前

和モダンな庭でありながら、プライバシーの確保と多目的に使える庭をコンセプトに考えました。

カーポート下の床部分の土間コンクリート。東の乗り入れを考えて三角の部分を設けてみました。

意外とこれもアクセントになっています。

白御影の敷石を交互に並べてスタイリッシュな土留にしました。

生垣はイヌツゲにして隣接する川との空間を仕切りました。また遊び盛りのお子様達が誤って川に転落しないように安全対策も兼ねています。

一番変わったのが家との一体感。雑木等が植栽されたことにより土地が有効活用され、すごく広く感じます。

駐車スペースと庭を仕切る創作塀。この家の外装にも材木が使われているのでベストマッチしています。黄色いさらし竹が良いアクセントになっています。

この板塀の奥には一体どんな景色が広がっているのだろう?この家と訪れた方にそう思って頂けたら、私の思惑通りです。

家の玄関へと続くアプローチは富沢石を石畳風に据え付け、大胆な曲線を用いてアートを演出しました。

伊勢ゴロタ石を洲浜状に並べて玉砂利との境界にしていますが、このなだらかな曲線が和を感じさせるのに一役を担っています。アプローチから続く延段は一直線にして、庭の景を引き締めました。

ツゲの生垣が空間を仕切り、堤防に植えてある桜の木を見事に借景しています。

庭のポイントとなる菊型の手水鉢の廻りには、ヤマモミジやアオダモ等の雑木を植えて野趣味な雰囲気を醸し出しています。

瓦で囲って作ったテラス。バーべQにも使えるくらいの広さを確保してあります。黒那智を花びらのように埋め込んで庭に馴染ませてあります。

 

 

外構もブロックが積まれフェンスが組まれてくると、また雰囲気が変わります。

遮蔽率の高いフェンスを選んだので、外からの視界はほとんど気にする必要がなくなりました。

玄関まで続くアプローチは緩やかな曲線が描かれています。

コンクリートも曲線になるとアートになるのが良く分かります!

カーポートの下も無事、土間コンクリートを打ち終わりました。

土間コンクリートの打設もゲスト用の駐車スペースと入口前の駐車スペースの2ヶ所を残すのみとなりました。

梅雨の合間を見てうまく工事を進めていきたいと思います!

Y様邸のガーデニングもいよいよ大詰めを迎えてきました。

次は、カーポートの下やゲスト用駐車スペースの土間コンクリートの打設

です。

まずはスリットを入れて、ワイヤーメッシュを敷いていきます。

そして、コンクリートポンプ車を使って一気に打設します。

打設が完了するとだいぶ完成形が見えてきました。

残す仕事も一番景色の変わる植栽工事のみとなりました。来週にはだい

ぶ涼しくなってきそうなので、木を植えられると思います。

植栽によってどれだけ空間が変化するのか、楽しみにしていて下さい♪

メインの庭の土工事が終わったので、リビング前の大きなウッドデッキ脇の

木製フェンスの取り付けに掛かります。

dscf4130

当社には元大工さんの職人さんがいるので、この様な木工事はスムーズ

に進んでいきます。

dscf4131

幅1.8mのフェンスですけど、プライバシーを確保するには十分です。ここ

に金具を取り付けハンギングを楽しんだり、メッシュのフレームを取り付け

て道具を掛けてみたり使い方は自由自在。後はD.I.Yで楽しんでもらいた

いものです。

 

次にテラスを作っていきます。

dscf4139

ウッドデッキの色に合わせた淡い色のレンガを木の葉型に並べていきま

す。

出来上がるとこんな風に可愛く仕上がりました。

dscf4142

レンガの中はコンクリートのハケ引きで仕上げたいと思います。そうする事

で気兼ねなくバーベQが楽しめると思ったからです。

メインの庭はあと植栽を残すだけになりました。ようやく残暑もここに来て和

らいできたので、そろそろ秋の気配を感じてきました。

やっと樹々も植える事ができそうです。今しばらくお待ち下さい。

梅雨の合間を見て、無事に土間コンクリートの打設が完了しました。

IMGA0711

ちゃんとアプローチには左官屋さんに努力してもらえたおかげで、思い通り

の曲線を描く事ができました。

次はいよいよ植栽及び張芝工事です。これは我々庭師にとって、庭作りの

一番楽しい時でもあります。

まずは既存の池の廻りにヤマモミジとアズキナシの株立を植えて、緑の量

を多くして周囲に馴染ませました。

IMGA0744 IMGA0748

既存の畑の所にも、アオハダの株立を植栽しました。

IMGA0749

一段上の道路からの目隠しをお客様が望まれておられましたので、この方

法を取りました。今は植えたばかりなのでスカスカですが、1~2年もすれ

ば葉が茂りかなり空間を仕切れると思います。

次は一枚一枚芝生を張っていきます。

IMGA0752

芝生が張られると緑の量が増えるので、すごく落ち着いた空間になりま

す。芝が張り終わったら、床土と圧着させる為に土羽板で叩きます。

IMGA0753

これが重いのでかなりの重労働です。これは主に若い職人の仕事になります。

仕上げに目土をかければ完成です。

IMGA0756

次回は完成形を披露する事ができそうです。

着工前からどんなに変わったか、楽しみにしていて下さい。

IMGA0873①

着工前はこんな感じでした。

IMGA0358① IMGA0359①

ここにアプローチを設けて、2台用のカーポートの設置とアスファルト舗装を行いました。

IMGA0873①

アプローチ部分は土間コンクリートにし、アクセントに大洋紅という赤い小舗石で、アートっぽくラインを入れました。玄関ポーチ前はキャメルストーンを貼って、豪華に仕上げました。

IMGA0878① IMGA0881①

2台用のカーポートを設置したのですが、アスファルト舗装の勾配が思う様に取れず、その下を急遽、透水性舗装に切り替えました。既存のナツツバキの下の花壇はレインドロップ型にして遊んでみました。

 

IMGA0990①

着工前はこの様に入口が狭く、奥に行くと広い特殊な形状でした。

019①

幅が狭いので、2台並列駐車は諦め、2連棟の縦列駐車にする事にしました。カーポートの前はギリギリ2台用のゲスト駐車スペースになっています。

IMGA0979①

IMGA0978①

オリジナルの門柱は枕木を組み合わせて作りました。

表札を照らす照明は奥様が選ばれました。長いアプローチを逆手に取り、玄関まで歩いていく途中、いろいろ変化のある訪れた人が楽しめる植栽にしたいと考えました。門柱の手前は、クリーピングタイムが地面を覆います。

IMGA0985①

中間部分は、ミツバツツジ、ウメモドキ、イレックスサニーフォスターの中木が植えられ、下草にはフッキソウが植えられています。

IMGA0859①

一番奥は、クロモジの株立やオトコヨウゾメが植えられ、下草にはフイリヤブラン、ガウラ、アベリアを植栽しました。

反対側には、玄関が通りから丸見えにならない様に、大きめのナツツバキの株立を植栽し、アカバナエゴノキの株立、ナツハゼを植え、下草にはイモカタバミ、低木にはシモツケを配植しました。

IMGA0861①

玄関側から振り返ると、いかに植栽の量が多いか分かると思います。

土間コンクリートは全て自由曲線が用いられ、それに合わせて土間コンクリートの中にキャメルストーンで象(かたど)った雲形の石貼りが3ヵ所設けてあります。これら全てが、モダニズムを追求したからこそ生まれた形です。

主庭になる部分は、隣の工場の放置された物が全て見えてしまうので、これをまずいかにアートに隠すかがテーマでした。

IMGA0028①

ここは、モダンアートを追求すべく、生垣も全て自由曲線で植栽しました。

IMGA0556① IMGA0558

生垣の自由に伸びた曲線と芝生の縁取りの曲線がアートを感じさせます。生垣は冬でも目隠しできる様に全て常緑樹にしました。シラカシ、ネズミモチ、マサキを用いて全て高さを変えて変化を出しています。

植栽は全て雑木類で、ヤマモミジ、カツラ、アカシデ、サワフタギ、カマツカ、アオダモ、トウカエデ、ネジキ等、今から里山の雰囲気を醸し出してくれそうです。

IMGA0818①

着工前はこんな感じでした。

IMGA0689①

道路沿いに土間コンクリートを打設して、4台分の駐車スペースを確保しました。

IMGA0817①

IMGA0831①

主庭は花壇の小舗石の角をアールを付けて変化を出し、それを3連にする事で面白いデザインに仕上がりました。他の部分は高麗芝の部分を多くとって、将来お子さん達の遊び場になる予定です。

IMGA0821①

アプローチは、土間コンクリートの形を台形にして変化をつけ、化粧平板ブロックでアクセントをつけてみました。

IMGA0826①

隣地境界は、高低差がありお子様達が誤って落下する恐れがあるので、着脱式の転落防止ネットを考えてみました。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
アオダモ アオハダ アカバナエゴノキ アズキナシ アプローチ アベリア アンティークレンガ イレックスサニーフォスター インターロッキングブロック ウッドデッキ ウッドフェンス ウメモドキ エゴノキ エッジキング オトコヨウゾメ オリジナルガーデンフェンス カツラ カマツカ カーポート ガウラ ガーデンフェンス キャットミント キャメルストーン クリーピングタイム クロモジ グランドカバー コンクリート打設 シモツケ シラカシ ジューンベリー スジギボウシ ソヨゴ ツリバナ テラス ナツツバキ ナツハゼ ハナミズキ パラレル ヒューケラ フイリヤブラン ベロニカオックスフォードブルー ポスト マサキ マサキの生垣 マサキ生垣 モチノキ ヤマボウシ ヤマモミジ リュウノヒゲ レンガ 伊勢ゴロタ石 剪定 割竹 化粧ブロック 化粧平板 化粧平板ブロック 和風庭園 四ツ目垣 土留 土間コンクリート 基礎ブロック 大洋紅 客土 家庭菜園 富沢石 小舗石 小舗石二丁掛 小舗石二丁掛(錆) 床掘 床掘り 張芝 手水鉢 支柱 景石 木柵 枕木 枕木門柱 植栽 洋風庭園 洲浜 流れ 玉砂利 玉砂利敷き 瓦土留 生垣 白御影敷石 白御影石 白御影間知石 石組 石貼り 築山 芝生 花壇 門柱 防草シート 雑木 駐車スペース 高麗芝 鳥海石
投稿カレンダー
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
記事アーカイブ