大洋紅

 

裏地の西側には大きな枝垂桜が植えてある素敵な緑道があります。

春にはその桜の花をリビングから眺めるのを毎年楽しみにされているとのこと。

その枝垂桜を借景しながら、より素晴らしい景観になるようにデザインしました。

 

【着工前】

 

ゲスト用の駐車スペースはもう1台分新たに設けました。

その縁取りはアンティークレンガを用いてシックに決めてみました。

 

主庭との境界にはツリバナの株立を、根〆にはシモツケ“リトルプリンセス”を植栽しました。

これらが成長すると家庭菜園が丸見えにならなくなるので

人の目を気にする事無く、野菜作りが楽しめます。

 

 

既存の門柱のレンガタイルの色に合わせて、大洋紅という名の小舗石で縁取りをしました。

背景にはアオダモの株立を植える事で、より涼しげに見えてきました。

門柱の下にはクリーピングタイムを植えて、緑のボリュームを増やしました。

 

 

そして、門柱やインターロッキングブロックも高圧洗浄機で洗ってみたらこんなに綺麗に!

一度試してみては…?

 

 

既存のラティスを有効活用して、その前にはジューンベリーやヤマモミジ、アオハダ、ナツハゼの雑木類を植栽して彩りを与えています。

更にリゾート感を演出する為にマホニアコンフューサを植えてみました。

綺麗に手入れされた芝生の中央には、まんまるの石張りテラスを造り、くつろぎのスペースに使ってもらえるようにしました。

 

 

上空から撮ると、庭の造形が面白い形をしているのがすごくよく分かります。

奥のアスファルト塗装が緑道となっています。

 

人様の家と見間違うほどに劇的に変化したO様邸。

着工前とどのように変化したのか、またまたビフォーアフター形式で紹介したいと思います。

before 

after

ゲスト用の駐車スペースをもう1台分新たに設けました。その縁取りはアンティークレンガを用いてシックに決めてみました。

主庭との境界にはツリバナの株立を、根〆にはシモツケ“リトルプリンセス”を植栽しました。

これが成長すると家庭菜園が丸見えにならなくなるので、人の目を気にせず野菜作りが楽しめます。

before

after

既存の門柱のレンガタイルの色に合わせて、大洋紅という名の小舗石を並べて新たな植栽スペースを作りました。

背景にアオダモの株立を植えた事により涼しげに見えてきました。

根〆にはクリーピングタイムを植えてみました。

before

after

既存のラティスを有効活用して、その前にはジューンベリーやヤマモミジ、アオハダ、ナツハゼの雑木類を植栽して彩りを与えています。

リゾート感を演出する為に常緑のマホニアを植えてみました。

before

after

芝生の中心にはローズベリーという名の石を張った円形のテラスを設けてあります。

このテラスは名目的に使えるばかりか、重要な庭のポイントになっています。

before

after

隣地の緑道から種子が飛んできて自然に生えてきたシバザクラは、とても勿体ないのでそのまま残す事にしました。

他は防草シートを張った上に玉砂利を敷き詰めてみました。

 

外観が黒の外壁と木材が調和したモダンな建物。

このモダンな外観とうまく調和する作品にするのがデザインのコンセプトになりました。

隣地との遮蔽と空間を仕切る事を目的として、木製のガーデンフェンスを立ててみました。

お客様も仕事を全て業者にお任せというのではなく、何らかの形で携わりたいとの事だったので、板材は全て塗料を塗ってもらいました。普段なかなか体験できない事なので、すごく楽しかったそうです。(色ムラは味という事で)

植樹帯は2種類の高さの違う小舗石を使って、多少段差を付け緩やかな曲線を描く事で、庭に柔らかさを与えています。植栽はあまり管理の掛からない雑木類(ヤマモミジ、ツリバナ、ジューンベリー、アオダモ、ナツハゼ)を植えました。

当社でも人気の高い品種なので、ポイントを絞って配植しても十分四季の移り変わりを感じてもらえます。

低木にはアベリアとシモツケを植えて、フェンスの下の空間を埋めてみました。

リビング前のウッドテラスに合わせて、アンティークレンガとコンクリートの組み合わせで作ったテラスを設けてみました。ここではプールを置いて水遊びをしたり、バーベQをしたりと多目的に活用してもらえそうです。

門柱とポストは何度か提案した結果、この形に納まりました。

枕木を3本立てて作ったシンプルな門柱、差し色に使った真っ赤なポストが一際目を引きます。既存の立水栓は、大洋紅という小舗石で囲んでちょっぴりオシャレに。

外壁の色に合わせてグリッド状に並べたコンクリート製の化粧平板が視線をうまく庭の中へと誘導してくれます。

 

中庭が主役になるような設計の住宅でした。

設計士さんとお客様の意見を伺いながら、四方向どこから眺めても額縁に切り取ったような絵になるようデザインしました。

メインのリビングから眺めると、このような絵になります。

窓際にアオダモの株立を植え手前に大きな木を植えた事で、奥に植えたツリバナの株立、オトコヨウゾメと比較されて逆遠近法により庭が広く感じるようになりました。

大洋紅という紅っぽい小舗石で囲まれた植栽地の根〆には、ヒューケラという多年草を植えて華やかさをプラスしています。

枕木風のヴィンテージウッドと富沢石の組み合わせで作った苑路は、雲形にすることでおもしろい形になったのと同時に、駐車場と裏口とを結ぶ動線を上手く繋いでくれています。

ツリバナとオトコヨウゾメが植えられた根〆には、リュウノヒゲだけでシンプルにまとめてみました。

中庭なのであまり手が掛からないように、防草シートの上に玉砂利を敷き詰めた事で雑草対策も万全です。

裏口の方から眺めるとこのようなまた違った形になります。

こちら側でもやはり逆遠近法を用いているので庭が広く感じられます。ウッドデッキまで続く苑路が、この庭でいかに重要な役割を果たしているのかが分かって頂けると思います。

建物の北側角地に面した前庭。このままにしておくと車からショートカットされそうなので、白御影の間知石を使って土留し、そこに盛土をして一段高くしました。

抽象的でどこか和モダンな形にしたかったので、伊勢ゴロタ石を敷き詰めて作った枯れ流れの中に水盤を置いてみました。

和室の前という事もあり、植栽も和の香り漂うヤマモミジやシダレモミジ、それとガマズミを植えてみました。下草にはフイリアマドコロとフイリヤブランを植えて、主張する事が少ないものを敢えて選びました。

水盤に水を張って、モミジの葉一枚浮かべただけでも風流です。

和室の中の障子を開けると、一枚の絵のように景色が切り取られます。とても贅沢な空間が生まれました。

 

まずは、ガーデンフェンスを完成させる為に板材をビスで固定していきます。

今回は敢えて窓からの視界を考慮して、板材の端はカットしないで長く使いました。

次に雑木を植えていきます。

ナツツバキの株立をメインに、中木のオトコヨウゾメとナツハゼを植えました。幅が狭いので竹の支柱を使ってうまく枝を誘引して、樹形をこの空間にマッチするように仕立てていきたいと思います。

地被は水遣りのあまり要らないキャットミントとクリーピングタイムを植え付けました。

仕上げに伊勢ゴロタ石を敷き詰めて完成です。

 

完成形がこちらです。

ガーデンフェンスの板材をカットしなかったので、実際より幅が広くなっているように感じます。

空間もうまく仕切られプライベート感もでてきました。この樹木のおかげで少なからず四季折々の季節感を感じる事ができると思います。

小舗石で段差を設け、上の段にはキャットミント、下の段にはクリーピングタイムとハーブ系でまとめてみました。

小舗石の色の違い(紅色と白色)のコントラストも綺麗です。

コンクリートの上に化粧で敷き詰めた伊勢ゴロタ石も、より広く見せる演出に効果大です。

これだけの狭小空間でも、随分演出できるという見本のような中庭に仕上がりました。

M様邸は玄関に入るとこのようにピクチャーウインドーになっているので中庭が重要な位置付けになっていました。

逆に外から見ても建物の中が丸見えなので、早急に目隠しする必要がありました。

まずは散水栓の位置をずらしてコンクリートブロックを2段積み、植栽するスペースを作りました。

そこに客土を入れて、オリジナルガーデンフェンス用の基礎ブロックを3個取り付けました。

そこに柱を立てていきます。

ここまでの状態でも当初より広くなったような感じがします。

庭を少しでも広く感じさせる為に、小舗石の錆石の2丁掛と同じく大洋紅を並べて高低差を付けてみました。

次はガーデンフェンスの取付と植栽になります。現状より、どれ程広く感じるスペースが作れるか私の魔法にかかっています。

どのように変化したのか分かりやすいように、ビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

before

 

after

敷石が丸から四角になり砕石が玉砂利になっただけですが、スタイリッシュな印象になり、より高級感が感じられます。

 

before

 

after

一番ぱっと見で変わったのが、前よりすごく広くて奥行きが感じられる所です。それは美しい曲線を描いた芝が奥まで続く為、遠近法でそう感じるんだと思います。

来春になり、奥に植えられたアオダモの株立やジューンベリーの株立の木に葉が生い茂り、下草として植えられたヒューケラやスジギボウシもすくすくと成長して、手前に植えられたクリーピングタイムが緑の絨毯に生まれ変われば、素敵な緑の小径になってくれる事でしょう。

 

before

 

after

反対側から眺めても、やはり美しい曲線は際立っています。

リビングの前に植えられたアオダモの株立も、幹の白い模様が綺麗です。

少し高低差を出す為に並べた白い小舗石の縁取り。こちらも緑の中に白い曲線がくっきり浮かんで一つのアクセントになっています。

下草に植えられた赤葉のヒューケラ。来春には芝生とのコントラストが際立つこと間違いないでしょう。

 

before

 

after

リビングの前には芝生の広場を設けて広がりを持たせています。

中央に植えてあるツリバナの株立が一際彩りを放ちます。

 

before

 

after

シンボルツリーのヤマモミジが存在感を示します。

一段下がった所に設けられた家庭菜園。来年、野菜が成長してもあまり存在感を示さないように考慮しました。枠組は素朴な丸太で囲ってみました。

 

after

御家族との通路は化粧平板を使いました。予算の関係で当社にある在庫品を使ったので、多少リーズナブルになりました。

ただ並べても変化がないので、交互に菱形を入れることでオシャレに見せてます。脇に植えてあるハナミズキ、低木のアベリア、縁石に使った大洋紅(小舗石)全て赤しばりにまとめてみました。

 

after

家庭菜園の方から眺めると、いかに樹木が家にとって潤いを与えてくれるのか良く分かります。

玄関から続く芝生が、ここまで美しい曲線を保って描かれています。

 

after

手前に見えるレモンイエローの葉は、山形でも育つ数少ない常緑樹の一種イレックスサニーフォスターです。芝生の美しい曲線は庭の奥まで続いています。玉石の下にはもちろん全てに防草シートを敷いておりますので雑草対策も万全です。

 

この庭の大事なポイントの一つとなる、大きなコンクリート製の多目的テラスを作っていきます。

まずは、アンティークレンガをラインに合わせて仮置きしていきます。

何故これだけ大きいのかと申しますと、御主人の愛車が車庫からこのテラスへバックしてきて洗車がしたいという事で、これだけの大きさになりました。普段はテーブルとイスを家族の分だけセットして、寛げるスペースになればいいと思っています。

これだけの大きさなので、コンクリートを打設するのも一苦労です。

コンクリートが固まると尚更大きく見えます。水道廻りも大洋紅という石で囲ってオシャレに仕上げて馴染ませました。

和室前は、白御影の間知石を1段積んでダイナミックに仕上げました。

次は芝生の築山作りです。

だんだん庭の形が見えてくると、庭師の私達もウキウキしてきます。

もっともっと素敵になるよう頑張ります。

 

dscf5621

 

img_0208dscf5079

dscf5078

最初にお客様と打ち合わせにお伺いした時、3つの要望を伝えられました。

1つ目は、リビングからの眺めがどことなく殺風景なので、何か雑木的なもので目隠ししてほしいとの事。

2つ目は、門柱の脇に気を植える事で、冬場玄関前に雪が入り込んでくるのを和らげてほしいとの事。

3つ目は、道路側にある窓が和室に面しているので、何か木を植えて修景してほしいとの事でした。

あらかじめ予算も提示されていたので、どうその範囲で納めるか手腕が問われる所でした。

dscf5623

植栽地は、白御影の間知石、小舗石錆の二丁掛、小舗石大洋紅を使う事で、約10cm位ですが、ちょっとずつ段差をつけて立体感を与えてみました。

植栽はヤマモミジ、アオハダ、常緑ヤマボウシ、ジューンベリー、ナツツバキ等の様々な雑木を植える事で、四季の移り変わりを楽しんでもらう様にしました。それと同時に隣家との目隠しもさりげなく行える様に配植しました。

芝も張ってみたいとの考えも伺いましたが、御夫婦とも働かれていたので、今回は管理の殆どかからない防草シート+玉砂利敷をお薦めしました。

dscf5628

家庭菜園も挑戦してみたいとの事だったので、畳2枚分位の大きなものを作りました。これで、4人家族なら十分にいろんな野菜が収穫でき、新鮮なものが毎朝食べられるからです。

dscf5624

リビング前には、ウッドデッキと雫をモチーフにしたテラスを設けてみました。

このウッドデッキに腰掛け、バーベQを楽しむ姿が目に浮かびます。

dscf5617

門柱脇にはカツラの株立を植えて、雪の入り込みを少しでも和らげられる様にしてみました。

dscf5616

和室前には、スペースが狭かったのであまり大きくならないウメモドキとツリバナを植えて、少しでも和のテイストを感じてもらえる様にしました。

ガーデニングもいよいよ大詰めを迎えています。

今回は樹木の植栽です。

まずは、剪定して余分な枝を落とします。

dscf5579

アオダモの株立やウメモドキ等の雑木を植え込みました。

dscf5580 dscf5582

次に樹木が風や雪で傾いたりしないように、竹で支柱を施します。

dscf5583

植栽まで完了したら、庭のだいたいのイメージがつかめました。

dscf5586

3種類の石の高さを変えた事で、庭にリズム感が生まれてきました。

ただ残念なのは、樹々がすでに落葉してしまった事。

紅葉の時期だと、美しいコントラストをお見せできたのに…

次は、最終工程のテラスとウッドデッキ工事です。

完成まであとわずか。最後まで雪が降らない事を願います。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年9月
M T W T F S S
« Aug    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
記事アーカイブ