S様邸ガーデニングの石の運搬も一段落したので、

計画に基づき、敷石の高さやブロックの高さの丁張をかけました。

002 (12)

実際に平面図に基づき、芝生の位置やアプローチのラインを

スプレーや白いひもを使って落としこんでいきます。

021 (3)

やはり平面図で見るよりも、実際にそのラインを土地に落としこんでいくと

庭全体のイメージが見えてきます。

それをお客様と一緒に立ち合ってもらい、位置の確認をしながら

GOサインがでたところで掘削等の作業に入ります。

こうすることでお客様にも庭のイメージがはっきり分かり

安心して頂けると思うからです。

 

細かな変更点がいくつかあったので、それを図面に落として

当社の作業責任者に引き継いでいよいよ床掘開始となります。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031