手水鉢

 

江戸時代末期に造られたというY様邸の庭園。

由緒正しい庭はなるべく触らず、

ちょっとした箇所の手直しで修景するのが目的でした。

 

【Before】

DSCF6074

【After】

DSCF6984

 

建築会社の方が設置された切石。

歩きづらく見た目もあまり良くなかったので

切石の寸法を全て計測し再設置致しました。

 

伊勢ゴロタ石を周りに打ち込むことで

延段風のアプローチに生まれ変わりました。

 

前から設置されていた四角の手水鉢も

切石を再利用して階段を造り、利便性も向上させました。

 

【Before】

DSCF6075

【After】

DSCF6992

 

手付かずだった家の西側も土を入れ替えて

アオダモの株立を植え、それに合わせて

ミツバツツジの刈込でまとめました。

 

瓦を縦使いにして埋めた縁取りも良い味を出しています。

 

【Before】

DSCF6076

【After】

DSCF6993

 

玉石が並べられ、夏目の手水鉢は雨落ちに使われていたので、

これらは全て取り外しました。

 

夏目の手水鉢は縁側の脇に再設置し、

飛石は高さを調整して再設置致しました。

 

【Before】

DSCF6086

【After】

DSCF6999

DSCF6996

 

沓脱石の周りは富沢石の乱張りを行いました。

なだらかな曲線を描く事で和モダンな感じに仕上がりました。

 

これまた雨落ちに埋められていた小ぶりの手水鉢も再設置し、

汚れていた玉石も洗って並べ替えました。

 

周囲に玉砂利を敷き詰めたら

どこか大正のにおいがするノスタルジックな庭になりました。

 

【Before】

DSCF6695

【After】

DSCF6995

 

古い蔵に併設された新居に上手く回収した庭が

馴染んでいるのが良く分かる角度です。

 

【Before】

DSCF6698

【After】

DSCF6986

DSCF6987

 

アプローチが素敵になったら、

この部分も気になって仕方がありませんでした。

お客様も同じ意見でしたのでここも修景する事に致しました。

 

最初に植栽用に土を入れ替え、

土留は富沢石を野面積みにしました。

 

天端を水平にするのに時間が掛かりましたが、

その分良い仕上がりになったと自画自賛しております。

 

植えられていた樹木は梅だけを残して全て抜根、

その代わりにアオハダの株立(高さ4.5m)をメインに植栽しました。

根〆にはフイリヤブランを植えて爽やかな感じに仕上げました。

 

前からあった手水鉢に、湯桶石・手燭石・前石を据え付け、

その手水鉢に添うように曲がりの入ったヤマモミジを植えました。

それにナツハゼを添え、

アセビを寄せ植えにして景を整えました。

 

その背景にはナツツバキの株立を植えて

奥行きを出しています。

 

施工開始から3週間。

当初はもっと早く完成する予定でしたが、

手を掛け始めたら次々に直したい所が出てきてしまい

かなり大がかりな仕事になってしまいました。

でも、その分自分なりに納得のいく仕上がりになったと思います。

 

連休明けには新緑に覆われ、

今とは違った華やかさがプラスされた庭になっていると思いますので、

その頃にもう一度庭の写真をアップしたいと思います。

 

 

最上町にある砕石場に

今回の工事で使う材料を取りに来ました。

 

DSCF6770

DSCF6771

 

このように途方もない広さの場所から

積み石用と張り石用の石を選んでいきます。

使えない石を持って帰っても仕方がないので

じっくり選んでいきます。

 

3人で約1日掛りで約3tの石を選びました。

 

DSCF6775

DSCF6827

 

私は野面石積みを担当しました。

平たく言えば石垣を造るのですが、

実はこのくらいの大きさの石が1番重く腰にきます。

 

一方、石張りの方は若い2人の職人に任せました。

 

DSCF6818

DSCF6817

 

去年、村山市のI様邸できっちりと教えたので、

案外上手く仕上がりました。

(もちろん私の指摘で何個かは手直しがありました。)

 

DSCF6830

 

沓脱石の夏目型手水鉢は、

雨どいの所から再設置したものです。

 

この2ヶ所がこの庭の見せ場と言っても過言ではありません。

ここまでくるとようやくひと山越えた感じがします。

 

次はいよいよ植栽です。

私の理想とする庭にどれだけ近づけるか楽しみです。

 

 

IMG_7429

 

既にアプローチや門柱、カーポート等の外構工事は完成されていた為に

それに合わせて作庭致しました。

 

神社が祀られていたり、思いの外勾配がきつかったり、

機械が入れず人力作業になったりいろんな条件が重なりましたが

比較的管理が楽で和モダンな庭に仕上がったと思います。

 

【着工前】

DSCF5199

 

緩やかな曲線を描いて造られたコンクリート製の長いアプローチを歩いて玄関まで行く途中に、

いろんな雑木(ナツツバキ・アオダモ・ジューンベリー等)や

グランドカバー(フイリヤブラン・ヒューケラ・ベロニカオックスフォードブルー)を植えた事で、

四季折々の彩りを感じてもらえるようになりました。

 

照明は冬期間アプローチの除雪の事を考えて、

移動の出来る和風スタンドにしました。

 

IMG_7423

IMG_7424

 

また武骨なコンセントスタンドは割竹で囲い、化粧をしました。

 

植栽スペースには小舗石を使い、

そこにヤマモミジやウメモドキ、キンモクセイを植えました。

 

また大きくとった芝生のスペースや

手前に見える花壇スペースも全てアプローチに合わせ

自由な曲線を使っているので、統一感が生まれました。

 

根〆にはシモツケリトルプリンセスやスジギボウシ、

キャットミントを植えてあるので四季を通していろんな彩りの変化が楽しめるでしょう。

 

IMG_7425

 

以前から祀られている赤い神社の周りは

一段高く土が盛られていたので、石組で土留をして

さらに白御影敷石を据え付けていつでも歩いて拝めるようにしました。

 

植栽もそれに相応しいようにヤマモミジやサザンカ、サンシュユの

和風に属するであろう樹木を植栽し、

周囲はサツキツツジの刈込でまとめました。

 

IMG_7426

 

通路を挟んで両側に芝生を張る事で遠近法が生まれ、とても広く見えます。

また緑の占める面積が増える事でより豪華に見えます。

 

IMG_7427

 

玄関先から振り返るとうまくアプローチの曲線と庭の曲線が絡んで

デザイン状の相乗効果が得られているのが分かります。

 

和室前の芝生は芝を竹柵で縁取る事で何気に和風の演出を妨げないようにしました。

 

IMG_7428

 

和室前の和のスペースはあえて夏目型の手水鉢を用いました。

施主様の事を考えて、あまりかがまなくても使えるようにしたかったからです。

植栽はモミジ(コトノイト)とナンテンだけにして空間構成を出来るだけシンプルにまとめました。

 

瓦を縦に埋めて使ったり、

玉砂利敷きではなく伊勢ゴロタ石を播き石する事によって

高級感が増すと共に気温が下がってくると赤葉になるセイヨウイワナンテンスカーレッタの葉との

コントラストが絶妙に際立ちました。

 

【秋~冬の様子】

IMG_0835

【春~夏の様子】

IMG_7429

 

新緑の季節になると玄関のフェンスからのぞく爽やかな緑の樹々が訪れる人を出迎えてくれます。

 

IMG_7422

 

 

IMG_0806

 

当初は「庭の解体をしたいのですが、石を処分するにはいくら位かかりますか?」

というご依頼でしたが、石の中には重さ3tを超えるものもあったので

「処分するより組み直した方が良いんじゃないか?」

という事になり、作庭工事が始まりました。

 

【着工前】

DSCF4548

 

3本の赤松と奥に見える鳥海石の立石以外は全て造り直しました。

 

既存の石をひとつひとつ計測しての再設置。

全て一発勝負でしたので、かなり入念な準備が必要でした。

 

通常の石組では考えられない石の使い方(鳥海石・鮫川石・日高石)をしているのは、

以前の庭石をそのまま利用したからです。

 

IMG_0802

 

野趣味な味わいを演出したかったので、

ヤマモミジやナツツバキ・ヤマボウシ・ナツハゼ等の雑木類を主体に植栽していきました。

 

下草には枯山水に合うようにヒメシャガやフイリヤブランを主に

スジギボウシ・シラン・リュウノヒゲ等を植えました。

 

IMG_0816

 

州浜には地元の川石を砕石場から買ってきて

1個1個選別し、洗ってからひとつずつ打ち込みました。

 

また川の流れを現すのに真っ白な伊勢ゴロタ石を敷き詰め、

“水を無くして水を楽しむ”枯山水の醍醐味を表現しました。

 

IMG_0819

 

迫力を出す為に、滝石組の部分には

石の表現力が高く荒々しい日高石(赤い石)を用いました。

 

IMG_0820

IMG_0811

 

石臼も手水鉢として再利用しました。

 

IMG_0800

 

決して派手さはありませんが、

“わびさび”を十分に感じ取る事が出来ます。

 

奥の土留は竹柵を作って止めました。

敷いてある玉砂利の下には防草シートが張ってあり、雑草対策も万全です。

 

 

既にアプローチや門柱、

カーポート等の外構工事が完成されていた為に

それに合わせてデザインしたガーデニングが完成しました。

 

全ての仕事が人力になってしまい、かなり苦労しましたが

無事にM様に引き渡す事ができて安心しました。

 

例によってビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

【Before】

DSCF5198

【After】

IMG_0841

IMG_0849

 

緩やかな曲線を描いて造られていたコンクリート製の

距離の長いアプローチを歩いて玄関まで行く途中に

いろんな雑木(ナツツバキ、アオダモ、ジューンベリー等)や

グランドカバー(フイリヤブラン、ヒューケラ、ベロニカオックスフォードブルー)を植えた事で

四季折々の彩りを感じてもらえるようになりました。

 

照明は和風スタンドを置くだけで移動可能にし、

武骨なコンセントは割竹で囲う事で和の風情を感じます。

 

【Before】

DSCF5190

【After】

IMG_0828

 

植栽スペースには小舗石を使い、

そこにヤマモミジやウメモドキ、キンモクセイを植えました。

 

また大きくとった芝生のスペースや

手前に見える花壇スペースも全てアプローチに合わせて、

自由な曲線を使っているので、統一感が生まれました。

 

根〆にはシモツケリトルプリンセスやスジギボウシ、

キャットミントを植えてあるので来春の新しい芽吹きに期待しましょう。

 

【Before】

DSCF5192

【After】

IMG_0837

 

以前から祀られている赤い神社の周りは

一段高く土が盛られていたので、石組で土留して

白御影敷石を据え付けて、いつでも歩いて拝めるようにしました。

 

植栽もそれに相応しいように

ヤマモミジやサザンカ、サンシュユの和っぽい樹木を植栽し、

周囲にはサツキの刈込でまとめました。

 

【Before】

DSCF5195

【After】

IMG_0845

 

道路を挟んで両側に芝生を張る事で、

遠近法でとても広く見えます。

また緑の面積が増える事でより豪華に見えます。

 

【Before】

DSCF5188

【After】

IMG_0830

 

玄関先から振り返るとうまくアプローチの曲線と

庭の曲線が絡んで馴染んでいるのが分かります。

 

和室前の芝生は芝を竹柵で縁取る事で

何気に和風の演出を妨げないようにしました。

 

【After】

IMG_0835

 

和室前の和のスペースは、

あえて夏目型の手水鉢を用いました。

施主様の事を考えて、

かがまなくても使えるようにしたかったからです。

 

植栽はモミジ(コトノイト)とナンテンだけにして

空間構成を出来るだけシンプルにまとめてみました。

 

瓦を縦に埋めて使ったり、玉砂利敷きではなく

伊勢ゴロタ石を撒き石する事によって高級感が増すと共に、

セイヨウイワナンテンスカーレッタの赤葉との

コントラストが絶妙に際立ちました。

 

 

夏目の手水鉢を主体とした和の坪庭が納まりました。

 

DSCF5813

 

モミジとナンテンを植えて、伊勢ゴロタ石を敷き詰めると、

落ち着いた雰囲気になってきました。

 

もう一方の神社周りもモミジやサザンカ・サツキ等を

植え付けるとかなり風格が出てきました。

モミジの紅葉が真っ赤な神社にとても合います。

 

DSCF5732

DSCF5806

 

一方、洋風スペースの方は、

縁取りを小舗石やエッジキングで行いました。

 

DSCF5723

DSCF5718

 

次はいよいよメインの植栽です。

 

想像以上に大きくて立派な木を仕入れられたので、

五輪車で運搬することになりました。

 

DSCF5803

 

木を植えていくと、瞬く間に庭の雰囲気が変わっていきます。

 

DSCF5804

DSCF5802

 

次に下草類を植え、高麗芝を張っていくと

更にアップグレードされていきます。

 

DSCF5810

DSCF5807

 

ここまでくるとようやく完成が見えてきました。

 

和と洋が上手く融合して違和感なく納まるか?

庭師のセンスが問われます。

 

 

本格的な枯山水の作庭に取り掛かって約1ヶ月半…

ようやく納得のいく作品が出来上がりました。

 

庭がどのように変化したのか分り易くする為に、

今回もビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

DSCF4548

【After】

IMG_0802

 

3本の赤松と奥に見える鳥海石の立石以外は全て造り直しました。

 

既存の石を全て計測しての再設置。

全て一発勝負でしたので、かなり入念な準備が必要でした。

 

通常の石組では考えられない石の使い方(鳥海石・鮫川石・目高石)をしているのは、

以前の庭石をそのまま利用したからです。

 

【Before】

DSCF4550

【After】

IMG_0816

 

野趣な味わいを演出したかったので、

ヤマモミジやナツツバキ・ヤマボウシ・ナツハゼ等の

雑木類を主体に植栽していきました。

 

下草には枯山水に合うように、

ヒメシャガやフイリヤブランを主に

スジキボウシ・シラン・リュウノヒゲ等を植え付けました。

 

【Before】

DSCF4551

【After】

IMG_0801

 

州浜には地元の川石を砕石場から買ってきて

1個1個選別し、洗ってからモルタルで1つずつ打ち込みました。

 

また、川の流れを表すのに真っ白な伊勢ゴロタ石を敷き詰め、

“水無くして水を楽しむ”枯山水の醍醐味を表現しました。

 

IMG_0802

 

迫力を出す為に、滝石組の部分には

石の表現力が高く荒々しい日高石(赤い石)を用いました。

 

残念ながら、雑木類の多くは既に落葉してしまいまいたが

新緑の頃にはまた違った彩りを見る人に与えてくれるでしょう。

 

石臼も手水鉢として再利用しました。

 

IMG_0800

 

決して派手さはありませんが

“わびさび”を十分に感じ取る事が出来ます。

 

奥の土留は竹柵を作って止めました。

敷いてある玉砂利の下には防草シートが張ってあり、

雑草対策も万全です。

 

 

 

A様邸の作庭工事もいよいよ大詰めの雑木の植栽です。

 

DSCF5519

 

ナツツバキやヤマボウシ、ナツハゼ等の雑木を主に植えていきます。

 

次に枯れ水部分に雑草防止の防草シートを貼っていきます。

 

DSCF5521

 

伊勢ゴロタ石を敷き詰めれば、

水を無くして水を楽しめる枯山水になりました。

 

DSCF5534

 

雑木が植えられると庭の形がだいぶ見えてきました。

 

DSCF5532

 

石臼を再利用した手水鉢も仕上がりました。

 

DSCF5535

 

残すは下草の植栽です。

 

完成までもう少し…京風枯山水を目指して頑張ります!

 

 

今回の作庭で1番の主たる仕事“石組”

 

大きいもので3tを超える石を据え付けなければならないので

迫力のある石組になるとは思うのですが、

それゆえ危険を伴います。

 

DSCF5446

 

25クレーンを使っての石組。

最近では珍しいです。

 

DSCF5447

 

職人と対比して見てみると、石の大きさが分かると思います。

石組している我々もやはり危険と常に隣り合わせです。

 

DSCF5453

 

石臼を手水鉢として再利用しました。

古いものなので味があります。

 

DSCF5454

 

掘削時に出てきた玉石を使って、土留(野面積み)を行いました。

 

DSCF5456

 

すでにメインの立石は立っていましたが、

作風が違う為、それに合わせて石組するのは大変でした。

 

しかも青石(鮫川石)・赤石(目高石)と鳥海石が混在していたので

メインの滝石組の所は鮫川石・日高石を使って迫力を求め、

それ以外の所は鳥海石を使いました。

 

DSCF5455

 

石臼を再利用した手水鉢も何とか様になりました。

 

次はこの流れをより『枯山水』っぽく仕上げるために

州浜をつくっていきたいと思います。

 

 

村山市はかなり雪が降る地域なので

「砂利のまま除雪機を使うと、砂利が飛んで危ないのでコンクリート舗装して欲しい」

というご依頼をいただきました。​

 

…がしかし、それだけではデザイン性に乏しいと感じ、

大胆にも和モダンの巨匠『重森三玲』風のデザインを提案しました。

 

【着工前】

 

雲形をモチーフにした大胆な曲線を描いたデザイン。

濃灰の石はクラストブラックという石で、それを乱張りしました。

 

 

コンクリートも曲線を描くとアートになります。

 

 

雲形に石を張るのがこんなに難しいと知ったのは、施工してからでした。

それでも流れ雲のように仕上がり、自画自賛しています。

玄関ポーチとの色味も良く、間に敷いた伊勢ゴロタ石がより高級感を漂わせます。

 

 

玄関先から眺めると、いかに大胆な曲線が描かれているか分かります。

この曲線を描くのに協力して下さった左官屋さんには、ただ感謝しかありません。

 

 

茶の間からの眺めもかなり良くなりました。

執念で曲げました!

伸縮目地もわざと斜めに入れて、デザインの一部を装いました。

 

 

石臼を2つ重ねて造った手水鉢。

周りの役石も、既存の石を再利用してものです。

お客様にもすごく感動して頂けました。

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年6月
M T W T F S S
« May    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
記事アーカイブ