日造協の地域リーダーズ勉強会で北九州にやってきました。

北は北海道、南は沖縄まで総勢90名以上での参加でした。

015 (2)

この様にバス2台での視察になりました。

今回の勉強会の目的は、雨水浸透型花壇です。

簡単に説明しますと、ゲリラ豪雨対策の花壇です。

021

駐車場の水は、このくぼ池に流れる仕組みになっています。

024

このように小さなダムのようなものが設置してあり、この開口部を

仕切ると、雨水がダムの様に溜まる仕組みになっています。

026

最後はこの大きなため池に溜めて、ゆっくりオーバーフロー

させていきます。

この様に先進的な都会では、この様な対策がなされています。

同じような事を札幌市でも行っていると聞きました。

今後何らかの形で公園作りに携わる機会がありましたら

この方法「L.I.D」を提案したいと考えています。

 

・・・・とここまでは良かったのですが、何十年ぶりの爆弾低気圧の

おかげで、帰りの飛行機が欠航になってしまい、博多のホテルも取れず

結局遠く離れた久留米まで来る羽目になりました・・。

029

ようやく昨日帰ってきたら、仙台空港に停めていた車は雪に埋もれていました。

030

でも、何とか無事に山形に帰ってこれて良かったです。

かなり貴重な経験をさせてもらいました。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031