花壇

着工前はまだ残雪がある4月上旬でした。

砕石が敷いてあるばかりでしたので余計に無機質感が漂います。

3方向をオータムブラウンのネットフェンスで囲んでいます。

(おんぶ紐?が掛けられているのはご愛嬌としてください(笑)。)

その中には高麗芝がびっしりと張られています。そのグリーンが鮮やかですごく広く感じられます。

この広さがあれば、小さな園児達のミニ運動会ぐらいは開けそうです。

奥には自然の木で囲まれた花壇と砂場を作ってみました。やはり木の温もりはいいですよねー!

少しでも木陰になるようにジューンベリーの株立も植えてあります!来年には実も少しは食べられるかな~?

先生達には苦労かけますが一夏水やりを頑張ってもらって、秋からは自由に遊べますのでそれまで待っていてくださいね。

働くお母さんを支援する為に作られた保育園の園庭工事を頼まれました。

着工前はこんな感じで無機質な空間でした。

まずはバックホーで掘削して土の入替えをします。

そこに植栽用の客土を入れて敷き均していきます。

木材で囲って子供達が遊ぶ砂場と花壇を作ってみました。

それ以外のスペースに芝生を張って、自由に遊べる空間を作りました。

シンボルツリーのジューンベリーが植えられて芝張りが完成すると、かなり広いスペースが生まれました。

あとは周囲にフェンスを施工するのみです。

いかに安全を確保するかも我々の重要な仕事です。

東根市のS様邸のガーデニングも色んな仕掛けが形になってきました。

二丁掛(縦が19cm)と普通サイズ(縦が9cm)の小舗石を使って花壇を作っていきます。

すると段差が付くので立体感が生まれます。

そこに木製のオリジナルの門柱を立てていきます。

これで玄関が丸見えになる事はなくなりました。これにスタイリッシュなポストと表札を付ければ完成です。

お隣との境界にも同じ素材でオリジナルのガーデンフェンスを設けました。これで庭に一体感が生まれました。

次は土間コンクリートの打設です。コンクリートもある事をやればアートになる事を実証したいと思います。

庭に曲線を用いると何故か広く感じてしまう!

そんなお手本のような作品に仕上がりました。

before 

after

花壇に用いた小舗石と芝生のラインが美しく調和しています。

before

after

反対側から眺めても曲線の美しさは変わりありません。庭の南側に植えられた雑木類(ジューンベリー、ヤマボウシ、アオハダ)も今はまだ葉を付けておりませんが、将来建てられるであろう隣家の目隠しには十分だと思います。

木製枠で囲われた家庭菜園も家族で楽しむには十分の広さを保っています。

このカーポートのスリットラインを見た時に閃いたこのデザイン。お客様の評判も良いものを頂きました。

すでにハウスメーカーの手で家の前の外構工事は終わっていましたので、

リビング前の主庭のガーデニングを頼まれました。

ここに目隠しの雑木の植栽と花壇、それに家庭菜園と芝生のスペースを作

ってほしいとの要望でした。

花壇の縁取りは小舗石で作りました。

家庭菜園はシンプルに角材を組み合わせて作りました。

あとは黒いエッジキングで縁取られた部分に芝を張っていきます。

ここまででも随分と広く感じられます。

次はいよいよ仕上げの植栽です。もっともっと広く感じられるようになると

思いますので、工事前と是非比較してみて下さい!

 

 

敷地が道路よりも約1.5m位高いので「この高さを利用して借景できないか」をコンセプトにデザインしました。せっかく土地が広いので、こじんまりしたデザインではなく大胆なデザインにしようと思いました。

まずはアプローチの曲り角には、ヤマボウシの株立を植えました。

玄関の扉を開けた時に、中が見えないように配慮しました。

下草にはスジギボウシを植えて爽やかな印象にしました。

ダイナミックな曲線を用いてデザインした芝生広場。

管理の事も考えて、芝生の中に入らなくてもいいように周りは玉砂利敷にしました。もちろん雑草対策の為に防草シートは敷いてあります。

小舗石で作った花壇も、芝生広場の曲線とリンクしてデザインしました。その中にはクリーピングタイム、矮性ガウラ、キャットミントが植えてあります。周囲にはバランスを考えて、ツリバナの株立、ヤマモミジ、アオダモの株立、ジューンベリーの株立が植えてあり、これらの雑木が四季折々の季節感を楽しませてくれるでしょう。

芝生の中には、子供さん達のリクエストにお応えして円形の砂場を作りました。この写真を撮った次の日には、もうこの原型は留めていませんでした。(笑)

この庭には家庭菜園も設けてあります。

木枠で作った家庭菜園は納まりも良く、2ヶ月後にはこのように色んな野菜が植えられていました。

この位の広さがあれば、個人で楽しまれるには十分な位、収穫できるでしょう。

バーべQやプール置場としても利用できる広いテラスも、アンティークレンガとコンクリートの組み合わせで安価に作ってあります。

それに合わせて立水栓廻りも、レンガでオシャレに仕上げました。

 

まずは土留の為にコンクリートブロックを2段積みにします。

これが仕上がると隣の車庫との段差も解消できます。

次に花壇部分に高低差を付ける為に小舗石を並べていきます。石が不揃

いなのでうまく石の角が揃うように面を合わせていきます。

芝生の縁取りには、今回スリムエッジという商品を使いました。これだと

上に出る部分が小さいのでスマートに仕上がるみたいです。

隣接して建っている実家との出入り口には、予算を抑える為に在庫品を使

用しました。

その脇には大洋紅という色の小舗石を使ってアクセントをつけてみました。

ここで作業は一時ストップ。土留のコンクリートブロックが完全に乾くま

でお休みです。

今度の金曜日頃から作業再開になるので、しばらくお待ちください。

この度のガーデニングで御主人も何か作業を自分でもやってみたいという

事でしたので、ガーデンフェンスで使う板材をペンキで塗ってもらう事にし

ました。

普通の仕事とは全然違ってすごく楽しいと、丸2日掛けて全ての板材を塗

ってもらいました。これでメンテナンス等のD.I.Yはバッチリです。

我々プロの仕事はテラスの縁取りからです。

わざとヴィンテージ加工してあるレンガを縁取りに使う事で、コンクリート

のテラスにも味がでます。

花壇の縁取りは小舗石の二丁掛で囲います。今回の材料は質が良いので

仕上がりもグッドです。

それが完了すると、段差をつける為にもう片方は通常の大きさの小舗石を

並べてみました。

次に先程塗ってもらった柱や板材を固定していきます。

ここまで仕上がるとこうなりました。

実際に板材を貼ってみた所、下が空き過ぎていたのでもう2段追加する

事になりました。

小舗石やレンガが描く自由曲線が庭に柔らかさをもたらします。

次はいよいよ植栽工事。かなり大胆な変化が期待できそうです♪

前回のブログで紹介しましたS様邸のガーデニングを開始しました。

着工前はこんな感じでした。

まずはバックホーで雑草が生えている土を掘削していきます。

そこに植栽用の客土を入れ肥料を混ぜていきます。

次にガーデンフェンスを立てる為の基礎ブロックを据え付けていきます。

これがかなり重いので毎回腰が痛くて大変です。

次に花壇の縁取りに並べる小舗石の床を作りました。

今回の材料は品質が従来のものと比べるととても良いので、いい仕事がで

きそうです!

 

待ちに待った植栽工事。まずは客土に牛ふんモミ殻堆肥をたっぷりと撹拌

します。これで芝の成育が良くなり葉の緑もすごく濃い色になって見栄えが

とても良くなります。

樹木を剪定した後、順次平面プランに基づき植え付けしていきます。

樹木が風で倒れないように、竹で支柱を掛けます。その後、下草にシモツ

ケを密植していきます。

仕上げに高麗芝を張ると完成です。

工事着工前とどのように変化したのか、ビフォーアフター形式で発表したい

と思います。

before

after

庭の中心に設けた植栽帯。やはり樹木が植えられると家の印象が全く別

物になります。ここはヤマモミジ、ジューンベリー、ナツハゼの3本の樹木

でまとめ、低木にはシモツケを密植しました。

残りのスペースには高麗芝を張って緑の量を確保し、将来家族の寛ぐスペ

ースを確保しました。中でも一番のお気に入りは、いろんな小舗石をミック

スして並べた花壇の縁取りです。ミックスした事で小舗石の大きさや色が

違うので、かえっておもしろい形に仕上がりました。例えが変かもしれませ

んがビーズの首飾りみたいになったのは想定外でした。

before

after

2台用のカーポートは建物の窓枠のサッシの色に合わせてオータムブラウ

ンにしてみました。無難なシルバー系の色よりこちらの方がしっくりきてい

ます。

after

アプローチのキャメルストーンの石貼りも木の葉型にしてみました。

after

テラスをイメージしたこの場所も、在庫のインターロッキングブロックを使

って同じく木の葉型にしてみました。

やはり曲線がモチーフになっていると、すごく柔らかい印象のガーデニング

になりました。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
記事アーカイブ