天候がなかなか回復しない中、その合間を縫って少しずつですが作業は続いています。

まずは、この庭のポイントとなる手水鉢を置く白御影敷石の台座を据え付けています。

これに少し大きめな菊型の手水鉢を据え付けると、なかなかの存在感があります。

次に、土が崩れてこないように白御影の敷石を据え付けていきます。

高低差がかなりあったので、丁張りかけには手間取りましたが何とかうまく納まってくれました。

かなり芸術的?な仕上がりになったと本人は思っているんですが、さてお客様の評価はいかがなものか…。

まだまだ和の要素が多く含まれるこの作庭工事。仕事のやりがいを感じながら頑張りたいと思います!

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
記事アーカイブ