白御影敷石

今年の4月から始めてようやくガーデニングが完成しました。

ビフォーアフターではかなりの見栄えが違うので紹介したいと思います。

before 

after

2台用のカーポートを設置した後、隣地境界には化粧ブロックとフェンスを設置してグレード感をアップしました。

before

after

この庭は特にアプローチのデザインにはこだわりました。ローズベリーという石を大胆な曲線を描いて張り、土間コンクリートもそれに対応して同じように曲線を描いてアート性を強調しました。

after

玄関前のポーチも同じローズベリーという石を張り、縁取りにはアンティークレンガを並べてみました。

雲形のポーチもデザイン上の大きなポイントになっています。

before

after

白御影の敷石で土留を行い、シンボルツリーは移植した存在感のあるウメモドキにしてみました。

他にアオハダの株立とツリバナの株立を植えてリビング前の目隠しにしました。

before 

after

4台分の駐車スペース確保の為に、道路脇にも縦列で止められるようにしました。

土留の間知石を覆うように将来はクリーピングタイムが旺盛に生育して彩りを与えてくれると思います。

after

木材を使ってオリジナルで作った門柱。

独特な形をしていますが、ポストと表札のモダンな形とうまく融合してくれて面白い仕上がりになりました。

after

和室前に設けられた坪庭。

少しでも和のテイストを入れたくて、あまり大きくはないですが景石を立て、瓦を使って縁取りしました。

モミジとナツハゼ+下草でまとめましたが、シンプルですが風流になりました。

after

錆の小舗石で囲まれた植栽スペースにはシモツケやキャットミント、ヒューケラという色とりどりの植物を植えて華やかにしてみました。これだけでも道路からの視線は違います。

after

ワンちゃん用のシャワー付き洗い場!

レンガで囲っていますが、大型犬でも大丈夫なように大きく作ってあります。

after

ワンちゃんを遊ばせる為にラティスで囲ったウッドデッキ。

オリジナルで作ったので少し値が張りましたが、ワンちゃんにはすこぶる好評でした。

和モダンを求めて作った創作板塀が、家の外壁の板材とうまく合って建物との一体感が生まれました。

庭の裏が川になっているので、竹の生垣で空間を仕切ることで川べりの桜の木を借景することができました。

菊型の手水鉢をシンプルに据えて、ゴロタ石の洲浜と延段を敢えて主張する方法も改めてアリだとこの画像を見て思いました。

東根市の中央に位置し静かな住宅地の中にありますK様邸。

ガーデニングが完成したらどのように変化したのか、ビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

before

after

お子様達とこのスペースで遊びたいという要望にお応えして、円形の芝生広場を設けました。

枕木風の擬木をクロスしたことで動線もスッキリし、この通路がデザイン上のアクセントになっています。

傍らに植えられた雑木は日よけと目隠しの役割を果たしています。

before

after

隣が公園になっていて、よく子供達がボール遊びをしていてボールが庭に入ってきていたというので、遮蔽と目隠しの意味を込めてジューンベリーやアオダモ等の株立を植えました。

ウッドデッキ前のコンクリートテラスは多目的(バーベQ、プール置場)に使えるように広めにとりました。

before

after

なだらかな曲線で描かれた小舗石が柔和な印象を与えてくれます。

物置前の敷石も並べ方をちょっとこだわってみました。

before

after

玄関脇も小舗石で植栽スペースを設け、常緑ヤマボウシとオトコヨウゾメで彩りを与え、縦列駐車になりますがゲスト用の駐車スペースも1台分設けてあります。

ガーデニングが完成したらどのように見栄えが良くなったか、分かりやすいようにビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

before

 

after

建物の外周北側は外観の色に合わせ、グレーの化粧ブロックを積みました。

敷地が角地な為にショートカットされないように、白御影石を使って頑丈で尚且つスタイリッシュに見えるよう仕上げました。

玄関扉を開けた時に中が丸見えにならないように、アオダモやカツラ、ツリバナの株立を植栽して遮蔽しました。

下草には今度初めて植栽するマホニアコンフューサと西洋イワナンテンカーリーレッドを植えてボリュームを持たせました。

 

before

 

after

数多くの雑木や下草が植栽されたことで外観に彩りが見られ豪華に感じます。

逆遠近法により敷地が以前よりもとても広く感じます。

 

before

 

after

主庭にもジューンベリーやアズキナシ、ハナミズキ等の雑木が数多く植えられ、燐家との目隠しをさりげなく行っています。

小舗石の縁石や芝生の縁取りに積極的に曲線を入れているので、庭全体のイメージが柔らかく見えます。

 

after

こちら側から眺めると余計になだらかな曲線が用いられているかがよく分かります。

リビングの前にはウッドデッキが設けてあり、それに合わせてコンクリート製のテラスを作ってみました。

ここでバーベQなんて、ちょっとオシャレかもしれませんね。

 

after

アプローチは建物の外装パネルと合わせてグリッド状にしてみました。化粧平板ブロックの色が差し色になって、うまく外観に馴染んでいます。

 

after

門柱は当社お得意の枕木を3本組み合わせて作ったシンプルなものですが、表札とポストを組み合わせることで斬新でスッキリした門柱に仕上がりました。

 

after

家庭菜園は木材で縁取りしたシンプルなデザインですが、角の一部を動線に合わせて斜めにカットしたことで想定外にオシャレに見えます。

 

K様邸はどうしても4台分の駐車スペースがほしいとのことで、そのスペースをどう確保するかが最大の焦点でした。

着工前はこんな感じでした。

注文して頂いたのは昨年の暮れでしたので、まずは年内にカーポート(2台用)だけ先に施工しました。

次に駐車スペース部分を床掘りし、既存のウメモドキの株立を移植しました。

次に植栽する部分の縁取りを施工します。

白御影の敷石と小舗石の錆で施工すると、こうなりました。

角柱で作った門柱も部材が届かなくてまだ途中ですが、並行して行われていた建物の塗装工事もやっと完了して足場が外されたので、作業は急ピッチで進んでいきますので今しばらくお待ちください!

花壇の縁取りが決まれば、次はいよいよ植栽です。

雑木類を植えて高麗芝を張っていきます。

これだけでも随分、雰囲気が変わっていきます。

次に新たに設けたウッドデッキの周りをアンティークレンガで縁取りして、シャレたテラスを作ります。

門柱はお得意の枕木を3本組み合わせただけのシンプルなもの。

これに表札とポストを取り付ければ見違えるほどオシャレになります。

アプローチには化粧平板をグリッド状に並べて、変化を付けたいと思っています。

ここまで来ると進捗率は80%。

かなり全体のイメージが分かるようになりました。

途中でお客様からリビングから見てウッドデッキをもう少し広くしたいとの要望がありましたので、工事は今の所ここでストップ。

庭が良くなることは大歓迎なので、こういう小まめな打ち合わせは改めて必要だと感じました。

アプローチは化粧平板ブロックのみ並べました。

これにコンクリートの四角形が加わるので、どう変化するのかすごく楽しみです。

建物の外観もガーデニングが加わると、ちょっとリッチに見えてきます。

あとはゲスト用の駐車スペースを土間コンクリートを打設して作るのですが、まだ天気予報で雪マークが見えるので左官屋さんと打ち合わせをしてもう少し時期を遅らせることにしました。(仕上がりの出来栄えを考慮して)

これさえ終われば、ポストや表札の取り付け等細かい仕上げが残るのみです。

最後までベストを尽くして頑張ります。

 

着工前はこんな感じでした。

これから建物の外観に合わせてガーデニング工事を進めていくわけですが、その完成をイメージして描いたのがこのスケッチです。

このスケッチに限りなく近く仕上げていきたいと思います。

まずは平面図に合わせて床掘りを行います。

次に家庭菜園を作ります。

木材で型を作っていくのですが、銅線を考えて端を斜めにしてみました。

次に植栽用客土を入れて縁取りに小舗石を使い、なだらかな曲線を描くことによって柔らかなイメージに仕上げました。

次に土留の化粧ブロックを積んでいきます。

まずはベースとなる鉄筋を組んでいき、そこへブロックを積むとこうなります。

そこへ白御影石の敷石と間知石を据え付けるとこう変化します。

これで角地あるあるの「ショートカット」はなくなるでしょう。

ここまで進むとガーデニングの形が何となく見えてきました。

まだ40%くらいの進捗率ですが、これから先の仕上がりが楽しみになってきました。

まず訪れたお客様が玄関の扉を開けた瞬間に驚かれるそうです。

ピクチャーウインドウになっている為、目の前にこの坪庭が飛び込んでくるので「まるで京都に来たみたい!」と口々に言われるそうです。

更に畳を上がって見に来ると、こう見えます。

サッシが邪魔なので、開けてみると更に良く見えます。

御簾垣で仕切られた空間に、青石と白川砂のコントラストがくっきり見えます。

これは仕切りに瓦を使ったことも寄与しています。これにお客様が白川砂に砂紋を入れたくてレイキで入れておりました。

やはりこれは砂紋が浅く、専用の道具でDIYで作るしかありませんね。

必要最小限に植えられた樹木の間を手水鉢に落ちる水音が心地よく響きます。

これぞ「庭演」の極みと自負しております。

昨年の暮れから作業していた坪庭の作庭工事。

まだ雪囲いも外していないのに、施主の了解を得て2月中に作業開始です。

着工前はこんな感じでした。

イトヒバはこの庭には大きすぎるので別の場所へ移植し、五葉松は前と後ろを逆にして植えました。

もちろん景石もすべて組み直しました。

 

ここまでが昨年の工事分。これからが今月始めた分です。

まず、庭に水が溜まって排水が悪いとのことだったので、コンクリートの桝を設置しました。

ここにコンクリートの犬走り脇に暗渠パイプを埋めて桝の所へ通したので、たぶん水が跳ねて壁が汚れることはないでしょう。

次に瓦で縁取りしていきます。

次に水鉢を乗せて水勾配の確認をしながら据え付けていきます。

白御影の敷石を前石に見立てるとこうなりました。

 

かなり、それらしくなってきました。

ここにナツツバキの株立とナツハゼの株立を植え付けます。

下草にはリュウノヒゲをびっしりと植え付け、苔の代わりとしました。

防草シートと白川砂利を敷き詰めると京風の坪庭の出来上がりです。

次回はかけひを取り付け、足りなかった白川砂利を敷き詰めると完成です。

ここまできたらライトアップにもこだわりが必要ですかね~!

 

この作品は和モダンをテーマにして、それでいて管理がとても楽な庭になるように設計してみました。

着工前は手前に見える門かぶりの赤松や奥に見えるサルスベリやイトヒバ等、以前から庭にあった樹々がまだ残された状態でした。

この中で使えそうな樹々は移植して使いました。

門かぶりの赤松はそのまま活かし、その周囲は白御影の間知石を3段積んで現代風の石積みに仕上げました。

入口の門は出入口をできるだけ広くして高さも可能な限り広くしたいという、お客様の要望でこの形に決まりました。錆石の笠石だけ取り付けましたが、コンクリートの擁壁の塗装は気温を考慮して来春施工にしました。

リビングに面したテラスは明るいベージュのタイルを貼って華やかにしたので、暗くならず正解のようでした。

面積が広くてかなり手間がかかった石貼り。クラストブラックという石材を用いたので重厚でどこか品格漂うアプローチに仕上がりました。

アクセントに入れた白御影の敷石も、入口の広さを強調する役割を果たしています。

 

プレゼンの時にお客様に渡したイメージスケッチ。

実際完成した作品とかなり近いものであることが分かります。

既存のイトヒバと景石は移設して、瓦や雑木と組み合わせることで品がでてきました。

土留は富沢石を野面に積んで、その中には雑木や下草を植えています。

(この庭で使われている富沢石は、用途に応じて砕石場から3人掛りで一個一個分別して積んできました。)

アプローチから銀閣寺型手水鉢まで続く苑には、飛石ではなく富沢石を石畳風な野趣味に仕上げました。

円をモチーフにしてデザインした手水鉢廻り。

同じ富沢石を乱張りして、中心は円形に抜いて黒那智石を敷き詰めアクセントを付けました。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
記事アーカイブ