山形市A邸のお庭の大改造がついに、完結をみました。

長ったらしい説明は後にして、そのビフォー アフターをご覧ください。

勝手口脇のモクレンのシンボルツリーは剪定され、もとの樹形を取り戻しました。

それに、板塀がまわされたことで、景が引き締まりました。

ブロックも外観と同系色にペイントされ、全体的にスッキリした印象に変わりました。

混み合った樹木はすべて取り除かれ、ナツツバキの株立ちをメインに景石とコクマザサの最小限

の素材のみで、シンプルに構成してみました。

かえってその方が、効果的だったと思います。

いらない樹木は思い切って処分し、限られた予算のなかで出来るように既存の樹木で活かせるものは

剪定して樹形を整え馴染ませています。

残りの部分は全て高麗芝を張って、広さを強調しています。

やはり、この位思い切ってやらないと、庭はまとまりません。

 

巨大なキンモクセイはすっきりカットされ、別物みたい。

ツツジ類はなるべく残して、季節感が感じられるように配慮しました。

ブロック塀の上に取り付けられた、板塀もうまく景観を仕切ってくれていてなかなかいい感じです。

鳥海石の石組も、クロチクの中に埋もれていたものを再設置いたしました。

石組の背景にはブナの木が植えられ、その周辺にはカツラの株立ちや琴の糸(モミジの一種)

やガマズミも添えられ、やがて彩を与えてくれるでしょう。

今は大改造(り、ガーデン)の状態ですが、5年、10年経って木々もこの庭にあったように剪定

され、木漏れ日がさすくらいに成長したら、本当の意味で「再生」完了になるでしょう。

その時まで、気長に手入れをしていい庭にしていきましょう。

そのお手伝いはさせていただきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

最後に、お茶の時間にうちの職人にいろいろ気を使っていただき、ありがとうございました。

一同感謝している次第です。 これからも長いお付き合いをさせてください。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930