着工前はこんな感じでした。

006

造成してからかなりの年月が経っていた為、既存の切石積や

コンクリートブロックが曲がっていて、それを直す必要がありました。

001

反対側から見ると、いかに水路が古く曲がっているかが

お解り頂けると思います。

面積もとても広いので、大胆なデザインを導入しました。

012

一番最初に手掛けたのがこの部分です。

水路途中から、アスファルトが斜めに施工されていて

スノーダンプがここを通るのが難しいので

平らにしてほしいと依頼されました。

そこでブロックを1段積んで、グレーチングをかけることで

この問題を解決しました。

016

既存のアスファルトと高さを水平にしたので、ここに砕石を

入れて仕上げれば、平らになり、尚且つ通路も以前より広くなったと

喜んでいただけました。

024

合わせて、下の曲がっていた石を水平に戻し

鉄筋を差しブロックを積み上げることで、水路を修復しました。

 

これで水回りの問題は全て解決できたと思います。

この現場は入り口が狭く、全ての材料の運搬が人力になるので

とても厳しい現場になると思います。

ですが、若い社員にはっぱをかけて、完成まで頑張りたいと思います。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年11月
M T W T F S S
« Oct    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
記事アーカイブ