玉砂利敷き

クネクネ曲線にこだわって、遊び感覚でデザインした作品をビフォー・アフ

ター形式で紹介したいと思います。

BEFORE

AFTER

最初の打ち合わせは3月の末。

ビフォーの写真を見ると、まだこの頃雪があるのを思い出しました。

話は変わりますが、まずこだわったのは先程申した通りクネクネした芝生

の曲線です。周囲は玉砂利敷にして、芝生に上がらなくても庭を散策でき

るようにと考えてみました。

その結果、芝生の緑が浮き出るような演出となって、素敵な雲形の形に仕

上がりました。

それとは対照的に家庭菜園は角材を使って、スクエアな仕上がりをわざと

狙ってみました。また幅はあまり広くせずに、砂利から全て手が届くよう

にして、長靴にドロが付いて汚れる煩わしさを防ぎました。

植栽は管理の楽な雑木類(ジューンベリー、アオダモ、ヤマボウシ、ツリ

バナ等)をポイントを押さえて植栽しました。

せっかく敷地が高台にあったので、既存のネットフェンスに遮蔽ネットを

張って空間を少しだけ仕切ってみました。

BEFORE

AFTER

多目的に使えるようにしたテラスは、周囲をアンティークレンガで囲った

シンプルなもの。これも雫型にしただけで雰囲気が出てきます。

BEFORE

AFTER

タイムやガウラ、キャットミントをメインに植えた花壇スペースもまるで

波のような曲線を使っている為、それだけを見れば和モダンなテイストが

感じられます。

AFTER

逆方向から眺めると、いかに曲線が遊んでいるか分かります。

芝生の中にあるレンガで囲った円形のものは、小さな娘さん達のリクエス

トにお応えして作った砂場です。

AFTER

一週間後に伺ったら、すでにかなり遊ばれている様子でした。本当に子供

って砂が好きなんですねー!

AFTER

玄関前に植えられたヤマボウシの株立。これだけでも絵になりますが、

下草にスジギボウシを植えたので更に華やかさが広がりました。

dscf5621

 

img_0208dscf5079

dscf5078

最初にお客様と打ち合わせにお伺いした時、3つの要望を伝えられました。

1つ目は、リビングからの眺めがどことなく殺風景なので、何か雑木的なもので目隠ししてほしいとの事。

2つ目は、門柱の脇に気を植える事で、冬場玄関前に雪が入り込んでくるのを和らげてほしいとの事。

3つ目は、道路側にある窓が和室に面しているので、何か木を植えて修景してほしいとの事でした。

あらかじめ予算も提示されていたので、どうその範囲で納めるか手腕が問われる所でした。

dscf5623

植栽地は、白御影の間知石、小舗石錆の二丁掛、小舗石大洋紅を使う事で、約10cm位ですが、ちょっとずつ段差をつけて立体感を与えてみました。

植栽はヤマモミジ、アオハダ、常緑ヤマボウシ、ジューンベリー、ナツツバキ等の様々な雑木を植える事で、四季の移り変わりを楽しんでもらう様にしました。それと同時に隣家との目隠しもさりげなく行える様に配植しました。

芝も張ってみたいとの考えも伺いましたが、御夫婦とも働かれていたので、今回は管理の殆どかからない防草シート+玉砂利敷をお薦めしました。

dscf5628

家庭菜園も挑戦してみたいとの事だったので、畳2枚分位の大きなものを作りました。これで、4人家族なら十分にいろんな野菜が収穫でき、新鮮なものが毎朝食べられるからです。

dscf5624

リビング前には、ウッドデッキと雫をモチーフにしたテラスを設けてみました。

このウッドデッキに腰掛け、バーベQを楽しむ姿が目に浮かびます。

dscf5617

門柱脇にはカツラの株立を植えて、雪の入り込みを少しでも和らげられる様にしてみました。

dscf5616

和室前には、スペースが狭かったのであまり大きくならないウメモドキとツリバナを植えて、少しでも和のテイストを感じてもらえる様にしました。

img_0187

 

imga0046 imga0127

着工前は、以前あった和風庭園が全て解体された状態でした。もう一方、中庭には白いタイルが貼られ、中央にシンボルツリーを植えてほしいと頼まれました。

img_0089

この庭は第一印象から宇宙をイメージした物にしようと決めていました。全面に敷かれた玉砂利部分を宇宙に見立て、あとは全て円形にして惑星を象っています。

中央の芝生の部分も円形にし、シンボルツリーのアオハダの株立が植えてある部分も同じ円形にし、一段高くしてあります。

円と円が交わっている部分にはキャメルストーンを貼って、ちょっとしたテラスに利用してほしいと考えています。

img_0092

隣地境界の所にある花壇にはオベリスクを設置して、将来奥様がバラを植えて下さる予定です。

img_0098 img_0190

この庭は家庭菜園まで全て円形にしました。どのサークル石も、石の色味と、大きさや高さを全て違う物にして変化をつけています。

img_0178

中庭にはシンボルツリーのナツツバキの株立が植えられ、白で統一された空間に潤いを与えています。

着工前はこんな風に、家を新築されてから数年は何もされていなかったの

で砕石敷のままでした。

IMGA0352 IMGA0354

このガーデニングが完成すると、この様に劇的に変化致しました。

IMG_0144

アンティークレンガの縁取りを施したコンクリート製のテラスと、庭の大部分

を占める芝生の自由曲線が見事なコントラストを描いています。

背景の木製オリジナルガーデンフェンスも空間を上手に仕切り、木の持つ

温もりを感じさせ、合わせて庭の広さもアピールしています。

反対側から眺めるとこうなります。

IMG_0146

庭の管理を楽にする為に、芝生の面積を思い切って広く取りました。

(意外と芝生の方がきちんと管理をすれば楽なのです。)花壇以外の部分

は雑草対策で防草シートの上に玉砂利を敷きました。

植栽は、このようにシンプルにまとめました。

IMG_0154

シンボルツリーはヤマモミジにして、それ以外は実のなるジューンベリー。

花の綺麗なハナミズキのピンク。冬でも葉の落ちないヒイラギモクセイ。

紅葉の綺麗なナツハゼと、本数は必要最小限に抑えて植栽しました。

下草は手入れの楽なハーブ系のキャットミントとクリーピングタイム。

それと、斑入りの葉が涼しげなフイリヤブランでまとめました。

IMG_0153

隣地境界線には、常緑で耐寒性があるイレックスサニーフォスターを列植

しました。レモンイエローの新緑が眩しいくらい美しいです。

IMG_0152

今回もお得意の円形花壇と家庭菜園を設けました。

手前から奥に行くに従って大きくしていきました。色も、紅、白、錆と変えて

庭のアクセントにしました。

IMG_0137

建物の外観も木製フェンスと植栽のおかげで、ワンランクアップした様な

印象を受けます。

最後に、このガーデニングの工事に入った時から、完成するまでにいつも

冷たい麦茶といろんなお茶菓子で、休憩の度におもてなしをして下さった

お婆ちゃん。本当にありがとうございました。

こんなに気を使って下さって頭が下がる思いです。職人共々御礼申し上げ

ます。これからも植物を優しく育てていく度に、時々訪れてレクチャーします

ので宜しくお願いします。

 

今回はいよいよ植栽工事です。

ゴールデンウィークに入ってしまい、物流の関係で少し期間が空いてしま

いました。

IMGA0259 IMGA0261

まずは樹木を剪定し、それから植えていきます。もちろんモニュメントの廻

りも木を植えていきます。

IMGA0262

植栽が終わったら次は芝を張っていきます。緑の量がぐんと増えると景色

が変わります。

IMGA0264

木の根〆には、クリーピングタイムを植付けました。ピンクの可憐な花は咲

いてくれると、生育も旺盛ですぐに地面を覆ってくれるので、雑草もまず生

えてこないという優れものです。これはおススメです。

最後に、防草シートの上に玉砂利を敷き均します。この化粧を施すとお庭

はビックリするくらい素敵になりました。

次回はいよいよ完成形をお見せできると思います。なかなかの出来栄えと

自負しておりますので乞うご期待!

今回は、ビフォー・アフター形式で見せていきたいと思います。

before

IMGA0277

               

after

IMGA0593

家の南側にあった物置をカーポートのすぐ後ろに設置

して、利便性を考えました。この庭は、ドッグランを主体に

考えていますので、入口にはウッド製の扉とアメリカン

フェンスを設けました。この扉は、冬場の除雪も考え

スノーダンプが通れる幅を確保しました。

before

IMGA0280

                                

after

IMGA0594

庭の中心には、芝生のスペースを設け、一部に小さな

ウッドデッキを据え付けました。これに座りながら犬と

遊べればと思っています。奥には、既存のフェンスの

前に木製のウッドフェンスも設け、お隣の庭を借景した

いと考えています。お隣の物置の前には、ソヨゴとジューン

ベリーの株立を植えて遮閉しました。もちろん、入口の扉と

このフェンスはトータルコーディネートした結果です。

before

IMGA0281

               

after

IMGA0597

この角度から見れば、いかに借景しているか分かると思い

ます。南側隣地境界には、モチノキを列植して、緑の量を

多くして、空間を仕切っています。それ以外のスペースは

防草シート+玉砂利敷きにしてあるので、雑草対策は万全

です。

before

IMGA0283

               

after

IMGA0600

以前ここにあった物置をカーポート脇に移動したので

既存のウッドデッキと連立性が生まれ、すごく広く感じ

られます。

今の状態では、休眠期間中なので、落葉樹も芝生も

葉が無い状態です。来年の新緑の頃には、全く別世界

になっている事でしょう。それまで少しの間、我慢して

頂ければ幸いです。

色々と、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

天童市のK様邸のリガーデンが完成しました。

今回はビフォー、アフター形式で見て頂きたいと思います。

ビフォー

SANY0001

アフター

011 (3)

既存の芝を剥ぎ取り、花壇を作りました。

既存のフェンス下にはメッシュフェンスを取り付け、つる性のものを

這わせたり、ハンギングを楽しんでもらったりしつつも

隣の家の車が見えない様にと考えました。

また、芝生もスパイキングや施肥、目土散布でただいま復活の

途中です。

ビフォー

032

アフター

008 (2)

段差が付いて上がりづらかったゲスト用の駐車スペースも

コンクリートを下げました。

ビフォー

SANY0002

アフター

012 (3)

角地の為に、小学生や散歩の人が敷地内を通っていくので

それを防ぐためフェンスを設けました。

新しいタイプのデザインのフェンスなので、モダンになったと好評でした。

この結果、誰も敷地内を通る人はいなくなりました。

ビフォー

SANY0003

アフター

SANY0005

草がぼうぼうだった東側も除草を行い、防草シートに玉砂利を敷き

見違えるようになりました。これで草はもうでないでしょう。

ビフォー

007

アフター

010 (2)

カーポート脇にも同じフェンスを立てて、デザインの統一を計っています。

ビフォー

004

アフター

006

室外機を目隠しする為のラティスも、足元が壊れていたので

新たにコンクリートブロックを敷き詰め直し、頑丈に作り替えました。

ちょっとしたアイディアの積み重ねが意外と好評で、お客様には

「仕上がりにはとても満足しています。言葉にならないくらい

感謝しています。」

と、もったいないくらいの御言葉を頂き、やってよかったなという

気持ちになりました。

芝生の管理は、水やり、芝刈りと必要になってきますが

ここまで来たので、芝生として完成させたいものです。

大変だと思いますが、頑張ってください。

色々と有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着工前はこんな感じで、DIYで作られた庭でした。

004 005 012

全ての物を解体し、リガーデンした結果がこちらです。

009

真ん中には大きなテラスを設け、その周囲には

アオダモ、ネジキ、ジューンベリーの雑木を植栽しました。

それ以外の部分は、以前芝で雑草に悩まされたことをふまえ

全て防草シートの上に玉砂利を敷いて、雑草の出ない庭にしました。

横から見るとこんな感じです。

010 (2)

庭のリニューアルに合わせ、ガレージも御主人がGW中に

リフォームしたそうです。

007

残材も全て片づけて、玉砂利を敷いたのでとてもスッキリしました。

003 (2)

正面から見ると、カーポートはそのままで既存のシラカシはカットし

その下にはレンガで縁取りし、クリーピングタイムを植栽しました。

視線を誘導するように、スリットもわざと斜めに入れてみました。

004 (3)

アプローチは三角形を基調として、四つの面が風車の様に

流れるようなデザインにしました。

この部分にはとてもこだわっています。スリットにはクラピアを

植えてあるのですが、そのままだと車が上がるとへこんでしまうので

植栽用客土の上に、緑色の特殊なシートを敷いて

その上に植栽することで、沈下を防いでいます。

クラピアが伸びれば、資材も見えなくなります。

 

当初の庭は、言葉は悪いですが荒れていましたが、

新たな庭に生まれ変わり、お客様には前の庭がイメージ

出来ない程だと喜んで頂きました。

まだ造ったばかりですので、メンテナンスが大変かとは

思いますが、管理の方宜しくお願いします。

有難う御座いました。

新庄の雪もようやく解けて、ガーデニング開始です

着工前はこんな感じでした

 

S

 

たいがいのお客様は要望として、こうおっしゃられます

花が咲いて、毛虫がつかなくて、葉が小さくてお隣に迷惑にならなくて、

草がでなくて、管理が楽で、そしてあまり高くないもの・・・・・・・etc

「わかる、わかる~」と大きくうなずいている方がきっと大勢いらっしゃる

のでは?

その要望限りなく近づけましょう

 

IMG_0676

 

まずは、一番大変な雑草対策

すでに家の周りに生えている雑草を、バックホーで剥いでいきます

 

IMG_0700

 

それに防草シートを張って、その上に玉砂利を敷き詰めます

これで雑草対策は万全です

 

IMG_0695

 

次に、小舗石で四角に囲み、植栽スペースと芝生の部分を

しっかり分けます

芝生の中に木を植えると後で、大変な思いをしなければなりません

 

IMG_0707

 

家庭菜園は枕木で囲んで畑土を入れ、小さなウッドデッキを取り付け

ます

このデッキがあとで大きな役割を持ってきます

徐々に形が出来上がってくると、面白くなってきますね

次会は、植栽関係がメインになってきますので、かなり変わると

思います       お楽しみに ❢

 

 

 

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930