今、天童市のS邸のガーデニングをおこなっています。

砕石敷きで境界もなく無表情だった庭が、化粧ブロックで仕切り植栽をすることで日々劇的に変化してい

きます。 あいにくの天候で思うように作業が進みませんがだいぶ形が見えてきました。

お隣との距離があまりないのでどうやって広くみせるか? そこがひとつのポイントでしたが

2種類の違う樹種の生垣を高さと奥行きを変えることで、遠近感を与え空間を仕切ることで、景が

引き締まりました。 枕木で1段高くした花壇に主木のヤマボウシの株立ちを配し、東側にはヒイラギ

モクセイでやんわり目隠ししました。 奥様のリクエストにお答えしてジューンベリー、ブルーベリー

の実が食べられる木も植えて、また、違った楽しみが家族でできるようにしました。

リビングにはこだわりのウッドデッキを据え付けているところです、これに芝生がはられたらガラリと

雰囲気がかわるでしょう。 玄関前の門柱の周囲にもカツラの株立ちやオトコヨウゾメ、などの雑木

コニカやローズダリス、ブルーカーペットなどのコニファーを植えたら感じがだいぶ変ってきました。

作ってる私たちも完成が楽しみです。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031