Contents

喧騒からの結界(令和3年度施工)

 

家の狭小スペースに本格的な茶庭を造る事になりました。

【着工前】

荒涼とした空間を仕切る為に

建仁寺垣と竹穂垣で結界をしました。

この庭の主役は銀閣寺型の手水鉢。

建物の様式に合わせて自然石の手水鉢ではなく

白御影石で作られた四角形のものを選びました。

苔の代わりにリュウノヒゲで地面を覆い、

玉砂利との境界は瓦を縦に埋めて趣のある仕切りにしました。

茶庭からの眺め。

窓によって仕切られた景色が1枚の絵のように仕上がりました。

玄関ポーチからの眺め。

手前に竹穂垣を結った事で庭に奥行きが出ました。

2階のダイニングからの眺め。

まさに鳥になった気分。

こんな贅沢な景はなかなかお目にかかれません。

萌木色が待ち遠しいです。

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ

Instagram

ちょいわる庭師のブログ

ちょいわる