家を新築されたのを期に、

「古い家の解体後そのままの形で残されていた庭を

リ・ガーデンしたい」というのが、当社へのご要望でした。

 

どのようにリ・ガーデンされたのか分かりりやすいように

ビフォーアフター形式で説明していきたいと思います。

 

【Before】

DSCF6222

 

【After】

IMG_7495

 

全体的にスッキリとした印象に生まれ変わりました。

あくまでも外観を最重視する為に

当初計画していた2台用のカーポートの設置は見送りました。

 

IMG_7496

 

道路側が全てコンクリートになってしまうと

無機質感が強くなってしまうので

建物の外壁と合わせたグレーの小舗石で植栽スペースを設けました。

 

アオダモやツリバナ・ナツツバキの株立が爽やかな風を運んでくれます。

 

【Before】

DSCF6221

 

【After】

IMG_7488

 

ガーデニングされた事でまるで別の家を訪れたようです。

まさにワンランク昇格を果たしました。

 

スペースの関係上、既存の樹木とブロックは全て取り払いました。

既存のブロックが古く強度が心配だったので、控え壁で補強しました。

 

高低差を活かし、棚田のように植栽スペースを設けました。

ブロック塀の基礎の古さは

もうじきキャットミントの花がカバーしてくれる事でしょう。

 

【Before】

DSCF6223

 

【After】

IMG_7505

 

アプローチは自由曲線を用いて広い所と狭いところのメリハリをつけました。

 

ステップの部分と玄関前は豪華にローズベリーという石を乱張りにしました。

 

門柱も手作りし、表札・ポストも私がチョイスしました。

モチーフは円(縁)になってます。

 

【Before】

DSCF6226

 

【After】

IMG_7500

 

玄関から振り返ると棚田のようになっているのがよく分かります。

 

樹木はお隣の家を配慮して、落葉しない常緑樹でまとめました。

 

DSCF8022

 

物置を建てたらどうしても気になってしまい、手作りで間仕切りを作りました。

予算をかけたくなかったので

ホームセンターで売っている安い材料を使っています。

 

コンパネにモチーフである円形の穴を開けてちょっぴりオシャレに。

さらにガーデニングで使う道具を吊り下げておけるようにフックを取り付けました。

まさに遊び心満載です。

 

【Before】

DSCF7226

 

【After】

IMG_7491

 

エコ給湯器がすごく目立っていたので

オリジナルのウッドフェンスで化粧しました。

 

基礎の上に乗っていた古いブロックは取り壊し

建物の外観に合わせた色調の化粧ブロックを新たに1段積みました。

 

【Before】

DSCF7022

 

【After】

IMG_7485

 

御夫人と息子さんの共通の趣味「ファットバイク」を

「収納するのに塀が欲しい」と依頼され、急遽デザイン変更しました。

 

扉が重くならないように観音開きにし

枝も同じものを使用しているので違和感がありません。

 

IMG_7482

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年7月
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
記事アーカイブ