IMG_0831

 

既にアプローチや門柱、カーポート等の外構工事は完成されていた為に

それに合わせて作庭致しました。

 

神社が祀られていたり、思いの外勾配がきつかったり、

機械が入れず人力作業になったりいろんな条件が重なりましたが

比較的管理が楽で和モダンな庭に仕上がったと思います。

 

【着工前】

DSCF5199

 

緩やかな曲線を描いて造られたコンクリート製の長いアプローチを歩いて玄関まで行く途中に、

いろんな雑木(ナツツバキ・アオダモ・ジューンベリー等)や

グランドカバー(フイリヤブラン・ヒューケラ・ベロニカオックスフォードブルー)を植えた事で、

四季折々の彩りを感じてもらえるようになりました。

 

照明は冬期間アプローチの除雪の事を考えて、

移動の出来る和風スタンドにしました。

 

IMG_0841

IMG_0849

 

また武骨なコンセントスタンドは割竹で囲い、化粧をしました。

 

植栽スペースには小舗石を使い、

そこにヤマモミジやウメモドキ、キンモクセイを植えました。

 

また大きくとった芝生のスペースや

手前に見える花壇スペースも全てアプローチに合わせ

自由な曲線を使っているので、統一感が生まれました。

 

根〆にはシモツケリトルプリンセスやスジギボウシ、

キャットミントを植えてあるので四季を通していろんな彩りの変化が楽しめるでしょう。

 

IMG_0828

 

以前から祀られている赤い神社の周りは

一段高く土が盛られていたので、石組で土留をして

さらに白御影敷石を据え付けていつでも歩いて拝めるようにしました。

 

植栽もそれに相応しいようにヤマモミジやサザンカ、サンシュユの

和風に属するであろう樹木を植栽し、

周囲はサツキツツジの刈込でまとめました。

 

IMG_0837

 

通路を挟んで両側に芝生を張る事で遠近法が生まれ、とても広く見えます。

また緑の占める面積が増える事でより豪華に見えます。

 

IMG_0845

 

玄関先から振り返るとうまくアプローチの曲線と庭の曲線が絡んで

デザイン状の相乗効果が得られているのが分かります。

 

和室前の芝生は芝を竹柵で縁取る事で何気に和風の演出を妨げないようにしました。

 

IMG_0830

 

和室前の和のスペースはあえて夏目型の手水鉢を用いました。

施主様の事を考えて、あまりかがまなくても使えるようにしたかったからです。

植栽はモミジ(コトノイト)とナンテンだけにして空間構成を出来るだけシンプルにまとめました。

 

瓦を縦に埋めて使ったり、

玉砂利敷きではなく伊勢ゴロタ石を播き石する事によって

高級感が増すと共にセイヨウイワナンテンスカーレッタの赤葉とのコントラストが絶妙に際立ちました。

 

IMG_0835

 

 

既にアプローチや門柱、

カーポート等の外構工事が完成されていた為に

それに合わせてデザインしたガーデニングが完成しました。

 

全ての仕事が人力になってしまい、かなり苦労しましたが

無事にM様に引き渡す事ができて安心しました。

 

例によってビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

【Before】

DSCF5198

【After】

IMG_0841

IMG_0849

 

緩やかな曲線を描いて造られていたコンクリート製の

距離の長いアプローチを歩いて玄関まで行く途中に

いろんな雑木(ナツツバキ、アオダモ、ジューンベリー等)や

グランドカバー(フイリヤブラン、ヒューケラ、ベロニカオックスフォードブルー)を植えた事で

四季折々の彩りを感じてもらえるようになりました。

 

照明は和風スタンドを置くだけで移動可能にし、

武骨なコンセントは割竹で囲う事で和の風情を感じます。

 

【Before】

DSCF5190

【After】

IMG_0828

 

植栽スペースには小舗石を使い、

そこにヤマモミジやウメモドキ、キンモクセイを植えました。

 

また大きくとった芝生のスペースや

手前に見える花壇スペースも全てアプローチに合わせて、

自由な曲線を使っているので、統一感が生まれました。

 

根〆にはシモツケリトルプリンセスやスジギボウシ、

キャットミントを植えてあるので来春の新しい芽吹きに期待しましょう。

 

【Before】

DSCF5192

【After】

IMG_0837

 

以前から祀られている赤い神社の周りは

一段高く土が盛られていたので、石組で土留して

白御影敷石を据え付けて、いつでも歩いて拝めるようにしました。

 

植栽もそれに相応しいように

ヤマモミジやサザンカ、サンシュユの和っぽい樹木を植栽し、

周囲にはサツキの刈込でまとめました。

 

【Before】

DSCF5195

【After】

IMG_0845

 

道路を挟んで両側に芝生を張る事で、

遠近法でとても広く見えます。

また緑の面積が増える事でより豪華に見えます。

 

【Before】

DSCF5188

【After】

IMG_0830

 

玄関先から振り返るとうまくアプローチの曲線と

庭の曲線が絡んで馴染んでいるのが分かります。

 

和室前の芝生は芝を竹柵で縁取る事で

何気に和風の演出を妨げないようにしました。

 

【After】

IMG_0835

 

和室前の和のスペースは、

あえて夏目型の手水鉢を用いました。

施主様の事を考えて、

かがまなくても使えるようにしたかったからです。

 

植栽はモミジ(コトノイト)とナンテンだけにして

空間構成を出来るだけシンプルにまとめてみました。

 

瓦を縦に埋めて使ったり、玉砂利敷きではなく

伊勢ゴロタ石を撒き石する事によって高級感が増すと共に、

セイヨウイワナンテンスカーレッタの赤葉との

コントラストが絶妙に際立ちました。

 

 

今回のお客様は山形新聞に毎月掲載されている

“マイベストプロ”をご覧になられて

「山形新聞に載っている位だから信用のある会社だ!」

と、わざわざ当社までご夫婦で来ていただき、

発注していただきました。

 

その期待に応えるべく吟味してデザインしました。

 

家は新築されたばかりで、すでに外構工事の

大まかな部分(カーポート・アプローチ・門等)は完成していました。

 

何でも前の家に立派な日本庭園があったそうですが、

家を新築するにあたってやむなく庭も解体されたという事でした。

 

でも、今のままだと殺風景なので

手間のかからない落ち着いた庭を造って欲しいとの事でした。

 

着工前は先程説明した通り、こんな感じでした。

 

DSCF5188

DSCF5190

 

外構工事で山砂が少し敷いてあったので、

その上に植栽用の客土を盛ってアンジレーションを付けます。

 

スペース上、ダンプが入れないので全て一輪車での運搬になりました。

 

DSCF5656

DSCF5657

 

やはりこういう力仕事は20代の職人に任せたいと思います。

 

ある程度運び終えたら、

土壌改良材と肥料を混ぜて整地していきます。

 

DSCF5661

DSCF5662

 

庭の一角には小さな神社が祀られています。

 

ここは何とか修景して欲しいとご依頼いただいたので

石組で土留を行い、白御影の敷石で通路を設けました。

 

DSCF5663

DSCF5666

 

仕上げに瓦を縦使いして並べると完成です。

 

DSCF5677

DSCF5678

 

リビングの前は

どうしても和風のワンポイントが欲しいとご依頼いただいたので、

夏目型手水鉢と六角灯籠で和モダンを演出しました。

 

当然重機が使えないので、

昔ながらのチェーンブロックのおでましです。

 

DSCF5664

DSCF5665

 

縁切りは当初エッジキングを予定していたのですが、

ミスマッチになってしまうので竹柵に変更しました。

 

DSCF5680

 

和と洋のミクスチャーみたいになってしまいましたが、

上手く一つのカテゴリーの庭になるように上手く納めたいと思います。

 

遅れ気味だった工事もここに来て順調に進んでいます。

駐車スペースにコンクリートが打たれると、また雰囲気が変わります。

ワンちゃん用の洗い場も広めに確保できました。立水栓と縁取りのレンガの色を合わせたのでシックリきています。

次に和室前の坪庭に景石を据え付けてみました。

またまた狭いので三又&チェーンブロックでの据え付けになりました。

景石の周りは瓦を縦に埋め込んで趣きを出しています。

背景には生垣が曲線で植えられる為に、生垣支柱も曲線で施工しています。

ウッドデッキも周囲を囲ってワンちゃんが遊べるスペースにしました。

ここまで来ると後は樹木の植栽を残すばかりとなりました。

今週中に植える予定なので、今後どのような彩りが与えられるのか私もすごく楽しみです。

石畳が仕上がると一気に工事は進捗します。

次に石組の廻りにわざわざお取り寄せした、京都のお寺に必ずと言っていいほど敷かれている白川砂を敷き詰めました。

するとグッと京都っぽくなってきました。

次に黒竹を順次植え付け、根〆にリュウノヒゲを植栽しました。

シンプルな構成だけに黒竹の植え付けには傾きにまでこだわりました。

ここまで仕上がると京都の坪庭にありそうな『石庭』の出来上がりです。

もう一つの目玉は隣地境界に施工する創作板塀です。こちらのお客様が当社のHPを見てとても気に入ってくれたからです。

 

まず最初に柱を立てて骨組を作っていきます。

そこに順次板塀を貼っていきます。

材木を黒っぽい色に塗装した為に、かなり落ち着いた雰囲気になりました。

延長が長いので施工にも手間がかかりましたが、そのぶん趣きでること間違い無しです!

まず訪れたお客様が玄関の扉を開けた瞬間に驚かれるそうです。

ピクチャーウインドウになっている為、目の前にこの坪庭が飛び込んでくるので「まるで京都に来たみたい!」と口々に言われるそうです。

更に畳を上がって見に来ると、こう見えます。

サッシが邪魔なので、開けてみると更に良く見えます。

御簾垣で仕切られた空間に、青石と白川砂のコントラストがくっきり見えます。

これは仕切りに瓦を使ったことも寄与しています。これにお客様が白川砂に砂紋を入れたくてレイキで入れておりました。

やはりこれは砂紋が浅く、専用の道具でDIYで作るしかありませんね。

必要最小限に植えられた樹木の間を手水鉢に落ちる水音が心地よく響きます。

これぞ「庭演」の極みと自負しております。

 

着工前

和モダンな庭でありながら、プライバシーの確保と多目的に使える庭をコンセプトに考えました。

カーポート下の床部分の土間コンクリート。東の乗り入れを考えて三角の部分を設けてみました。

意外とこれもアクセントになっています。

白御影の敷石を交互に並べてスタイリッシュな土留にしました。

生垣はイヌツゲにして隣接する川との空間を仕切りました。また遊び盛りのお子様達が誤って川に転落しないように安全対策も兼ねています。

一番変わったのが家との一体感。雑木等が植栽されたことにより土地が有効活用され、すごく広く感じます。

駐車スペースと庭を仕切る創作塀。この家の外装にも材木が使われているのでベストマッチしています。黄色いさらし竹が良いアクセントになっています。

この板塀の奥には一体どんな景色が広がっているのだろう?この家と訪れた方にそう思って頂けたら、私の思惑通りです。

家の玄関へと続くアプローチは富沢石を石畳風に据え付け、大胆な曲線を用いてアートを演出しました。

伊勢ゴロタ石を洲浜状に並べて玉砂利との境界にしていますが、このなだらかな曲線が和を感じさせるのに一役を担っています。アプローチから続く延段は一直線にして、庭の景を引き締めました。

ツゲの生垣が空間を仕切り、堤防に植えてある桜の木を見事に借景しています。

庭のポイントとなる菊型の手水鉢の廻りには、ヤマモミジやアオダモ等の雑木を植えて野趣味な雰囲気を醸し出しています。

瓦で囲って作ったテラス。バーべQにも使えるくらいの広さを確保してあります。黒那智を花びらのように埋め込んで庭に馴染ませてあります。

 

 

作庭工事の主役はやはり植栽です。

雑木類を植える事で手水鉢廻りの落ち着きが違います。

まずは例によって樹木を剪定して樹形を整えます。

次に雑木を植えていくと、一気に景観が変わっていきます。

手水鉢廻りも劇的に変化していきます。

低木のサツキや下草のリュウノヒゲ等を植えれば尚更です。

ここまで植え終わるとグッと仕上がってきました。

残すは創作塀の設置と土間コンクリートの打設です。

瓦で囲んだ和モダンを目指したテラスも必見です。どうぞご期待ください。

奥行き80cmというのは、過去にも前例がない位の狭さ。やはりハードルが高いです。

まずは柱を立てる為の基礎ブロックを据え付けていきます。

それに合わせて白御影の敷石を立てていきます。

この日の日中の最高気温が36℃。意識がもうろうとする中なんとか集中して作業を続けられました。

完成した植栽スペースに客土を入れて肥料を混ぜていきます。

板塀用の柱を立てたら、この庭の主役ナツハゼを植えていきます。

少しでも広げられるように竹の支柱にシュロ縄で結束して幅を広げ、狭い空間を巧みに広く見せる演出をします。

次に個室毎に下草を変えるので、瓦を立てて埋めていき仕切材にします。

次に個室毎に4種類の下草を植えていきます。

季節毎に個室から眺める景色が違ったら、訪れた時に毎回違う発見があっておもしろいかなと考えたからです。

次に板塀を作っていきます。これが後から思っていた以上の効果を上げるとは、この時思ってもみませんでした。

それは次回の完成発表までとっておきたいと思います。

皆様お楽しみに!

約2ヵ月に亘る作庭工事が、ようやく完了しました。

着工前はこんな感じで、砕石敷きの無機質な空間でした。

IMGA0598①

IMGA0597①

完成形はこの様になりました。

IMGA0169①

敷地境界にはコンクリート擁壁が建てられ、その上には板張りの

フェンスが取り付けられました。

この辺りは規制が厳しく、この様に板と板の隙間が空いてしまい

ましたが、何とか上手くまとまりました。

IMGA0166①

カーポートは2台用の物を設置し、色は建物に合わせてクリエモカ

にし、目隠し用のガーデンフェンスも同じ色調のダークパインにし

たので、和モダンなお家に上手くマッチしていると思います。

IMGA0170①

アプローチには、佐久鉄平石(300×300)を玄関に向けてストレ

ートに貼ったので、かなりインパクトのあるものに仕上がりました。

門柱は美ブロ仕上げにし(仕上げは来春4月頃)、建物の外壁より

ワントーン濃い目のものをチョイスしました。扉は建物の玄関に合

わせて少し明るくしました。

表札はシンプルなアルミ製のスクエアの物をセレクトし、ポストも受口

があまり大きくならない物を設置し、少し控え目な感じに収めました。

門柱の脇にはシラカシを植え、施主様支給の鳥海石でまとめました。

本人的には白御影石の間知石を使った、自由曲線の土留めが気に

入っています。うまくコンクリートから異質の石材へ違和感なく見える

のが良かったと思います。その為、左官屋さんには無理を言って間

知石にコンクリートを擦り付けるのではなく、敢えて曲線で型枠を組ん

でもらい、その隙間に玉砂利を敷いた事で、石がより多く見る事でき、

存在感が増しました。

IMGA0167①

カーポートの後ろには、人工竹垣の金閣寺を組み立てました。

これが意外とベストマッチ!適度な透け具合が絶妙です。

IMGA0160①

リビングの前の庭は、日高石の石組にシロモジの株立とウメモド

キの株立を植栽してまとめました。この庭の石組は全てお客様が

別の石屋さんに頼んで施工された物なので、この石組に負けな

い仕上がりにすべく、かなり努力しました。

縁取りに瓦を縦使いにして埋め込んで使ったのが成功でした。

和の雰囲気が上手く出せました。

IMGA0153①

主庭は青石の石組をお客様の要望で石庭風にしてほしいとの事

でした。ただの方丈(四角形)では、オリジナリティーが無いと思い

四隅を佐久鉄平石で正三角形に貼り、アクセントを付けました。

石組の廻りは伊勢砂利を敷いた所、グッと京風庭園ぽく仕上がり

ました。

苔の代わりにリュウノヒゲを植栽して地面を覆った事もより一層京風

ぽくなった要因だと思います。

植栽はヤマモミジの株立やヤマボウシの株立、それにアオハダ、

ナツツバキの株立を植えました。この庭の特徴として、サツキツツ

ジやヒラドツツジ等の大きい玉物を植栽したのも、庭が落ち着いて

見える要因でしょう。

IMGA0156

前庭と主庭を合わせてみると、うまく石組が連立して迫力のある

作品になったと自負しています。近くを散歩している人も立ち止ま

って見てくれているので、それだけクオリティーが高かったのかな~???

IMGA0177①

家の裏側にも、ちょっとした坪庭を設けてみました。

支給の鳥海石で石組を行い、ツリバナを1本植えてみました。そこに

お客様が自分で苔を張られたので、一気に雰囲気が変わりビックリ

しました。京の坪庭みたいです。

最後に、いろんな要因で工事期間が長丁場になり、お客様には通路

や駐車スペース等いろんなご迷惑をお掛けしてしまいました。

誠に申し訳なく思っております。

この庭はまだ出来上がったばかりで、最終の完成形ではございません。

植物を管理し、この庭(石組等)に合った樹形に仕立てていって、いずれ

は当社を代表する和風庭園にしたいと考えております。

いろんな意味でアドバイスし協力致しますので、今後とも宜しくお願い

申し上げます。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年2月
M T W T F S S
« Jan    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
記事アーカイブ