雑草対策

植栽用の客土入れが完了したので、玉砂利との縁取りにエッジキングとい

う材料を用いました。

これは見切り材としては一番安く、カーブも自由自在に付けられるので当

社で一番多く使う材料です。

それが終わると雑草防止の為に防草シートを張っていきます。

これを張ると根が土まで貫通する事ができないので、雑草は簡単に手で引

き抜く事ができます。全て手仕事なので時間は掛かりますが、後の管理を

考えれば苦になりません。

それが終われば化粧に玉砂利を敷いていきます。

これで見た目も良くなりますが、防草シートに直接光が当たらないので紫

外線劣化を防ぐ事ができ一石二鳥です。

後は植栽を残すのみ、完成が近付いてきました。

 

IMGA0249①

最初は、広い敷地の中に建物が立っている状態でした。

IMGA0204①

IMGA0203①jpg

IMGA0200①

ここに、施主施工で車3台駐車できるカーポートがまず設置されました。

IMGA0240①

建物の周囲には小舗石で縁取り植樹帯を設けました。

ここには、ツリバナの株立、シラカシの株立、それにヤマボウシやカツラ、カマツカを植栽しました。

IMGA0245①

車が頭から侵入してきても、切り返しでバックで駐車できる様にRを付けて、そのスペースを確保し奥様でも余裕で停められる様に考慮しました。デザイン的にも美しい曲線が描けたと自負しています。

IMGA0243①

アプローチは、土間コンクリートだけではデザイン的に淋しい印象になるので、ダークグレーのピンコロ石をジグザグに貼り付けました。

このダークグレーが建物の外装の色とマッチして、上手く差し色になって上手くアクセントが付きました。

これには、デザインだけではなく大きな意味が込められています。それは、新たに追加した土間コンクリートとの流れです。

IMGA0244①

このジグザグのデザインが、新たに打たれた土間コンクリートに引き継がれていきます。これで打ち継ぎ目の不自然さが解消され、黒と白のコントラストが絶妙に綺麗です。

IMGA0251①

建物の南側もあまり管理がかからない様に、雑木を主体に植栽しました。

シロモジ、ナツツバキ、ジューンベリー、ハナミズキ(赤)、ソヨゴ、アオハダ、ヤマモミジが植えられてあります。

まさに雑木のオンパレードになっています。将来生い茂ってくれる事で、四季折々の季節感が出せればと思い植栽しました。

それと、少しでもお隣の古いブロック塀が隠せればと願っています。

IMGA0224①

建物の東側は常緑のモチノキとイレックスサニーフォスターを植栽しました。決して派手さはありませんが、コンクリートの壁の無機質感を一年を通して和らげたいと思い植栽しました。

その他の部分は雑草対策として、防草シートを張った上に玉砂利を敷いて化粧しています。

着工前はこんな感じでした。

IMGA0299

これらの樹木を思い切って整理して、メンテナンスの楽なドッグラ

ンをメインにした庭に作り替えました。

IMGA0052

ハナミズキとシラカシ2本のみ残して、その下は鮮やかなピンクと

ホワイトの化粧砂利を敷き詰めました。

IMGA0054

奥はドッグラン用のスペースです。小型犬なので下の隙間から逃

げ出さない様に、オリジナルのガーデンフェンスを工夫しました。

シラカシの廻りも木柵で囲んだ所、いいアクセントになりました。

IMGA0058

裏口にもゲートを設けました。こちらも下へ潜り込んで逃げ出さな

い様工夫しました。

砂利の下には全て防草シートが敷いてあるので、今まで悩まされ

続けた雑草対策は万全です。

以前作ったドッグランのお庭では、小型犬の為に柵の下から脱走

されたという苦い経験を教訓にして、それを色んな所に工夫しまし

た。これで、思う存分遊び回れる事でしょう。

いよいよガーデニングも大詰めを迎えました。

まずは雑草対策に防草シートを張って、その上に玉砂利を敷き詰めていき

ます。

IMGA0778 IMGA0779

ポストの設置もお願いされたので、メタリックでオシャレな物をチョイスし

ました。

IMGA0776

次回は完成形をお見せしたいと思います。限られたスペースがどのような

形に生まれ変わったのか、期待していて下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とか植栽用の客土が70%程入れられたので、次に土留工事に入りまし

た。

IMGA0552①

この様に組まれた型枠の中に、コンクリートを打設します。型枠を外すと美しい擁壁が出来上がりました。

IMGA0661①

さらに客土を足して盛土が仕上がると、何となく庭の形が見えてきました。

 

IMGA0692①

次に、家の周囲に家庭菜園を作りたいとの事だったので、特注の丸太柵を

組んでいきます。

IMGA0690①

完成するとこうなります。

IMGA0718①

IMGA0719① 

周囲は防草シートを敷き詰め、その上に玉砂利を敷いてあるので、見た目

も雑草対策も万全です。

次はいよいよ石組周りの仕上げです。作り手もどのような形に石組が変化

するのか、すごく楽しみです♪

 

小舗石縁石の施工が終わり、工事は次の工程に入っています。

IMGA0991

縁取りのエッジキングが終了した所から、雑草対策の防草シートを張って

いきます。

次に既存のカーポートに付随した土間コンクリート用の型枠を施工してもら

っています。

IMGA0992 (2)

かなり複雑な形になっており、左官屋さんに大変苦労をかけていますが

これには理由があります。それは次の工程でお知らせします。

縁石が終わった所から、植栽用客土を入れました。

IMGA0995

何となく庭のレイアウトが見えてきました。

次は土間コンクリートの打設とアプローチ作りなのですが、今週は天気が

悪くて予定が立ちません。全く困ったものです。今週末にはいよいよ植栽

の予定なので、これが今はどう変化するのか一番の楽しみです♪

IMGA0992

歴史のあるお宅の造園工事を頼まれました。

着工前はこんな風に、草が伸びている状態でした。

043 046

この様に草むらが劇的に庭園に生まれ変わりました。

IMGA0065

畑は枕木で囲い、それ以外の部分は全て防草シートを張って、雑草対策を万全に行い、その上に玉砂利を敷き詰めました。

IMGA0071

主庭は芝生をメインにして、樹木はツバキの株立、ナツツバキの株立、クロモジの株立、ヤマモミジだけにしてシンプルにまとめました。

これだけの植栽でも、背景に竹林や土蔵の白壁があるので十分に見応えがあります。

手前の花壇には、アスチルベやギボウシ類を植えてあります。

IMGA0073

竹林の前には、石桶を再利用した祠(ほこら)に割竹でドームを作り、アートっぽく仕上げました。

土留は竹柵で作り、その内側にはこれ以上竹の根が伸びてこない様に防竹シートが埋められています。

仕上げは木チップを敷き詰めました。

IMGA0074

この奥から眺めると、また違った景色が目に飛び込んできます。樹高4~5mの木を植えたので存在感が違います。縁石もかつてお蔵で使われたであろう切石を再利用したので、風格があります。

 

 

今回は、ビフォー・アフター形式で見せていきたいと思います。

before

IMGA0277

               

after

IMGA0593

家の南側にあった物置をカーポートのすぐ後ろに設置

して、利便性を考えました。この庭は、ドッグランを主体に

考えていますので、入口にはウッド製の扉とアメリカン

フェンスを設けました。この扉は、冬場の除雪も考え

スノーダンプが通れる幅を確保しました。

before

IMGA0280

                                

after

IMGA0594

庭の中心には、芝生のスペースを設け、一部に小さな

ウッドデッキを据え付けました。これに座りながら犬と

遊べればと思っています。奥には、既存のフェンスの

前に木製のウッドフェンスも設け、お隣の庭を借景した

いと考えています。お隣の物置の前には、ソヨゴとジューン

ベリーの株立を植えて遮閉しました。もちろん、入口の扉と

このフェンスはトータルコーディネートした結果です。

before

IMGA0281

               

after

IMGA0597

この角度から見れば、いかに借景しているか分かると思い

ます。南側隣地境界には、モチノキを列植して、緑の量を

多くして、空間を仕切っています。それ以外のスペースは

防草シート+玉砂利敷きにしてあるので、雑草対策は万全

です。

before

IMGA0283

               

after

IMGA0600

以前ここにあった物置をカーポート脇に移動したので

既存のウッドデッキと連立性が生まれ、すごく広く感じ

られます。

今の状態では、休眠期間中なので、落葉樹も芝生も

葉が無い状態です。来年の新緑の頃には、全く別世界

になっている事でしょう。それまで少しの間、我慢して

頂ければ幸いです。

色々と、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930