花壇

待ちに待った植栽工事。まずは客土に牛ふんモミ殻堆肥をたっぷりと撹拌

します。これで芝の成育が良くなり葉の緑もすごく濃い色になって見栄えが

とても良くなります。

樹木を剪定した後、順次平面プランに基づき植え付けしていきます。

樹木が風で倒れないように、竹で支柱を掛けます。その後、下草にシモツ

ケを密植していきます。

仕上げに高麗芝を張ると完成です。

工事着工前とどのように変化したのか、ビフォーアフター形式で発表したい

と思います。

before

after

庭の中心に設けた植栽帯。やはり樹木が植えられると家の印象が全く別

物になります。ここはヤマモミジ、ジューンベリー、ナツハゼの3本の樹木

でまとめ、低木にはシモツケを密植しました。

残りのスペースには高麗芝を張って緑の量を確保し、将来家族の寛ぐスペ

ースを確保しました。中でも一番のお気に入りは、いろんな小舗石をミック

スして並べた花壇の縁取りです。ミックスした事で小舗石の大きさや色が

違うので、かえっておもしろい形に仕上がりました。例えが変かもしれませ

んがビーズの首飾りみたいになったのは想定外でした。

before

after

2台用のカーポートは建物の窓枠のサッシの色に合わせてオータムブラウ

ンにしてみました。無難なシルバー系の色よりこちらの方がしっくりきてい

ます。

after

アプローチのキャメルストーンの石貼りも木の葉型にしてみました。

after

テラスをイメージしたこの場所も、在庫のインターロッキングブロックを使

って同じく木の葉型にしてみました。

やはり曲線がモチーフになっていると、すごく柔らかい印象のガーデニング

になりました。

奥行き80cmというのは、過去にも前例がない位の狭さ。やはりハードル

が高いです。

まずは柱を立てる為の基礎ブロックを据え付けていきます。

それに合わせて白御影の敷石を立てていきます。

この日の日中の最高気温が36℃。意識がもうろうとする中なんとか集中し

て作業を続けられました。

完成した植栽スペースに客土を入れて肥料を混ぜていきます。

板塀用の柱を立てたら、この庭の主役ナツハゼを植えていきます。

少しでも広げられるように竹の支柱にシュロ縄で結束して幅を広げ、狭い

空間を巧みに広く見せる演出をします。

次に個室毎に下草を変えるので、瓦を立てて埋めていき仕切材にします。

次に個室毎に4種類の下草を植えていきます。

季節毎に個室から眺める景色が違ったら、訪れた時に毎回違う発見があ

っておもしろいかなと考えたからです。

次に板塀を作っていきます。これが後から思っていた以上の効果を上げる

とは、この時思ってもみませんでした。

それは次回の完成発表までとっておきたいと思います。

皆様お楽しみに!

中庭の2種類の小舗石を使って作った植栽スペース。

時間が掛かりましたが、雲形に上手く仕上がりました。

前庭も家とマッチさせる為、和モダンなデザインにしました。

こちらは白御影の間知石を並べて土留をします。

この庭の主役の水盤をセットして、同じく白御影石でステップを作りま

した。

想定外の所に桝がいっぱいあって、嵩上げしながら対応していきます。

それにより石積みも「納まり」を重視して作業していきます。

かなりシュッとしたデザインに仕上がりました。

これに樹木を植えるのですが、何を合わせて植えるのかセンスが問われる

所です。

 

O様邸のガーデニングは、どの部屋からも眺める事ができる中庭がメイン

です。

なので、作業するにはこのように車庫の中を入っていかなければなりませ

ん。キズをつけないように慎重に慎重に!

植栽平面図を基に赤スプレーでマーキングをして、お客様に確認して頂

き若干の修正を加えてからの作業開始です。

まず最初に、2種類の小舗石(錆、大洋紅)を使っての植栽スペース作り

です。

どちらも雲のような形をしているので、作業する職人は大変みたいですが

仕上がりはとてもおもしろい形になってきました。

まだまだ石工事が続くので作業のピッチは上がりませんが、デザインは凝

っていますので期待していて下さい。

 

クネクネ曲線にこだわって、遊び感覚でデザインした作品をビフォー・アフ

ター形式で紹介したいと思います。

BEFORE

AFTER

最初の打ち合わせは3月の末。

ビフォーの写真を見ると、まだこの頃雪があるのを思い出しました。

話は変わりますが、まずこだわったのは先程申した通りクネクネした芝生

の曲線です。周囲は玉砂利敷にして、芝生に上がらなくても庭を散策でき

るようにと考えてみました。

その結果、芝生の緑が浮き出るような演出となって、素敵な雲形の形に仕

上がりました。

それとは対照的に家庭菜園は角材を使って、スクエアな仕上がりをわざと

狙ってみました。また幅はあまり広くせずに、砂利から全て手が届くよう

にして、長靴にドロが付いて汚れる煩わしさを防ぎました。

植栽は管理の楽な雑木類(ジューンベリー、アオダモ、ヤマボウシ、ツリ

バナ等)をポイントを押さえて植栽しました。

せっかく敷地が高台にあったので、既存のネットフェンスに遮蔽ネットを

張って空間を少しだけ仕切ってみました。

BEFORE

AFTER

多目的に使えるようにしたテラスは、周囲をアンティークレンガで囲った

シンプルなもの。これも雫型にしただけで雰囲気が出てきます。

BEFORE

AFTER

タイムやガウラ、キャットミントをメインに植えた花壇スペースもまるで

波のような曲線を使っている為、それだけを見れば和モダンなテイストが

感じられます。

AFTER

逆方向から眺めると、いかに曲線が遊んでいるか分かります。

芝生の中にあるレンガで囲った円形のものは、小さな娘さん達のリクエス

トにお応えして作った砂場です。

AFTER

一週間後に伺ったら、すでにかなり遊ばれている様子でした。本当に子供

って砂が好きなんですねー!

AFTER

玄関前に植えられたヤマボウシの株立。これだけでも絵になりますが、

下草にスジギボウシを植えたので更に華やかさが広がりました。

着工前はこんな感じでした。

imga0208

img_0020 img_0021

駐車スペースのアプローチ側には、カラー平板を色分けして交互に並べま

した。

dscf5037

正面から見ると、意外に色使いがカラフルです。

dscf5038

アプローチは華やかにしてほしいという要望でしたので、アンティークレン

ガで縁取りを行い、淡い桃色系の色が美しいサントメローズという石を乱張

りしました。

花壇部分には将来ピンクの絨毯になるよう、クリーピングタイムを植え付け

ました。

 

反対側の隣地境界には、ショコラ・コロンという生チョコの様なレンガで縁取

った花壇にナツハゼとスジギボウシを植栽しました。

dscf5034

駐車する時、バックでぶつけたりしない様にRを付けています。

「庭はプライベートが守られるスペースにしたい。」という要望でしたので

3方向全てをマサキの生垣で囲いました。

dscf5040

その結果、空間を丁度良い具合で仕切る事ができました。

それと合わせて庭がすごく広く感じられます。

dscf5042

この角度から眺めると緑の量が増えたので、建物と一体化してゴージャス

に見えます。これと「家」と「庭」ができたので「家庭」の完成です。

dscf5048

特に、芝生の形にはこだわりました。

大胆な曲線を用いているので、どことなく和の香りがするのですが、木の葉

型のテラスがそれを上手く洋のイメージへと導いてくれてます。

dscf5049

植栽は雑木がメインで、アオハダ、ヤマモミジ、ジューンベリー、キンモクセ

イ、ツリバナが植えてあります。樹高が3mを超える大きな木を植えたので

隣のアパートの人が停めている車もそんなに気にならなくなりました。

dscf5053

御夫婦のかねてからの夢であったウッドデッキ。かなり広いので使い方は

発想次第で色々できます。リビングからもかなり広く見えます。

木の葉型のテラスはバーベQをしても傷まない様に、レンガの縁取りの中

は敢えてコンクリートのハケ引き仕上げにしました。

dscf5057

デッキの横には木製のガーデンフェンスを取り付けました。目隠しはもちろ

んワイヤーネットを取り付けて、ガーデングッズの見せる収納やガーデンフ

ックを取り付けてハンギングを楽しめます。

工事の方も順調に進んで来つつあります。

dscf4171

ブロックが積み上がったので、花壇部分と玉砂利部分を整地しました。

将来、リビングの前に家が建つ事を想定して、目隠しの樹木を植えるスペ

ースは絶対確保した方が良いと提案しました。

(家が建ってからでは、狭くて工事ができません。)

dscf4169

玄関前も、土間コンクリート用の型枠は設置が終わったのですが、なかな

か天候不順でコンクリートが打設できなくて困っています。

早く晴れ間が続いてくれないかなあ…

img_0187

 

imga0046 imga0127

着工前は、以前あった和風庭園が全て解体された状態でした。もう一方、中庭には白いタイルが貼られ、中央にシンボルツリーを植えてほしいと頼まれました。

img_0089

この庭は第一印象から宇宙をイメージした物にしようと決めていました。全面に敷かれた玉砂利部分を宇宙に見立て、あとは全て円形にして惑星を象っています。

中央の芝生の部分も円形にし、シンボルツリーのアオハダの株立が植えてある部分も同じ円形にし、一段高くしてあります。

円と円が交わっている部分にはキャメルストーンを貼って、ちょっとしたテラスに利用してほしいと考えています。

img_0092

隣地境界の所にある花壇にはオベリスクを設置して、将来奥様がバラを植えて下さる予定です。

img_0098 img_0190

この庭は家庭菜園まで全て円形にしました。どのサークル石も、石の色味と、大きさや高さを全て違う物にして変化をつけています。

img_0178

中庭にはシンボルツリーのナツツバキの株立が植えられ、白で統一された空間に潤いを与えています。

rimg0570

 

imga0886%e2%91%a0

着工前はコンクリートのアプローチと畑土が盛られているだけでした。

rimg0570

コンクリートのアプローチに沿って、枕木を組み花壇を作りました。これだけでも無機質感が和らぎます。

rimg0571

リビングの前には、同じく枕木を3本立てて門柱にしました。その脇にはシンボルツリーのヤマボウシの株立とジューンベリーの株立を植栽し、存在感を醸し出しています。

門柱の廻りには、常に華やかである様にと、花の咲いている期間が長いアベリアを植栽しました。グランドカバーは定番のクリーピングタイムを植え、将来マット状に広がる事でしょう。

rimg0572

家庭菜園が丸見えにならない様に、アオダモの株立を植栽しました。下草には、将来草丈が高くなる矮性のガウラを植栽して景をまとめています。

rimg0573

枕木で囲って家庭菜園を作りました。動線を考えただ四角にするのではなく、一部凹ましています。

imga0802

imga0354

着工前は隣地との間に何も遮るものがなく丸見えでしたが、東側のお宅が大きな芝生の庭を作られていたので、上手く借景したいと考えました。

img_0144

まず印象的なのが大胆な曲線で作られている芝生広場とテラスです。

特に大きなテラスは、屋根から落ちてきた雪を除雪機で芝生の部分に飛ばしたいと言われましたので、意識して大きくしました。ローターの刃で削らない様、敢えてコンクリートのハケ引き仕上にしました。

縁取りにアンティークレンガを使った事で、とてもオシャレに見えます。

imga0802

L字型にウッドフェンスで囲った事で、隣地との空間を上手く仕切る事ができました。

その事により庭がすごく広く感じられます。

imga0807

花壇と家庭菜園は全て当社お得意の円形の物とし、色と大きさを3つ共全て意図的に変えて、庭のアクセントにしています。植栽は、ヤマモミジ、ジューンベリー、ハナミズキ、キンモクセイ、ナツハゼ等の管理の楽な雑木でまとめました。

グランドカバーは、収穫が楽しめるハーブのクリーピングタイムとキャットミントを植え、それと斑入りの葉が楽しめるフイリヤブランをチョイスしました。

img_0153

特に木製フェンス前に植えた、イレックスサニーフォスターのレモンイエローの新緑が印象的です。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930