今年の2月から開始したO様邸のガーデニング。

 

植栽までは順調に工事が進んでいたのですが

3月に入り、土間コンクリートを打設する時期に

思いがけない雪が降ったりして工期が延びてしまい、

この度ようやく完成致しました。

 

どのように変化したのか

例によってビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

DSCF5612

【After】

DSCF6857

 

いつもは曲線のデザインを使う事が多い私の作品ですが、

この度は直線がお好きなお客様でしたので

全て直線でデザインしました。

 

駐車場の伸縮目地もあえて斜めに入れました。

 

【Before】

DSCF5606

【After】

DSCF6858

 

玄関脇のスペースも小舗石で囲い、

雑木(ツリバナの株立)を植えて、アクセントを付けました。

(天井には穴が空いていて、雨が当たるように設計されています。)

 

【Before】DSCF5615

【After】

DSCF6884

 

設計に取り掛かった去年の暮れの時点では

奥の方は果樹畑でしたが、今では全て宅地になっています。

それを見越して周囲はオリジナルのガーデンフェンスで適度に遮蔽してみました。

 

小さいお子様と大好きなサッカーをするのが夢だったという

ご主人の要望にお応えして、

芝生の面積を最大限に広くとりました。

 

【Before】

DSCF5619

【After】

DSCF6877

 

植栽スペースも色の違う小舗石で遠近法を意識しながらデザインしました。

 

ジューンベリーやヤマモミジ、常緑ヤマボウシ、アオハダ等の

管理の簡単な雑木を植えて式の移り変わりを感じてもらえたらと思います。

また、お隣の窓を意識して配植してあります。

 

【Before】

DSCF5607

【After】

IMGP7810

 

玄関前のアプローチは白御影の敷石とクラストブラック石の乱張りという

モノトーンの組み合わせでまとめてみました。

 

ブラウンの化粧ブロック2枚を差し色に使っています。

 

【After】

DSCF6878

荷物の出し入れを考えて、

絶妙な空間を空けてウッドフェンスを建てました。

これで通行人からの視線は遮りました。

 

【After】

IMGP7809

 

ゲスト用の駐車場脇のデッドスペース。

三角形の植栽スペースを作って雑木(オトコヨウゾメ)を植えました。

 

下草は赤い葉が美しいセイヨウイワナンテン“スカーレッタ”。

これだけでも家が映えます。

 

【After】IMGP7807

 

この角度から家全体を眺めると、

スクウェアなデザインに建物とガーデニングが統一されているのが良く分かります。

 

【After】

DSCF6867

 

まだ植物が芽吹いていないので実感が沸きませんが、

相乗効果がいかに必要か証明できた作品に仕上がったと思っています。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年9月
M T W T F S S
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
記事アーカイブ